2016年05月25日

自民・二階総務会長「日本経済は危機的状況」

1: 名無しさん 2016/05/24(火) 19:43:45.91 ID:/FFR8v2m0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

二階氏、増税延期を提言…日本経済は危機的状況

自民党の二階総務会長は23日、安倍首相と首相官邸で会談し、2017年4月に予定されている
消費税率10%への引き上げを2年間再延期するよう求める提言書を手渡した。

 政府・与党幹部が具体的な時期を示して、増税再延期に言及したのは初めて。

 首相は消費増税の再延期を検討しており、二階氏の提言は
「首相の判断に向けた環境整備の一環」(自民党幹部)との見方も出ている。
二階氏は提言書で、世界的な景気減退と熊本地震で日本経済に「危機的状況が訪れている」と指摘。
消費増税再延期に必要な法改正を参院選後の臨時国会で実現するよう提案した。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160523-OYT1T50124.html


引用元: 自民・二階総務会長「日本経済は危機的状況」

続きを読む

2016年04月07日

和歌山とかいう関西のお荷物

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:45:21.30 ID:iXyhHOmC0.net

ていうか存在感ゼロ県


引用元: 和歌山とかいう関西のお荷物

続きを読む

2016年03月26日

太地町の「くじらの博物館」、捕鯨反対のオーストラリア人を入館拒否→裁判で賠償命令

1: 超竜ボム(庭)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 15:01:17.50 ID:ua1S29NB0●.net BE:545512288-PLT(16445) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/pc3.gif
豪女性拒否で太地町に賠償命令 「くじらの博物館」入館
2016/3/25 14:38

 和歌山県太地町の「町立くじらの博物館」で入館を拒まれたとして、オーストラリアの
イルカ保護団体に所属するサラ・ルーカスさん(31)が町に慰謝料など約330万円を求めた
訴訟の判決で、和歌山地裁(橋本真一裁判長)は25日、11万円の支払いを命じた。

 入館拒否が不当な差別や思想信条の自由の侵害に当たるかが争点だった。
判決は入館規制の是非に関し、女性が博物館の情報に接する機会を妨げた点を違法と判断した。

 原告側は「個人の考えを理由に公共施設の利用を拒むのは思想信条の自由の侵害」と主張。

 町側は「拒否はトラブルを防ぐためで差別的な意図はない」と請求棄却を求めていた。
http://this.kiji.is/85960878850246139


引用元: 太地町の「くじらの博物館」、捕鯨反対のオーストラリア人を入館拒否→裁判で賠償命令

続きを読む

2016年02月18日

山奥ニート 月25000円で暮らし、金が無くなるとバイト「なに、山奥でもネットで手に入る」お前ら…。

1: ランサルセ(秋田県)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:13:58.25 ID:75xpaauV0.net BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
和歌山県の山間部で地元の人たちの仕事を手伝いながら、わずかな収入で自由気ままに生活している若者たちがいる。あくせく働かず、
自然に恵まれた環境で好きなことをしながら暮らす“山奥ニート”たち。かつて引きこもりだった人もおり、「楽しく暮らすのが一番」とも。
そんな彼らに地元の人たちも好意的だが、こうした「自由な生き方」は新しいライフスタイルとして定着するのだろうか。(兵頭茜)

【フォト】廃校を利用した“山奥ニート”たちの住居

 1月中旬、和歌山県田辺市五味の畑で2人の若い男性がクワをふるっていた。就労、就学していない若年無業者がニートと
呼ばれるなか、“山奥ニート”を自称する石井新(あらた)さん(27)と仲間の男性(26)。この日は近くの社会福祉法人の依頼で、入所者とともに畑を耕していた。

 和歌山市から車で約2時間半。彼らが暮らすのは山間部の限界集落だ。住居は廃校となった小学校の校舎を改装して使っている。
建物は引きこもりの人を支援するNPO法人「共生舎」の所有で、代表が死去したこともあり、石井さんらが管理人として移住してきた。

 ◆2万5千円あれば、ひと月暮らせる

 仲間の住人は現在4人。いずれも20代の若者で、主に農作業や草刈り、梅の実の収穫など住民の手伝いをして得た収入で生活。
平均年齢約70歳でわずか8人の地元住民からは、若い男手として頼りにされている。

 「最低2万5千円あれば1カ月暮らせる」そうで、生活費が不足したときは地方の観光地やリゾート地で短期間のアルバイトをし、
必要なだけ稼いで帰ってくるという。「なくなったら稼げばいい。楽しく暮らすことが一番大事」と石井さんは話す。

 今風なのは、パソコンを持ち込みインターネットを利用していること。ネット通販を使えば2日で注文品が届くといい、「山奥でも
必要なものはたいてい手に入る」。漫画など娯楽もシェアし、「しゃべらないけど気にならない。もともとみんな一人が好きなので」と笑う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000089-san-soci


引用元: 山奥ニート 月25000円で暮らし、金が無くなるとバイト「なに、山奥でもネットで手に入る」お前ら…。

続きを読む

2016年01月22日

奈良と和歌山の県境wwwwwwwwwwwwwww

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 16:21:31.55 ID:uePKUhZi0.net

適当に決めてそう


引用元: 奈良と和歌山の県境wwwwwwwwwwwwwww

続きを読む