入国管理局へ在留資格の更新、変更などの申請(ビザ申請)を行うと、状況によっては・・・・

次のような 『出頭通知書』 が届く場合があります。

出頭通知書

このような出頭通知書が届いた場合、大切なのは

『冷静に、落ち着いて、内容をしっかりと読むこと』

です。

この出頭通知書を受け取った方の中には、『不許可だ!』、『もうダメだ!』 と落ち込まれる方がいらっしゃいます。


たしかに、あまり良い状況とは言えません!!

不安にもなります!!


でも!!しかし!!・・・

本当にどうしようもない状況なら・・・
不許可の旨をストレートに一発で通知してくるとは思いませんか???


では、なぜこのような出頭通知書を送付するのでしょうか???



今回は、上記画像例の出頭通知書を一例に、ポイントを絞って考察したいと思います。

特に大切なポイントは・・・

『・・・審査結果をお知らせします・・・』

⇒ 審査結果は、あくまで直接知らせる意味。

⇒ 通常、不許可ならば、不許可の旨が記載された通知書が封書にて届くはずですが・・・今回わざわざこのような出頭通知書が届く意味は????

⇒ 入国管理局も真剣に考え、判断に迷った結果だとも思えます。

⇒ 例えば・・・

◆ 面談の結果、許可が出る場合があります。
  ⇒ 審査官が、念のため最後に直接本人に会い、許可が出る場合があります。

◆ 就労系の在留資格(人文知識・国際業務、技術など)への変更申請の場合、申請時の就職内定先では許可を出せないが、新たな就職先を探すことを前提に特定活動への変更が認められる場合があります。

◆ 面談の結果、出国準備の意味合いで、短期滞在が認められる場合があります。

等々が考えられます。

また、もう一つ大事なのは、いつまでに出頭しなければならないかという期限です。

そして更に、出頭する日時を予め入国管理局の担当審査官に連絡する(予約する)です。

先ずは冷静に対処することが大切です。



また、弊所としては、このような出頭通知書の対応サービス

例; 入国管理局への同行など

もあります。

ぜひ、お気軽にご利用ください。


実績多数!
大阪入国管理局届出の入管申請取次者が在籍!
休日・夜間の電話無料相談もOK!
TEL 075-611-9755