Fiorentina 3-0 Spezia(セリエA第23節)

【メンバー】

Fiorentina
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ/ペッセラ/クアルタ
CH ヴェヌーティ(85分カセレス)/アムラバト(60分ヴァレロ)/プルガル/ボナヴェントゥーラ(45+1分カストロヴィッリ)/ビラーギ(85分イゴール)
FW クアメ(46分エイセリック)/ヴラホヴィッチ

【ベンチメンバー】
テッラチャーノ、ヴァレロ、カストロヴィッリ/オリヴェイラ、ロサーティ、カセレス、マルキュイ、モンティエル、カジュホン、ココリン、エイセリック、イゴール

Spezia
4-3-3

GK プロヴェデル
DF ヴィニャーリ(85分ピッコリ)/イスマイリ/ハボート/マルキッツァ(11分ラモス)
CH エステベス/リッチ/マッジョーレ(63分セナ)
FW ギャシ/アグデロ(63分ガラビノフ)/サポナーラ(63分ヴェルデ)

【得点者】
Fiorentina  48分ヴラホヴィッチ、64分カストロヴィッリ、82分エイセリック 
Spezia  

    
【警告・退場】
18分アムラバト、75分エイセリック、77分ヴァレロ、90+2分クアルタ

【スタッツ】
Fiorentina------Spezia
20---ファール---11
0---コーナー---6
5---枠内シュート---2
10---シュート---10
3---オフサイド---1
37--ボール支配率--63

プランデッリ監督
『現時点では、このような勝利が必要でした。私達は恐らく、今最も適したチームと対面していました。彼らは大きな自信と構築能力を持っています。スペツィアを恐れていたが、後半の初めから変化を与えるのは得意です。多分、今回は変更が機能しました。
カストロヴィッリ、エイセリック?
エイセリックを起用することで、ピッチのその領域でリスクを犯すことはなくなり、確信をもって再開することが出来ました。とても繊細で難しい試合でした。トリノ、インテル、サンプドリアに対して酷いプレーをしていたわけではないので、もっと何かを持って帰る事が出来たと思います。時々、私達は自ら複雑にし、試合で興奮して落ち込んでいます。より多くのバランスを見つける必要があります。
ヴラホヴィッチ?
全てのボールがゴールになることは不可能です。彼のゴールはとても良かった。平日に決意をもって練習をするが、試合中に気分のむらが出るのは好きではありません。改善する運命にあります。ゴールや決定的なプレーが見つからない場合があり、そこでチームメイトに手を差し伸べなければなりません。彼は確かに並外れた基盤を持っており、非常に重要なキャリを築くことが出来ました。
アムラバトの交代?
彼は警告を受けて居ました。私達はより多くの秩序をもって守備に当たらなければなりませんでした。私達はチームメイトへの敬意から何より交代を受け入れる必要があります。彼がベンチを離れたのなら、彼は罰金を科せれらます。私は彼を見て居ません。
カストロヴィッリの交代は、他の選手への警告になります。フィールドに入る人は誰でも、このような推進力を持ってプレーする必要があります。エイセリックに驚いてはいません。彼は2、3の役割で役立つことが出来るテクニカルな選手です。彼の練習を見れば、驚くことはないでしょう。
ヴラホヴィッチ?
20歳で成熟する事は複雑です。彼は非常に決心しており、常に素晴らしい練習をしています。内面のバランスを見つけ、彼に来る全てのボールが重要になる可能性あることを理解する必要があります。歩いてチームの為にプレーすることを学ぶ必要がありますが、彼は良い基盤から始めます。
ボナヴェントゥーラは腱と筋肉の間に問題がありました。交代の時まで上手くいっていたので、深刻でないことを願います。』

ハイライト