スペツィア戦 招集メンバー

GK ドラゴフスキ、ロサーティ、テッラチャーノ
DF ビラーギ、カセレス、イゴール、マルキュイ、ミレンコヴィッチ、オリヴェイラ、ペッセラ、クアルタ、ヴェヌーティ
MF アムラバト、ボナヴェントゥーラ、カストロヴィッリ、エイセリック、モンティエル、プルガル、ヴァレロ
FW カジュホン、ココリン、クアメ、ヴラホヴィッチ

ガゼッタ紙 予想メンバー
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ、ペッセラ、クアルタ
MF ヴェヌーティ、アムラバト、プルガル、ボナヴェントゥーラ、ビラーギ
FW クアメ、ヴラホヴィッチ

プランデッリ監督
『リベリー?
彼は追いつこうと試みています。私は彼に良く重要なことは、頭が前向きであることだと言う事を言っています。彼は100%回復しようと試みています。
最近の3試合?
パフォーマンスはありましたが、残念ならが結果に影響を与える幾つかのミスがありました。ポイントがありません。守備段階の状況をより正確に読み取る必要がります。
降格件脱出?
明日はピッチで、最近数試合の後の怒りと決意を投げかけなければなりません。
チームは、スピリットと試合のアイディアを持っていることを示しました。
私達は素晴らしいサッカーをするチームに対して、素晴らしいパフォーマンスをする義務をあります。
彼らは恐らく今、イタリアで最高です。幾つかの疑念がありますが、試合ごとに独自のストーリーがあります。プレーの重要な継続性を与える事が出来た相手におめでとうと言いますが、私達は3ポイントを得るために競争する義務があります。
ココリン?
彼が来たとき、私達は幾つかの準備作業を始めました。インテルに対して彼について強さとダイナミクスを理解しました。その試合で彼は彼に不快にさせた小さな問題を非難しました。彼はまだ素晴らしい状態ではありません。その為、私はサンプドリア戦で彼に理解させるためにベンチに置きました。明日もそうします。
クアメ?
ヴラホヴィッチと共に、適切な時期に深みを見つける仕事をしています。守備の裏のスペースを見つけるための最適な瞬間を見つけるのが難しい場合があります。彼は貴重な選手です。
ペッセラ、守備陣?
守備面に関しては順調に進んでいます。間違いはありますが、誰でも間違いを犯すものです。
ペッセラはより詳細な方法で練習をする必要がある事に気づきました。彼は回復に取り組んでおり、非常にうまくいっています。私に取ってからは絶対的な参照であり、問題ではありません。
ヴラホヴィッチ?
毎週、私達は重要な言葉を費やしていますが、彼は1週間中、やるきに満ちており、それに値しています。
アムラバト?
非常に重要な特徴を持っています。それは大きな攻撃性です。彼は中盤の指揮者ではなく、シンプルにプレーする能力を持っています。彼は重要な選手ですが、プレーする価値のある要素ががたくさんあるので、まだラインナップは決めていません。彼は私にとって重要な要素です。
アムラバト、プルガル?
それらの状況を評価しています。プルガルはジェノバで素晴らしい試合をしたことを嬉しく思います。彼はコロナの後、困難な時期を経験した敏感な男だからです。非常に前向きな反応を示しました。彼は優れた選手です。
クアルタ?
彼は重要な基盤を持っています。良く守備をし、状況を効果的に読み、構築する方法を知っています。非常に集中的に練習を行っており、そうすることで常にパフォーマンスが向上します。
スペツィア?
彼らはアイディアを持っていることを示しました。その事に敬意を払っています。彼らはピッチのすべての分野で何をなすべきかを常に知っています。フィオレンティーナとの比較は、私達がチームになろうとしている2年間、一緒にやっているいます。彼らは彼らのプレー方法と新しく昇進した勇気を追加するクオリティを持っています。私達は非常に高い目標から始めました。私達は自らが優れていることを示さなければなりません。
メンバーが足りてない?
メルカートには不満であり、明確で決定的な機会はありませんでした。だが、私達がなしたことに満足しています。ベンチメンバーが少ないことは問題ではありません。不足しているのなら、プリマヴェーラから引き揚げます。
カジュホン?
彼については明確でした。プロフェッショナルな観点から彼は良い人です。チームの難しさを理解し、助けようとしています。私は彼を誉める以外、何も言うことはありません。彼は通常の選手を演じていなくても、常に非常に前向きな選手です。
順位?
残念ながら、フィオレンティーナは近年、順位についてはこの領域の為に戦っていました。申し訳ありませんが、それは事実です。プログラムレヴェルで、構造を変える必要があります。悩みを解消するためには早くポイントを稼ぐ必要がありますが、同じ問題を抱えている強いチームがたくさんあります。私達は試合毎に戦わなければなりません。』