白髪

司令官の気になるニュース

ふと自分の年齢を感じるのってどんな時?

何げなく鏡を見たら、1本ピョンと白髪が立っていてショックを受けた…なんて、このように「年取ったなぁ」と自分の年齢を感じる瞬間ってありますよね。

皆さんはどんな時に、ふと年齢を感じるのでしょうか?20〜30代の女性にアンケートで聞いてみました。

■体力や食に年齢を感じる人も! 

まず、「『私も年だなぁ』と年齢を感じることはありますか?」と聞いたところ、91%の人が「ある」と回答。具体的にどんな時に「年だなぁ」と感じたの?

●「腕にかけた紙袋のひもの跡がなかなか消えない…」(32歳)
●「鏡の中の自分の目元にシミが!」(25歳)
●「焼肉を食べたら翌朝、胃もたれしていた」(32歳)
●「筋肉痛がくるのが遅くなってきた」(28歳)
●「職場の年下の子と話していて、話題についていけないときがある」(25歳)

鏡に映った自分の姿を見た時だけでなく、運動や仕事を頑張った時に年齢を感じる…という人も多いようです。中には、肉を食べる、後輩と話すなど、これまでと変わらない行動の中で「私も年だなぁ」と感じたという人も。これはちょっとショックですよね。

■年齢を感じるポイント1位は「疲れやすい…」 

さらに皆さんが「年齢を感じるポイント」をランキングにまとめてみたところ、以下のような結果に!

1位:疲れやすい、疲れが取れない
2位:体力の衰え
3位:肌の状態
4位:シワ
5位:白髪

「体力面」が1位、2位にランクイン!ん〜、自分ではまだまだ若いと思っていても、やっぱり体は嘘つかないんですね…。

■年齢を感じさせないためには、日々の努力が重要! 

年を取るのは仕方のないことですが、年齢を実感してしまうタイミングはできるだけ遅らせたいもの。そこで、皆さんが日々努力していることについても聞いてみました!

●「保湿を心掛け、たまにエステに行く!」(29歳)
●「週1でクラシックバレエを続け姿勢を良くすることで、若さを保つ」(26歳)
●「毎日寝る前に美肌になるための栄養ドリンクとサプリメントを摂取している」(29歳)
●「猫背なだけで老けて見えるので、姿勢を正す」(24歳)
●「肌状態や体形をキープするため、野菜を積極的に食べるようにする」(26歳)

皆さんかなり努力している様子。年齢を実感してショックを受けないためにも、日頃から体のケアや正しい食生活を心掛けることは大切なのかもしれませんね。

司令官の気になるニュース

苦労をすると白髪が増える?

男というのは何かと髪の毛に関する悩みや不安が尽きないものだが、人によっては薄毛よりも白髪を気にしている場合もあるだろう。朝のヘアセットの際など、思いがけず白髪が目に留まると、年を取ったことを意否が応でも意識させられるものだ。

もちろん、もともと体質的に若白髪が生えやすい人もいるだろう。しかしその一方で、苦労や心労が多いと白髪は増えるとも聞く。白髪を見つけるたびに「ああ、最近忙しかったからな…」と納得したりもするが、これって医学的な根拠があることなのだろうか?

「苦労の度合いと白髪の量には、直接的な因果関係はまずありません。とくに20代〜30代で多くの白髪が発生するような場合は、医学的に『若年性白髪』という名称は付けられていますが、遺伝的なものでなければ、その原因は不明であるケースが大半なんです。ただし、極端に白髪が増えてきた場合、甲状腺の異常による内分泌疾患や膠原病の可能性も考えられるので注意が必要です」
たかが白髪と侮るなかれ。場合によっては重篤な病気のサインであることも考えられるのだ。

「そもそも白髪とは、メラニン色素をつくりだすメラノサイトが減少することで発生するもの。しかし、苦労やストレスによってメラノサイトが減少することは、あまり考えられません。また、一度壊れてしまったメラノサイトを再生させることは困難ですから、もし前述のような病気が原因で白髪が急速に増えているのだとしたら、一刻も早めに治療するべきでしょう」

皆さんのまわりにもきっと、すごく多忙であったり苦労を重ねていたりするのに、黒々とした髪を維持している人は大勢いるはず。やはり白髪を発生させる要因は、遺伝的なものがほとんどなのかも。

苦労をすると白髪が増える?検証してみました。

男というのは何かと髪の毛に関する悩みや不安が尽きないものだが、人によっては薄毛よりも白髪を気にしている場合もあるだろう。朝のヘアセットの際など、思いがけず白髪が目に留まると、年を取ったことを意否が応でも意識させられるものだ。
imagesCA60QO7T

もちろん、もともと体質的に若白髪が生えやすい人もいるだろう。しかしその一方で、苦労や心労が多いと白髪は増えるとも聞く。白髪を見つけるたびに「ああ、最近忙しかったからな…」と納得したりもするが、これって医学的な根拠があることなのだろうか?

「苦労の度合いと白髪の量には、直接的な因果関係はまずありません。とくに20代〜30代で多くの白髪が発生するような場合は、医学的に『若年性白髪』という名称は付けられていますが、遺伝的なものでなければ、その原因は不明であるケースが大半なんです。ただし、極端に白髪が増えてきた場合、甲状腺の異常による内分泌疾患や膠原病の可能性も考えられるので注意が必要です」

そう解説するのは、池袋スカイクリニックの須田隆興先生だ。たかが白髪と侮るなかれ。場合によっては重篤な病気のサインであることも考えられるのだ。

「そもそも白髪とは、メラニン色素をつくりだすメラノサイトが減少することで発生するもの。しかし、苦労やストレスによってメラノサイトが減少することは、あまり考えられません。また、一度壊れてしまったメラノサイトを再生させることは困難ですから、もし前述のような病気が原因で白髪が急速に増えているのだとしたら、一刻も早めに治療するべきでしょう」

皆さんのまわりにもきっと、すごく多忙であったり苦労を重ねていたりするのに、黒々とした髪を維持している人は大勢いるはず。やはり白髪を発生させる要因は、遺伝的なものがほとんどなのかも。
(友清 哲)

記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ