ピオリ監督
『私達が休暇ではなく仕事をするための施設についてサリカ、アントニョーニの両氏に感謝します。理想的なロケーションのお陰でよい仕事をしています。休み明けであり、一緒に仕事をしなければなりませんでした。トリノ、サンプドリアで重要なコミットメントを期待しています。設備は高水準です。ムリエル?一緒におり、非常に熱心であり良かったです。体調はかなり良かったと思います。10日休んでいましたが、その前もあまり起用されていませんでしたが良い状態です。トライデント?才能のある選手であり、此処にいることに喜びを感じています。彼がプレーする場所に違いはありません。とても助かるでしょう。シメオネの有無に関せず、プレーすることができます。トップグループ?正しいコミットメントをもって私達はこの1年半を繰り返しています。グループは上手くいっています。ピアツァについてユヴェントス、ラマダニの会議?私はそれについて何も知りませんし、関係がありません。彼はここで練習をしており、私は彼を信じています。』

ピアツァの代理人
『今日までの間、1月にピアツァがフィオレンティーナを去る可能性はありません。これまで、私達のすべてが期待通りにいくことはありませんでしたが、クラブ、監督との信頼、良い人間関係を築いている。彼はロッカールームの雰囲気に満足しています。交渉は容易ではありませんでしたが、夏に彼がフィオレンティーナに来るために全力を尽くしたことを強調したい。彼はフィオレンティーナだけを望み、考えを変えることはありませんでした。この数週間、多くのクラブから私に電話がありましたが、ほかのオファーについて検討はしていません。ムリエルの到着?私達にとって何も変わりません。私はピアツァの心理的なロックを解除するだけで、高レヴェルに戻るだろうと確信しています。』

【ViolaNews.com】フィオレンティーナは、練習にてキエーザ、ムリエル、テレオのトライデントを試しました。また、ディフェンスはミレンコヴィッチ、ペッセラ、ウーゴ、ハンツコ。中盤はベナッシ、ノアゴール、ジェルソンのメンバーを最初の練習で試しました。


【Giunluca Di Marzio】コルヴィーノGDはハイドゥク・スプリトのクロアチア人MFスタンコ・ユリッチ(1996年)に興味を示している。

【Sportitalia】コルヴィーノGDはハイドゥク・スプリトのクロアチア人DFマリオ・ヴスコヴィッチ(2001年)に興味を示している。コルヴィーノGDは300〜400万ユーロの重要なオファーを出したと思われる。ここ数週間以内にユヴェントスからの接触もありました。