2020年08月

ニュース色々

【SampdoriaNews.net】サンプドリアからセルタ・デ・ビーゴにレンタル移籍していた、コロンビア人DFムリージョ(1992年)にマラガ、フィオレンティーナが興味を示しています。

【firenzeviola.it】アーセナルのMFトレイラは、コミュニティーシールドのリヴァプール戦に召集されませんでした。移籍の可能性があるからだと報じられています。

【gianlucadimarzio.com】ソッティルのカリアリ行きはあと一歩です。フィオレンティーナはソッティルの権利を維持したいと考えています。最近の交渉では、フィオレンティーナに有利な買取、買戻しオプション付きのレンタル移籍について話しています。

【Nazione】ソッティルのカリアリ行きは詳細を詰める段階です。また、ミレンコヴィッチ、ペッセラ、DFトディボなどの動きとは関係なく、カリアリとはDFチェッピテッリ(1989年)に関しての交渉も行われます。

ソッティルの父親
『今日はフィオレンティーナの誕生日です。コミッソ・オーナーがとった道は非常に重要だと思いますが、残念ながらイタリアの官僚制の遅さにあっています。息子?彼を含む全ての若手はプレーしなければなりません。だが、イアキーニ監督のとった選択に異議はありません。イアキーニ監督は優れた監督であり、シーズンの特定の瞬間に正確なフォームと経験豊富な選手に正しく焦点を当てています。私達はフィオレンティーナからのリスペクトと信頼を日々感じています。息子はフィレンツェから出ていきたいと考えてはいませんが、彼にはスペースが必要です。ヴィオラでプレー出来るか、評価を待っているのは確かです。カリアリは野心的なクラブであり、ディ・フランチェスコ監督からの関心は自慢できることです。買取オプションなどの話がありますが、話はフィオレンティーナのみと話をしています。』

【Tuttosport】パリサンジェルマンのMFパレデスはイタリアに戻ることが出来ますが、それはフィオレンティーナではありません。インテルのコンテ監督が関心を示しています。

【Gazzetta 】ヴェローナもそうですが、ライプツィヒからのオファーも深刻なものでした。しかし、フィオレンティーナは方向転換しました。ヴラホヴィッチはレンタル移籍せずに、フィオレンティーナに残ります。ヴラホヴィッチはフィオレンティーナで成熟する為に近いうちに契約を延長するでしょう。

【Gazzetta】ヴラホヴィッチのフィオレンティーナ残留は残りのFW陣に影響を与えます。5名の内、ヴラホヴィッチ、リベリー、クアメの残留は決定しています。ヴラホヴィッチは残りますが、15ゴールを約束できるFW(FWピョンテク?)はリクエストとして残ります。キエーザには今のところオファーがありませんが、キエーザはコミッソ・オーナーからの約7000〜8000万ユーロの解約条項が含まれた契約延長を受け入れるつもりはありません。フィオレンティーナは9月末〜10月初のメルカートの終わりに彼の将来を決定する考えに屈しました。

【Nazione】Gazzettaはヴラホヴィッチの残留と報じていますが、ヴェローナへのレンタル移籍は近づいています。後はイアキーニ監督のOKだけです。また、ベナッシのレンタル移籍についても交渉が終える準備が出来てます。

【Gazzetta】キエーザは契約を延長しませんが、1年間チームに残る可能性はあります。その場合、クトローネは去ることになります。クトローネの契約には一定の出場数での買取義務がありますが、現時点では基準を満たしていません。しかし、クトローネの買取をキャンセルするにも、代りのFWとキエーザの将来を確定させる必要があります。

【Corriere】フィオレンティーナは、FWピョンテクに関して1月にクトローネを獲得したのと同様の方法で獲得できると楽観視しています。FWピョンテクはイタリアへの復帰を望んでおり、イアキーニ監督は理想的なFWとして獲得を承認しました。プラデSDは9月中旬までの合意を目指していますが、忍耐強く需要と供給の差を伝えます。ヘルタベルリンの求める3000万ユーロから、2500万ユーロまで値下げを求めています。

【Nazione】ローマがMFトレイラ獲得に動く可能性があります。その為、プラデSDはアーセナルとの連絡を密にとり、MFトレイラを今シーズン最初の補強とするために動いています。


トップチームとプリマヴェーラで練習試合が行われ、8-0でトップチームが勝利ました。

FIORENTINA
前半
テッラチャーノ、リロラ、カセレス、ペッセラ、ミレンコヴィッチ、アムラバト、カストロヴィッリ、サポナーラ、キエーザ、ヴラホヴィッチ、クアメ
後半
テッラチャーノ(72分ギドッティ)、ヴェヌーティ、イジャネス、チェッケリーニ、イゴール、クリストフォロ、ダボ、カストロヴィッリ(30分アムラバト)、クトローネ、ゴッリ、ポンシ(4分キエーザ(30分リロラ))

ACF PRIMAVERA
キオッラ、フリソン、ドゥトゥ、デッラ・ムッラ、ハヌルジャク、フィオリーニ、フルク、アゴスティネッリ、ディ・ステファノ、スパルート、ミラーニ

【得点】11分ヴラホヴィッチ、17分55分キエーザ、23分オウンゴール、26分ミレンコヴィッチ、33分カストロヴィッリ、81分ゴッリ、88分アムラバト

ニュース色々

【violanews.com】フィオレンティーナのシーズンは代表から始まります。キエーザ、カストロヴィッリ、戻ってくるビラーギに、U-21のクトローネ、ソッティルが代表に呼ばれました。


【Corriere】ラツィオのファースト・ターゲットで獲得間近であったFWムリチですが、フェネルバフチェはここ数時間で2000万ユーロを要求しました。ラツィオはフィオレンティーナが介入したことによる価格上昇であると考えており、ロティート会長がバローネGMに脇によけるように電話をしました。

【 Corriere 】ベナッシはヴェローナからのオファーにイエスで答え、移籍の可能性があります。ヴラホヴィッチにもヴェローナが興味を示していますが、パルマがリードしています。ジュルコフスキのエンポリでの冒険は今シーズンも続くでしょう。

【Corriere】ビラーギがフィオレンティーナのメルカート第一号になります。フィオレンティーナに経験と柔軟性を与えることになるでしょう。代表戦の後にイアキーニ監督のチームに合流することになるでしょう。契約の調整が必要であり、近いうちに交渉が予定されているでしょう。

【Sky】現在フリーのMFボナヴェントゥーラには多くのチームが興味を示しています。その中にフィオレンティーナも含まれます。

【Sky】ナポリはDFクリバリ、DFマクシモヴィッチの将来を考える必要があります。ナポリは代わりの選手として、DFペッセラをリストアップしています。

【Tuttosport】CBを探しているミランは、数日前からペッセラに注目しています。フィオレンティーナは1800〜2000万ユーロの移籍金を求めるでしょう。

【Corriere】カーサ・ミランにてペッセラの代理人とミランの会議が行われました。ピオリ監督はペッセラを気に入っているが、フィオレンティーナはカピターノの移籍を認める事は無いでしょう。

【Sky】インテルはMFヴァレロと契約を延長しないことを決めました。フィオレンティーナに戻る可能性があります。ジェノア、パルマも興味を示しています。

【Tuttosport】フィオレンティーナはFWを探しています。そのリストの中にカリアリのFWパヴォレッティもあります。

【Stampa】フィオレンティーナはMFトレイラ獲得の為にアーセナルにレンタル料850万ユーロ、1800万ユーロの買取オプションのオファーを出しています。

【 Messaggero】インテルがローマのDFコラロフを狙っており、ローマは代わりとしてビラーギをリストアップしています。

8月29日はフィオレンティーナの創設94周年記念日です。
94-anni-fiorentina-compleanno

ニュース色々

【 Sport】フィオレンティーナは昨シーズン、バルセロナからシャルケにレンタル移籍していた、フランス人DFトディボ(1999年)に強い関心を示しているクラブの一つです。バルセロナは移籍金2000万ユーロかレンタル移籍での成長を受け入れる準備はできています。

【Sky】フィオレンティーナは、アーセナルのMFトレイラを強く求めており、アーセナルからの返答を待っています。

【 Di Marzio】フィオレンティーナはMFトレイラ獲得を試みていますが、代替え案として、エスパニョールのMFロカのアイディアがあります。

【Repubblica】当初、ダウベルト、ビラーギのレンタル延長は基本路線として話し合いがされていましたが、合意に至らずビラーギが復帰し、ダウベルトはインテルに戻ります。

ビラーギの代理人
『将来?どうなるかわかりません。フィオレンティーナとインテルの話し合いの結果を待ちます。フィオレンティーナに戻ることに問題はないが、フィオレンティーナに彼の価値通りの契約を維持することはできません。』

【Stadio】カストロヴィッリの代理人とクラブの話し合いが行われました。年俸200万ユーロで2025年までの延長は双方にとって望むことであり、歓迎される解決策です。合意はすぐにも起こりえますが、ユヴェントス、インテル、ローマ、ナポリと興味を示している状況であり、メルカートでは何が起こるかわかりません。

【Tuttosport】ユヴェントスのピルロ監督が正式に戦力外としたため移籍先を探しているFWイグアインについてフィオレンティーナが問い合わせをしました。問題は750万ユーロの年俸であり、プラデSDは解決策として一部をユヴェントスに負担してもらう解決策を考えています。

【gianlucadimarzio.com】カリアリが最終的に完全移籍なる契約で、ソッティルの獲得を望んでいます。

【violanews.com】ソッティルについては注意すべき状況です。ソッティルとカリアリは既に個人合意に至っていますが、フィオレンティーナはレンタル移籍をカリアリは最終的には完全移籍を望んでいます。

【Superdeporte】ペッセラの代理人がカーサミランを訪れましたが、バレンシアは再び攻勢を強めます。イアキーニ監督の求めもあり、フィオレンティーナとの交渉は難しいものになるが、1500〜2000万ユーロで移籍は可能になるでしょう。しかし、バレンシアはそれを支払うことを望んでいません。

【Sky】DFチアゴシウバは明日、ミラノでチェルシーのメディカルチェックを受けます。

【Razon】フィオレンティーナ行きの噂があったMFハビ・マルティネスはレアル・ソシエダと個人合意しました。あとはクラブ間ですが、レアル・ソシエダは1000万ユーロをオファーし、バイエルンは1500万ユーロを求めています。

プリマヴェーラはヴェローナとのコッパ・イタリア決勝を1-0で勝利し、優勝しました。
gettyimages-1268793813-630x415
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ