2017年10月02日

阿毘達磨 abhidharma, アビダルマ =即ち「論」

『阿毘逹磨倶舎論』の「阿毘達磨」 (abhidharma, アビダルマ) とは、 "abhi+dharma" であり、
各々「対」と「法」と訳され、「法・ダンマ(真理)に関して」という意味=即ち「論」。
又「倶舎」(kośa, コーシャ)とは入れ物、蔵、宝物庫の意であり、総じて「論蔵」。⇆経蔵・律蔵
原始ブッダ

vioman at 09:46|PerlmalinkComments(0)clip!

2014年05月26日

村八分の精神文化健在日本

確かに、ちまたの声に、「教育上よくない」「薬物を買う資金になっていたのは許せない」といって、
罪人の人生を全て否定する風潮は,日本は特に強い。
罪を憎んで,人を憎まず、或いは罪以前の軌跡のもの(作品)は、現在の罪人の人格と同じなのか、
等の考察は,そこには一切ない,全人格否定である。
又,以前のその人物の才能や天性が優れていればいる程、その人への否定感は強い。
つまり,期待を裏切られた自分勝手な失望感や,或いはその人への多大なる才能への嫉妬心が
そうした否定の風潮の根源に大きくあるからこそ、以前の作品も全て否定し、CD等の作品の市場からの撤収と云う現象を生む,人間性に対する、恐ろしい人間差別、人格権利抑圧である。
これは、まさに、人は皆んなと同じではなくてはダメだという,足の引っぱりと縛りの「村八分」精神文化である。
更に,偶然にも今回,ポール・マッカートニーに急病による公演中止があったが、
先ず,彼が以前内にチの時,大麻所持で逮捕、勾留、国外撤去と云う事件を起こしているが、
あれから,随分立ったとはいえ、今回の,熱狂的受け入れと期待の扱いが起きているのと
今回の日本人歌手の事件とが対比的である。 ポールは英国人であるため,あの事件の時,帰国しても
英国内で日本のようなCD撤去などのバッシングは起きなかったろうし、
歌手活動にさほど,その後の影響は見られないが、彼が日本人だったら、今回のような熱烈歓迎の
公演等ありえないだろう、つまり「教育上よくない」「薬物を買う資金になっていたのは許せない」といって罪人の人生を全て否定する風潮を日本は持っただろうから。
次に、ポールは今回急病で公演中止になったのだが、日本のマスコミやファン、その他多くの日本人が
鷹揚で優しい。しかし、ポールが日本人或いはアジア人で、今回と同じような公演中止になったとしたら、同様に優しく見守るだろうか。。。多分,同情以上に非難も多いだろう。もちろん,マスコミがこれにおもしろおかしく拍車をかけるだろう。。。 
結局、日本路だから,アジア人だから、という、自己批判,あるいは,白人への劣等感や憧れ心が、
未だして、根底にあって,今回の2つの出来事(日本人歌手と、英国人歌手)の対比や違いがあるのが,興味深い。 韓国や中国の日本批判や非難と日本の反応も、どこか、同じ人種と、白人という区別が、どちらにも見られるのもおもしろい。 如何に欧米,特に英國やフランスが歴史的にアジア諸国に酷いことをしたか、第二次大戦時の日本の贖罪と同時に決して取り上げていかない、アジア人同士,或いは同国人同士の、激しいバッシング。。。まことに,日本人もアジア人も、未だ白磁への劣等感、欧米迎合主義の歴史的精神構造から、抜けられない。。今回の事件は、いろいろと気づかせてくれて面白い。 今も、麻薬事件という贖罪を抱えたまま,頑張るしかない、タレントの◎ピーさんも、頑張れ。
礼儀正しく,おもてなしが得意な優しい国(多分よそ者や他種に対してがメインかも)、日本に住む日本人だから、決して目立たなければ斗出しなければ同胞でいじめ合うことはない優しい助け合いの「村八分社会」のままだから。。。 現代はここ4、50年、子供の時からみんなと一緒、個性よりも学習力のばしてという「学習塾社会」だからこれからも日本のこの風潮は変わるまい。もっとも、ほとんど学習力等の効果も結果も今の大人を見てても秀でて出てきてるとは思えないが。。。(昭和前半までと比べて,今の子供の国際学習力などむしろ増々,落ちて来ている)

vioman at 10:20|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年05月07日

仏教史への旅 メモ; 中国天台宗・智擇函∩欺

catys540715_508207725938361_1425044756_n
妙法蓮華経(法華経)を根本経典とする、天台法華宗(てんだいほっけしゅう)即ち、
天台教学は中国に発祥し、その後、入唐した最澄(伝教大師)により平安時代初期に日本に伝えられた。

中国天台宗は、隋の天台智者大師、智據覆舛)(538年-597年)を実質的な開祖とする大乗仏教の宗派であり、
隋の第2代皇帝煬帝の帰依を受け、浙江省天台山国清寺と湖北省荆州玉泉寺を建立し、天台宗を確立。
初祖は北斉の慧文、第二祖は南岳慧思(515年-577年)であり、
慧思の弟子が智擇任△襦蔑脅を初祖とし慧文を第二、慧思を第三、智擇鯊荵輿弔箸垢訃豺腓發△襦法
慧文は、龍樹による『大智度論』と『中論』に依って「一心三観」の仏理を無師独悟したとされ、
慧思を介して智擇坊兢気気譴拭
智擇蓮鳩摩羅什訳の『法華経』『摩訶般若波羅蜜経』『大智度論』、そして『涅槃経』に基づいて教義を組み立て、
『法華経』を最高位に置いた五時八教という教相判釈(経典成立論)を説き、止観によって仏となることを説いた学僧である。

しかしながら、鳩摩羅什の訳した『法華経』は、現存するサンスクリット本とかなり相違があり、
特に天台宗の重んじる方便品第二は羅什自身の教義で改変されている」という説がある。
羅什が『法華経』・『摩訶般若波羅蜜経』・『大智度論』を重要視していたことを考えると、
天台教学設立の契機は羅什にあるといえなくもない。

天台山に宗派の礎ができた後、涅槃宗を吸収し天台宗が確立した。
主に智擇痢慄_攜宍繊戞慄_敲原隋戞慄琺纏澳僉戮了安臧瑤鯏径羹,陵彡としている。
これらの智擇涼作を記録し編集したのが、第四祖章安灌頂(561年-632年)である。
灌頂の弟子に智威(?-680年)があり、その弟子に慧威(634年-713年)が出て、
その後に左渓玄朗(672年-753年)が出て、灌頂以後の天台宗の宗勢は振るわず、玄朗が第五祖に擬せられている。
玄朗の弟子に、天台宗の中興の祖とされる第六祖、荊渓湛然(711年-782年)が現れ、
三大部をはじめとした多数の天台典籍に関する論書を著した。
その門下に道邃と行満が出て、彼等が最澄に天台教学を伝えた。

智擇涼作である天台小止観、摩訶止観、次第禅門などの著作は禅の解説書としても依用されるが、
もともとは、法華経の教理にもとづく悟りの法門であり、
特に摩訶止観の第七章は、円頓止観といって、究極の悟りを述べたものとされる。
止観とは静と動の意味であり、漸次、不定、円頓の三止観を説く。

のちに現れた頓悟(ただ座ることにより仏性を自覚すること)を重視する華厳宗の如来蔵の考えに基づいたところの、
中国の五家七宗(臨済宗、黄龍派、楊岐派、潙仰宗、雲門宗、曹洞宗、法眼宗)の禅宗とは別物である。
智擇涼作の座禅に関する解説がこの中で一番古く(6世紀初頭)、中国や日本の禅宗に座禅の教科書として影響を与えた。
このため、禅宗では、摩訶止観を重んじ、
歴史的架空人物である達磨大師が実は、天台大師ではなかったかという天台大師達磨大師説も唱えられている(Wikipedia)

vioman at 11:35|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年04月29日

「空」

自は他により、他は自によって在ることが、「空」である。
他によって生じる(表象する)ゆえに、それ自体で存在しているのではなく、
本体を持たない(すべては本体をもたない)。
すべては本体がないから、「空」である。


vioman at 15:03|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年10月18日

★関西弁って、えろい^^

関西弁は、標準語と比較すると、庶民的でカッコつけないしゃべり方に聞こえます。
だから、さりげなく隣で囁かれると、可愛く、くったくなくほんのりとエロく感じます^^
コワイなんて叱られても思った事ないくらい、可愛くエロいです^^
・・・
バカにしているのではありません。。。
愛しているのです・・・・



vioman at 10:38|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年09月10日

生きるということ; 生滅

人はその生存欲と性欲の本能のため、その時その時、心安らぐような心地よい、自分に好ましいこと、都合のいいことが正しいということと信じて(信仰)生きていく。人間の認識力だけで宇宙全てを比較理解しようとするパワー・智慧とは何だろうか? 禅や瞑想では五感を超える感性を感じることも出来るが・・・ただそれでも、自分が思うものが見える現実・実存であることには間違いないだろうから、正義も真実もいつも自分の中で変化・流転する。。。絶対唯一の神や仏が救ってくれる、だとか、科学は万能であると思い込んだ時代が懐かしい・・・ 絶対唯一で永遠不変なる存在など無く、すべては変化する生滅であり、しかも無生無滅。。。我々は生じた限りいずれ滅ぶことをしっている。その前も後も問うても仕方がない、五感で認識出来る答えは無い。間違いないのは今生じていていつか滅び消えること。人生や世の中に本来意味や価値そのものなど客観的に存在しないのだから、せめて出来ることは主体的に自分のしたいことか、或は使命感を得て滅ぶまで生きていくこと。今それらが無ければ、待つか、ただ他の生命と同様に生存欲で生きていくだけ。もちろん、自滅、即ち自殺という選択も自由だ。自殺も生きたいという生存欲の裏返しだから。。。以上に、虚無感を感じる人がいたら、それは錯覚。元々ない絶対唯一なるものに縋ってでも生きていたいという生存欲の本能の弱さの現れに過ぎない。。。

vioman at 11:34|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年09月06日

欧米でもあるようだ。。

仕事に対する倫理観や道徳観、或は使命感は、経済が発展し豊かになっていくにつれ、所謂先進国化していくと、その子供又は孫の時代になっていくにつれ、同様な現象が起るようだ。 良いか悪いかなら、良くない、悪い事に決まっているのに、こういう事をする人が出てくるのは、やはり、社会や時代を含め、我々人間そのものが病んで来ているのかもしれない。少なくとも若者は体が元気なら、何とかこの時代飢えて死ぬことはないし、かといって人生の希望、目的、目標、夢などを持てず、ただ思うがまま生きていく事が出来るから、今この瞬間をそうしているのかもしれない。いずれ、誰しも老いぼれて体が動けなくなったり、大きな病気を抱えたりする可能性を本気に考えることはないし、そういうことを真剣に考えたり、或は今やりたい事があったりする者なら、自己顕示欲にただ支配されてこんな事する訳も無いだろう・・・ ただし、やった結果はその行為の責任として、社会的制裁を受ける現実を知る事になるだけだが・・・ 

vioman at 09:51|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月01日

タバコする?

禁煙してはや丸3年過ぎた今日この頃。 たまに今でも瞬時タバコしたくなることもまだありますが、目の前にタバコセットと灰皿があっても手が出るには至りません。すぐに吸いたくなる衝動が消えてしまうというか、所謂執着心が続きません^^  それより、確かに喫煙してた頃は分からなかったが、タバコ吸う人のそばに接近すると、ヤニ臭いにおいがして余りいい気分はしませんし、特に電車の座席の隣にヘビイスモーカー(たぶん)の方が座ると、風下に自分が座っていたりしたら、それはもう、タバコ臭くて隣に座り続けるのは苦痛で苦痛で頭痛がするくらいです。 かつて自分がスモーカーだったことを信じられません^^ タバコを嫌う人の気持ちはこれだと思うし、常煙者の立場に入るとそこまで喫煙を嫌う理由がやはり理解出来ないのだと思います。 健康に悪いとか癌になりやすいから、火事のもとだし、禁煙しよう、とか世間で言うのは後付けの理論で、やはり、吸わない人からすると、とにかく臭いのは嫌だという感情論だと思います。 特に食事するレストランや密閉した共有の部屋(会議室、集会所、図書館、電車・列車・バス・タクシーや、街中の公道や信号待ちするところ等)などやはり、嫌われる所以です。街中で歩いている時、前をタバコされながら歩かれると煙やにおいが来て不快な気分にされます。タバコする立場にはやはり、そのにおいをきらわれるのがわからないのです。吸わない人からすると、「一害あって一利なし」なのです。 愛煙家にとってはホッと寛ぐ一瞬なのですが・・・・・^^ 僕はお酒も飲めないので、酔っぱらいの酒臭さや体臭も臭くて堪え難いものがあります。。。結局、多数決の理論なのです。 社会は互いに寄り合ってあるものだから、弱い立場のものや少数派はやはり、大きな社会問題にはなりにくいけど、タバコについては少数の愛煙家は多数の嫌煙家の動きに合わせていくしかありません。お酒はその逆です・・・多分嫌煙家でも酒なくても良いとまで思う人は少数でしょう^^ タバコも酒も世の中になくても、生命維持には関係ありませんけどね.動物は基本、酒、タバコしませんしね。。。ともかく、人は、自分の嗜好で好きなものはウエルカムだけど、嫌いなものはオールストップなのです。でも世の中、寄り合いだから、互いにどこかで妥協していくしかないものなのです。愛煙家の皆様、御愁傷様です。。。人のいない,ど田舎なら、周りは自然ばかりだから、火事だけには気を付けてどこでも自由に好きに喫煙可能です。。すぐ隣に嫌煙家はたぶんいませんから・・・ 犬やネコに煙り吹っかけても嫌っても文句は言いませんから^^

vioman at 10:18|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月23日

「怒り」は、執着心、とらわれ ですが・・・

>まだまだ、僕は人間が小さいのだと痛感させられる」とも明かし、まだわだかまりの残る複雑な心境を吐露している。
この言葉に、乙武氏の、はじめて感情のこもった発言を聞いた感じで、何か、あーあ、彼だって
普通の人間なんだなって(失礼^^)、嬉しいというか親しい気持ちを彼に持つことが出来ました。
仏教で、「怒り」は、執着心、とらわれから来るものだと言いますが、一見すべてにおおらかに見える彼にも、こうした心理的こだわりを持ってしまう一面もあるんだなあと、思いました。
尊敬出来る一人ですから、逆にこれまで以上に素直に模範と出来る人物だと思えます。
まあ、正直に反省されてるわけですから、これ以上、問題をおおきくしなくてもいいのではないですか。
ともあれ、有名税は高いものですね^^ 俗人な自分は、その点は気楽ですね・・・
彼の今後のますますの発展を願ってます。  ひでJ

vioman at 10:59|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月18日

過去の英雄や国家の歴史は確かに。。。

橋下氏の言うことは、個人レベルではある意味正論。
過去の歴史にどの国も戦争や侵略でひどいことをしてきた。
秦の始皇帝の残忍さ然り、元寇による対馬や九州の住民の悲劇も然り、黒人奴隷制度やアメリカンインデアンへの略奪然り、等々。
しかし現国家の一政治家が公式意見として述べるには余りにも子供のような発言。
落としどころを見つけるのが今後大変・・・自分がスーパーマンのつもりか・・・確かに過去の英雄はほとんどが残虐な人殺しだが・・・(FACEBOOKで表記)

vioman at 10:13|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!