バレンタイン

司令官の気になるニュース

明日はバレンタインDAYですね。

この時期、彼氏や彼女、まだ付き合っていないけどデートをしている相手、好きな人等がいると、「バレンタインデートに誘いたい!」って思ってドキドキしちゃいますよね。

うんうん、私も昔はそんなトキメキがありました(遠い目)。
んが、この時、


「デートは男女どちらから誘うべき?」


という疑問がわきませんか?
普段、なんとなくデートは男性から誘うというイメージがありますが、バレンタインは日本では「女子から男子へチョコレートを渡すイベント」となっていますので、「女性から誘った方が良いのかも?」って思っちゃいますよね。

というワケで今回は「バレンタインデートに誘うのは男女どっちからが最適か」について調べてみました。
 「バレンタインデートに誘うのは男女どっちからが最適か」ですが、結論から言ってしまうと、


男女どちらから誘ってもOKですよ。


ですので、「バレンタインに女性からデートに誘っても良いの?」と迷っている女子は勇気を出して誘ってしまいましょう!

というのも、やはり男性からしたら「バレンタインに男から誘うとチョコレートを催促しているようで誘いにくい」という心理があります。

特に付き合うか付き合わないかの微妙な間柄でしたら、なかなか男子からバレンタインデートに誘えないものです。
女子からしたら「そんな事気にせず誘って欲しい!」と思いますが、最近は草食男子なるものも増えてますし、仕方がない男心なのかもしれません。


ですので、勇気を出して好きな男性をデートに誘ってみてくださいね。


きっと男子もあなたが誘ってくれるのを待っていますよ。

バレンタインデート 男性から誘ってもOK?

次に「男子からバレンタインデートに誘ってもOKかどうか」ですが、もちろん男性からデートに誘っても大丈夫ですよ!

「チョコレートをねだっているようで誘いにくい」と思われるかもですが、女子からしたら男性の方から「もうすぐバレンタインだよね。良かったら食事に行かない?もちろんチョコレート期待しているよ」くらい言ってもらった方が嬉しいというか、


胸がキュンキュンします。


何だかんだで女子は何歳になっても「マンガのような恋をしたい」という憧れの心理がありますからね。
思い切って誘った方があなたへの好感度も上がりますよ。


それに、女子の中には未だに「女子から男子をデートに誘いにくい」と考えている奥ゆかしい人も多いです。


特にモテル女子なら、他の男性から先にデートに誘われてしまう可能性もありますし、早め早めに誘ってしまうのがおすすめですよ。

ふと思ったこの記事誰読みんだろー(笑)


健闘を祈る・・
 
まだまだ御予約お待ちしております。 

本日バレンタインDAYです!!

司令官のオススメチョコをご紹介します。

「半熟ショコラ」
 PRD2013-11-0004_100008_00_1440842858_55e032ea7f7be






やわらかいチョコにケーキ生地をのせてしっとりミディアムレアに焼き上げ
生チョコのような、ケーキのような・・・
 
絶妙な食感です。知り合いにすすめられて買ってみた。

かなりうまいっす 

是非食べてみて下さい。

本日もスイートなエジェント達が伺うます。是非ご利用お待ちしております。

VIOLET 03-5420-1928
 

司令官の気になるニュース

義理チョコで嫌われる男TOP5

職場ではすっかり恒例行事化したバレンタインの義理チョコ。「どうせ義理だし…」と、いまいちノリきれない諸兄もいるかもしれません。

しかし、義理チョコといえど、受け取り方ひとつで女子からの評価が変化するのをご存じ? たかが義理チョコ、されど義理チョコ。こんなところで女子からの評価を落としてはもったいない!

そこで全国の25〜34歳の女子300人へのアンケート調査から判明した「ダメな義理チョコの受け取り方」と「あげてよかったと思えた嬉しい義理チョコの受け取り方」をご紹介しましょう。まずは、ダメなほうのTOP3がこちら。

〈義理チョコのダメな受け取り方TOP3〉
●第1位 「義理なら当然」型
圧倒的多数だったのが、お礼がなかったり、反応が薄かったりする例。“義理ならもらえて当然”という態度は、もっとも女子をイラッとさせる様子。「片手で受け取って、片手でバッグかポケットの中にしまう。ろくに見もしないで」「『あー、ありがとうございます』(棒読み)と無表情でサラっと敬語で言われた」「チョコも見ずにありがとうと言われた」などご立腹の声が…。

●第2位 「めんどくさい」型
次点は、「別にいらないのに…」などと口にする“めんどくさい型”。「ホワイトデーのお返しを考えるのが面倒くさいと言っていた」「困ったような微妙な顔をされた」…など。また、「食べかけをいつまでも放置されていた」「チョコをずっとデスクに置きっぱなしにしていた」とのがっかり例もあり。女子は、チョコの取り扱いにも視線を注いでいるのでご注意を。

●第3位 「中身批評」型
値段を当てにきたり、中身を評価する“中身批評型”も評判が悪い。「これ○○で売ってて安いよね」「ちょっと子どもっぽいなあ〜」「見た目が女子っぽい」…などなど。照れ隠しのつもりかもしれないが、四の五の言わず素直に感謝すべし!

●第4位 「返済拒否」型
ホワイトデーのお返しナシはやっぱりマナー違反!「3倍返し」とは言わずとも、形だけでもお礼をするのはビジネスマンたるもの、当然の心遣い。

●第5位 「勘違い」型
「ひょっとしてオレ本命?」と都合のいい解釈をする男も困りもの。「これ義理チョコね」と女子がいちいち言わないからといって、「それくらいはわかれよ!」といったところ。

なかには「当たり前のように受け取って、お礼もいわず、じっくり見ることもなく、そそくさと開けて食べて、お礼の一言もなかったのが残念…」という憂き目に遭った女子も。これはヒドイ…!

逆に、女子が「あげてよかった」と思える受け取り方を見ると、「よろこんでくれた」「笑顔で『ありがとう』といってくれた」がズラリ! たとえ義理であっても、うれしい気持ちを伝えるのが、正しい受け取り方ということ。

ちなみに、ポイントアップ例には「開けて不要になった箱と包装紙も持ち帰った」「あとで『おいしかった』と言ってくれた」などの声が。もらった後の一言フォローは、周囲と差をつけるポイントのよう。

「普段、あまり話さない職場の先輩が笑顔でお礼を言ってくれた。その後、仕事がしやすくなった」と、仕事へのプラス効果まであるバレンタイン。ここは自分の株を上げるチャンスと捉え、心して義理チョコをいただくべし。

「バレンタインデー禁止のお知らせ」 破った女子社員を処分してよいか

職場のバレンタインデーで大量のチョコが飛び交っていたのも、いまは昔。女性事務職員が削減され、「女性に負担をかけるな」「仕事場に遊びを持ち込むな」といった風潮もあいまって、義理チョコを中心にかなり減っているとみられる。

とはいえ、いまだにどっちつかずの職場があることも事実。ある会社では、バレンタインデーにチョコを配らないよう通知したのにもかかわらず、ある女性社員が「日頃お世話になっているお礼」を配っていたという。他の女性社員からの告発を受け、人事担当者がどう対処すべきか頭を抱えている。


「普段からあげてますし、ビスケットですから」


――IT会社の人事です。当社では2年前からバレンタインデーのチョコレートを職場で配ることを禁止しています。元々は「義理チョコを配らなければならない雰囲気に困っている」という女子社員の声に応えたものでした。


当社は男性社員が多いため、チョコを買うお金もバカにならないそうです。男性社員にも聞いてみたところ、「お返しを選ぶのが面倒」という声もありました。


そこで人事からの「呼び掛け」として、毎年2月に「バレンタインデーにはチョコを配らないよう」メールで全社員に通知しています。


ところが今年のバレンタインデーに、入社2年目のA子さんが、この通知を破ってしまいました。複数の女子社員から「義理チョコ禁止なのに配ってる人がいます!」と告発があったのです。


A子さんに確認すると、悪びれずにこんな答えが返ってきました。


「日頃お世話になっているお礼なんて、普段から職場で配ってますよ。それに、チョコじゃなくてビスケットですから。バレンタインデーに当たったのはたまたまですし、他意はありません」

対応に困っていると、さらに他の女子社員たちが「社内で決めたルールを破って、おとがめナシって変ですよね」とツッコミが。そもそも余計なルールを作らなきゃよかったという声もありますが、こういうときどう対応したらいいでしょうか――

パワハラなどトラブル回避のルールとして意味がある


社員間のお歳暮やお中元を禁止している会社もあるように、合理的でない慣習を当事者からやめると言い出しにくいため、会社がルール化することがあります。上司から「今年はどんなチョコかな?」と言われて不快に思う女性の部下もいるでしょうし、拡大解釈すれば職場内の優位性を背景としたパワハラに該当する可能性もあります。男性を含めて業務以外で余計な気遣いをさせられるなら排除すべきです。「余計なルール」という声もあるようですが、人事の「バレンタインデー禁止の通知」には、それなりの意味があると思いますクリックすると新しいウィンドウで開きます

会社がいったん決めたルールは、社員に守ってもらわなければなりません。小さなことから「会社のルールなんて守らなくていいんだ」と勘違いされては困るので、放置すべきではありません。重すぎる処分は難しいですが、人事からA子さんにルールの趣旨を説明した上で、来年以降は守るよう口頭で注意することは可能だと思います。

人間関係の円滑化で仕事の生産性が上がる例もある


そもそも「チョコ禁止」を人事としてルール化することが妥当かどうか、やや疑問です。職場は仕事をする場所であるとともに、人間が集まるところでもあります。人間関係を円滑にするコミュニケーションによって仕事の生産性があがる例もあり、お菓子のやりとりが必ずしも「非合理的な慣習」と言い切れない部分もあります。好意なり感謝の気持ちを表現するためにあげる程度は人づき合い、大人の社交の範疇でしょう。


ただし、男性上司が女性部下に強要したり、逆に女子社員がお返しを要求したりすることは問題行為となります。「上司が強要してきた」と具体的な苦情が来れば、人事として指導することはあるでしょう。このようなケースが目につくようであれば通知があってもいいかと思いますが、禁止というよりは「バレンタインデーは各自の良識に任せるが、チョコやお返しを強要することがないように」という程度のものではないでしょうか。それが普通だと思います。皆さんどう思いますか?

今年のバレンタイン、“ご褒美チョコ”が増加かな

1月も終わりとなり、バレンタインまであと少し。すっかり日本にも根付いたイベントとなったが、どのくらいの人が参加するのだろうか。気になるところです。

 マクロミルの調査によると、20〜40代の働く女性に「バレンタイン商品の購入予定」を尋ねたところ、83.2%が「購入予定がある」と回答した。年代別にみると、20代では88.6%と高かったが、30代では77.3%、40代では78.5%とやや低くなっていた。
 「チョコをあげる相手」を聞くと、「恋人・夫」(64.1%)や「気に入っている人」(7.1%)といった“本命チョコ”が多数派で、以下、「会社の上司」(32.2%)や「会社の同僚・部下」(29.0%)、「男友達」(13.5%)といった“義理チョコ”、「親」(29.7%)や「子ども」(17.7%)といった“ファミチョコ”、「自分自身」(27.0%)といった“ご褒美チョコ”が続いた。

 ここ数年の調査結果を見ると、“義理チョコ”が減少傾向にある一方、“ご褒美チョコ”は増加傾向にあったそです。もらう側としては義理でもご褒美チョコでも貰えれば嬉しいですね。
 

記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ