我慢

「夫婦円満のための我慢」1位は?

結婚=我慢とイメージがあります。
■夫婦仲が悪くならないよう、我慢していることTOP10

(複数回答)

<夫>
1位 1人の時間を我慢している(36.0%)
2位 興味のない話も我慢して聞く(31.5%)
3位 欲しいものを我慢している(31.0%)
4位 自分の趣味を我慢している(28.5%)
5位 我慢して相手の趣味に付き合っている(15.5%)
6位 ときめきがなくても我慢している(14.5%)
6位 友達づきあいを我慢している(14.5%)
8位 料理がまずくても我慢している(11.0%)
8位 相手の容姿・体型が変化しても我慢している(11.0%)
10位 親孝行を我慢している(5.0%)


<妻>
1位 欲しいものを我慢している(33.5%)
2位 ときめきがなくても我慢している(30.5%)
3位 興味のない話も我慢して聞く(24.5%)
4位 1人の時間を我慢している(23.0%)
5位 相手の容姿・体型が変化しても我慢している(18.5%)
6位 友達づきあいを我慢している(15.0%)
7位 自分の趣味を我慢している(13.0%)
8位 我慢して相手の趣味に付き合っている(10.5%)
9位 親孝行を我慢している(8.5%)
10位 料理がまずくても我慢している(0.5%)


男女で差がよく表れた今回のアンケート。上位5つのうち、男女共通して我慢している3項目を除いた以下2つがそれぞれの特徴と言えそうです。

〈夫〉
・自分の趣味を我慢している
・我慢して相手の趣味に付き合っている

〈妻〉
・ときめきがなくても我慢している
・相手の容姿・体型が変わっても我慢している

つまり夫は「趣味」を我慢しているのに対し、妻は「夫の劣化」を我慢している(あきらめている?)という、男性にはキツイ本音が浮き彫りに。もしかすると、妻をめぐる夫のライバルは“あの頃の自分”なのかもしれませんね。

我慢しているってことは、つまり不満を内に溜めているということ。もっと言えば「期待の裏返し」とすら言えるかもしれません。ならば、円満な夫婦関係を築くには不満の改善が必要です。

ということで結論は!

夫は妻がときめくぐらいカッコ良くあること!(せめて付き合い始めた当時の体型に近づける努力)

妻は夫の「俺の世界」をもっと認めてあげることだそうです。なかなかうまく行かないのが人生ですね。
jEjbzt7qznb213P_nivo1_440

「クレーム or 我慢」の境界線は・・・

飲食店で不快な思いをしても、クレームをつけるか迷ってしまう人も多いのでは?25〜34歳100人にアンケート調査。ファミレスのような飲食店で、どんな場合に「強くクレームをつける」のか探ってみると…。

「強くクレームをつける」と答えた人がダントツで多かったのは「料理に異物が入っていた」とき。なかでも「ようじなど食べ物ではない異物が入っていた」場合は100人中90人、「虫が入っていた」場合は89人と、ほとんどの人がクレームをつけると回答。これはまあ当然の結果かもしれない。

意見が割れたのは「髪の毛が1本入っていた」とき。「強くクレームをつける」59人に対し、「つけない」は41人。「髪の毛一本くらいなら我慢しちゃう…」という人が多いかと思いきや、「許せない!」と考える人が多数派。ほか、「店内にゴキブリがいた」は「クレーム派」46人、「つけない派」54人。「店員が不衛生」は「クレーム派」52人、「つけない派」48人など、衛生面への意見は半々。

気になるのは、少数とはいえ「クレーム派」が意外と多かった項目。

たとえば、「料理がメニューの写真とあまりに違う」は「クレーム派」29人。「料理がまずい」は「クレーム派」16人。出された料理に「まずい!」とクレームをつけるのはかなり勇気がいる気がするけど…。6人に1人がクレームをつける結果にちょっと驚きだ。

飲食店側に話を聞いてみると、いわゆる「モンスターカスタマー」に振り回されることも多いとか。

「完食した後に『キライな食材が入っていたから返金しろ』と言われたり、一見さんに『ツケにしろ』と言われたりしたときはビックリしました。断ると『俺は客だぞ!』といってきかない」(都内飲食店店長)

さすがにこれは極端なケースにせよ、皆さんけっこう厳しくクレームつけるんですね。自分の場合食べる前にならクレームOKですが食べたあとは自己責任ですね。
記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ