試合結果

Fiorentina - Atalanta(セリエA第30節)

Fiorentina 2-3 Atalanta(セリエA第30節)

【メンバー】

Fiorentina
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ/ペッセラ/クアルタ(77分ヴェヌーティ)
CH カセレス/ボナヴェントゥーラ(77分カジュホン)/アムラバト(70分ヴァレロ)/カストロヴィッリ(70分エイセリック)/ビラーギ
FW クアメ/ヴラホヴィッチ

【ベンチメンバー】
テッラチャーノ、ヴァレロ、オリヴェイラ、ロサーティ、ヴェヌーティ、マルキュイ、バレッカ、モンティエル、ポンシ、ムンテアヌ、カジュホン、エイセリック

Atalanta
3-4-1-2

GK ゴッリーニ
DF トロイ/ロメロ(46分ジムシティ)/パロミノ
CH マリノフスキー(64分イリチッチ)/デ・ローン/フロイラー/ゴセンス
OH パシャリッチ
FW サパタ(87分ミランチュク)/ムリエル(63分メーレ)

【得点者】
Fiorentina   57分66分ヴラホヴィッチ
Atalanta    13分40分サパタ、70(PK)イリチッチ

    
【警告・退場】
23分ロメロ、32分ペッセラ、53分アムラバト、72分ミレンコヴィッチ


【スタッツ】
Fiorentina------Atalanta
15---ファール---13
0---コーナー---6
2---枠内シュート---8
10---シュート---15
2---オフサイド---2
39--ボール支配率--61

イアキーニ監督
『エピソードの為、幸運ではありませんでした。0-2にも関わらず、正しい精神で後半のフィールドに向かいました。2-2で勝ちに行けるという感覚があり、それからPKのエピソードがありました。ヴラホヴィッチは大きく成長しており、私達は彼を信頼しています。0-1のゴール?最初のラインで背を高くし、密度を上げる必要がありました。パフォーマンスは成長しています。降格から救うには?コンパクトさとバランスを与え、先日さと組織を再発見する必要があります。それに取り組んでいます。成長の為に戦い続けることが問題になるでしょう。』

ハイライト

Genoa - Fiorentina(セリエA第29節)

Genoa 1-1 Fiorentina(セリエA第29節)

【メンバー】

Fiorentina
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ/ペッセラ/クアルタ
CH カセレス(71分ビラーギ)/ボナヴェントゥーラ(71分エイセリック)/プルガル/カストロヴィッリ(83分カジュホン)/ヴェヌーティ(89分アムラバト)
FW ヴラホヴィッチ(89分クアメ)/リベリー

【ベンチメンバー】
テッラチャーノ、ビラーギ、ヴァレロ、クアメ、オリヴェイラ、ロサーティ、バレッカ、モンティエル、アムラバト、ポンシ、カジュホン、エイセリック

Genoa
3-5-2

GK ペリン
DF マジエッロ/ラドヴァノヴィッチ/クリシット
CH ビラスキ(62分ザイツ)/ベーラミ(70分ギッリョーネ)/バデリ/ストロートマン(83分メレゴーニ)/ザッパコスタ
FW スカマッカ(83分ショムロドフ)/デストロ(70分ピアツァ)

【得点者】
Fiorentina   23分ヴラホヴィッチ
Genoa    13分デストロ

    
【警告・退場】
2分ストロートマン、51分(RED)リベリー、63分ザイツ、90+5分プルガル


【スタッツ】
Genoa------Fiorentina
17---ファール---10
4---コーナー---2
1---枠内シュート---3
8---シュート---10
4---オフサイド---0
57--ボール支配率--43

イアキーニ監督
『ジェノアは経験豊富で質の高い選手を擁しているので、難しい試合になることは分かっていました。バッラルディーニ監督は素晴らしい仕事をしています。素晴らしい試合でした。最初のミスで失点しましたが、その後はミスをしませんでした。私達は分類され整理されました。選手達には積極的にプレーして相手ゴールに近づくことが多かったが、最後の一歩を逃しました。数的不利があったが問題はありませんでいた。グループが見せた精神が好きです。
目標はポイントを獲得し、出来るだけ早く降格争いから脱出する事です。それからリーグ戦を称えましょう。これまで輝かしいシーズンを過ごしていない選手たちの回復に努めます。攻守の両方で重要なパフォーマンスを期待しています。
PK?ボールが特定の方向に進んだように見えます。VARがあり、下された決定は正しいものでしょう。講義は役に立たなかったと信じます。』

ハイライト

Fiorentina - Milan(セリエA第28節)

Fiorentina 2-3 Milan(セリエA第28節)

【メンバー】

Fiorentina
4-4-2

GK ドラゴフスキ(44分テッラチャーノ)
DF クアルタ(79分クアメ)/ミレンコヴィッチ/ペッセラ/カセレス
CH エイセリック/プルガル(79分カジュホン)/ボナヴェントゥーラ/カストロヴィッリ(71分ヴェヌーティ)
FW ヴラホヴィッチ/リベリー

【ベンチメンバー】
テッラチャーノ、ビラーギ、ヴァレロ、クアメ、オリヴェイラ、ロサーティ、ヴェヌーティ、マルキュイ、バレッカ、モンティエル、アムラバト、カジュホン

Milan
4-2-3-1

GK ドンナルンマ
DF ダロト/ケア/トモリ/エルナンデス
CH トナーリ(58分ベナセル)/ケシエ
OH サーレマーケルス(58分カスティジェホ)/チャルハノール(90+1分メイテ)/ディアス(80分クルニッチ)
FW イブラヒモヴィッチ

【得点者】
Fiorentina  17分プルガル、21分リベリー 
Milan    9分イブラヒモヴィッチ、57分ディアス、72分チャルハノール

    
【警告・退場】
41分チャルハノール、47分ダロト、89分クアメ、90+2分メイテ


【スタッツ】
Fiorentina------Milan
6---ファール---11
8---コーナー---8
2---枠内シュート---3
7---シュート---13
1---オフサイド---1
39--ボール支配率--61

アントニョーニマネージャー
『結果だけでなく、一貫していない幾つかの恣意的な決定についても後悔しています。
イブラヒモヴィッチのゴールは、ペッセラへのプッシュがあり、その後、3失点目にも横からのファールがあります。
監督は4バックに変更し、テクニカルな中盤を展開しました。2位のクラブと同等でした。良い影響があったことを意味ます。
唯一の後悔は結果です。
カストロヴィッリは今夜は違う役割でしたが、順調にプレーしました。
私達は彼のシーズンに満足しています。
順位?
実質代わりません。彼らは後れを取ってはいません。このようにプレーすると結果とポイントが齎されます。』

ハイライト

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ