2013年02月

思わず三度見する画像です。

illusion_66

車輪が・・・・











illusion_22ねこダブル共演!!







illusion_51

お尻がはみ出てる!?










illusion_31何だかイヤラシイですね。。
 





illusion_37自然アミタイです。。











illusion_84最後に良い眺めです。。。
 




 

もっとも「痛い」体の部位はどこ?

うっかりタンスに足の小指をぶつけてしまったり、机の角にひじをぶつけて電撃が走ったり…、僕らの日常は思いのほかキケンに満ちている。個人的にはつい最近、滑って転んで“弁慶の泣き所”を強打し、「この世にこれ以上の痛みがあるのだろうか!?」と、いい歳をして涙目になったもの。
subBanner-04






ここで、素朴な疑問。「痛み」というのは部位によって明らかに差がある。では、最も痛みを感じる、人体における最大の泣き所はどこだろう? 試しに専門家に聞いてみた。

「痛みという感覚は定量化できるものではありませんから、これはなかなか難しい問題です。痛みの仕組みを知るための人体実験は、戦前にはわりと行われていたようなのですが、現代ではもちろんあり得ません。今日に残されたわずかなデータと、最近の生理学研究をもとにお答えすると、痛みの感覚をジャッジする“痛点”は、人の全身におよそ平均100〜200平方センチほどの面積が分布していると考えられています。手のひらなど皮の厚い部分では痛点は少なく、前腕や太ももなどで最も多い、というのが一応の結論のようですね」

人の体が最も痛みを感じるのは、前腕や太もも! しかし、これはちょっと意外な気もする。掌が痛みを感じにくいのはわからなくもないが、前腕や太ももより痛い部位は他にたくさんありそうなものだが…。

「これはあくまで感覚、つまりセンサーの精度の問題です。痛点が感知するのは体表の痛みであって、たとえば睾丸を蹴り上げられた場合や、心筋梗塞で発生するような内臓面の痛みと、一概に同列視することはできません。男性にとっての急所といわれる睾丸などは、実際、事故などで外傷を負うとショック症状を起こしてしまう患者さんもいらっしゃいますしね」

体性感覚にも種類があるため、安易にNo.1を決めるのは難しいこのテーマ。ともあれ、できるかぎりこうした痛みとは無縁でいたいものです…。

100円ショップで買うべきではない商品は?

店内のものなら、なんでも気軽に買えてしまう「100円ショップ」。急場をしのぐために役立つアイテム、気張らず使いたい消耗品などを買うのにも重宝するお店です。でも「安い理由」を実感するアイテムを手に取ることも、よくあります。そこで、賢い買い物に役立てるべく、教えて!そんな経験談をピックアップしてみました。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
「これは百均で買うべきではないという品物」

■ガッカリ経験が多かったアイテムは「工具」

「工具類…ドライバーは先端が弱くネジに負ける。ペンチがすぐ錆びた」

「モンキーレンチ…合わせが笑っています。焼きが入っていない鋳造なので簡単に折れました。折れた断面に気泡が入っていて作りが荒かったです」

「工具…スパナなどの類は簡単にネジを舐めてしまうほどの粗悪品で最悪」

使いたいときに限って見つからないアイテムの代表選手と言っても過言ではない「工具」。家のどこかにあるはずだから…と、取りあえず100円ショップの工具で間に合わせた結果、使い心地や品質がイマイチだった経験は…私もありますね…。しかも、たまにしか使わないため、イマイチな品質に気づくまで時間がかかるのも、ガッカリ度が高まる理由と言えるかもしれません。その他の回答を総合するとハサミや刃物、缶切りといった「金物」のガッカリ率が高いようです。

■価格的なガッカリ経験も

「100均で売ってるお菓子。チョコボールとか普通にお菓子屋で70円ほどで売ってたような…」

「アルミホイール、ラップ…100円以下で売っているドラッグストアで買った方が得」

「食品とくに青果ですね100円では高すぎです」

「押入れ用の湿気取りです。以前100円ショップで買ったんですが、 直後にホームセンターで『3つ250円』てのを見つけました(;;)」

品質以外には、価格でのガッカリ話も多く見られました。ついつい「100円!お得!」と思って買い急いでしまいがちですが、後日スーパーなどに100円以下で売られているのを見つけたときには…。しかも、そのようなアイテムは意外と多いようです。たった100円だからと「取りあえず買い」を続けていると、かえって高く付いてしまう、という教訓話さながらの結果ですね。「必要なものを必要なときに買う」という買い物の基本を忘れないよう心掛けたいものです。

必見!!合コンで使える質問ベスト5

彼女募集中のオトコにとって、合コンは出会いのチャンス。女子との会話が盛り上がれば、成功率もグンとアップするはず。そこで、口下手な人でも合コンが盛り上がること間違いなしの女子への質問を“合コンシェルジュ”の絵音さんに5つ教えてもらいました。
topimg





まずひとつ目は「ニックネームを聞く」。ニックネームで呼ぶのは親近感を持ってもらうのに有効な手段。距離が縮まるうえに、名前を忘れる心配も減って一石二鳥。自己紹介の時に「いつもなんて呼ばれてる?」と聞いてみよう。

続いては「身につけている物について聞く」。オシャレを褒めることが質問の目的なので、「そのネックレスかわいいね、どこで買ったの?」のような質問の仕方がベスト。合コンのために手間ひまかけたオシャレを褒められると、女子のテンションも上がって場が盛り上がるかも。

3つ目は「“ど”の付く質問をする」。「“ど”の付く質問」とは、「どんな○○だった?」「どうして○○なの?」「どこで○○したの?」のような質問のこと。YesかNoだけで答えられない質問は、必然的に女子がたくさんしゃべることになり会話が膨らむそう。

4つ目はズバリ「結婚したい男性の理想像を聞く」。女性の婚活人口が男性を上回る傾向にある昨今、「婚活」を目的に合コンに来ている女子も少なくない。理想の結婚相手を空想しながら話すのは女子にとっても楽しい時間。「どんな男性と結婚したい?」と聞くことで、「結婚に対して前向きな男性」というイメージも持たれて良いこと尽くしなんだとか。

最後はちょっと大人な質問、「SかMかを聞く」。合コンも後半戦になると、時には少しエッチな話題になることも。もしその手の話題が極端に苦手な女子がいても、「SかMか」の話なら性格的な話とも捉えられるためハードルが下がるという。エッチな話題はいきなりではなく、女子のNGラインを見極めながら徐々に進めよう。
そして最後に心強いアドバイスをいただいた。

「もしハズレ合コンに当たっても絶対に手を抜かないこと! どんな合コンでも盛り上げられる力をつけておけば、いざ本命の女性が現れた時に役立ちます」と絵音さん。いかに相手を楽しませてあげられるかがオトコとしての腕の見せ所。女子の緊張を取り除いてあげるためにも、気の利いた質問でリードすることが大事なようです。

2月22日は「猫の日」!

2月22日を“猫の日”として、猫に関する各種のイベントやキャンペーンが行われるほか、猫に関する啓発活動も行われる。なお2月22日が選ばれたのは、猫の泣き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんだもので、全国の愛猫家からの公募の結果決定したそうです。

ちなみに私は犬派です。11月1日は「ワン」「ワン」「ワン」「ワン」です。

 
クリックすると新しいウィンドウで開きます
だから何(笑)
記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ