フィオレンティーナは、途中交代したボナヴェントゥーラが、左足指の先にレベル1の損傷をしていることを発表しました。既に治療を始めており、数日中に再評価を行います。

【Stadio】ボナヴェントゥーラは、幾つかのテストを経て、今日から練習を再開しています。ウディネーゼ戦に向けての復帰は楽観視されています。

【Corriere】月曜の夜に、フィオレンティーナとサッリ監督の代理人の接触がありました。この目撃が嘘であろうと、ヴィオラが昨夏からサッリ監督とプロジェクトの再建を試みようとしたことは事実です。

フィオレンティーナ公式
『フィオレンティーナは、ヴィオラの経営陣とサッリ監督との間で行われたと言われている会議について、Corriereが報じた記事を否定します。完全に根拠のない報道です。フィオレンティーナは、このデリケートな時期に新聞で決して起こっていないイベントの報道を公開することは、深刻な問題であり、チームのバランスと毎日コミットするためのグループの精神を損なうものと考えます。まだ長いシーズンが残っており、最大限の集中力を持って臨みます。ヴィオラはいつでもどこでも、環境とクラブの活動を不安定にする攻撃や虚偽の根拠のない報道から身を守ります。』

【Sky】フィオレンティーナが3500〜4000万ユーロを譲らないとしても、2022年に契約が切れるミレンコヴィッチはビッグクラブにとって魅力的です。イングランドからマンチェスターユナイテッド、リバプールが、ドイツからはボルシア・ドルトムントが最初の接触を行っています。

【Corriere】リベリーには、モンツァ以外にヘルタベルリンも興味を示しているが、フィオレンティーナは契約更新に向けての動きを始めるでしょう。役割、関与について話し合う必要があります。

【elgoldigital.com】グラナダが、夏に再びカジュホンの獲得に動きますが、年俸が問題になります。

エイセリック
『イタリアでの得点は簡単なものではありません。2年間でゴールより多くの子供を授かりました。フィオレンティーナ?ニースで良いシーズンを過ごした後に来ましたが、殆どプレーしませんでした。それから私はヴェローナにレンタルになりました。フィレンツェに戻ってプランデッリ監督が来ました。クラブのフィジカルトレーナーと話をし、自分で多くの練習をしました。プランデッリ監督は私に、最初から始めようと話しかけてきました。私はもう少しプレーする準備が出来て居ます。練習し、プレーします。国外で新しいことを見つけようと決心しました。精神的、肉体的に減であり、全ての試合をプレーし良いシーズンを過ごしたいと思っていましたが、この4年で4人の監督が代わりました。フィオレンティーナでは常に複雑でした。毎日戦術、または個別の練習をしましが、ストレッチ、フィジカル練習など、これほど多くの練習をしたことがありませんでした。良いレヴェルでキャリアを続けたいと思うのなら、それはとても重要だと思います。フィオレンティーナはとても良いチームです。以前は、テクニカル面継続性などで良いシーズンを迎えることが困難でしたが、私達は若いグループであり、リベリーにリードしてもらい、良い練習をしています。それが欠けるとき、複雑になります。彼はチームの男です。彼が来て以来、私達は良い関係を築けています。彼がひとりで練習をしているのも見ました。彼の歓喜?彼は私のゴールに満足してくれました。私はピッチからそれを見る事が出来ました。もっとスペースを?他にも選手がいます。私は元気であり、それをプランデッリ監督は知っています。』