O型

謎の髪型「ちょんまげ」のルーツ

時代劇などで当たり前のように見ているちょんまげ。でも、冷静に考えてみると変な髪型じゃないですか!? 「ちょんまげ」という言葉の響きもどこかユーモラスだけど、その呼称にはどんな由来が? ポーラ文化研究所の村田孝子氏に聞いた。

「ちょんまげは、老人の髪の毛が少なくなり、小さくなったまげが『ゝ(ちょん)』という文字に似ているところから、『丁髷(ちょんまげ)』と呼ばれたことが語源。明治時代以降は、当時流行したザンギリ頭に対し、江戸時代からの流れでまげを結っている頭を総称し、ちょんまげという呼び方をするようになりました」
image

では、そのちょんまげ自体はいつから存在し、誰が始めたのでしょう?

「ちょんまげのルーツは諸説ありますが、武士などが結っていた『本多髷(ほんだまげ)』とするのが妥当でしょう。『本多髷』は、江戸時代、伊勢国・桑名藩主だった本多忠勝の家臣の武士から広まったといわれる髪型。安永年間(1772〜1781年)ごろに全盛期を迎え、流行や階級によって多様化し、8種類に細分化されていたようです」

なるほど。でも、ちょんまげが広まった当時、武士たちは変だと思わなかったのでしょうか?

「まげという文化そのものは、古墳時代のはにわに、『美豆良(みずら)』という、耳の辺りで輪のようにし、束ねてひもで結んだ髪型をしているものがあるように、かなり古くから存在し脈々と受け継がれてきました。ちょんまげは、まげの文化の流れを受けて登場したので、おかしなものとは映らなかったようです。当時は、武士だけでなく町人もまげをしており、身分、階級、年齢により様々な種類のまげが結われている社会でした。ファッションの流行と同様にとらえれば、新しいスタイルのまげが登場したということで、クールな存在であったかもしれないですよ」

なるほど。ただ、なんで“まげ”という文化が生まれ受け継がれてきたかという理由は、文献などからは分からないそう。わざわざ髪を束ねてひもで結う、なんてこと誰が最初に始めたんでしょうね?

血液型がO型の人は蚊に刺されやすい

海に花火にと、アウトドアレジャーに繰り出す機会も多いであろうこの季節。それは「蚊」との闘いでもある。とくに自然の中へ繰り出す際には、虫除けスプレーは不可欠だ。
image

ところ で、「血液型がO型の人は蚊に刺されやすい」とたまに耳にすることがあるが、これって本当なのだろうか?医療ジャーナリストにして医学博士の森田豊先生に聞いてみた。


「そ のような研究論文があるのは事実なんです。たとえば1972年に欧米で実施された調査で、ガンビアハマダラカの腸内の血液を調べたところ、その内訳は『O>B>AB>A』で、O型の血液が最も多く検出されたといいます。日本でもヒトスジシマカ(日本で最も一般的な蚊)で調査されたことがありますが、こ の時も同じく『O>B>AB>A』という結果が出ています」

つまり、こ の都市伝説は本当だった!?…と、決め付けてしまうのは早計であると、森田先生は解説を続ける。「実際に蚊が人を刺す前に血液型を察知し、狙いを定めると いうのは困難ではないでしょうか。

蚊の腸内検査では前述のような結果が出ているものの、単純な"刺されやすさ"の調査では、必ずしもO型が一番という結果は出ていないのです」

確かに、空を飛ぶ蚊がどうやって血液型を認識するのかも疑問だ。なぜこのような説が広まったのだろう?

「10年くらい前にあるテレビ番組が、蚊が好んで吸う血液型について調査したことがありました。この番組が『O型の血液の細胞表面にある糖鎖という化合物が、花の蜜と似た分子構造をもっているため、蚊が好んで吸いに来る』という説を紹介したことも、無関係ではないのかもしれませんね。でも実際には糖鎖は不揮発性であるため、飛行中の蚊がそれを認識するのは不可能だろうと言われています」

結 論としては、O型が蚊に刺されやすいことを示す科学的根拠は、これまで確認されていないとのこと。現時点では「事実にあらず」と裁定せざるを得ないが、も しかするとこれからの研究で、蚊がO型を好む根拠が証明されることもあるかも!?
記事検索
プロフィール

チャーリー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ