警察

警察が無施錠自転車に無断でワイヤーロックをかける

1 名前:名無しさん@涙目です。(兵庫県)[] 投稿日:2011/12/05(月) 11:03:26.49 ID:RruLUoCb0 BE:406370423-PLT(12000) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/fuun.gif  
  無施錠自転車に「見守りロック」  
  2011年12月05日(月)  
   
  見守りロック作戦の実施に先立ち、自転車への鍵掛けの徹底を呼び掛ける署員=甲斐・JR竜王駅  
  20111205_12_1


  韮崎署は自転車などの二輪車の盗難事故を防止するため、署員らがJR竜王、塩崎両駅の駐輪場に止めてある施錠状況を確認し、無施錠の車両には鍵掛けを行う  
  「見守りロック作戦」を始める。県警初の試みで、期間は6日~来年3月31日。  
  同署は「盗難抑止と、所有者の施錠に対する意識を高めたい。効果が上がれば、継続も検討したい」と話している。  
   
  同署によると、管内の駅やショッピングセンターの駐輪場で盗まれた二輪車には、所有者が鍵掛けを忘れたケースが目立つという。  
   
  見守りロック作戦は鍵掛けの徹底を図ろうと実施。パトロール中の署員または同署の地域安全支援員が両駅に立ち寄った際、駐輪場にある二輪車の施錠状況を確認し、  
  鍵をしていない場合はワイヤーロックをする。同署の電話番号を記したタグも取り付け、同署に電話をすると、鍵を外してくれる仕組みとなっている。  
   
  同署はこのほど、JR竜王駅の駐輪場で、通学生や通勤者にチラシとワイヤーロックを配り、鍵掛けの徹底を呼び掛けた。作戦に合わせ、両駅には二輪車への鍵掛けを呼び掛けるのぼりも設ける。  
   
  http://www.sannichi.co.jp/local/news/2011/12/05/12.html  
   
  依頼575  
   
 
  続きを読む

自転車が警察の点数稼ぎにされそうな県

1 名前:名無しさん@涙目です。(愛知県)[] 投稿日:2011/12/05(月) 09:30:56.65 ID:/Y5fQDJF0 BE:3097462098-PLT(12500) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/namaetukenai.gif  
  危険な自転車即赤切符 兵庫県警、取り締まり強化   
   
  自転車の危険運転や歩行者との事故が多発しているため、兵庫県警は、ブレーキなしの自転車の公道走行や飲酒運転を見つけた際、  
  指導・警告せず直ちに交通切符(赤切符)を交付するよう取り締まりを強化した。既に先月28日から運用を開始。今月6日には県内一斉の自転車取り締まりを実施する。(山下智寛)  
   
   
   警察庁が、自転車の車道通行の原則徹底や危険運転取り締まり強化などを通達したのを受けた。  
  県警によると、県内の昨年1年間の交通事故3万6594件のうち、2割以上の8444件が自転車の関係する事故だった。  
   
   県警は従来、自転車の違反行為を見つけた際、指導・警告した上で、従わない場合に赤切符を交付。  
  今後は、ブレーキなし(制動装置不良、5万円以下の罰金)と、飲酒運転(5年以下の懲役または100万円以下の罰金)に限り即、赤切符を切る。  
   
   6日の一斉取り締まりは、啓発活動も合わせ、県内約100カ所に警察官約400人を動員して実施する。  
   
   ブレーキのない自転車をめぐっては11月7日、神戸市兵庫区の無職の男性が赤切符を交付され、同22日には、  
  大阪市内の飲食店経営の男性に、罰金6千円の略式命令が全国で初めて出た。  
  今後、兵庫県内でも赤切符を何度も交付されるなど悪質なケースに、罰金などが科せられる可能性がある。  
  (2011/12/04 10:20)  
   
  http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004660136.shtml  
 
  続きを読む

警察 「自転車は車道を走れ! 危ない? それでも車道だ車道を走れ!!」

1 名前:名無しさん@涙目です。(東京都)[] 投稿日:2011/11/24(木) 13:03:37.15 ID:zyglJpCS0 BE:353632032-PLT(12003) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/memo.gif  
  自転車は車道を徹底する宮城県警…指導員を増強  
   
  今月下旬、仙台市青葉区の東北大病院前の国道。人が歩いている幅約2・5メートルの歩道を、  
  自転車がすいすい通り抜けていく。  
  今回の警察庁の対策に合わせ、自転車が通行禁止となる歩道の幅が2メートル未満から3メートル未満に変更され、  
  この歩道も原則として走れなくなった。  
  自転車で歩道を走っていた仙台市青葉区の男子大学生(19)は「毎日通学で利用しているが、交通量が多い車道は怖い。  
  できれば走りたくない」と困惑する。一方、歩道を歩いて通勤中に自転車とぶつかり、けがをしたことがある同区の女性会社員(51)は  
  「通勤時間帯は歩行者と自転車が入り乱れて混雑する。両者を分けるのは賛成」と話した。  
  今年の県内の自転車の防犯登録台数は、9月末現在で11万台を超え、前年同期比で36%増。県警交通企画課は  
  「震災をきっかけに自転車の利点が見直されている」とみる。一方、県内で歩行者が巻き込まれた自転車事故は  
  2008年以降に36件発生。仙台市内で今年7月、歩道を歩いていた高齢者が自転車にはねられて重体になるなど、  
  深刻な事故も相次ぐ。危険走行などを取り締まるため、県警は現行で12人いる自転車安全利用指導員を300人程度に  
  増員する考えだ。  
  車道を走る自転車利用者の不安解消も、ルール徹底のかぎを握る。仙台市内で自転車と歩行者が分かれている歩道は  
  全体の1・5%、約50キロしかない。市は今後、順次拡充する方針で、「誰もが安心できる交通環境の整備を進めたい」  
  (道路計画課)としている。  
  現場からは歩行者側の問題を指摘する声もある。仙台市で自転車の交通指導にあたる伊藤勝宏さん(52)は  
  「信号を無視したり、車道を歩いたりする歩行者もいる。これを機に両者がマナーの向上を考えてほしい」と呼びかけている。  
  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111124-OYT1T00272.htm  
 
  続きを読む



Google
Yahoo!ショッピング
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター

    Amazon