NEWS

サッスオーロ戦 召集メンバー

サッスオーロ戦 召集メンバー

GK ドラゴフスキ、ロサーティ、テッラチャーノ
DF バレッカ、ビラーギ、カセレス、イゴール、マルキュイ、クアルタ、ミレンコヴィッチ、オリヴェイラ、ペッセラ、ヴェヌーティ
MF アムラバト、ボナヴェントゥーラ、カストロヴィッリ、エイセリック、プルガル、ヴァレロ
FW カジュホン、クアメ、モンティエル、リベリー、ヴラホヴィッチ

ガゼッタ紙 予想メンバー
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ、ペッセラ、クアルタ
MF カセレス、アムラバト、プルガル、カストロヴィッリ、ビラーギ
FW リベリー、ヴラホヴィッチ


イアキーニ監督
『シーズン後?
私が戻ってきたとき、他のシーズンと比較して、少ない日数の中、難しい多くの試合があることは分かっていました。最初の2試合では、守備の堅牢性に取り組みました。アタランタ戦では良い所を見る事が出来ました。ドラゴフスキが3,4回、交戦しましたが、よく見るとオフサイドでした。レギュレーションにより、対戦相手の危険性の認識も変化します。
サッスオーロ、ヴェローナ?
仕事を通じて、適切な集中力でホームで結果を齎すことが出来ると確信しています。1試合づつ、詳細を改善し、確実に回復させていきます。ホーム、アウェー関係なく、私達は結果を出す必要があります。選手全員の良いパフォーマンスを期待しています。
アタランタ戦の怒り?
チームはひどいスタートというわけではありませんでした。ただ、幾つかのエピソードで間違いを犯しました。そして、細部を整え違う姿勢で後半に向かいました。それから2−2に試合を戻しました。その後、PKのエピソードがありました。その時まで、私達は勝つことが出来たという事です。
コミッソオーナー?
何時もチームの近くに居てくれています。私達と彼とは親密に感じており、ティフォージに直ぐ満足を与えることが出来ることを望んでいます。私達が上手くやる事が出来る細部の注意を見つけるために、課せられた市議とである現場で働くことだけを考えて居ます。
ヴラホヴィッチの契約延長?
まずは、彼が上手くやれるような立場に置く気持ちが必要です。彼はこのように練習を続けていかなければなりません。そして、私達は試合に集中し続ける必要があります。選手と話をするのは会長、クラブになります。
デ・ゼルビ監督?
彼は良いです。ボール・ポゼッションが高く、3年一緒にやっており、チームは構造化された知識を持っています。グループの継続性が違いを生み、結果につながることを示しています。サッカーは科学ではありませんが、そうするのは正しいことです。サッスオーロは暫くの間、セリエで重要なチームでした。
クロス?
ボガ、ベラルディ、カプートと攻撃的な選手がいます。
相手のボールポゼッションを和らげるには?
攻守両面のフェーズの準備をしています。相手ペースでの試合を回避し、私達のプレーをする為に。マークをうまく外せるようにならなければなりません。
サッスオーロの思い出?
美しい思い出として残っています。最後から2番目からスタートし、途中まで上手くいきました。若いチームで多くの選手を大切にしてきました。
ベラルディ?
偉大な選手です。誰もが彼はまだ成長できると思っています。彼は代表での付加価値になりえます。彼が去らなかったのは、サッスオーロで彼がバンディエラと認めたからです。
怪我?
ココリンはまだ
グループ練習に参加しておらず、別メニューで練習しています。イゴールが帰ってきました。今日の練習を見てみましょう。他にも問題を抱える選手がいますが、週3試合あり、私達は全員を必要としています。
プルガル、カストロヴィッリを外す?
私達はチーム全員をトップに戻すために取り組んでいます。シーズンの終わりに向けて、彼が私達を助けることが出来ると確信しています。他の仲間たちと同じように。
リベリー、プルガル?
重要な選手達ですが、彼らの代わりを務める選手達も上手くやります。アムラバト、クアメは良くやりました。長い間プレーしておらず、得点を決めていない選手は、よりチームメイトに奉仕する事を渡しは望んでます。それは起用できるようになるための犠牲の精神です。
ボナヴェントゥーラ?
試合の展開の中で、初期のイエローカードについては考えません。試合の動きを追跡し、それに応じて評価します。
カジュホンはプレーしない?
長い間プレーしないという、特定のシーズンを経験しています。彼も私達に多くを与えることが出来るので、私達は彼を取り戻したいと思っています。徐々に入っていけるよう取り組んでいます。シーズンの最後に向けて、全員が必要です。』

ニュース色々

プリマヴェーラはジェノアを破り、3年連続コッパイタリアの決勝戦に進出しました。

コミッソオーナー
『この決勝進出に満足しています。誰かが私がプリマヴェーラも台無しにしたと言いました。この試合を1ヵ月待っていました。皆と話をし、彼らは私を満足させてくれました。最高の瞬間を過ごしました。此処では絶え間なく批判があります。その中で、選手達はとても上手くプレーしています。』

【Corriere】ここ数週間、フィオレンティーナとガットゥーゾ監督の接触は強まっています。ガットゥーゾ監督は代理人を通じて、興味以上の感情であることを伝えています。だが、シーズンが終わるまで彼はコミットメントするつもりはありません。リスペクト、プロ意識、ナポリでの冒険を良いもので終わらせたいという為です。

【Repubblica】トリノのFWベロッティの契約は2022年までであり、このままの状態でとどまるのはリスクがあります。FWベロッティは28歳であり、多くのオファーが来ていることから、移籍の可能性が高いと思われています。アトレティコ・マドリッド、セビージャ、チェルシー、エバートン、リヨン、ミラン、ナポリ、フィオレンティーナ、ローマが興味を示しています。金額?数シーズン前は1億ユーロを求めていたが、今は4000万ユーロからになるでしょう。


メルカートの専門家スキッラ氏
『ガットゥーゾ監督?彼は100%ナポリを離れます。そして、フィオレンティーナは確かに強い興味を示しています。だが、フィオレンティーナは別に気に入っている名前があります。ユリッチ監督です。デ・ゼルビ監督への興味もありましたが、現在は衰退しています。プラデSDの残留?数週間前に比べると、大幅に可能性が高まっています。ただ、内容はより管理的な役割に代り、若く才能ある人物がSDになる可能性があります。その人物はペルージャで、スピナッツォーラ、マンチーニ、コンティなどを見つけたゴレッティ氏です。彼のような人物が理想的です。そうでなければ、2把の風見鶏を屋根に置くことになるからです。ヴラホヴィッチ?フィオレンティーナは彼を残したいと思っていますが、それは簡単なことではありません。彼がゴールを決めるほど、価格は上がります。150万ユーロ+ボーナスでは、もう十分ではないでしょう。ライプツィヒ、ドルトムント、ミラン、ローマ、彼を求めるクラブが不足する事はありません。トッテナムも参戦を考えて居ます。フィオレンティーナは少なくとも5000万ユーロと評価しており、多くのシナリオがあります。まだ、どうなるかは分かりません。ドラゴフスキ?ドルトムントがGKを探しています。ドラゴフスキはかなり過小評価されていますが、パフォーマンスの点ではセリエで5本に入ります。ヴラホヴィッチより長い契約を結んでいますが、重要なオファーが届いた場合、彼を残すのは簡単なことではありません。様々な理由により、ミレンコヴィッチ、ペッセラ、リベリーの3名はフィレンツェを離れる運命にあると思います。ミレンコヴィッチについて共通の認識は、販売の合意です。フィオレンティーナは2500〜3000万ユーロなら受け入れるでしょう。ペッセラについては、契約更新の交渉は止まっています。紆余曲折ありますが、彼は去り、フィオレンティーナは1000〜1200万ユーロのオファーを喜んで受け入れるでしょう。リベリーに関しては新しい監督次第になります。数字の面を見れば、様々なものに焦点を当てることが出来ます。重要なことは、キエーザの時と違い、移籍を受け入れていることです。来シーズンのフィオレンティーナ?今はまず、降格を回避する事です。それからSD、監督が誰になるかを理解する事です。そんな中ですが、フィオレンティーナはサッスオーロからモンツァにレンタル移籍中のMFフラッテージに関心を示しています。ただ、次の監督の考えが重要になります。』

ニュース色々

プラデSD
『苦味はあるが、素晴らしいチーム相手に個性を見せる試合をしました。難しい試合をイーブンに戻した後、PKのエピソードがありました。その瞬間、私達はフィールドを支配し、試合に勝つことが出来たので修正可能です。チームは其処にあり、リーグで最も強力なチームの一つと同等のプレーをしました。これを続けていく必要があります。この結果を前向きに考えなければなりません。今後?私達が此処にいるグループとして、前進し、終わりまでプレーします。8ポイントの利点があり、それを認識し、落ち着いて多くの事に対処しなければなりません。私達はポイントを獲得する必要があり、チームにはそれを行うためのすべての可能性と能力があります。』

【Tmw】フィオレンティーナの新しいSD候補に、ペルージャのゴレッティSDが新たに上がっています。その場合、プラデSDはTDに役割を変えてチームに残る可能性があります。

【The Sun】サッリ監督には、マルセイユ、フェネルバフチェ、フィオレンティーナから公式なオファーがありましたが、断りました。サッリ監督の将来の可能性は、プレミア行きはまだ排除されていませんが、ナポリへの復帰かローマ行きの2つになるでしょう。

【Sky】ミランは夏のメルカートでFWを探していています。ヴラホヴィッチをリストアップしているが、コミッソオーナーが求める4000万ユーロはミランの財源から考えると高く、3000万ユーロラインの選手を探します。コミッソオーナーは、2023年で切れるヴラホヴィッチの契約を延長し、彼をとどめたいと考えています。

【Sky】リベリーとフィオレンティーナとの別れの可能性が高いと報じられていましたが、最新の動きは契約更新の可能性を示しています。アタランタ戦のスタンドでコミッソオーナーとの抱擁を見過ごすことは出来ません。このため、モンツァはシナリオを換える必要が出てきます。

【nazione】ココリンはまだグループに復帰しておらず、別メニューで練習をしています。その為、サッスオーロ、ヴェローナの2試合でも起用できないでしょう。イゴールは近々グループ練習に復帰できるようです。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ