Powered by Ayapon RSS! オススメ クレジットカード クールマット



2011年10月

自転車の取り締まりが強化されている…あれは嘘だ。ソースお前らの町の警官

 
1 名前:名無しさん@涙目です。(家)[] 投稿日:2011/10/30(日) 22:14:57.10 ID:1OnMQG5P0 BE:421697546-PLT(12000) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/008.gif  
   涼しい季節になった。自転車をこいで心地よい汗を流す人も多いだろう。  
  一方で、歩道上でスピードを出したり、車の間をすり抜ける自転車に驚かされることもある。  
   全国的な自転車事故の増加を受け、警察庁は、車道を走る原則の徹底や道路交通法の  
  取り締まり強化を軸にした総合対策をまとめた。  
   悪質で危険な運転については交通切符を切る対象とするよう、都道府県警に指示した。  
  取り締まりに本腰を入れねばならないほど、死傷事故が後を絶たず、ルール違反の乗り方が横行しているのだ。  
   自転車は「軽車両」に分類される。車道の左側を走らねばならず、歩道を走れるのは標識で認められた場所だけだ。  
   健康づくりに適し、地球環境に優しい乗り物として、県内でも自転車を通勤・通学に使う人が  
  増えているが、自転車専用通行帯などの整備は遅れている。  
   警察庁の通達は、走行を認めていた歩道の幅を2メートルから3メートルに制約する方向だ。  
  実際の運用は各県警に任されるが、社会全体で自転車の走行ルールを行き渡らせ、安全を確保する  
  交通教育を深めたい。  
   県内の道路で幅3メートルの歩道を伴う道路がどれだけあるだろうか。灰じんに帰した沖縄戦の後、  
  計画的な道路整備はままならなかった。歩道さえない道路を路線バスが走る地域もあり、自転車が走  
  るスペースをふさぐ駐車車両も目立つ。  
   2010年の自転車絡みの事故は全国で15万1626件で交通事故全体の2割を占める。乗車中の死者  
  は500人弱で推移している。  
   
  http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-183442-storytopic-11.html  
 続きを読む

自転車の男、運転注意され崖下に突き飛ばす

1 名前:名無しさん@涙目です。(埼玉県)[] 投稿日:2011/10/29(土) 23:07:19.30 ID://pYtKIWP BE:1207710454-PLT(12001) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/bat.gif  
  29日午後1時55分頃、大阪府高槻市原の山道で、ジョギング中の同市の無職男性(67)が、  
  マウンテンバイクに乗った30歳前後の男と通行を巡ってトラブルになり、崖下に突き飛ばされた。  
  男は逃走。男性は斜面を転落したが、約8メートル下の木に引っかかり、  
  自力で山道まではい上がって110番した。男性は頭や腕に軽傷。  
   
  高槻署は殺人未遂事件として捜査。発表では、山道を上ってきた男が男性とすれ違う際によろけたため、  
  男性が「危ない」と注意すると、男が自転車を降りて両手で胸を突いたという。  
  山道は幅2・3メートル。がけ側には高さ50センチのコンクリート柱が80センチ間隔で立てられ、  
  転落防止のチェーンが張られている。斜面は約20メートル下まで続いているという。  
   
  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111029-OYT1T00913.htm  
 
  続きを読む

自転車事故が絶えない都民のために警視庁が車道に自転車レーンを設置することを決定

1 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府)[] 投稿日:2011/10/28(金) 12:41:29.98 ID:8cviISbL0 BE:794667762-PLT(12493) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/u_ocha.gif  
  警視庁:自転車は「青レーン」 車道走行対策  
   
   警視庁は28日、自転車の原則車道走行を促す総合対策の骨子をまとめた。  
  新たな安全策として、車道での事故を防ぐために車道左側を独自のイラストでカラー舗装し、自転車の通行場所を明示する。  
  来年1月から実施する方針で、全国の自転車事故の4割を占める東京都内での対策は、全国のモデルとなりそうだ。  
   
   警視庁は、歩行者と自転車を分離することが事故防止につながるとみて、  
  車道左側走行や歩道での歩行者優先などマナー向上とともに、自転車の通行環境を整備する。  
  具体的には、自転車が通行できる歩道を減らすことや、  
  以前からある自転車専用通行帯(自転車レーン)と歩道のカラー舗装に加え、今年度から車道左側のカラー舗装を始める。  
   
   車道のカラー舗装は青色で幅約0.5メートル。歩道のある道路の車道左側に設ける。  
  歩道がある道路は都内に約5740キロあり、このうち歩道の幅が3メートル未満で、  
  車道の幅員にある程度の余裕がある駅周辺などの幹線道路について順次実施したい意向だ。  
   
   また、交差点の自転車横断帯について、直進の際に通行しやすいように横断帯を交差点の中央寄りに拡大することも検討する。  
  さらに、車両の通行が少ない経路を示す「安全ルート推奨マップ」の作製を全102署に指示。  
  各署は、管内で交通量の多い場所1カ所を選んで自転車が安全に走行できるルートを検討し、警視庁のホームページに順次掲載する。  
   
   総合対策は警察庁が25日に全国の警察本部に通達した対策に基づいている。  
  警視庁は年内にも対策本部を発足させて詳細な推進計画を策定する方針だ。  
   
   昨年、全国で発生した自転車と歩行者の事故のうち、都内は1039件で約4割を占めた。  
  今年は8月末までに自転車関連事故で全国の約2割にあたる26人が死亡。  
  6月には、世田谷区の交差点を横断しようとした男性(当時81歳)が男子高校生の自転車にはねられ死亡している。【伊澤拓也】  
   
  20111028k0000e040058000p_size5


  http://mainichi.jp/select/today/news/20111028k0000e040052000c.html  
 
  続きを読む

自転車の空気抜きやサドル隠し されたらブチ切れそうになる

1 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府)[] 投稿日:2011/10/27(木) 11:45:21.13 ID:XxAjEvMd0 BE:441667744-PLT(12000) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/asuka_face.gif  
   26日午後6時すぎ、神戸市須磨区北落合3の集合住宅「UR都市機構名谷公園前団地」に住む  
  男性(50)から、「駐輪中の自転車のタイヤがパンクさせられていた」と110番があった。須磨署員が  
  調べたところ、男性の自転車だけではなく、周辺に止めてあった70~80台の自転車のタイヤから  
  空気が抜けていた。同署は同一犯による悪質な嫌がらせとみて、器物損壊容疑で捜査している。  
   
   同署によると、男性の自転車は前後輪ともパンクしており、タイヤには千枚通しで開けたような  
  小さい穴が一つずつ開いていたという。  
   
   同住宅は12棟あり、それぞれに駐輪場を設置。そのうち10棟の駐輪場で1台~十数台の被害が  
  あった。片方のタイヤだけパンクした自転車があるなど、被害はさまざまだったという。  
   
   男性は21日にこの駐輪場に自転車を止め、26日午後3時ごろにパンクに気付いたという。同署は  
  この住宅以外でも被害が出ている可能性もあるとみている。  
   
   現場は、神戸市営地下鉄名谷駅の北西約600メートルの須磨ニュータウンの一角で、集合住宅や  
  一戸建てが並ぶ住宅地。  
   
  http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0004576813.shtml  
 
  続きを読む

自転車で車道の路側帯を走っていた中学生が軽トラにはねられ全身を強く打ち死亡

1 名前:名無しさん@涙目です。(栃木県)[sage] 投稿日:2011/10/26(水) 14:35:39.27 ID:5wB4L2Hr0 BE:200365867-PLT(12018) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/aibon_face.gif  
  軽トラにはねられ自転車の中2死亡  
   
   26日午前7時25分ごろ、三重県伊勢市上野町の県道で、自転車に乗っていた  
  市内の中学2年、大石怜君(13)が、同県志摩市浜島町、塗装工の男性(18)が  
  運転する軽トラックにはねられ、全身を強く打ち死亡した。男性は足に打撲の軽傷。  
   
   伊勢署によると、現場は緩やかなカーブ。大石君は通学途中で路側帯を走っていたとみられ、  
  同署が詳しい原因を調べている。  
   
  http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111026/dst11102613320010-n1.htm  
 
  続きを読む



Google
Yahoo!ショッピング
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター

    Amazon