【TMW】ピアツァにはパルマ、カリアリが興味を示しているが、どうなるかは1月20日を待たなくてはいけません。

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『テレオ?彼は残ることを決心しているピアツァのようにプロです。だが、継続的にプレーできていないことは事実です。MFチョリッチがフィオレンティーナにとって面白いものになる?セルビア、クロアチアについてコルヴィーノGDは考えているでしょう。夏の獲得として考えられていますが、彼はプレーしていません。私は彼がフィオレンティーナでどれだけの出場機会を得ることが出来るか分かりません。』
『ミレンコヴィッチには色々な噂がありますが、ニュースはありません。1月で動くことはないでしょう。マンチェスターユナイテッドの話は夏のものです。テレオ?1週間、様子を見なければなりません。彼がベンチでも良いと心変わりするのなら状況が変わる可能性があります。ピアツァ?ユヴェントスとの話し合いの後、フィオレンティーナは残すことを表明しています。DFヴスコヴィッチにフィオレンティーナは300万ユーロのオファーを出しているが、ハイドゥク・スプリトはそれ以上を求めています。フィオレンティーナは400万ユーロを費やすことになるので、よく考えなければなりません。』

【Gazzetta】ナポリがカストリヴァッリに強い興味を示しています。フィオレンティーナはMFディアワラを、ナポリはヴェレトゥに関心を示しており、両者の交渉に絡んでくる可能性はあるでしょう。

テレオの代理人
『彼はフィレンツェで問題はありません。カリアリ?電話はありました。だが、それは口頭での関心です。私達はみんなの為の重要なプロジェクトで具体的な何かを待っています。私達は国外での解決策を考えています。しかし、フィレンツェから出るにはそれだけのプロジェクトでなければなりません。』

元SDプラデ氏
『私はフィオレンティーナ時代もFWオカカの獲得を試みました。』

【Violanews.com】ディアカテの将来についての解決策を見つけたかもしれません。ビエラ監督のいるニースへと。2019年夏に契約が切れるディアカテですが、ユニフォームを変える準備はできています。

ディカテの代理人
『少し後悔があります。彼はファースト・チームの一員でプレーできることを示したいという願望がありましたから。しかし、そうはなりませんでした。私達は前進しなければなりません。フィオレンティーナは常にうまくやってきましたが、アピールするチャンスを与えられたことは一度もありません。5年の契約延長について話をしましたが、合意を見ることはできませんでした。彼はケガという不幸がありましたが、今は回復しています。フィオレンティーナに代わるものを探しています。開幕に間に合わなかったので、プリマヴェーラに留まりましたが、2年もいれば十分です。4年もいる為の動機を見つけることは困難です。同意がないとしても、受け入れなければならないという選択がなされました。優先順位は、これからシーズン後までの6カ月の調整です。怪我さえなければ、物事は変わっていたでしょう。』

カストリヴァッリ
『2019年、私はクレモネーゼで素晴らしいことをしたい。二桁ゴールに達するのもよいでしょう。私は戦術レヴェルで、そして強さにおいて大きく成長しています。ペルージャ戦でのダブル?そのゴールにはすべての新しいカストリヴァッリがあります。以前はほとんどしなかった、相手を超えて、サイドに出たりするようなプレーです。フィオレンティーナ?アントニョーニ氏のようなカンピオーネからの励ましや賛辞に感謝しています。彼の信頼にこたえたいと思います。』