1 名前:名無しさん@涙目です。(秋田県)[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 17:36:10.30 ID:8nNvT8od0 BE:3789778278-PLT(12217) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/zonu_2.gif  
  大阪市浪速区で2011年5月、タンクローリーが歩道に突っ込み2人が死亡した事故で、直前に自転車で道路を横断し、  
  事故を引き起こした男に、大阪地裁は禁錮2年の実刑判決を言い渡した。  
  大阪市浪速区の国道で2011年5月、タンクローリーが歩道に突っ込んだ。  
  しかし、禁錮2年の実刑判決が言い渡されたのは、運転手ではなく、自転車に乗っていた男だった。  
  事故現場の道路には、大量の血痕が残されていた。  
  この事故で、歩道にいた49歳の男性と75歳の男性が、住宅と車の間に挟まり死亡した。  
  事故当時、警察は、タンクローリーを運転していた男性を現行犯逮捕したが、のちに処分保留で釈放した。  
  タンクローリーの運転手は「隣の車線を走っていた車が、急に車線変更してきたので、当たると思い、ハンドルを切った」と話した。  
  隣の車線を走っていたワゴン車の運転手も、処分保留で釈放された。  
  この事故で、重過失致死罪で起訴されたのは、自転車に乗っていた越智 茂被告(60)だった。  
  なぜ、越智被告だけが起訴されたのか。  
  自転車に乗っていた越智被告は、信号機のない道路を安全確認をせずに横断し、その自転車を避けようと、ワゴン車が進路を変更した。  
  さらに、ワゴン車を避けようとしたタンクローリーが、歩道に突っ込んだという。  
  事故のきっかけは、自転車だった。  
  28日、大阪地裁の真鍋秀永裁判官は、「注意の欠如は甚だしいばかりか、信号待ちという当然の事柄を嫌がり、周囲の交通に多大な  
  影響を及ぼす行為に自ら進んで出たもので、安易かつ身勝手である」とし、越智被告に禁錮2年の実刑判決を言い渡した。  
  判決後、何か述べたいことがあるかと聞かれた越智被告は、「俺が悪いんですか。向こうは車で殺したんですよ」と、強い口調で言った。  
  事故からおよそ4カ月。  
  2人死亡という事故が起きた現場では、ルールを無視して横断する自転車があとを絶たなかった。  
   
  http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00212457.html  
 
  続きを読む