アンケート

結婚のきっかけは「勢いで」33%だそうです。

厚生労働省が発表した「人口動態統計」によると、2011年の平均初婚年齢は男性30.7歳、女性29.0歳。こう言われると「結婚」はずいぶん先のイベントのようにも感じられるが、実は初婚男性の13.0%、初婚女性の18.9%は20〜24歳で結婚している。つまり、「結婚」は数年後の現実かもしれないってわけだ。
image







そこで、20〜30歳の若き既婚者200人(男女各100人)を対象にアンケートを実施(協力:アイリサーチ)。先輩たちは、いったいどんなタイミングや理由で結婚に踏み切ったのか、そして生活はどのように変化したのかを調査してみた。

まずは、結婚に踏み切ったきっかけについて。「あなたが結婚を決断した決め手になった出来事を、すべてお答え下さい」という質問に対する男性の回答トップ3は「なんとなく勢いで」(33.0%)、「最初から結婚を前提に付き合っていた」(30.0%)、「彼女が妊娠した」(17.0%)。一方、女性の回答トップ3は「最初から結婚を前提に付き合っていた」(35.0%)、「妊娠した」(30.0%)、「相手に結婚を迫られた(プロポーズされた)」(25.0%)。

「勢い」と「妊娠」が多数を占めるあたり、少なくとも男性は“計画的に”というより“なりゆきで”結婚に至った人が多い様子。女性陣も、「プロポーズ」は“男性のアクション待ち”である以上、やはり“計画的に”というわけでもないようだ。「妊娠」の結果として「プロポーズ」というケースもあるだろう。

このほかの動機として挙げられたのは、「結婚できるだけの貯金が貯まった」(男性13.0%、女性3.0%)、「転勤」(男性8.0%、女性5.0%)、「相手の親に結婚を迫られた」(男女ともに4.0%)、「周囲がバタバタと結婚を始めた」(男性7.0%、女性4.0%)、「子供が欲しくなった」(男性6.0%、女性2.0%)といった回答。さらに、「家を建てたかった」(女性・30歳)、「転職して仕事が落ち着いた」(男性・30歳)、「結婚しなければ別れると迫った」(女性・27歳)なんてコメントもあった。

次に結婚後の変化について。「結婚前後で大きく変わったポイントを、すべてお答え下さい」という質問に対する回答で多かったのは「自由に使えるお金が減った」(男性64.0%、女性58.0%)、「家事が増えた」(男性27.0%、女性72.0%)、「自由に使える時間が減った」(男性39.0%、女性38.0%)、「飲み会に行く回数が減った」(男性38.0%、女性40.0%)など。

こうみるとネガティブな変化ばかりのような気がしてしまうけれど、無い物ねだりは人間のサガ。「食生活が健康的になった」(男女ともに30.0%)、「規則正しい生活になった」(男性20.0%、女性27.0%)という回答のほか、「結婚前より夫と仲良くなった」(女性・27歳)という幸せな意見も寄せられているのでご安心を。

ちなみに、2010年の国勢調査によると、日本人の生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合)は男性20.1%、女性10.6%。「いつかは結婚したい」と思うのなら、20歳の今から「結婚」について考えてみるのもいいのかも!

東京で芸能人に会える確率は?

「東京に行ったら芸能人に会える」なんてウワサを聞いたことありませんか? 東京にはテレビ局や撮影スタジオなども多く、芸能人が多くいることは事実ですが、本当に東京にいれば芸能人に会えることがあるのでしょうか。
1000名にアンケート取ってみました。
Q.東京で芸能人・有名人にあったことありますか?
はい……27.0%(270人)
いいえ……73.0%(730人)
imagesCAPOGQ1L
東京には芸能人が多くいるからといっても、出会える確率はそう高くはないようです。
そのなかでも、芸能人・有名人に出会えたラッキーな人も少数ですがいらっしゃいました。果たしてその人たちはどんな有名人にであったのでしょうか。

・ドン小西さんが東京駅の地下でキャリーバッグを引きながら、大変そうに歩いていました(長野県・46歳/男性)
・香取慎吾くんが東京駅前でロケをしているのを見ました(東京都・30歳/女性)

東京駅は多くの有名人が利用しているので出会えるのかもしれませんね。ロケ現場に遭遇なんて、まさに東京って感じ!

・銀座でおすぎさんを見かけたことがある(埼玉県・31歳/女性)

ファッションチェックしてもらいました?……ってそれはピーコさんでした。見分けはついたのでしょうか(笑)。

・チュートリアルの徳井さん。握手してくださいって言ったら、快く握手してくれた(東京都・26歳/女性)

握手にこたえてくれたなんてステキ! いい思い出になりますね。

・六本木ヒルズで顔がちっちゃいスタイルのいい女の子がいるなぁと思っていたら、安室奈美恵さんでした(東京・37歳/男性)

やっぱり顔が小さいんですね。

・石田純一さんを六本木で見た。やはりはだしで靴を履いていた(千葉県・29歳/女性)

靴下はTVの通り、履いていないんですね(笑)。普段からそういうところもチェックされちゃうって、芸能人って大変です。

・志茂田景樹さん。山手線に乗ったらいすに座っていた。髪ですぐわかった(神奈川県・22歳/女性)

服装などが特徴的ですし、目立ちますよね。今回のアンケートで目撃率ナンバー1だった志茂田さん。もしかしたら、あなたも出会えるかもしれませんよ。

・デビ夫人。フジテレビに観光に行った際に、たまたまインタビューを受けており、その時に近くにいた私たちに気が付いて握手をしてくれた(沖縄県・31歳/女性)

もし芸能人に会いたいと思う人は、テレビ局が狙い目なのかも。ちゃんと握手までしてくれるなんていい人ですね。

・黒木メイサさん。舞台を見に行ったとき、お客さんとしてきていた(東京都・30歳/男性)

同じ客席にいると思うだけでドキドキしそう!

・渋谷の交差点でデーブ・スペクターさんが人に囲まれていた(千葉県・29歳/女性)

特徴がある方とはいえ、あんなに人の多い渋谷の交差点で発見できたことがすごいです!


ちなみに私は東京に住んで22年なりますが、100名ほどの芸能人は遭遇してます。

有名どころですと 浅野ゆうこ・タモリ・米倉涼子・ダウンタウンの浜ちゃん・森高千里などなど
imagesCAYCNC1S
意外と変なところで遭遇するものです。。。場所はシークレット

「同棲して失敗!」の後悔検証してみました。

3月に入り、引っ越しシーズン到来! 彼女がいる人の中には、「これを機に“同棲”を始めようかな」と考える人もいるのでは? でも彼女といえど、相手は他人。面倒なことも多そう…。
imagesCAXU2HMM

そこで、R25世代の同棲事情についてアンケートを実施! 同棲経験者に「同棲して『失敗だった』と思ったことがあるか」と聞いてみたところ、なんと約75%が「ある」と回答! その理由とは一体…?

一番多かったのは「一人の時間が作れなくなった」という声(54.1%)。「本を読みたいのに、やたらと話しかけてくるからイラっとする」(28歳)、「門限を作られて遊びにいけなくなり、友達が減った」(33歳)など、同棲に窮屈さを感じている人が多数。確かに家に彼女がいたら、エッチなDVDも観られないし…。

続いて2位は恋人との「ケンカが増えた」(31.5%)、3位は「恋人と別れづらくなった」(18.9%)。「一緒に暮らすと、情が移って別れを切り出せなくなる」(32歳)ようですが、ケンカが増えたのに別れづらいって、キツい…。

さらに、4位の「生活習慣が恋人と合わなかった」も大きな問題みたい。「エアコンの設定温度が合わず、冬は家でもコートを着てる俺…」(30歳)、「トイレットペーパーの先を折るか折らないかでモメた」(26歳)といった些細なズレも、毎日積み重なれば大きなストレスに!

そして、同棲には付き物なのが、5位の金銭面のトラブル。

「家賃を出してくれない」(24歳)というお金の分担の問題だけでなく、「多分、時々財布から金を抜かれてる」(30歳)という人も。こっわ〜!

もっと恐ろしいケースとしては、「家に浮気相手を連れ込まれた。二人で買ったダブルベッドの上に知らない男が…」(31歳)、「彼女がコンドームに穴を開けているのを目撃! 怖過ぎて何も言えなかった」(26歳)なんて声もありました…。

結婚の予行演習にはなりそうですが、ノリで始めると、痛い目に遭いそ〜。
(オカモト犬助/short cut)
私ごとですが、同棲はいい面・悪い面持ち合わせてます。するのであれば、予め二人だけのルールを

決めて始めた方がいいです。きっと快適な同棲生活になるでしょう。。。

記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ