H

司令官の気になるニュース

男は何歳までHできるの?

「死ぬまでセックス!」。最近、オヤジ系週刊誌でこんな見出しをよく見かける。なかには「80歳を超えても現役」なんて記事も。なんとも勇ましい話だが、その歳になっても房事を成せるのか。男性不妊や性機能を専門とする小堀善友医師に取材したところ、「個人差が大きい」との回答。閉経を境に激減する女性ホルモンと違い、男性ホルモンは緩やかに減少していくので、80代でも“現役”は存在するのだとか。

「仮に自力ではできなくても、バイアグラなどを利用する方法もあります。むしろ、性に対して積極的かどうか、という問題です。ちなみに、週に2回以上セックスしている男性は、心臓病の危険性がそうでない男性の半分になるという研究結果もあります」

なんと素敵な研究結果。できれば薬に頼らず、いつまでも現役でいたいもの。今から心がけておくべきことは?

「基本的に、下半身だけが元気という状態はあり得ません。下半身が元気な人は、全体的に健康なケースが多い。なので、暴飲暴食を避ける、カロリーを摂り過ぎないなど、酸化ストレスを取り除く生活をしてアンチエイジングに取り組むのがいいでしょう」

実は“下半身が元気=体自体が健康”は、とても重要なキーワードなのだとか。

「陰茎に流れる血管が詰まれば、勃起はできません。勃起障害が発生したあと、心臓や脳の血管障害を起こす人が多いんです。陰茎の血管の直径は約1mm、ここが詰まると、次は直径約2mmの心臓の血管です。もし朝勃ちしなくなったら、専門機関で受診することをお勧めします」

いつまでHできるんだろうか?と、軽い気持ちで取材に行ったら、なんだか怖いことに。20〜30代には、まだまだ先の話かもしれないが、好淫もとい、光陰矢の如し、今のうちから、将来に向けて健康的な生活を心がけましょう。

司令官の気になるニュース

「靴下はいてH」で絶頂率1.6倍本当!?

どうも最近、彼女とマンネリ気味だ。…そんな悩みの解決策として、やっぱり“夜”は大切だろう。体の交わりは心の交わり。良質のセックスはふたりの関係に良い刺激を与えてくれるはず――と思うのだが、どうだろう?

「それは間違いないでしょう。とくに女性は冷え性の人が多いですから、この季節は夜の気分がいまいち高まらないこともあるはず。男性は彼女の身も心も温めるつもりで頑張ってほしいものですね」

爽やかにそう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。内藤先生によれば、文字通り「彼女の身を温める」ことによって、彼女を“絶頂”に導きやすくなるというユニークな心理実験データが存在するという。

「オランダのフローニンゲン大学の心理学者ゲルト・ホルステージ氏が、女性はしっかり体温を確保した状態の方が、オルガズムに達しやすいのではないかという仮説のもと、こんな実験を行っているんです。それは、被験者の女性を『ソックスを履いた人』『履いていない人』の2グループに分けて、頭部のみをCTスキャナーにかけながら、恋人の男性に女性器を刺激させるというエキセントリックなものです」

想像すると思わず赤面してしまいそうな実験だが、男子として興味深くもある。要は、女性がオルガズムに達したかどうかを、脳の活動から分析しようというのだ。果たして、どのような結果が出たのだろう…?

「両グループのオルガズム達成率を比較したところ、ソックスを履いた女性のそれが80%であるのに対し、素足の女性は50%にとどまりました。こつまり、ソックスによって、体がぽかぽか状態になった女性ほど、快感を得やすくなるということ。 体が温まると、心まで温まるのかもしれませんね」

心理学的にひもとけば、動物的な発情期を持たない人間にとって、「心の余裕」は快適なセックスを促す重要なファクターであることを示している、と内藤先生は語る。一流サイエンス誌も取り上げたというこの実験。ぜひ参考にしてほしいものだ。。

司令官の気になるニュース

「靴下はいてH」で絶頂率1.6倍だそうです。

どうも最近、彼女とマンネリ気味だ。…そんな悩みの解決策として、やっぱり“夜”は大切だろう。体の交わりは心の交わり。良質のセックスはふたりの関係に良い刺激を与えてくれるはず――と思うのだが、どうだろう?

「それは間違いないでしょう。とくに女性は冷え性の人が多いですから、この季節は夜の気分がいまいち高まらないこともあるはず。男性は彼女の身も心も温めるつもりで頑張ってほしいものですね」

爽やかにそう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。内藤先生によれば、文字通り「彼女の身を温める」ことによって、彼女を“絶頂”に導きやすくなるというユニークな心理実験データが存在するという。

「オランダのフローニンゲン大学の心理学者ゲルト・ホルステージ氏が、女性はしっかり体温を確保した状態の方が、オルガズムに達しやすいのではないかという仮説のもと、こんな実験を行っているんです。それは、被験者の女性を『ソックスを履いた人』『履いていない人』の2グループに分けて、頭部のみをCTスキャナーにかけながら、恋人の男性に女性器を刺激させるというエキセントリックなものです」

想像すると思わず赤面してしまいそうな実験だが、男子として興味深くもある。要は、女性がオルガズムに達したかどうかを、脳の活動から分析しようというのだ。果たして、どのような結果が出たのだろう…?

「両グループのオルガズム達成率を比較したところ、ソックスを履いた女性のそれが80%であるのに対し、素足の女性は50%にとどまりました。こつまり、ソックスによって、体がぽかぽか状態になった女性ほど、快感を得やすくなるということ。 体が温まると、心まで温まるのかもしれませんね」

心理学的にひもとけば、動物的な発情期を持たない人間にとって、「心の余裕」は快適なセックスを促す重要なファクターであることを示している、と内藤先生は語る。一流サイエンス誌も取り上げたというこの実験。ぜひ参考にしてほしい。
記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ