面白い記事・・・・

卒業後活躍しそうなAKB1位は?

ファンとしては、お気に入りのメンバーが卒業するのは寂しいところだが、ソロで活躍する姿に期待する声もある。そこで、「卒業してソロになっても成功しそう、大成しそう」なメンバーは誰か、AKB48グループに興味がある20〜39歳の男性100人にアンケート調査を実施してみた。その結果は以下のように!

●AKBグループ「卒業してソロになっても成功しそう」なメンバーTOP10
(3人まで選択、協力/アイ・リサーチ)

1位 指原莉乃(HKT48)46.0%
2位 渡辺麻友(AKB48)20.0%
2位 高橋みなみ(AKB48)20.0%
2位 小嶋陽菜(AKB48)20.0%
5位 柏木由紀(AKB48)16.0%
6位 松井珠理奈(SKE48)8.0%
6位 峯岸みなみ(AKB48)8.0%
8位 山本 彩(NMB48)6.0%
9位 松井玲奈(SKE48)5.0%
9位 島崎遥香(AKB48)5.0%

前回の総選挙で驚きの1位を獲得し、今回も速報で1位につけている指原莉乃が圧倒的1位に。今ではAKB48グループという看板がなくても、人気・実力ともに誰もが認める存在である様子。それぞれの選ばれた理由は…?

●1位 指原莉乃
「バラエティ向き」(29歳)、「トークがうまく、笑いがとれるから」(28歳)、「イジることもできる」(27歳)など、バラエティ番組で見せるお笑いのセンスが“独立可能”と見る最も大きな理由となっていた。また「現在でもほぼソロのようなもの」(28歳)、「すでに1人での活動が多いから」(29歳)など、もはや卒業しても今と変わらないと考える声も。

●2位 渡辺麻友
「何年経ってもアイドルでいられそう」(24歳)、「根っからのアイドル」(29歳)、「歌がうまいから」(29歳)、「声がかわいい」(27歳)など、AKBグループの中でも光るそのアイドル性が卒業後も変わらず輝き続けると考える意見が多数。また「スキャンダルが報じられていないから」(22歳)という清純さを評価する人も。

●2位 高橋みなみ
「総監督だから」(28歳)、「リーダーシップがあるから」(29歳)、「中心人物」(26歳)などの理由や、「司会者として起用されそう」(26歳)、「MCとして頑張ってほしい」(26歳)と司会者としての成功に期待する声が集まっていた。

同じく2位の小嶋陽菜には「スタイルがいいのでモデルとして活躍できそう」(28歳)、「CM出演が多いので」(28歳)、「ブランドを立ち上げたらうまくいきそう」(24歳)などファッション方面での成功が、5位の柏木由紀には「お天気キャスターを務めるなど安定感がある」(24歳)、「鹿児島で人気なので地元中心に活躍しそう」(26歳)、「色々な才能を持っている」(29歳)などマルチな活躍が予想されていた。

1位から5位までそれぞれが違う道での成功を予想されるという、バラエティ豊かなAKBグループ。果たして総選挙後の“サプライズ”はあるのか? ファンならずとも注目だ。

「夫婦円満のための我慢」1位は?

結婚=我慢とイメージがあります。
■夫婦仲が悪くならないよう、我慢していることTOP10

(複数回答)

<夫>
1位 1人の時間を我慢している(36.0%)
2位 興味のない話も我慢して聞く(31.5%)
3位 欲しいものを我慢している(31.0%)
4位 自分の趣味を我慢している(28.5%)
5位 我慢して相手の趣味に付き合っている(15.5%)
6位 ときめきがなくても我慢している(14.5%)
6位 友達づきあいを我慢している(14.5%)
8位 料理がまずくても我慢している(11.0%)
8位 相手の容姿・体型が変化しても我慢している(11.0%)
10位 親孝行を我慢している(5.0%)


<妻>
1位 欲しいものを我慢している(33.5%)
2位 ときめきがなくても我慢している(30.5%)
3位 興味のない話も我慢して聞く(24.5%)
4位 1人の時間を我慢している(23.0%)
5位 相手の容姿・体型が変化しても我慢している(18.5%)
6位 友達づきあいを我慢している(15.0%)
7位 自分の趣味を我慢している(13.0%)
8位 我慢して相手の趣味に付き合っている(10.5%)
9位 親孝行を我慢している(8.5%)
10位 料理がまずくても我慢している(0.5%)


男女で差がよく表れた今回のアンケート。上位5つのうち、男女共通して我慢している3項目を除いた以下2つがそれぞれの特徴と言えそうです。

〈夫〉
・自分の趣味を我慢している
・我慢して相手の趣味に付き合っている

〈妻〉
・ときめきがなくても我慢している
・相手の容姿・体型が変わっても我慢している

つまり夫は「趣味」を我慢しているのに対し、妻は「夫の劣化」を我慢している(あきらめている?)という、男性にはキツイ本音が浮き彫りに。もしかすると、妻をめぐる夫のライバルは“あの頃の自分”なのかもしれませんね。

我慢しているってことは、つまり不満を内に溜めているということ。もっと言えば「期待の裏返し」とすら言えるかもしれません。ならば、円満な夫婦関係を築くには不満の改善が必要です。

ということで結論は!

夫は妻がときめくぐらいカッコ良くあること!(せめて付き合い始めた当時の体型に近づける努力)

妻は夫の「俺の世界」をもっと認めてあげることだそうです。なかなかうまく行かないのが人生ですね。
jEjbzt7qznb213P_nivo1_440

司令官のマル秘メモ

扇風機をつけたまま寝るのは危険?
 
 蒸し暑く、寝苦しい夜が続いている。エアコンや扇風機をつけておかなければ、とても眠れたものではない。

01_px250









…でも、ちょっと気になるのは、子供の頃からよく耳にしていた、「扇風機をつけたまま眠ると死ぬ」という噂。死ぬのは大げさだとしても、実際のところ、就寝中の扇風機にはどれほどのリスクがあるのだろう? 

「結論からいえば、一晩中ずっと扇風機にあたっていたとしても、死ぬことはまずありません。真冬にずぶ濡れの状態で長時間風にあたるような状態であるならともかく、夏場に生命を脅かすほどの低体温症を起こす可能性はかぎりなく低いでしょう。ただし、だからといって睡眠時の扇風機は、決してお勧めできません。風にあたり続けることは、皆さんが思っている以上に体に負担を強いていますから」

真夏とはいえ風によって熱を奪われ続けることは、疲労や倦怠感の原因になり、夏バテの原因にもなるという。では、直風を浴びる扇風機ではなく、エアコンならどうか?

「エアコンも扇風機も、健康面を鑑みればどちらもお勧めできません。本来、人の体は夏の到来にあわせて暑熱適応するものですが、エアコンなどの過剰使用はそうした体の適応を妨げ、冷房病などの体調不良の原因になります」

うーん、そうはいっても寝苦しい夜を耐え続けるのはかなりしんどい。では夏の夜をどのように乗り切っているのだろう?

「夜、リビングにいる際は、なるべく早めにエアコンを消して外気を入れ、薄手の寝間着で体を気温に慣らしておきます。また、夏場は外壁や寝具自体が熱をもっている場合が多いので、寝る直前まで寝室はエアコンなどで冷やしておき、就寝時には消して眠るというのもお勧めですみたいです」

最近は冷やりとした触感の敷きパッドなども売っているし、自分なりの対策を考えてみよう。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ