2020年11月

ミラン戦 召集メンバー

ミラン戦 召集メンバー

GK ブランコリーニ、ドラゴフスキ、テッラチャーノ
DF バレッカ、ビラーギ、カセレス、イゴール、リロラ、クアルタ、ミレンコヴィッチ、ペッセラ、プルガル、ヴェヌーティ
MF アムラバト、ボナヴェントゥーラ、カストロヴィッリ、ダンカン、エイセリック、モンティエル、サポナーラ、ヴァレロ
FW カジュホン、クトローネ、クアメ、リベリー、ヴラホヴィッチ

ガゼッタ紙 予想メンバー
4-3-1-2

GK ドラゴフスキ
DF カセレス、ミレンコヴィッチ、ペッセラ、ビラーギ
MF アムラバト、プルガル、ヴァレロ
OH カストロヴィッリ
FW リベリー、ヴラホヴィッチ



プランデッリ監督
『40ポイントを考える事は正しいか?
優先事項は、チームをチーム、グループになるよう導くことです。明確なアイディアがあります。私達が重要なパフォーマンスを続ければ、自尊心と意識が高まります。したがって、チームスピリットが優先されます。
このチームを前進させることもできるスピリット。ミランのような非常に重要なチームに対して、素晴らしいパフォーマンスをすることを考える事が出来ます。
イヴラヒモヴィッチが不在?
試合がどうなるかは私達次第です。だが、彼の不在をうまく利用できれば。しかし、ミランは彼抜きでも非常に強力なチームなままです。
モンティエル?
ヴラホヴィッチとは異なるタイプです。モンティエルはフィジカル面を完成させる必要がありますが、技術的な観点からは彼は才能があります。スターターとしてシーズンを終えた場合、彼がフィオレンティーナに何を与えることが出来るかを理解する事は、私達にとって興味深いことかもしれません。現時点では重要な選手が復帰しました。彼は落ち着いて改善していきたいと思っています。
ボナヴェントゥーラ?
彼はピッチを理解できる経験豊富な選手です。18名の所有者について考えたいと思います。5名の交代枠があり、それを利用して違いを生むことが出来ます。
クアメ?
サッカーではゴールが前向きな考えに戻るのに役立ちます。問題は継続性を見つけることです。時間切れの選手や、自分で試合を解決できると思っている選手を見たくはありません。私達は重要な資質を持っていることを選手たちに認識させる為に、練習で良い状況を作らなければなりません。そして、ヴラホヴィッチは監督の分析に耳を傾けて居ます。
ピオリ監督との関係?
彼とは常に素晴らしい関係です。私は常に彼が困難なチームを変革できると考えてきました。彼は特定の状況に対処する能力があり、彼のチームは常に楽しい試合を提供してきました。
エイセリック?
多くの選手にとって、先に進む時かもしれません。彼は試合から外れて居ますが、練習では興味深いものを見せました。練習は私が彼らにおいた自信を示します。私にとってのリソースになります。
リベリー?
すべての選手が回復したので、誰が出場するかは私次第です。彼はフィオレンティーナのスターである必要がありますが、私達がリベリー中毒である必要はありません。彼は一か所で孤立することなく、もっと関与していかなくてはなりません。彼は決して悲しみについて考えるべきではありませんが、彼が持っている熱意を伝えることについて考えるべきです。そのようなリベリーが見たいです。
ヴァレロ?
サッカーの先生に特別な役割は必要ではありません。彼は中盤の全ての役割についてカバーできます。彼はサッカーを知っているので、彼の配置について問題はありません。』

ニュース色々

モンティエル
『マラドーナの死?悲劇的な瞬間で、酷いニュースでした。私は彼を直接見たことはありませんが、ビデオでは見ました。フットボールの歴史の中で最高の選手の一人でした。ゴール?私はチームに貢献しようとしました。チームは複雑な瞬間であり、最後まで戦いました。勝利はオーナーに捧げます。彼が幸せであることを願っています。』

ペッセラ
『大変な日です。ディエゴは私達に帰属意識と一体感を与えてくれました。2010年のワールド・カップで彼に会いました。何時でもその時の事を思い出せます。彼はいつも人の事を考え、それから自分の事を考えました。ショックでした。ピッチから出たときにそれを知り、信じられない気持ちになりました。それはアルゼンチンの人々を代表していました。私は彼の家族を抱擁します。2010年のワールド・カップの間、彼と私達は一緒に卓球やビリヤードをしました。私達にとっては神様のようなひとでした。』

アントニョーニ・マネージャー
『私はイタリア国内外で、ディエゴの様々な思い出を持っています。サッカーの観点からは楽しい思い出があります。これは聞きたくなかったニュースです。私は彼を対戦相手だけでなくパートナーとしても称賛しました。彼はチームメイトであり、ドライバーであり、優れた選手でした。彼はピッチとチームメイトの為にすべてを与えました。彼は最強の選手であり続けるので、世界中の全てのファンにとって、サッカーにとって悪いことです。ディエゴが1980年代初頭にフィレンツェに来た時に彼の両親、家族に挨拶しました。』

ミレンコヴィッチ
『今日、重要なことは勝つことでした。両チームともそれを望んでおり、結局、私達が何とか得点し勝ちました。私達は若いチームで、上手くいかないときは簡単ではありませんが、今日は最後までチームであることを示しました。オーナーと祝福する素晴らしい方法です。オーナーへの贈り物であり、忌まわしいコロナに罹った私の母への献身です。』


バティストゥータ
『親愛なるディエゴ、貴方に感謝を。私は貴方のために泣いています。私は貴方の家族の近くにいます。愛するディエゴ、安心して休んでください。』

ヴェローナのユリッチ監督
『私はまだベナッシを指導したことがありません。彼は問題を抱えており、抜け出してはいません。それが彼の現状です。私のサッカーの歴史の中でこのような事はありません。彼はドクターに相談したほうが良い。』

【Bild】アイントラハトとミランの取引はFWアンドレ・シルバの移籍金は300万ユーロ、FWレビッチは500万ユーロ。フィオレンティーナはその内の半分である250万ユーロを得ます。

【pianetamilan.it】ミランは、フィオレンティーナのミレンコヴィッチ、ペッセラを気に入っていたが予算の都合上、ホッフェンハイムのDFボハルテ、ストラスブールのDFシマカンなど、若い選手に向かいます。

現在フリーのFWマンジュキッチの代理人
『私はユヴェントスについて話しません。彼はそれを望んでいないので彼も話さないでしょう。彼はいつものように真剣に練習に取り組んでいます。本当に彼を望み信じて居るクラブを待っています。いくつかのオファーがありましたが、彼は確信には至りませんでした。彼はプレミア行きを望んでいましたが、正しい状況ではありませんでした。彼は200%準備が出来ており、フォームを回復させるための練習をする必要がありません。』

【Globo Esporte】ペドロは筋肉の問題で数試合はなれていましたが、復帰の準備は出来て居ます。フラメンゴはフィオレンティーナに分割払い、値下げを求めましたが、フィオレンティーナは否定的でした。だが、最終的に1400万ユーロを払って買い取る意思があります。ペドロはフラメンゴと5年の事前契約を結んでいます。

モントリーヴォ
『フィレンツェでのゴール?対戦相手として初めて戻ってきたとき、フィレンツェでの準備の仕方を知っている人たちから温かく迎え入れられました(笑)。それは並外れた聴衆であり、そのに彼らは私に激怒しました。それは恐らく、感情的な観点から、私のキャリアの中でも最も感情的なゴールでした。ベルガモで子供時代を過ごし、フィレンツェで成熟しました。私はプランデッリ監督と多くの仕事をしました。彼が私にとってのガイドです。多くのチームと争い、素晴らしい年でした。さようなら?私には良い思い出があり、フィレンツェには妻が居ます。私は永遠に街とつながっています。プランデッリ監督時代のロッカールームは素晴らしいものであり、そのようなロッカールームを見る事はありませんでした。プランデッリ監督は私達に順位を見ないように言い、自信、改善したいという願望、意識を植え付けました。今のフィオレンティーナは自尊心と自信が殆どない、競争力のあるチームに見えます。最初の困難でチームはバラバラになります。精神的には、各選手が誠意をもって自らの状況を解決しようとしますが、最終的に悪化します。しかし、プランデッリ監督は若手を管理する上で最高の監督の一人です。クトローネ?はい。彼はヴィオラで正しい道を見つけることが出来るでしょう。ただ、フランキでの温かさを欠いています。リベリー?彼の不在そのものより、バックボーンが重要です。ボナヴェントゥーラ?彼はプランデッリ監督にとって理想的な選手です。』

Udinese - Fiorentina(コッパ・イタリア4回戦)

Udinese 0-1 Fiorentina(コッパ・イタリア4回戦)


Fiorentina
4-1-2-1-2

【メンバー】

GK テッラチャーノ
DF カセレス(109分モンティエル)/ペッセラ(68分イゴール)/ミレンコヴィッチ/ビラーギ
DH プルガル
CH アムラバト/カストロヴィッリ
OH ヴァレロ(80分リロラ)
FW クアメ(60分エイセリック)/ヴラホヴィッチ(90分クトローネ)

【ベンチメンバー】
クアルタ、ダンカン、サポナーラ、リロラ、バレッカ、モンティエル、ブランコリーニ、クトローネ、ドラゴフスキ、エイセリック、イゴール

Udinese
4-3-3

GK ムッソ
DF モリナ(76分ラーセン)/ボニファージ(105分ベコン)/ナイティンク/サミル
CH ペレイラ(63分ヤヤロ)/デ・パウル/マケンゴ
FW デウロフェウ/ラザーニャ(105分オカカ)/フォレスティエリ(77分プセット)


【得点者】
Fiorentina  112分モンティエル
Udinese   

【警告・退場】
34分プルガル、56分カセレス、59分サミル、88分マケンゴ、90+2分ビラーギ、97分ヤヤロ

プランデッリ監督
『今日、サッカーについて話すことは場違いです。試合中にマラドーナのニュースを受け取りましたが、まだ信じられません。
彼は子供たちにこれまでで最高の夢を与えることが出来ました。
彼はいつも最初にチームのことを考え、その次に自分のことを考えました。
彼と対戦した人でさえ、彼の悪口を言う人は誰もいません。
モンティエル?
私達は彼にとても満足していますが、今はマラドーナのこと以外について話すことが出来ないと思います。』

ハイライト

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ