結婚

司令官の気になるニュース

男性が「こいつとの結婚はないな」と判断する瞬間
 
女性のみなさんは恋人のふとした言動を見て、「この人との結婚は無理かもしれない」と感じたことはありませんか? 女性と同様に、男性も同じような気持ちになる瞬間があるものです。では、男性が「こいつとの結婚はないな」と判断する瞬間はいつなのでしょうか

nayami


   


■欲求を我慢できない姿を見たとき
ほしいものがあると収支を計算しないでクレジットカードを使って購入する、少し体型が変わってきたのに食後のスイーツがやめられない、コンビニが大好きで行くと必ず定価で余計なものまで“ついで買い”をする。こういった欲求を我慢できない恋人の姿を見たとき、男性の心には「こいつとの結婚はナシかもしれない」という迷いが生じます。

これだけが原因で即別れに直結することは少ないかもしれませんが、一度入った心の亀裂に他の要因も混ざり合い、最終的に「気持ちが冷めた」という理由で別れを告げられてしまうこともある、“皮切り”となる理由にもなり得るのです。

かつてある知人男性から、「彼女がどんどん太っていくので、スイーツを控えろと言っても聞いてくれない。彼女との結婚を考えていたけど、結婚後もどんどん太り続けるのかと思うと気持ちが萎えて別れた」という体験談を聞いたことがあります。自分を律する強さは、仕事だけではなく恋愛や結婚においても重要という証拠ではないでしょうか。

■依存体質だとわかったとき
欠点すら長所に見えてしまう交際初期であれば、男性は依存体質の女性を「自分がいなければダメになりそうな、かわいい彼女」としてとらえてくれますが、その優しさに甘え続けて依存体質を丸出しにすると、彼にとって重い女になることは時間の問題。

頼るべき対象が常に何をしているかが気になってしまう依存傾向の強い女性は、次第に相手を束縛する機会も増えてくるものです。結婚に積極的ではない男性は、時間と体を家庭に拘束されることを嫌がるケースが大半なので、この彼女と一緒にいると一生束縛され続ける=自由がまったくなくなる=結婚は無理! という図式になってしまうのです。

■気分の浮き沈みが激しすぎる一面を垣間見たとき
このタイプの女性といると男性は、常に相手の機嫌を伺わなければならなくなるため、安らぎを得られにくくなります。生理前のイライラを自分ではコントロールできないという女性もいると思いますが、これも男性には女性に疑問を抱く原因です。

周期を彼に伝えて、「イライラするかもしれない、ごめんね」などと断り、事前に精神的な準備をしてもらうなどの対策をしておけば、ケンカになることも防げるのではないでしょうか。
うなずける内容ですね。

作者:内埜さくら

期限付き結婚、日本での実現性は!?

先日、メキシコ市議会に「期限付き結婚」の許可を求める法案が提出されて話題になった。最短2年の期限付き結婚で、期間満了時に二人が合意すれば延長も可能というシステム。離婚時に揉めないよう、子供の親権や財産分与についてもあらかじめ決めておくそうだ。なんでも、メキシコでは結婚したカップルの約半分が離婚し、その多くは結婚後2年以内に離婚するという。ならばいっそのこと、最初から2年限定で、という逆転の発想(?)からこうしたアイデアが生まれたようだ。
ゆびわ~1




むろんこれは極端な例だとしても、日本だって離婚する夫婦は少なくない。ならば、我が国でもこうした期限付き結婚、悪くないのかも。実際のところ、期限付きの結婚は可能なのだろうか?


「結婚にあたり、期限を定めた契約を結ぶこと自体は自由です」

こう話すのは、行政書士さん。では、期限付き結婚、OKということ?

「日本には“法は家庭に入らず”という原則があるので、夫婦が契約に基づいて円満に別れたり期間を延長している分には、問題ありません。ただ、こじれたとなれば話は別。例えば、夫は期間延長を主張、妻は期間満了につき離婚を主張、となった場合には、結婚は永続的であることが前提なので、裁判所に契約は無効と判断されることもありえます」

明治時代に確立した“家制度”の考え方を引きずる現行の民法のもとでは、期限付き結婚は“離婚を前提とした結婚であり、公序良俗に反する”として無効と判断される可能性が高いようだ。つまり、期限付き結婚、日本では「円満ならOK、こじれたらアウト」というわけ。

「有効無効にかかわらず、結婚時に細かい家庭内のルールを含めて契約を結ばれるご夫婦は増えているようです。円満な家庭を築くために、有効な手段とも考えられますよ。また、民法755条では“夫婦財産契約”が認められています。これは、結婚後に得た収入や財産の帰属などを事前に決めておくもの。登記をすることも可能で、こちらは夫婦間がこじれた時も有効です」
なんと面白い法案日本でも是非やってもいたいです。

綾瀬はるか、「結婚したいアラサー女性芸能人」1位に!

女優・綾瀬はるかが、20歳〜39歳までの結婚願望のある男性1000人からの調査で「結婚したいアラサー女性芸能人」の第1位に輝いた。 この調査は、20歳〜39歳までの結婚願望のある男性1000人を対象に、フレグランスや化粧品、時計やバッグなどのファッション雑貨の輸入卸商社・ウエニ貿易が、『アクア シャボン ヘアー&ボディミスト』を今月24日に発売するにあたり実施。2013年2月25日〜2013年2月26日の2日間、「結婚相手に求める条件」というテーマで調査を行った。

3544538423_c901b734c0





 今回の調査の中で、27歳〜30代前半の女性芸能人から、結婚したい芸能人は誰か?という質問したところ綾瀬はるかが、20.1%という驚異の支持率を集めて第1位に輝く結果となった。その理由については「明るくて、一緒にいて楽しそう」「ケンカが少なそうで平和に生活できそう」「裏表がなさそう」「癒されそう」などが挙げられた。

 また、大きく差は開いたが第2位に「宮崎あおい」(9.5%)、第3位に「優香」(8.7%)という結果となった。

 さらに、「結婚相手に求める条件」合コンなどで初対面の女性に感じる魅力について質問したところトップ3は、「顔が好み」(71.4%)、「雰囲気が良い」(70.6%)、「清潔感がある」(49.3%)という結果に。一方で、結婚する女性に求めるものについて質問したところ1位は「雰囲気が良い」(74.8%)、2位は「顔が好み」(52.3%)、3位「清潔感がある」(50.4%)との結果となった。

 4位以下を見てみると、合コンなどで初対面の女性に感じる魅力に関しては、4位「体型(スタイル)が良い」(35.6%)、5位「しぐさが魅力的」(18.8%)と続き、一方で結婚する女性に求めるものに関しては、4位「品がある」(35.2%)、5位「体型(スタイル)が良い」(26.8%)という結果に。

 こうしたことから合コン相手には「顔の好み」「スタイルの良さ」に魅力を感じやすく、結婚相手には「雰囲気が良いこと」「品の良さ」を重視することがうかがえる調査となった。

以下、「結婚したい芸能人」上位10位

1位:綾瀬はるか
2位:宮崎あおい
3位:優香
4位:仲間由紀恵
5位:眞鍋かをり
6位:国仲涼子
7位:相武紗季
8位:篠田麻里子
9位:水川あさみ
10位:真木よう子

血液型でわかる女の「恋愛」のタイプ

あなたは血液型で恋愛タイプが分かると思いますか? 血液型別で恋愛のタイプには傾向があらわれるのです。今回は、血液型でわかる女の「恋愛」のタイプを紹介します。
20061026_106738











A型女性の恋愛
A型女性は几帳面で真面目。幹事役などを率先してやるほうです。きちんとしている分、その基準からはずれたら許さない怖さがあります。「どうしても彼に復讐したい」とお仕置きを望むのはA型女性に多い傾向。裏切られるとおとなしそうな女性でも豹変することがあります。プライドが高く、自分から告白するのをためらいます。しかし、本当に好きになると尽くすタイプです。


B型女性の恋愛
B型女性は、好きな男性と嫌いな男性がわかりやすく、好きな男性にしかやさしくしません。好きとなったら自分が嫌われていてもイケイケドンドンで押してきます。男性が断っても、めげずにしつこく誘ってくるので、迷惑することもあります。不倫相手に選ぶと、逆に貢いでくれるのもB型女性に多いタイプ。周りが見えなくなるので、友達をなくすこともしばしば。相思相愛になれば、燃えるような恋愛ができるでしょう。


O型女性
O型女性は単純で素直。初対面で好き嫌いを判断し、直感が働くので、「何年も友達だったのに、いつの間にか恋人同士」などという展開はありえません。好きになると、あまり考えずに「大丈夫、大丈夫」とつき進んできます。楽天的で、恋愛もあっさりしていて、「やめた」と思うとスパンと切ります。とはいえ、それまでの我慢が思い出されて、心の奥底では悔しいと思うタイプ。自分に興味のない話はあまり聞いていないのも特徴で、一番辛抱強い血液型です。


AB型女性の恋愛
AB型女性は、女性の中でもとくに夜の営みに「心」を重視します。心の動きもデリケートで複雑なので、つきあうにはやや難しいタイプです。恋愛はひとつひとつが真剣で長続きします。次の日には違うことを言ったりするので、なんで怒ったのかよくわからないこともあります。何事にも完璧主義のところがあり、家事や人づきあいも上手です。熱しにくく冷めにくいので、AB型が心を開けば、意外と結婚相手に向いています。


血液型である程度、恋愛のタイプがみえてきます。悪用しないようにしましょう。

結婚のきっかけは「勢いで」33%だそうです。

厚生労働省が発表した「人口動態統計」によると、2011年の平均初婚年齢は男性30.7歳、女性29.0歳。こう言われると「結婚」はずいぶん先のイベントのようにも感じられるが、実は初婚男性の13.0%、初婚女性の18.9%は20〜24歳で結婚している。つまり、「結婚」は数年後の現実かもしれないってわけだ。
image







そこで、20〜30歳の若き既婚者200人(男女各100人)を対象にアンケートを実施(協力:アイリサーチ)。先輩たちは、いったいどんなタイミングや理由で結婚に踏み切ったのか、そして生活はどのように変化したのかを調査してみた。

まずは、結婚に踏み切ったきっかけについて。「あなたが結婚を決断した決め手になった出来事を、すべてお答え下さい」という質問に対する男性の回答トップ3は「なんとなく勢いで」(33.0%)、「最初から結婚を前提に付き合っていた」(30.0%)、「彼女が妊娠した」(17.0%)。一方、女性の回答トップ3は「最初から結婚を前提に付き合っていた」(35.0%)、「妊娠した」(30.0%)、「相手に結婚を迫られた(プロポーズされた)」(25.0%)。

「勢い」と「妊娠」が多数を占めるあたり、少なくとも男性は“計画的に”というより“なりゆきで”結婚に至った人が多い様子。女性陣も、「プロポーズ」は“男性のアクション待ち”である以上、やはり“計画的に”というわけでもないようだ。「妊娠」の結果として「プロポーズ」というケースもあるだろう。

このほかの動機として挙げられたのは、「結婚できるだけの貯金が貯まった」(男性13.0%、女性3.0%)、「転勤」(男性8.0%、女性5.0%)、「相手の親に結婚を迫られた」(男女ともに4.0%)、「周囲がバタバタと結婚を始めた」(男性7.0%、女性4.0%)、「子供が欲しくなった」(男性6.0%、女性2.0%)といった回答。さらに、「家を建てたかった」(女性・30歳)、「転職して仕事が落ち着いた」(男性・30歳)、「結婚しなければ別れると迫った」(女性・27歳)なんてコメントもあった。

次に結婚後の変化について。「結婚前後で大きく変わったポイントを、すべてお答え下さい」という質問に対する回答で多かったのは「自由に使えるお金が減った」(男性64.0%、女性58.0%)、「家事が増えた」(男性27.0%、女性72.0%)、「自由に使える時間が減った」(男性39.0%、女性38.0%)、「飲み会に行く回数が減った」(男性38.0%、女性40.0%)など。

こうみるとネガティブな変化ばかりのような気がしてしまうけれど、無い物ねだりは人間のサガ。「食生活が健康的になった」(男女ともに30.0%)、「規則正しい生活になった」(男性20.0%、女性27.0%)という回答のほか、「結婚前より夫と仲良くなった」(女性・27歳)という幸せな意見も寄せられているのでご安心を。

ちなみに、2010年の国勢調査によると、日本人の生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合)は男性20.1%、女性10.6%。「いつかは結婚したい」と思うのなら、20歳の今から「結婚」について考えてみるのもいいのかも!
記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ