Parma 1-0 Fiorentina(セリエA第37節)

【メンバー】

Fiorentina
3-5-1-1

GK ラフォン
DF ミレンコヴィッチ/チェッケリーニ/ウーゴ
CH ミララス(28分ダボ(83分ヴラホヴィッチ))/ベナッシ/ジェルソン/ヴェレトゥ/ビラーギ
OH キエーザ
FW シメオネ(69分ムリエル)

【ベンチメンバー】
ノアゴール、ダボ、ハンツコ、モンティエル、ペッセラ、テッラチャーノ、エデミウソン、ヴラホヴィッチ、ムリエル、アントゥーラス、フェッラリーニ、ブランコリーニ

Parma
4-3-3

GK セペ
DF ガッツォーラ/ヤコポーニ/バストーニ/ガッリョーロ
CH クツカ/シュトゥラック(68分スコッツァレッラ)/バリッラ
FW スプロカーティ(84分ディマルコ)/チェラヴォロ/ジェルヴィーニョ(53分グラッシ)

【得点者】
Fiorentina  
Parma     80分(O.G)
    
【警告・退場】
90+4分ベナッシ

【スタッツ】
Parma------Fiorentina
15---ファール---21
3---コーナー---7
3---枠内シュート---2
2---枠外シュート---7
0---オフサイド---0
38.3--ボール支配率--61.7


モンテッラ監督
『審判について話すことは基本しませんが、時には審判について話さなければなりません。
最初から最後まで、私は彼の基準を理解していませんでした。
今、私はチームはチャンスに怯えています。
キエーザに対する厳し下がったので、私は審判に言いました。
次の試合の為のエネルギーを見つけなければなりません。
ボールは、仲間、ファールに阻まれました。
それが今シーズンだと思います。
だが、私達は上手く終えなくてはいけません。
セリエAでね。
2回のファールを見逃されましたが、私達にゴールがなかったのでいうことはありません。
全てのエピソードが否定的です。
全てのエネルギーをこの分野に投入し、日曜日の結果につなげなければなりません。
私達は最後の試合の為に、無駄なエネルギーを消費してはいけません。
ムリエルを外したこと?
パルマがもっとオープンになった時に、フレッシュな彼を入れたいと思いました。』

ハイライト