ルール

自動車「歩行者と自転車はルールを守らない」

1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/06/17(日) 09:17:41.64 ID:u2loKaMe 
  なお、自動車自身もルールを守らん模様  
 
  続きを読む

東京の自転車ルールを地方に押し付けんなボケ!

1 名前:名無しさん@涙目です。(秋田県)[sage] 投稿日:2011/11/06(日) 12:58:03.17 ID:bfrMzvwP0 BE:1624191146-PLT(12217) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/zonu_2.gif  
  警察庁が自転車の車道通行を徹底させる通達を出したことを受け、群馬県警は、県内全域の道路で実態調査を始めた。  
   
   東京など大都市部では、歩行者が多い歩道で危険走行を繰り返す自転車が問題視されているが、車社会の群馬では、  
   
  人が歩いていない歩道も多く、全国一律でのルール徹底の号令に不安の声も上がっている。  
   
   同庁の通達「自転車交通総合対策」は10月25日付。自転車ブームを背景に急増する自転車と歩行者の事故を防ごうと、  
  道交法の原則に戻り、自転車を車両として扱うことを徹底するよう全国の警察本部に求めた。  
   
   自転車は本来、歩道を走行できないが、「幅2メートル以上」で「自転車通行可」の指定を受けた歩道では、  
  例外的に走行が許され、許可外の歩道走行もお目こぼしされることが多かった。  
   
   そのため同庁は、基準を「幅3メートル以上」に変更し、改めて車道通行のルールを利用者に守らせるよう通達。  
  車線を減らし、色分けされた「自転車通行帯」を設けたり、自転車道を整備したり、具体的な対策を検討するよう指示した。  
   
   通達を受けた県警では10月末、県内の「自転車通行可」の歩道1885区間、延べ2356キロ・メートルについて、  
  周辺道路も含めて交通実態を調査するよう各警察署に指示。歩道の幅や通行量のほか、将来的に自転車通行帯が  
  設置できるか判断するために路側帯の幅も調べるよう求めた。  
   
   県警は年内をめどに調査を終え、年明けから区間ごとに対応方針を決定。自転車通行帯を設置したり、  
  車道のゼブラゾーンを廃止して車線を引き直したりするなど、個々の対策を打ち出す。完了までに数年かかるとみられ、  
  方針が決まった路線から順次、県や市町村に予算計上を求める。  
   
  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111106-OYT1T00243.htm  
 
  続きを読む



Google
Yahoo!ショッピング
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター

    Amazon