2020年10月

ヴァレロ インタヴュー

ヴァレロ
『状態?
いつ戻れるか分かりませんが、複雑な場所なので怪我をしたくなく、復帰は遅れるでしょう。
インテルとの試合?
再戦を求めてはいませんが、ホーム・アウェー関係なく負けて申し訳ありません。上手くプレーしていたので、ポイントを持ち帰るのに値しました。それが私が勝ちたかった理由です。
ティフォージのいないスタジアム?
今で慣れていますが、早めに戻ってきていただけると嬉しいです。空のスタジアムでプレーするのは良くありません。
変化?
練習は普通であり、あまり変わっていません。ただ、部屋に閉じこもってバスルームを使わなければなりません。日常生活は変わりましたが、スポーツはそれほど変わりません。
ローマとの試合?
ホームから離れて、彼らと対戦する事は常に困難です。彼らは素晴らしいチームであり、彼らを倒すのは難しいでしょう。しかし、私達は自らの可能性を知っています。
目標?
それについて考えるのは好きではありません。謙虚に毎日練習しなければなりません。満足感を得たいのなら、それが唯一の方法です。困難で予測不可能なリーグになるでしょう。もう少しポイントがあったかもしれません。時間が殆どないですが、改善の余地はあります。
批判?
それは試合の一部です。選手になりたいのなら、それを理解しなければなりません。たとえそれが過度に感じるとしても、個人、集団として自らを向上させるためにする事が出来ます。
監督への批判?
私達は監督について考える必要があります。彼には多くの経験があり、それらを管理する方法を知っています。私は彼にとって問題はないと思っています。フィレンツェのティフォージ、マスコミからのプレッシャーを知っています。大都市ではありませんが、プレッシャーは大きいです。セリエでプレーしていれば、それは普通のことです。
チームが恐れている?
私達は恐れを持ってプレーするとは思いません。試合のある瞬間では、私達が苦しむことがあります。セリエAで勝つことは決して簡単なことではありません。
それにも関わらず、私達は良いパフォーマンスでした。苦しい瞬間があることは普通のことです。
カジュホン、ホアキンの比較?
異なる性質です。ホアキンは相手をより狙っていましたが、カジュホンはより多くのエリアにいて、より多くのスコアを獲得できます。彼がフィレンツェで貢献し、幸せになってくれればよいのですが。
若手?
実際多くの若手がおり、彼らに時間を与える事を奨励しなければなりません。彼らは大きな可能性を秘めて居ます。忍耐が必要です。彼らがフィオレンティーナに対して上手くやり、ゴールを決める事が出来ると確信しています。
ビラーギと私、インテルで改善したのは?
ティフォージにこたえる必要があります。私は自らについて話すことは好きではありません。インテルに貢献しましたが、今はフィオレンティーナに対してのみ考えて居ます。
ビオラ・パーク?
フィオレンティーナが最高の状態で働くことが出来る素晴らしいスポーツセンターが生まれることを願っています。セリエAのチームを改善する為に投資されていることは前向きなことです。』

ニュース色々

ヴェヌーティ
『ヴィオラのユニフォームでの最初のゴールに興奮していますが、チームの勝利にさらに興奮しています。』

バレッカ
『素晴らしい感覚。この道を続けていきます。』

クアルタ
『勝利と次のラウンドへ』

テッラチャーノ
『今日、重要なことはラウンドを突破する事でした。そして、私達はそれを成しました。将来の為にもこのような試合を続けていかなくてはいけません。』

リロラ
『私達は成長しているチームです。まだ改善の必要があることを認識しており、個人レヴェルでもまだ十分な成長の余地があると思います。最近のプレーに満足していますが、もっとできると思います。役割?実際には、試合の様々な状況に応じて、フィールドの様々な領域を様々なタスクでカヴァーする、かなり流動的なゲーム・システムでプレーします。確かにもっと攻撃面で頻繁に上がることに専念することが出来れば、私は嬉しいですが。チームと監督への批判?批判のこの世界の一部です。私達はだれかを黙らせることを考える必要はありませんが、自らを見て、グループとしてさらに成長する事を考える必要があります。ウディネーゼ戦の勝利は私達に自信を与える事が出来ますが、集中をし続け、次の試合に向けて取り組むことを考えなければなりません。監督は落ち着いています。彼はこの世界を知っており、プレッシャーの下で働く方法を知っています。監督とは素晴らしい関係を築けており、監督からの自信を感じます。チーム全体が彼のアイディアを信じて居ると言えます。カジュホン?彼は並外れた選手であり、とても良い選手です。彼の経験と才能は私達に多くを与える事が出来ます。全く同じ役割ではありませんが、彼のレヴェルの選手からのアドバイスは私達若いチームに非常に役に立ちます。』




キエーザ(ユヴェントス入団会見)
『20日前にこの会見を行いたかったが、様々な常用により開催されませんでした。フィレンツェの街、フィオレンティーナに感謝します。デッラ・ヴァッレ元オーナー、コミッソ・オーナー、そして良い時も悪い時も私を支えてくれたヴィオラ・ティフォージ。このフィオレンティーナでの14年間は、私を重要な成長に導いてくれました。経済的な努力をしてくれたユヴェントスのお陰で、このクラブに参加することが出来て嬉しいです。メルカートの最後の数日で、私はユヴェントスからの関心を知りました。数日で取引が完了したので、本当にユヴェントスに感謝しなければなりません。一部のヴィオラ・ティフォージから受けた侮辱?私は論争をしたくありません。私の兄弟が受けた犯罪は、羨望によりSNSを使用する人々によって行われたものであり、フィオレンティーナや、他のチームのファンではないと思います。ユヴェントスは私に大きな投資をした?確かに少し責任を感じますが、まずはプレーすることを考えます。監督が私達に何を求めているかを学ぶ必要があります。此処にいる事が出来て嬉しいです。コミッソ・オーナーとの話?私は常に、オーナーとフィオレンティーナに対して正しく行動してきました。此処で話を終えたいと思います。家族と何を話したか?家族はフィレンツェに居ます。父は私にこの冒険を楽しむよう言いました。』

【Tuttoomercatoweb】サッリ監督は正式にユヴェントスとの契約を終了させました。彼は新しい冒険を待っており、準備は出来て居ます。フィオレンティーナはイアキーニ監督の後任をして彼を注視しています。

【TuttoSport】サッリ監督の契約終了は驚くべきことではありません。確かに彼は年俸600万ユーロを放棄しました。サッリ監督は心のチームであるフィオレンティーナの監督になることを切望しています。それは素晴らしいサッカーの集大成になるでしょう。

ウディネーゼ戦で初ゴールを挙げた、ヴィチェンツァにレンタル中のゴッリ
『結果は良くありませんが、私は個のゴールから始めたいと思います。私達はセリエAのチーム相手に決してあきらめないところを示せたと思います。FWが多い?重要なことは最善を尽くせるように正しい態度でいる事です。最初に混乱があったが、最善を尽くさなければならないことを理解すれば、多くのゴールを得、勝利を収めることが出来ます。私達は次のピサについて考えます。』

Fiorentina - Padova(コッパ・イタリア3回戦)

Fiorentina 2-1 Padova(コッパ・イタリア3回戦)


Fiorentina
3-4-2-1

【メンバー】

GK テッラチャーノ
DF クアルタ/ミレンコヴィッチ/イゴール
CH ヴェヌーティ/プルガル/ダンカン(90分カストロヴィッリ)/バレッカ(78分ビラーギ)
OH カジュホン(90分ヴラホヴィッチ)/サポナーラ(66分リベリー)
FW クトローネ(66分クアメ)

【ベンチメンバー】
ビラーギ、ボナヴェントゥーラ、リベリー、ヴラホヴィッチ、カストロヴィッリ、クアメ、リロラ、カセレス、モンティエル、アムラバト、ポンシ、ドラゴフスキ

Padova
4-3-2-1

GK ヴァンヌッチ
DF ラッタ/ペラガッティ/アンジェルコヴィッチ/ガスバッロ
CH マンドルリーニ(65分ハース)/ロナルド(46分ジェルマーノ)/ハルフレッドソン(80分ジェレニッチ)
OH ブーリオ(46分サンティーニ)/クルシオ
FW ソレーリ(65分ニーカストロ)


【得点者】
Fiorentina  10分ヴェヌーティ、32分カジュホン
Padova   55分サンティーニ

【警告・退場】
28分アンジェルコヴィッチ、41分ブーリオ、43分ハルフレッドソン、86分ペラガッティ、87分プルガル

カリッロ・コーチ
『私達が先に進むことが出来るので、これは重要な勝利です。素晴らしいパフォーマンスでした。
ペッセラ?
彼のような重要な選手がいないのは難しいですが、ベンチには自らの役割を果たすことが出来る選手達が居ます。
デヴュー?
後半に下がることは分かっていましたが、良い兆候を見せました。だが、もっと練習しなければなりません。
ヴェヌーティ、カジュホンのゴール?
得点を決めるのはチームと選手にとって良いことなので、何時も幸せです。
2−0の後の苦しみ?
それは精神的な問題です。試合は決して終わりません。前の試合が少し前に終わったので、通常通りの準備は出来ませんでした。
ローマ戦?
何を改善するかを見極める必要があります。ビッグゲームへの準備は簡単です。
良い試合をしたいと思います。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ