司令官のマル秘メモ

扇風機をつけたまま寝るのは危険?
 
 蒸し暑く、寝苦しい夜が続いている。エアコンや扇風機をつけておかなければ、とても眠れたものではない。

01_px250









…でも、ちょっと気になるのは、子供の頃からよく耳にしていた、「扇風機をつけたまま眠ると死ぬ」という噂。死ぬのは大げさだとしても、実際のところ、就寝中の扇風機にはどれほどのリスクがあるのだろう? 

「結論からいえば、一晩中ずっと扇風機にあたっていたとしても、死ぬことはまずありません。真冬にずぶ濡れの状態で長時間風にあたるような状態であるならともかく、夏場に生命を脅かすほどの低体温症を起こす可能性はかぎりなく低いでしょう。ただし、だからといって睡眠時の扇風機は、決してお勧めできません。風にあたり続けることは、皆さんが思っている以上に体に負担を強いていますから」

真夏とはいえ風によって熱を奪われ続けることは、疲労や倦怠感の原因になり、夏バテの原因にもなるという。では、直風を浴びる扇風機ではなく、エアコンならどうか?

「エアコンも扇風機も、健康面を鑑みればどちらもお勧めできません。本来、人の体は夏の到来にあわせて暑熱適応するものですが、エアコンなどの過剰使用はそうした体の適応を妨げ、冷房病などの体調不良の原因になります」

うーん、そうはいっても寝苦しい夜を耐え続けるのはかなりしんどい。では夏の夜をどのように乗り切っているのだろう?

「夜、リビングにいる際は、なるべく早めにエアコンを消して外気を入れ、薄手の寝間着で体を気温に慣らしておきます。また、夏場は外壁や寝具自体が熱をもっている場合が多いので、寝る直前まで寝室はエアコンなどで冷やしておき、就寝時には消して眠るというのもお勧めですみたいです」

最近は冷やりとした触感の敷きパッドなども売っているし、自分なりの対策を考えてみよう。

司令官の面接日記

この前友達の紹介で女の子面接来ました。

昼間はモデルをやってるとう言うだけにめちゃめちゃスタイルは抜群です。

今度とある某番組でゲスト出演するみたいです。

なんでこんな娘が・・・・・・

来てくれると大変です。

乞うご期待です。







 

司令官の気になるニュース

じつは女性も下ネタがお好き!?本当!?

異性と心の距離をぐっと縮めるには、気の利いたトークで笑いを取るのが手っ取り早い。近年、お笑い芸人の熱愛報道が相次ぐのも、きっとユーモアセンスの賜物に違いない。やはり今は、面白い男がモテる時代なのだ!

…でも、ちょっとした雑談のさなかに、そつなく笑いを取るのは簡単ではない。男相手なら、ダジャレや下ネタなど多少“品”のない話で笑い合うこともできるのだが、女性相手となると軽蔑されてしまいそうだ。

 「じつはそれは誤解なんです。人が面白みを感じるポイントには、皆さんが思っているほど男女に差がないもの。ですから、自分が面白いと思ったことなら、相手が女性であってもとりあえず自信を持ってぶつけてみてはいかがでしょう?」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。たとえば、ちょっとしたダジャレを思いついた時、「オヤジギャグといわれちゃうかな…」と躊躇(ちゅうちょ)する必要はないと内藤先生はいう。むしろ、一歩引いてしまうことの方がマイナスだ、とも。

 「これは米セントラルミシガン大学の心理学者ジェームズ・キャロル氏が、実験によって明らかにしていることなんです。キャロル氏はタイプの異なる様々なジョークに対する人々の反応を、心理テストによって測定しました。IPATテストと呼ばれるこのテストでは、ダジャレや下ネタ、自虐ネタ、あるいは風刺の利いた社会ネタなど、多彩なジョークが調査対象とされましたが、結果、それらに対する反応に、男女差は一切見られなかったそうですよ」

 面白いと感じるモチーフに、男女の差はない。女性相手だからといって、せっかく思いついたギャグやジョークを封印するのはもったいないかも!?

もっとも、誤解してはいけない。そもそも他人にとって面白くない話であれば間違いなくスベるし、面白くない下ネタは単なるセクハラトークなのでご注意を。joshikai

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ