デート

司令官の気になるニュース

明日はバレンタインDAYですね。

この時期、彼氏や彼女、まだ付き合っていないけどデートをしている相手、好きな人等がいると、「バレンタインデートに誘いたい!」って思ってドキドキしちゃいますよね。

うんうん、私も昔はそんなトキメキがありました(遠い目)。
んが、この時、


「デートは男女どちらから誘うべき?」


という疑問がわきませんか?
普段、なんとなくデートは男性から誘うというイメージがありますが、バレンタインは日本では「女子から男子へチョコレートを渡すイベント」となっていますので、「女性から誘った方が良いのかも?」って思っちゃいますよね。

というワケで今回は「バレンタインデートに誘うのは男女どっちからが最適か」について調べてみました。
 「バレンタインデートに誘うのは男女どっちからが最適か」ですが、結論から言ってしまうと、


男女どちらから誘ってもOKですよ。


ですので、「バレンタインに女性からデートに誘っても良いの?」と迷っている女子は勇気を出して誘ってしまいましょう!

というのも、やはり男性からしたら「バレンタインに男から誘うとチョコレートを催促しているようで誘いにくい」という心理があります。

特に付き合うか付き合わないかの微妙な間柄でしたら、なかなか男子からバレンタインデートに誘えないものです。
女子からしたら「そんな事気にせず誘って欲しい!」と思いますが、最近は草食男子なるものも増えてますし、仕方がない男心なのかもしれません。


ですので、勇気を出して好きな男性をデートに誘ってみてくださいね。


きっと男子もあなたが誘ってくれるのを待っていますよ。

バレンタインデート 男性から誘ってもOK?

次に「男子からバレンタインデートに誘ってもOKかどうか」ですが、もちろん男性からデートに誘っても大丈夫ですよ!

「チョコレートをねだっているようで誘いにくい」と思われるかもですが、女子からしたら男性の方から「もうすぐバレンタインだよね。良かったら食事に行かない?もちろんチョコレート期待しているよ」くらい言ってもらった方が嬉しいというか、


胸がキュンキュンします。


何だかんだで女子は何歳になっても「マンガのような恋をしたい」という憧れの心理がありますからね。
思い切って誘った方があなたへの好感度も上がりますよ。


それに、女子の中には未だに「女子から男子をデートに誘いにくい」と考えている奥ゆかしい人も多いです。


特にモテル女子なら、他の男性から先にデートに誘われてしまう可能性もありますし、早め早めに誘ってしまうのがおすすめですよ。

ふと思ったこの記事誰読みんだろー(笑)


健闘を祈る・・
 
まだまだ御予約お待ちしております。 

司令官の気になるニュース

気まずさを残さないデートの断り方5つ

「ごめんね」だけでは足りないような気がしてしまう、デートの断り。みなさんはどんな工夫をしていますか?

気まずさを残さないデートの断り方5つ

相手が恋人でも恋人未満友だち以上でも、デートに誘われればそれなりに嬉しいものです。

でも、残念ながら断らなくてはならない場面もあります。

そんな時、気まずさを残さず、できればまたの機会に誘ってもらえるような断り方をしたいと思いませんか?

今回は、相手の気持ちを傷つけることのないデートの断り方を5つご紹介します。

1.大事な友だちとの約束を理由にする

男性は、恋人と同じくらい友だちを大事にする女子に対して好感を持ちます。

そのため、デートの誘いを断る理由が「大事な友だちとの約束」などの場合は、「仕方ないな」と思ってくれることが多いのです。

「友だちの悩みを聞く約束をしているの」、「すごく久しぶりに会う友だちでめったに会うチャンスがないから」と言えば、「分かった。デートはまた今度」と引いてくれるでしょう。

2.家族を理由にする

友だち同様に効果的なのが、家族を理由にする断り方です。

ただし家族の場合には、友だちの場合に比べて何度も使えません。

家族を大切にするのはいいことだとわかっていても、「交際を反対されているのでは?」というマイナスの気持ちも、少なからず湧き上がってきてしまうからです。

家族の理由に何度も断られると、「それって脈なしって意味かな?」と思われる可能性があることを知っておきましょう。

3.一度はOKして延期する

断りにくい誘いもありますよね。

その場合は、一度は「たぶんその日なら大丈夫だと思うけど、もし無理だったらごめんね」などとOKを出しておき、前日くらいに「ごめんなさい。やっぱり明日は忙しくて」と連絡をいれましょう。

この時、完全なキャンセルではなく、「また今度」という延期の形をとると、お互いにきまずさが残りません。

ただし、ドタキャンは心象が悪くなるので、当日キャンセルだけは避けましょうね。

4.本命彼氏を理由にする

まっすぐに好意を示してデートに誘ってくれる相手に対しては、こちらも真摯な態度を示すのが一番気まずさを残しません。

「好きな人がいるから、ほかの人とはデートできないの」と言えば、一途な女子として好感を持たれつつ、デートの誘いも断れます。

でも、これは口先だけでなく、本当に好きな人限定の場合だけにしておくことが大切です。

もしほかの誰かとのデートを目撃されると、「うそつき」のレッテルを貼られてしまいますよ。

5.今は誰とも付き合うつもりがない

これも、少なくともその時点では真実でなければ使えませんが、気持ちを害することなく断るのにピッタリです。

失恋したばかり、勉強や仕事に集中したいなど、恋愛はしばらくお預けするつもりの時に使いましょう。

運命の出会いはどこにあるか分かりませんが、その時点では嘘ではないことが最低条件ですよ。

いかがでしたか?

女子の心のうちとしては、たとえ好きな相手でなくても、自分に対して好意を持ってくれた人に嫌われたり、二度とデートに誘ってもらえなくなったりするのは、寂しいものです。

今はその気がなくても、ひょっとしたら気が変わることもあります。

相手の好意を今はちょっと流して、保留しておきたい時に使える方法として、活用してみてくださいね。

司令官の気になるニュース

デートで好感度上がる男TOP10

男性にとって、“お付き合い前”の女性との「デート」は、いわば勝負の一時。なんとか好感度を上げて口説き落としたいところだが、どんな振る舞いをすれば、女性の心をつかむことができるのか? そこで、「デート中、男性がしてくれたら好感度がUPする行動」を20代の女性200人に調査してみた(協力/アイリサーチ)。

●デート中にしてくれたら好感度が上がる行動TOP10
(3つまで選択、協力/アイリサーチ)

1位 歩くスピードを合わせてくれる(49.0%)
2位 さりげなく車道側を歩いてくれる(45.0%)
3位 さりげなく荷物を持ってくれる(25.5%)
4位 「寒くない?」「暑くない?」など体調を気遣ってくれる(22.0%)
5位 知らぬ間に会計を済ませておいてくれる(20.0%)
6位 (カフェなどで)奥の席に座らせてくれる(16.5%)
7位 「疲れてない? 休もうか?」など心配してくれる(16.0%)
8位 ドアを開けてくれる(14.0%)
9位 食べるペースを合わせてくれる(11.0%)
9位 水がセルフサービスのとき、率先して水を取ってきてくれる(11.0%)

※11位以下
11位 エレベーターでドアを押さえてくれる(8.0%)、12位 「トイレ大丈夫?」など気遣ってくれる(5.5%)
13位 エスカレーターで下に立ってくれる(4.5%)、14位 座るときに椅子を引いてくれる(1.5%)

ツートップは“歩くこと”にまつわる気遣い。確かにデート中は「一緒に歩く」のが大前提なので、その点に配慮するだけで、女性からの株は上がるようだ。
以下、それぞれの行動に寄せられた、女性からのコメントをご紹介しよう。

【1位 歩くスピードを合わせてくれる】
「自分は人と比べても歩くのが遅いから合わせてくれるとすごくうれしい」(27歳)、「常に意識してくれていないと出来ないことだと思うのでうれしいです」(22歳)、「足が痛くなることが多いので、こういうことを気遣われると助かる」(24歳)、「男性のペースでずっと歩かれると、私は常に小走りをせざるを得なくなる。歩くスピードを合わせてくれるということは、気が利く人だと思う」(25歳)

【2位 さりげなく車道側を歩いてくれる】
「よくふらふら歩いて危ないと言われるので、ひそかに気遣ってくれるとうれしい」(23歳)、「守ってくれようとする気持ちがうれしい」(24歳)、「角を曲がった時に、自分が車道側になると、彼が少し大回りして車道側に回ってくれる」(28歳)、「王道。これは女の子なら誰でもうれしいと思う。さりげなさが大事」(29歳)

【3位 さりげなく荷物を持ってくれる】
「少しの荷物なら自分で持つけど、大きな荷物とかは持ってくれるとうれしい」(29歳)、「気遣ってくれているのがわかるからイイ」(26歳)、「『持とうか』など聞かずにすっと持ってくれると素直に『ありがとう』といえる」(26歳)、「荷物を持ってもらうのは申し訳ない気持ちにもなるが、なんだかんだうれしい」(26歳)

【4位 「寒くない?」「暑くない?」など体調を気遣ってくれる】
「エアコンがききすぎている時に風が来ない方に場所を変わってくれてありがたかった」(27歳)、「これを言える男性は素敵だと思う」(26歳)、「優しいなと思う。女性の扱いに慣れている人だなと思う」(29歳)

【5位 知らぬ間に会計を済ませておいてくれる】
「自分からおごってとは言えないが、知らぬ間に済ませてもらえているとうれしい」(27歳)、「気を使わせないという心遣いがうれしい」(28歳)、「レジの前で“出す”“出さない”の言い争いになることがありますが、先に済ませておいてくれるとそういうことがなくなる」(29歳)

さらに6位以下に寄せられたコメントを抜粋すると、

【6位 (カフェなどで)奥の席に座らせてくれる】
「女性扱いをしてくれている感じがする」(24歳)
【8位 ドアを開けてくれる】
「紳士的な印象を受けるから」(22歳)
【9位 食べるペースを合わせてくれる】
「先に食べ終わられたら焦るから」(28歳)
【9位 水がセルフサービスのとき、率先して水を取ってきてくれる】
「めんどくさがって毎回ジャンケンで決める男がいてうんざりしたから」(27歳)
…などなど。

男性のみなさん、まずは、「歩く」ことから気遣いを始めてみましょうか。

司令官の気になるニュース

初デートで行きたくない店1位は?

「初デート」で食事…となれば、男としては気合いが入る。せっかくならお気に入りの美味い店に連れていきたいが、自分の好きな店を相手も気に入るとは限らない。良かれと思って選んだのに、内心ガッカリされていた…なんて事態は避けたいところだ。そこで20代女性200人に「美味しくても初デートでは行きたくない店」の特徴についてアンケート調査を行った。

■美味しくても初デートでは行きたくない飲食店の特徴TOP10
(協力/アイリサーチ)

1位 (店内が)汚い店 
2位 店員の態度が悪い店 
3位 混んでいて相席にさせられる店 
4位 にんにく料理などニオイのつきそうなメニューしかない店 
5位 かなり値段が高い店(高級レストラン・料亭等) 
6位 油っこいメニューしかない店 
7位 かなり並ばないと入れない店 
8位 遠くにある店(例:店に行くまで車で2時間以上かかる等) 
9位 立ち飲み屋 
10位 料理人が食べ方にうるさい店 

「味は美味しくても」という前提で尋ねてみたが、やはり断トツは「汚い店」。ちょっとツウぶって、「ここ店は汚いけど、味は絶品なんだよ」なんて得意顔をするのは避けた方が良さそうだ。以下、女性たちから寄せられた「ダメ出し」コメントをみてみよう。

【1位 (店内が)汚い店 】
「論外です」(26歳)
「気持ちも冷める」(25歳)
「初デートなのにムードが台無しだから」(23歳)
「料理も美味しく感じられないから」(23歳)
「相手のことも不潔な目でみてしまうから」(27歳)
「相手の衛生観念を疑うし、きちんと私を女性として扱っているのかどうか疑う」(26歳)
「初デートは、オシャレにも気合が入っています。服や靴が汚れてしまわないか気になってしまう」(29歳)

【2位 店員の態度が悪い店 】
「雰囲気が台無しになってしまうから」(25歳)
「いっきになえる 気分が悪い」(23歳)
「感じ悪い店は嫌だから。そんな店に連れて行く男も嫌い。」(29歳)
「どんなに雰囲気が良くておいしくても、店員の感じが悪いと印象が悪いから」(29歳)

【3位 混んでいて相席にさせられる店 】
「2人で食べたい」(29歳)
「まだ相手のことをよく知らなくて気を遣い、さらに相席の人にも多少気を遣うと思ったら疲れそうだから」(29歳)
「初デートとなると、お互いを知り合う初めてのいい機会だと思うので、相席の可能性のあるお店は今後発展する可能性が低いと考える」(27歳)

【4位 にんにく料理などニオイのつきそうなメニューしかない店 】
「デートで匂いはかなり気になるから」(26歳)
「臭いは勘弁してほしい」(29歳)
「そのあとのお楽しみのことを考えてないから」(28歳)

【5位 かなり値段が高い店(高級レストラン・料亭等)】
「金がないし、おごってもらうのもどうかと思うから」(25歳)
「恐縮してしまいそうだから。また、相手が自分と同じくらいの年齢なら、『見栄張ってる?』と思ってしまいそうだから」(29歳)
「高級店はデートの勝負時に利用してほしい」(22歳)

そのほか、こんなコメントも。
6位【油っこいメニューしかない店】→「女の子のことを考えていない感じが嫌だから」(23歳・男性)
7位【かなり並ばないと入れない店】→「初めてなのに、待ってる間何を話していいかわからない、携帯を触ることも失礼になりそう」(29歳)
8位【遠くにある店】→「なぜ遠くまで行くのか勘ぐってしまうから」(25歳)
9位【立ち飲み屋】→「はじめっから立飲み??」(25歳)
10位【料理人が食べ方にうるさい店】→「楽しく食べたいから」(28歳)

良かれと思って美味しいお店を選んでも、女性には不興を買う場合もある模様。つまらないところで“失点”しないよう、初デートの店選びは「味+α」までご注意を!

司令官の気になるニュース

「彼女の誕生日と仕事」どっちを優先?調査でわかった男のホンネ

「ごめん、誕生日デートの日に仕事入っちゃった」

普段のデートならば我慢できますが、記念日や誕生日など楽しみにしていたデートの日に彼に仕事が入ってしまったら、やっぱりショックですよね。「私と仕事、どっちが大切ななのよ!」と怒りたくなってしまうのもわかります。

でも、一見冷たく見える彼女との記念日よりも仕事を優先させる男性が、実は意外な本音を持っているのをご存知ですか?

今回は『Menjoy!』が500人の男性を対象に実施した「誕生日や記念日と仕事」(協力:クリエイティブジャパン)の調査をもとに、仕事と記念日、難しい2択を迫られた男性の本音について見ていきたいと思います。

 

■仕事はいつでもできる! 誕生日や記念日を優先する男性は38%

「仕事は他の人でもできるが記念日のイベントはそうはいかない」

「彼女が大事だから」

「仕事は毎日の事、誕生日や記念日は年に一回なので」

「彼女の誕生日や記念日と仕事の予定が被ってしまったらどちらを優先しますか?」という質問に対し、彼女との時間を優先すると答えたのは、男性の約4割でした。多くの男性が、仕事はいつでもできるが、誕生日や記念日はその日しか祝えないものだと考えているようでした。

また、「前もって予定がある日を上司に伝えておくので仕事は入れない」など、仕事をプライベートより優先させる男は仕事人としても良くないと考えている男性が多く、“仕事がデキる男”は彼女の記念日に仕事を入れないという考えを持っているようでした。

 

■仕事を優先するのも彼女のため! 仕事を優先する男性は62%

「彼女のためにも仕事を優先すると思う」

「仕事大事にできない人は、彼女も大事にできない。」

「仕事を優先しなければならないときがあることを理解できない女性とは交際できない」

一方で約6割の男性は、記念日よりも仕事を優先すると答えていました。もちろん急に入った仕事でも断れないといった意見も多く見られましたが、それらすべてに共通しているのは「仕事を蔑ろにして、社会人としてダメになってしまうと彼女に見せる顔がない」という考え方でした。

心の中では彼女との予定を優先したいと思っているのですが、一生付き合うことになるかもしれない仕事を疎かにできないと考えている男性が多いようです。

また、彼女との結婚を見越しているからこそ仕事を優先するという男性も多く見られました。長い人生を一緒に過ごしていく際に、いつも彼女との予定を優先するわけにもいかない、仕事を大事にすることは結果的に彼女を大事にすることにも繋がると考えている男性が多いようです。

結婚を考えている男性の前では「仕事と私、どっちが大事なのよ!」という質問は禁句のようです。

 

いかがでしたか?

場合によってはケンカの原因となってしまう仕事とプライベートの問題。彼の愛情が確かなものならば、彼がどちらを優先しても心配することはないのかもしれません。

記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ