カレー

司令官の気になるニュース

彼女に作ってほしい料理TOP10

週末、彼女の家に遊びに行ったらサプライズの手料理で迎えてくれた…となれば嬉しいもの。彼女の愛情を感じちゃいますよね。でも、欲をいえば自分の好物を作ってもらいたい。皆さんなら、彼女にどんな料理を作ってほしい? そこで20〜30代の社会人男性200人に調査したところ、以下のような結果に!

●彼女に作ってほしい手料理TOP10
(2つ選択、協力/アイリサーチ)
1位 カレー(29.0%)
2位 肉じゃが(25.0%)
3位 ハンバーグ(19.5%)
4位 鶏のから揚げ(15.5%)
5位 味噌汁(13.0%)
6位 パスタ(8.0%)
7位 豚の生姜焼き(7.5%)
8位 オムライス(6.5%)
9位 ロールキャベツ(6.0%)
10位 グラタン(5.0%)
10位 豚の角煮(5.0%)

※番外
12位 さばのみそ煮(4.5%)
13位 麻婆豆腐(4.0%)
14位 チャーハン(3.5%)
15位 きんぴらごぼう(3.0%)

ランキング上位に寄せられたコメントをご紹介しよう。

【1位 カレー】
「具材の好みを知ることができるので」(32歳)、「カレーは家庭によって味がちがうから。どんな味が食べてみたい」(33歳)、「カレーはその家の歴史が良く出るから」(38歳)、「好きやから」(26歳)、「まずくても、我慢して食せるメニューだから」(39歳)

【2位 肉じゃが】
「彼女につくってほしい料理の定番」(38歳)、「やはり肉じゃがといえば家庭の味」(26歳)、「料理の腕や、味に対しての相性が一番出る料理だと思う」(29歳)、「味つけがわかりやすく、味覚センスもわかりやすい」(37歳)。

【3位 ハンバーグ】
「好きだし、作ってもらったら絶対うれしい」(25歳)、「こねている姿が見たいから」(31歳)、「定番だから個人の差が出る」(25歳)、「手作り感があふれているから」(37歳)、

【4位 鶏のから揚げ】
「揚げものは作って欲しい」(38歳)、「はずれがなさそうだから」(34歳)、「おいしいとうれしいから」(31歳)、「一番好きだから」(35歳)

【5位 味噌汁】
「食事に欠かせない一品」(29歳)、「飲んで『おいしい!』と思える味噌汁をつくってくれる人と結婚したい」(32歳)、「味噌汁は家庭によって味が違うと思うので、彼女の育った味を食べてみたい」(33歳)

そのほか、6位以下に関してもこんなコメントが…。

【6位 パスタ】
「ワインと一緒に食べたい」(38歳)、「どんな工夫があるか見てみたい」(39歳)

【7位 豚の生姜焼き】
「好きな料理だから」(38歳)、「ご飯さえちゃんとあれば、マズくて食えないって事態にならない」(39歳)

【8位 オムライス】
「ふわふわに作るのは難しいから上手に作ってほしい」(30歳)

【10位 グラタン】
「グラタンがおいしいと幸せになれるので」(30歳)

それにしても、カレー、肉じゃが、ハンバーグ、唐揚げって…。要は「子供が好きな料理」を作っておけばいいってことかも。女性のみなさん、彼氏に手料理を作る際は、ぜひ参考にしていただければ幸いです!

司令官の気になるニュース

カレー好きに朗報!実はカレーを食べることで記憶力低下を予防していた

頭に乗せたメガネを探しまわったり、お得意様の名前がなかなか出て来なかったり、「年をとったなぁ」と実感していませんか?

実は、男性からの人気も根強い“カレー”には様々な健康効果が。記憶力の低下や認知症の予防としても効果的なため、働く男性に積極的に取り入れてもらいたい料理の1つなんです。

 

■カレー粉が記憶力を保つのに効果的な理由

カレー粉には様々なスパイスが入っているため健康効果が高いと言われていますが、中でもあの黄色の素である“ウコン(ターメリック)”に含まれる“クルクミン”という成分には記憶力の低下を遅らせるはたらきがあります。

美味しく食べて認知症予防もできるなんて、嬉しいですよね。また、アルツハイマー病の要因の脳内蓄積を減少させる成分も含まれており、男性の健康長寿に欠かせない栄養成分が詰まっています。

 

■まだまだあります! カレーが秘めている健康効果

実はこのクルクミン、認知症予防効果以外にもこんなにたくさんの健康効果があるんです。

(1)胃炎を防ぐ

赤唐辛子やクミン、シナモンなどのスパイスには消化のはたらきを助け、胃腸を守る効果があります。刺激物は摂りすぎると逆に内臓を傷つけてしまう場合があるため注意が必要ですが、適量はむしろ内臓機能を高めてくれます。

(2)抗酸化&殺菌パワー

スパイスには殺菌・解毒作用があり食中毒を防ぐことが可能。また、体内での抗酸化作用もあるため自然治癒力を高め、体内の老化を抑制してくれます。

(3)免疫力&内臓機能を高める

カレーが発汗作用をもっていることはおなじみですが、スパイスのもつ保温作用や整腸作用は免疫力を高め、病気にかかりにくい身体を作ってくれます。

 

■手軽にカレー粉を取り入れる秘策

だからといって毎日カレーでは飽きてしまいますよね。実はカレー粉はカレーライスとして食べる以外にもたくさんの使い道があります。

たとえば、スープに加えればカレー味のピリッと辛いスープに変身しますし、オイルに混ぜてドレッシングにしても美味しくいただけます。炒め物に入れれば味のアクセントとコクを加えることができますし、ヨーグルトに混ぜれば酵素の力で鶏肉を柔かくすることが可能。美味しいチキンカレーやタンドリーチキンが作れます。

 

カレーを食べるとなんだかエネルギーがみなぎってくる気がしませんか? その実感は気のせいではないようです。カレー粉のスパイスがもつ健康効果で脳の機能低下を防ぎましょう。

指令官の気になるニュース

おせちに飽きたら食べたい1位は?

お正月といえば欠かせないのが「おせち」。新年の幕開けを特別感いっぱいのご馳走で祝うのは、やはり幸せな瞬間のひとつ。ただ、いかに特別なご馳走でも、食べ続けていたら飽きてしまうもの。そもそも“お正月に台所に立たずに済むよう作り置く料理”という側面があるので仕方ないわけですが、正月三が日をおせちで過ごしたら、たいていはうんざりしてしまうのでは。

そんなとき、みなさんはどんなものが食べたくなるのでしょうか? 20〜30代の独身社会人男性に「おせちに飽きた時に食べたくなるもの」を調査してみました。

〈おせちに飽きたら食べたくなるものTOP10〉
(3位まで回答。1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。回答者数:216人 調査協力:ファストアスク)

1位 ラーメン(※カップラーメンは除く)205pt
2位 焼き肉 200pt
3位 カレー 182pt
4位 そば/うどん 148pt
5位 寿司/お刺身129pt
6位 鍋物 103pt
7位 カップラーメン 100pt
8位 ピザ 66pt
9位 トンカツ/カツ丼 62pt
10位 焼きそば56pt

「おせちに飽きたら…」の定番フレーズが懐かしいカレーは3位にとどまり、三つ巴の接戦を制したのはラーメン。上位3位に共通するのは男性の日常的な「ガッツリ飯」であることでしょう。4位以下についても、7位「カップラーメン」、8位「ピザ」などは身に覚えがある人も多いのでは? 上位に寄せられたコメントを紹介しましょう。

1位 ラーメン
・体が自然に求める。理屈抜きで食べたくなる(38歳)
・飽きてきたら食べたくなる(36歳)
・とんこつの様な味の濃いラーメンが食べたいから(28歳)
・高級なものを食べると味が濃いものが食べたくなるから(29歳)
・庶民の味だから(37歳)

2位 焼肉
・脂っこいものが食べたくなるから(38歳)
・種類も豊富で温まるから(30歳)
・おせちに肉があまりないため(28歳)
・正月のイメージを変えたいから(39歳)
・年末年始でも営業しているから(37歳)

3位 カレー
・食べ慣れたもので日常性を取り戻す(37歳)
・御節の真反対っぽいものだから(29歳)
・すりこみ。あのキャッチコピーは偉大です(39歳)
・温かくて、美味しいので好きだから(35歳)
・刺激が欲しくなるから(26歳)

4位 そば/うどん
・身体も温まるし美味しいので(28歳)
・麺の触感はおせちにはないし、正月だからラーメンよりはそばうどんかなと(36歳)
・さっぱりしたものが食べたいため(35歳)
・手軽に食べられるから(39歳)
・食べなれているものだから(25歳)

5位 寿司/刺身
・一番あっさりしていて種類も多く手軽に食べられるから(29歳)
・新鮮でさっぱりしたものが食べたくなる(27歳)
・同じ和食なんですか、満腹感や満足感が大きい様な気がします(27歳)
・新年のお祝いとして(32歳)
・軽くつまめる(28歳)

コメントからは、作り置きの冷たいものを食べ続けることへの不満もうかがえます。やはり体の温まるものや新鮮なものが食べたくなる様子。また、気持ちの面でも「非日常」から「日常」に切り替えたいということでしょう。おせちに飽きたら…皆さんなら何が食べたくなりますか?
記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ