2021年02月

ウディネーゼ戦 召集メンバー

ウディネーゼ戦 召集メンバー

GK ドラゴフスキ、ロサーティ、テッラチャーノ
DF バレッカ、ビラーギ、カセレス、イゴール、マルキュイ、クアルタ、ミレンコヴィッチ、オリヴェイラ、ペッセラ、ヴェヌーティ
MF アムラバト、カストロヴィッリ、エイセリック、プルガル、ヴァレロ
FW カジュホン、ココリン、モンティエル、リベリー、ヴラホヴィッチ

ガゼッタ紙 予想メンバー
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ、ペッセラ、クアルタ
MF ヴェヌーティ、アムラバト、プルガル、カストロヴィッリ、ビラーギ
FW リベリー、ヴラホヴィッチ

プランデッリ監督
『連勝?職人が必要?
常に労働者。労働者がいなければ、建築家が10名いたとしても。私達は重要な個性を持っているフィジカルの強いチームに対戦する為に、労働者です。そのような態度を持ち続けなければなりません。コンパクトで秩序をもって守備をし、可能な限り深い攻撃をする必要があります。スーツを着た職人は好きですけどね。
将来はTD?
これは私達が答えるのに時間が必要な質問です。以前私が言ったことを繰り返し言います。チームとクラブにとってどんな種類の問題も引き起こしません。そして、それを彼らは知っています。
ウディネーゼ戦とリベリー?
厳しい試合になると思います。彼らはきちんとしたチームです。終了時にミスをせずに終わらせるのが上手くならなければなりません。彼らはリスタートに非常に優れており、技術もあります。
リベリーは私達と一緒に練習をしました。彼は上手くやりました。最後のセッションを買ってから決定を下します。
トラベル?
結果に関係なく、細心のプレーを繰り返す必要があります。トリノ、サンプドリアとの試合では、1ポイントしか持ちかえれませんでしたが、それ以上の価値がありました。勝利はプレーの後に来ます。特定のエピソードが私達にも役立つことを願っています。
クアメ?
私達が持っているデータから、コロナの時点で、筋肉の損傷は50%増加しました。継続性と良好な状態をさがしていたので、非常に申し訳ありません。臨時のスタッフが居るので、思ったより早くに復帰できると思います。
経験?
私は関係があると感じます。感情だけでなく、多くのものを。自分自身に大きな責任を感じて居ます。恐らく、私のキャリアの中で最も特別で困難な経験です。私は元気を取り戻そうとしますが、前向きで積極的な考えを持つ為にあらゆることをします。
勝つには?
クラブは将来の計画を検討していると思います。だが、私達はピッチでの出来事だけに集中し続けなければなりません。
スペツィア戦の勝利?
直接対決で勝つと、繰り返すことが出来るという意識が高まります。明日は、フィールドでプレーして勝ちます。
順位とシステム?
決して落ち着いてはいけません。全ての試合を戦うという事を認識しなければなりません。リラックスしてはいけません。私は何も信用していません。私達は自らの仕事をするだけです。
プルガル?
多くの人が、身体的精神的に問題を抱えて居るシーズンです。私はプルガルを優れた選手だと考えて居ます。彼が元気で頭がクリアになった時、彼はそう話をし、非常に肯定的な反応がありました。』

クアメ 負傷

フィオレンティーナ公式
『水曜日の練習中に、クアメが左太もものハムストリングを痛めたためにフィールドを離れました。今朝の検査では左ハムストリングにレヴェル1の損傷があることが明らかになりました。クアメは既に治療を開始しており、数日中に再検査を行います。』

【Nazione】フィオレンティーナはリベリーが回復しましたが、クアメを当てにする事が出来ません。ウディネーゼ戦だけでなく、ミッドウィークのローマ戦、もしかするとその次の試合も欠場になるかもしれません。一方、ココリンはSNSで準備が出来たと発言しています。】

ニュース色々

【Marca】カセレスは、シーズン後に切れる契約を更新することなくウルグアイに戻るでしょう。ペニャロールが興味を示しています。

ガンベリーニ
『私は過去に、セリエAに長くいた選手とだけ思われるのは好きではありません。仕事を認められたい。その為に監督になって感謝されたい。これは賭けです。』

プレミアのメルカートの専門家ロマーノ氏
『ミレンコヴィッチの将来は、恐らくプレミアにあるでしょう。ウエストハムは移籍金2500万ユーロでオファーを出したが、フィオレンティーナは拒否しました。コミッソオーナーは4000万ユーロを求めています。マンチェスターユナイテッドは常に興味を持ち続けて居ます。』

クアメ
『私はフィレンツェで元気です。家族も、そして私も幸せです。時々街に行きますが、頭はピッチに残ったままです。ニックネーム?コートジボワールでは、父のオウムが私をミクーと呼びました。そして、此処イタリアではガゼル。好きな役割?ストライカー。私が作った最高のゴール?セリエAの最初の試合で、エンポリ戦でのゴールです。何時もドログバを見本にしていました。ボナヴェントゥーラとはいつも冗談を言っていますが、一番仲が良いのはプルガルです。私を指導した監督は沢山おり、私の最高を引き出そうとしてくれています。夢?ゴールを決める方法を見つけることです。前回フルでプレーしたのが、2019年11月3日だったので、大変懐かしく思っています。ゴールを取り戻せば落ち着くと思います。私は考えすぎても上手くいかないことが多いので、落ち着いて行動しなければなりません。ティフォージからの愛あるメッセージに感謝したいと思います。彼らは私を助けてくれます。それなしでプレーするのは簡単ではありません。ウディネーゼ戦では、ファーストレグやカップ戦の時のように、自らの強さを認識し、勝つことを試みなければなりません。ゴールを逃した場合?分かりませんが、私はゴールを逃し続けて居ます。そして、ロックを解除します。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ