ローマ戦 招集メンバー

GK ドラゴフスキ、ロサーティ、テッラチャーノ
DF バレッカ、ビラーギ、カセレス、イゴール、マルキュイ、ミレンコヴィッチ、クアルタ、オリヴェイラ、ペッセラ、ベヌーティ
MF アムラバト、ボナヴェントゥーラ、カストロヴィッリ、エイセリック、プルガル、ヴァレロ
FW カジュホン、クアメ、ココリン、モンティエル、リベリー、ヴラホヴィッチ

ガゼッタ紙 予想メンバー
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ、ペッセラ、クアルタ
MF ベヌーティ、アムラバト、プルガル、カストロヴィッリ、ビラーギ
FW リベリー、ヴラホヴィッチ

プランデッリ監督
『ウディネーゼの敗北の後の再開方法?
サッカーでは、3日ごとに逆説的な状況から抜け出し、生まれ変われる時があります。今、最大の困難は誠実な関係を持つことです。
今、私達は強い批判に囲まれています。クラブは投資を行い計画を立てています。会長が非常に失望していると聞きました。だが、今の私達がすることは毎試合を今シーズンで最も重要な試合だと考えて最後まで戦うことです。明日は、自分が犠牲者だと思ってフィールドに出てはなりません。正しい怒りを引き出し、プライドを持って正しくフィールドに向かわなければなりません。
ミス?
過去3枚のアウェーの試合では、幾つかのミスを犯しました。私達はみんな一緒になってそれから抜け出す事が出来ます。いつものように。
カジュホン?
彼はこのリーグでの資産になる事が出来ます。彼は全てにおいて前向きであり、チームは特定の方法で構築されています。
アムラバト?
明日、彼が自らの願望を示し、より垂直にプレーできることを願っています。それは彼次第です。
ローマ?
私達は相手からポイントを奪う事が出来るプレーが出来ると確信しています。
オープンにプレーしたいと思います。
オーナー?
非常に怒っていると聞きました。特定の側面を共有しました。
このチームはもっと多くのことをしなければならないという事実を強調しました。彼のそばには健全な怒りがあります。彼は世界の反対側からきて、構築したいと思っています。何か素晴らしいものを・
困難な中で改善する事が出来ます。この段階では怒りがありますが、熱意を失っていません。前向きな怒りです。
この状況から抜け出す?
反応があるに違いありません。特定の状況でのモチベーションは技術的な側面をよりよくする事が出来ると確信しています。チームと多くの事を話しました。彼らがプラデSDに何かを与えなければならないと言う事はまだ敗北を理解することはできませんが、私達はページをめくる必要があります。私達は同じ船に乗っていますが、数カ月ではなく3年です。それから何が起こったかを理解する必要があります。独自のプログラミング方法を確認します。しかし、今は結果を達成する必要があります。ページをめくってください。
戦術の変更?
ウディネーゼは多くのチームを苦しめてきました。明日は別のタイプの試合をする必要があります。試合はローマが支配するでしょう。スペースを与えず、ゴールを決めるための厄介さを持っている必要があります。
批判?
批判した全ての人を尊重します。応えませんが。
モンティエル?
交代の準備が出来ていたので、少しプレーから離れていたとしても、彼をフィールドに置きました。ほんの数分でもプレーしたでしょう。批判がありますが、一度も私は答えたことはありません。
ローマ?
フォンセカ監督は、批判されたとしても、自らの道を歩む監督です。まずは選手の特徴、それから試合のアイディアがあります。ローマにはクオリティ、足、彼は配置が上手いです。苦しむでしょうが、私達はコンパクトにならなければなりません。
ココリンの先発?
イタリアのサッカーを知らない選手を統合させるには時間が掛かります。プラティニは6カ月かかりました。ココリンは議論の余地がない技術的四肢を持っています。しっかりし、急がせてはいけません。』