司令官の気になるニュース

連日の暑さに、身も心もとろけそうな人も多いことだろう。しかし本格的な夏の訪れを感じさせるのは、暑さや日差しばかりではない。風鈴の音やセミの鳴き声など、夏本番を告げる“音”も忘れてはならない。そこで、20〜30代会社員男女200人(男女各100人)に、日常生活のなかで耳にすると「夏を感じる音」についてアンケート調査を行った。

■夏を感じる音TOP10

(全16項目から1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ)

1位 セミの鳴き声 317pt
2位 風鈴の音 286pt
3位 打ち上げ花火の音 215pt
4位 盆踊りや夏祭りの太鼓の音 147pt
5位 波の音 56pt
6位 高校野球中継の音(応援やサイレンも含む) 42pt
7位 扇風機が回る音 38pt
8位 蚊の羽音 28pt
9位 線香花火の音 20pt
10位 夕立の雨音 10pt
10位 氷が溶けグラスにあたる音 10pt
10位 冷房の室外機の作動音 10pt

※番外
13位 川のせせらぎ 6pt
14位 遠くで鳴る雷の音 5pt
15位 幽霊が出る時の効果音 2pt
16位 炭酸飲料のフタを開ける音 2pt

どこか“日本”を思わせるような、夏の風情を感じさせる音色がズラリと並んだ印象だ。では、これらを選んだ人の声に耳を傾けてみよう。

【1位 セミの鳴き声】
「暑くならないと聞けない音、いよいよ夏本番という感じがするから」(28歳・男性)
「蝉が鳴き始めたら梅雨が明けて夏になったと思うから」(31歳・女性)
「セミが鳴くと、たいてい梅雨明けの発表があるから」(29歳・女性)
「蒸し暑い中うるさいとイラっとする。このイラっとする感情は夏特有のものだと思う」(38歳・女性)
「ジリジリと聞こえてくると、小学生の頃の夏休みを思い出すため」(29歳・男性)
「ジーワジーワと聞くと夏が始まったなと思い、ツクツクホウシの声を聴くと夏が終わるなと感じる」(31歳・女性)
「一番耳につくため」(26歳・女性)

【2位 風鈴の音】
「暑い夏の中、風が吹く感じが夏っぽいから」(24歳・女性)
「毎年、隣の家から聞こえるから」(32歳・男性)
「実家の母屋に年中吊り下げているが、暑さを少し和らげてくれる。涼しい音が夏を思わせるから」(24歳・女性)
「夏の暑さには涼しさを感じる風鈴の音がよく合うと思うから」(37歳・男性)
「窓を開けて風が入ってくる様子が想像できるから。音を聞いただけでも涼しく感じられるから」(24歳・女性)

【3位 打ち上げ花火の音】
「夏の風物詩として大いに盛り上がるイベントのひとつであるから」(25歳・男性)
「夏といえば花火」(31歳・男性)
「他の季節には聞けない音だから」(34歳・女性)
「大きな音で、夏にしか聞けない音だから」(39歳・男性)
「今までの人生で夏に頻繁に聞いてきたから」(25歳・女性)

【4位 盆踊りや夏祭りの太鼓の音】
「お祭りの始まりといえば夏」(33歳・女性)
「夏にしか聞こえないし、一番郷愁を誘うから」(24歳・男性)
「いやがうえにもテンションが上がる」(30歳・女性)
「夏!っていうイメージが」(37歳・男性)

【5位 波の音】
「海に行きたくなる」(36歳・女性)
「近くに海があるから」(34歳・男性)

【6位 高校野球中継の音】
「テレビをつければこれが流れているといったイメージ」(39歳・女性)
「暑い日が来たと思ってしまう」(35歳・男性)

【7位 扇風機が回る音】
「毎年恒例なので」(35歳・女性)
「夏に使うから」(27歳・女性)

【8位 蚊の羽音】
「暑さが伝わる」(34歳・男性)
「蚊が出始めると夏の兆しを感じるから」(27歳・女性)

【9位 線香花火の音】
「懐かしい」(21歳・女性)
「何となく」(33歳・男性)

【10位 夕立の雨音】
「暑い日があって、夕方雨が急に降って、涼しくなる。それがなんとなく夏らしく感じる」(32歳・女性)
「涼しさを感じさせる」(34歳・男性)

※「氷が溶けグラスにあたる音」「冷房の室外機の作動音」はコメントなし

むせかえるような草の匂いや、陽炎揺らめくほこりっぽい風景などとともに、夏の情景が脳内再生された人も多いのでは? あまりにも日常であるだけに気にも留めないかもしれないけど、今年は夏の音色に耳を澄ませて、季節を堪能してみてはいかがだろうか。

指令官の気になるニュース

夏に人気!手土産スイーツTOP10

期待しているわけではないからこそ、いただくと余計にありがたく感じるのが手土産。特にこの暑い時期、それが冷たいスイーツだったりすると「気が利くなあ」と感心してしまうもの。だが、いざ自分が持参する側になると、何を買っていくか迷ってしまう…。そこで、20〜30代の社会人男女200人(男性100人、女性100人)に、「夏に手土産としてもらったら嬉しい冷たいスイーツ」を調査してみた。

〈夏に手土産でもらったら嬉しい「冷たいスイーツ」TOP10〉
(全16項目のなかから上位3位まで回答。1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptで集計。協力/アイ・リサーチ)

1位 フルーツゼリー 195pt
2位 アイスクリーム 163 pt
3位 コーヒーゼリー 109 pt
4位 レアチーズケーキ 105 pt
5位 プリン 87 pt
6位 シャーベット 82 pt
7位 わらびもち 67 pt
8位 水ようかん 60 pt
8位 ババロア 60 pt
10位 くず餅 57 pt

※番外
11位 あんみつ 47 pt
12位 ソフトクリーム 46 pt
13位 ミルクゼリー 43 pt

最も支持されたのは、見た目も涼やかなフルーツゼリー。上位を見ると、同じ「冷たいスイーツ」でもサッパリ系と濃厚系が入り乱れつつ、「洋スイーツ」の人気が目立つ結果に。ちなみに、上位5位までを男女別で見ると…。

〈男性人気TOP5〉
1位 フルーツゼリー 109 pt
2位 アイスクリーム 69 pt
3位 コーヒーゼリー 49 pt
4位 レアチーズケーキ 46 pt
5位 わらびもち 39 pt

〈女性人気TOP5〉
1位 アイスクリーム 94 pt
2位 フルーツゼリー 86 pt
3位 コーヒーゼリー 60 pt
4位 レアチーズケーキ 59 pt
5位 プリン 51 pt

1位と2位が入れ替わっているものの、上位4位までは同じ顔ぶれ。「職場への手土産」として歓迎される夏スイーツに、男女差はあまりない様子。以下、それぞれのスイーツが支持された理由はご覧の通り。

●1位 フルーツゼリー
「一番夏らしくさわやか。果肉入りでいろいろな色があると視覚も良い」(32歳・女性)
「好き嫌いなく、フルーツで自分好みの味が選べるのではないかと思ったから」(35歳・女性)
「老若男女食べられるから」(27歳・女性)
「フルーツは世代を問わず皆が好きで、そのうえゼリーは手土産としてはどんな人に送っても失礼の無いものという印象があるから」(22歳・男性)

●2位 アイスクリーム
「大人も子どもも大好きそうで、はずれなしのイメージ。もちろん自分自身が大好き」(33歳・女性)
「色々な種類があって、食べてみたいけれど自分では買わないような高いものをもらったらうれしい」(26歳・女性)
「スタンダードだから」(29歳・男性)

●3位 コーヒーゼリー
「ほろ苦いところが魅力」(31歳・女性)
「後味がくどくない」(29歳・女性)

●4位 レアチーズケーキ
「形が崩れにくいし食べやすい。好物だから」(27歳・女性)

●5位 プリン
「嫌いな人があまりいないと思う」(24歳・女性)

●6位 シャーベット
「暑いときはやっぱり氷菓が一番だから」(26歳・女性)

●7位 わらびもち
「プルプルした食感が好き」(35歳・男性)

●8位 水ようかん
「自分で買うことが無いので、もらえれば嬉しい」(35歳・男性)

●8位 ババロア
「あのぷるぷる感はあまり手土産ではみたことが無く新しいから」(35歳・男性)

●10位 くず餅
「見た目も涼しく、体にとても良い成分が含まれているそうで、夏の暑さに勝てると思います」(36歳・女性)

皆さんはどうですか?ちなみに司令官はアイスクリームですなぁ。。 

司令官のマル秘メモ

扇風機をつけたまま寝るのは危険?
 
 蒸し暑く、寝苦しい夜が続いている。エアコンや扇風機をつけておかなければ、とても眠れたものではない。

01_px250









…でも、ちょっと気になるのは、子供の頃からよく耳にしていた、「扇風機をつけたまま眠ると死ぬ」という噂。死ぬのは大げさだとしても、実際のところ、就寝中の扇風機にはどれほどのリスクがあるのだろう? 

「結論からいえば、一晩中ずっと扇風機にあたっていたとしても、死ぬことはまずありません。真冬にずぶ濡れの状態で長時間風にあたるような状態であるならともかく、夏場に生命を脅かすほどの低体温症を起こす可能性はかぎりなく低いでしょう。ただし、だからといって睡眠時の扇風機は、決してお勧めできません。風にあたり続けることは、皆さんが思っている以上に体に負担を強いていますから」

真夏とはいえ風によって熱を奪われ続けることは、疲労や倦怠感の原因になり、夏バテの原因にもなるという。では、直風を浴びる扇風機ではなく、エアコンならどうか?

「エアコンも扇風機も、健康面を鑑みればどちらもお勧めできません。本来、人の体は夏の到来にあわせて暑熱適応するものですが、エアコンなどの過剰使用はそうした体の適応を妨げ、冷房病などの体調不良の原因になります」

うーん、そうはいっても寝苦しい夜を耐え続けるのはかなりしんどい。では夏の夜をどのように乗り切っているのだろう?

「夜、リビングにいる際は、なるべく早めにエアコンを消して外気を入れ、薄手の寝間着で体を気温に慣らしておきます。また、夏場は外壁や寝具自体が熱をもっている場合が多いので、寝る直前まで寝室はエアコンなどで冷やしておき、就寝時には消して眠るというのもお勧めですみたいです」

最近は冷やりとした触感の敷きパッドなども売っているし、自分なりの対策を考えてみよう。
記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ