2013年06月01日

タバコする?

禁煙してはや丸3年過ぎた今日この頃。 たまに今でも瞬時タバコしたくなることもまだありますが、目の前にタバコセットと灰皿があっても手が出るには至りません。すぐに吸いたくなる衝動が消えてしまうというか、所謂執着心が続きません^^  それより、確かに喫煙してた頃は分からなかったが、タバコ吸う人のそばに接近すると、ヤニ臭いにおいがして余りいい気分はしませんし、特に電車の座席の隣にヘビイスモーカー(たぶん)の方が座ると、風下に自分が座っていたりしたら、それはもう、タバコ臭くて隣に座り続けるのは苦痛で苦痛で頭痛がするくらいです。 かつて自分がスモーカーだったことを信じられません^^ タバコを嫌う人の気持ちはこれだと思うし、常煙者の立場に入るとそこまで喫煙を嫌う理由がやはり理解出来ないのだと思います。 健康に悪いとか癌になりやすいから、火事のもとだし、禁煙しよう、とか世間で言うのは後付けの理論で、やはり、吸わない人からすると、とにかく臭いのは嫌だという感情論だと思います。 特に食事するレストランや密閉した共有の部屋(会議室、集会所、図書館、電車・列車・バス・タクシーや、街中の公道や信号待ちするところ等)などやはり、嫌われる所以です。街中で歩いている時、前をタバコされながら歩かれると煙やにおいが来て不快な気分にされます。タバコする立場にはやはり、そのにおいをきらわれるのがわからないのです。吸わない人からすると、「一害あって一利なし」なのです。 愛煙家にとってはホッと寛ぐ一瞬なのですが・・・・・^^ 僕はお酒も飲めないので、酔っぱらいの酒臭さや体臭も臭くて堪え難いものがあります。。。結局、多数決の理論なのです。 社会は互いに寄り合ってあるものだから、弱い立場のものや少数派はやはり、大きな社会問題にはなりにくいけど、タバコについては少数の愛煙家は多数の嫌煙家の動きに合わせていくしかありません。お酒はその逆です・・・多分嫌煙家でも酒なくても良いとまで思う人は少数でしょう^^ タバコも酒も世の中になくても、生命維持には関係ありませんけどね.動物は基本、酒、タバコしませんしね。。。ともかく、人は、自分の嗜好で好きなものはウエルカムだけど、嫌いなものはオールストップなのです。でも世の中、寄り合いだから、互いにどこかで妥協していくしかないものなのです。愛煙家の皆様、御愁傷様です。。。人のいない,ど田舎なら、周りは自然ばかりだから、火事だけには気を付けてどこでも自由に好きに喫煙可能です。。すぐ隣に嫌煙家はたぶんいませんから・・・ 犬やネコに煙り吹っかけても嫌っても文句は言いませんから^^

vioman at 10:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔