2016年10月

司令官の気になるニュース

知ってましたぁ。女性目線で美しいバストを選出する「美おっぱいコンテスト2016」あることを

 同コンテストは先入観を排除するため、一次審査は下着姿や“手ブラ”などのバスト写真のみで書類審査を実施し、この日は3次面接を突破した6人が出場。首からさげた花輪のみでバストトップを隠すセクシー衣装で最終審査に臨んだそうです。
おっぱい 




その結果、東京都在住のフリーター、中岡龍子(りょうこ、23)さんがグランプリを受賞。小、中学生時代に水泳と卓球で鍛えた1メートル63、B95W60H90のFカップ巨乳で頂点に立ち、ファッション誌「FREE MAGAZINE」への出演権などの副賞をゲットしました。

 審査員を務めたモデルでタレントのマギー(24)は選出理由について「形も良いし、触りたくなるようなもっちりとした質感が決め手」と説明。続けて「おっぱいというと男性目線のワードですが、女の子たちも自然な感覚でおっぱいの美しさを磨いてほしい」とメッセージを送った。

是非来年もあることを願います。

金曜日熱いキャスト揃い是非当店で豪遊してみて下さい。本日も宜しくお願い致します。

 VIOLET 03-5420-1928

司令官の気になるニュース

巨乳国家ニッポン「Cカップ以上」はすでに全体の7割超え

男が女を見るとき、女の体のどこに目がいくか? 相手の年齢や場所、季節、服装などいろいろな条件によって変わるだろうが、各種のアンケート調査を見ると、まずは顔を見て、それ
からバストに目がいくというのが一般的らしい。

 

 米国のネブラスカ大学リンカーン校が、女性の写真を使って男の目がどこへいくかを実験したところ、顔よりもバストとウエストに視線が集中したそうだ。

 

 では、男はどのような大きさのバストを理想とするのか? 株式会社リサーチパネルが2012年におこなったアンケート調査の結果によれば、

 

 Aカップ未満(0.8%)
 Aカップ(2.7%)
 Bカップ(11.1%)
 Cカップ(33.3%)
 Dカップ(21.3%)
 Eカップ(6.8%)
 Fカップ(2.7%)
 Gカップ(1.0%)
 Hカップ以上(1.0%)
 特に理想はない(19.3%)

 

 だった。回答者13万4915人のうち66%以上がCカップ以上の豊かなバストを理想とした。

 

 ちなみにカップサイズは、トップバストとアンダーバストの差によって分けられ、小さなほうから順にAカップは差が約10cm、Bカップは約12.5cm、Cカップは約15cm、Dカップは約17.5cmと、2.5cm刻みで大きくなっていく。

 

 つまり、トップとアンダーの差が大きければ大きいほど、また、アルファベットが進むほど豊かなバストということになる。

 

●豊満化するバスト

 トリンプ・インターナショナル・ジャパンが発表した「下着白書vol.15(2014年度)」のカップサイズ別売り上げを見ると、日本女性のバストサイズが豊満化を続けていることがよくわかる。

 

 1980年度は、Aカップが全体の58.6%を占めていたが、1992年度にはBカップがAカップを上回った。その後Bカップは15年以上にわたりトップの座に君臨してきたが、2008年度にはCカップにその座を奪われ、以来2014年度までCカップがトップの座を守り続けている。

 

 しかし、Cカップも、振り返るとDカップがすぐ後ろに迫ってきているのが現状だ。

 

 2014年度のカップサイズ別売り上げの順位は、

 

 Cカップ(26.3%)
 Dカップ(24.1%)
 Bカップ(20.5%)
 Eカップ(16.2%)
 Fカップ(6.0%)
 Aカップ(5.3%)

 

 とAカップはFカップにも抜かれて最下位に落ちた。次世代のトップ候補と目されるDカップとEカップ連合は、2000年度には24.6%だったが、2014年度は40.3%を占めるに至った。

 

 また、驚くことに66%の男が理想とするCカップ以上は全体の70%を超え、男の理想をかなえるのに十分なものになっている。
決して悪いことでは無さそうです。

 本日も選りすぐりのエージェント達が皆様の御利用お待ちしております。

 VIOLET 03-5420-1928

司令官の気になるニュース

「若いころは派手な車に彼女を乗せて走りたいんじゃないの?」 日経新聞「春秋」から考える20代の今と昔

ダウンロード
 



日本経済新聞に10月2日付けで掲載されたコラム「春秋」がネットで話題だ。テーマは若者の車離れ。定年間近の筆者が赤色のスポーツカーを購入した際にディーラーの販売員と交わした会話が書かれている。

スポーツカーを買うなんて「いい年をして恥ずかしい」と思った筆者だったが、販売員によると、購入客の中で自分が一番若かった。さらに、今の30〜40代でマイカーを買う人は、車は移動手段でしかなく、スポーツカーには興味を持たないと説明されたという。

筆者はここで「若いころは目立つ派手な車に彼女を乗せて走りたいんじゃないの?」と疑問を持ったが「その下の世代はスポーツカーどころか、そもそも車を買いません」と言われた。

「いつの時代ですか目を覚ましてください」とツッコミが入る

自身が大学生のころは「まだバブル景気にはなっていなかったが、少し気合を入れてアルバイトをすれば、車は手に入った」と振り返り、

「トヨタのスターレットを買って、乗れもしないサーフボードを上に載せ、意味なく湘南海岸に行く。そんな連中がたくさんいた。そういえば、『趣味はドライブです』と語る若者にめったに会わなくなった」

と昔を懐かしんだ。この記事は、同日にとあるツイッターユーザーが自身のツイッターでシェア。「まさに老害って感じだな、日経春秋」という言葉と、以下のような皮肉とともに投稿された。

「×その下の世代はスポーツカーどころか、そもそも車を買いません。
〇買えません。
×少し気合を入れてアルバイトをすれば、車は手に入った。
〇いつの時代ですか目を覚ましてください」

これが1万件近くリツイートされ話題に。確かに、今の若者事情に疎い中高年といった風情の記事ではある。しかし一方で、「冷静な分析内容を述べているのであって、老害的な要素はどこにもない」という声も。いくつかのデータをもとに、改めて今の若者の車事情を見てみる。

「買い物でローンや借金はしたくない」と考える若者も多数

内閣府発表の「民間給与実態調査」を見ると、20〜24歳男性の平均給与は、1980年代は右肩上がりで上昇を続け、1992年には約300万円と最大値を記録。しかし、翌年から徐々に下がり、2015年で約271万円となっている。

日本の好景気に押され、「給与は上がっていく」という期待感が強かった昔であれば、ローンを組んででも車を買おうという気持ちにもなるが、現在の残念な給与では厳しい。

一般社団法人の日本自動車工業会が4月に発表した資料でもそれが表れる。現在車を保有していない20代以下の社会人で、車を購入する意向がないと回答した人は59%に上る。また、「買い物でローンや借金はしたくない」と回答した人も42%だった。

仮に購入するとしても目的は彼女を乗せたいからではない。あくまでも実利目的に変化している。ジャストシステムズが9月に発表した「20代消費行動レポート」で、自家用車を所有する20代に購入目的を聞いているが、最も多いのが「日常生活の移動手段」で68.5%だった。「デートで使うから」は19.5%にとどまっている。

ちなみに日経新聞の媒体資料(2015年)によると、購読者の約6割が男性で、約7割が40代以上だ。また世帯主読者の個人年収は664万円と、他紙よりも200万円ほど年収が高い。イメージ通りではあるが、書き手も読み手もアッパークラスの中高年男性、といったところだろうか。

こうした背景を考えると、「春秋」の内容にも納得だ。同じ20代男性でも、時代が違えば考え方や行動が違うのだと、あらためて考えさせられる。

司令官としては寂しい感じがします。

本日も選りすぐりのエージェント達が皆様の御利用お待ちしております。

 VIOLET 03-5420-1928

記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ