2013年03月03日

時間ではなく,暮らせて楽しめる事!

労働時間の長さより、どう人生を楽しめるか?
仕事が目的の人生か、或は仕事を人生に占める必要度の考え方の違いかな。。。
あるいは、明日の事にいつも気を囚われるか、
今をどう素敵に生きるかの違い?
或は、
アリとキリギリス?

まあ、どれだけ明日の為に用意周到の準備(老後貯蓄等)に、毎日今日を生きるか、
今、今日を楽しむことを中心に仕事して生活を過ごすか、
いずれも、どちらが正しいなんてことはない。。
どれだけ計画しても、明日どうなるかは確約出来ないし、
極端に遊び呆けてだらけてばかりでは明日の生活の不安は大いにパーセント高いから、
まあ、それなりの仕事や蓄えの準備を考慮した人生のエンジョイ生活ならいいのかな・・・
決してどう今を生きようと明日の確約は100%ではないけどね・・・
極端な明日の不安で生きても、或は逆に極端な日々を遊んで過ごすのも
問題だしね・・
まあ、労働時間の捉え方は、人それなりで違ってくる。
良い人生か,悪い駄目な人生かの価値判断も、その人自身の捉え方・生き方の違いだな。

労働生産性からだけ見たら、大昔に比べたら、大変今の労働時間は短くなっている。。。
まあ、出来るだけ働らかなくて(労働時間の短縮)、人生を楽しく過ごせるよう、機械化したり、
労働効率を上げる知恵を作って来た事実が、人類の歴史。

労働時間を、労働効率で見るか、労働の価値観でみるかのいずれかだけで、
判断は出来ないってことかな^^
ちなみに、俺は怠け者だから、食う為だけの労働は出来るだけしたくないタイプ。
こうしたら、こんなふうに出来たら、社会で喜んでもらえるからっていう仕事なら、
それを自分が好きな作業なら、1日どれだけ時間をかけても、気にならないけどね。。
好きな事が仕事になり,皆にも喜んでもらえるっていう、仕事がしたいなあ^^
まあ、無理かどうかも、そのひとの生き方、人生の捉え方次第なのかもしれない..。


vioman at 11:29│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔