racing%20(2)


■レオメッシーの一撃で全てが決まった。

リーガエスパニョーラ第1節

ラシン・サンタンデール 0-3 FCバルセロナ

3min レオメッシー
33min イニエスタ
62min ビジャ


ブラヒモビッチの「事件」とも言えるミラン移籍の夜、10/11シーズンのリーガエスパニョーラが開幕しました!バルサはラシンのホーム、エル・サルディネロに乗り込んで見事0-3で快勝。開始僅か3分のレオメッシーのゴールに始まり、お見事なイニエスタッソにビジャのカベッサと主役級がしっかり活躍。全開というよりは6~7割のバルサでしたね。


この試合は、3分のレオメッシーのゴールが全てだったと思います。コンディション的にまだまだ万全とは言えないバルサは、開幕戦を難しいものにしないためにも、まずは早めの先制点が欲しかった。そこへ10番の見事なバセリーナ。トップスピードで利き足でない右足、ディフェンサとポルテロのプレッシャーを受けながらのバセリーナ。バルサの開幕を高らかに告げたレオメッシーは、今年も異次元の住人のようです。



racinggg%20(11)


加点は33分。ラシンのポルテロがこぼれ球をフィスティング、それがエリアの外で待ち構えていたイニエスタの元へ。まるでゴルファーのアプローチのように優しく、バスケットプレーヤーの3ポイントシュートのように正確に、ダイレクトインサイドキックでゴールへ。私もTVを観ながら思わず「う~まいっ」と唸るように声を上げてしまいました(笑)。

その追加点のあとにあったのが、私のビクトール・バルデスのパラドンでございます。ラシンで攻守に渡って最も曲者だったのがフランシスでしょう。笛を吹くようなプレーは無かったはずですが、マクスウェルが倒したとしてペナルティ。PKはすっかりピント様というイメージが出来上がっていますが、どっこいバルデスは左手でチテのシュートをかき出します。吼えるバルデス、次々に胸を突き合わすブラザー達(笑)。


razzzingggg%20(1)


の夏バルサにやって来たビジャは、どうやらバルサでも全く問題無い事を証明しました。ペドロが入るまでは左サイドが主戦場でしたが、スペーシング、パスを引き出すタイミング等、新加入とは思えないフィットぶりを披露。62分にはアウベスのファークロスにカベッサで合わせてバルサでのリーガ初ゴールをマークしました。

スペイン代表でも見られたプレーでしたが、ビジャはクロスボールに対する反応、ポジションの補正が非常に上手いです。特に後ろに下がってシュートに持っていく感覚には独特のものがあります。解説の安永氏ではありませんが、怪我無くシーズンを終えられれば、メッシーと合わせて50ゴール以上は取ってくれるでしょうね。


結果が出なかった時のために早くも「発展途上」だの「来年から」だの言い訳を言うモウリーニョ率いる・・・なんでしたっけ?わかんないっす。忘れました(笑)。ああレアル・・・マド・・ですか。早速引き分けてクレの朝を爽やかなものにしてくれました。開幕戦が終わった時点から見下せる位置にいるのはとても気持ちが良いです。この勝ち点2差は、最後まで縮まる事は無いでしょうね。へへーーーんだ!



ax14masche6


■ブスケッツからポジションを奪い取れ。

30日、ハビエル・マスチェラーノがカンプノウを訪れ正式契約を果たしました。背番号は14番。マルケスの4番でも良かったと思うんですけどね・・プレゼンも行なわれ、明日からチームに合流です。ブスケッツが完全にポジションを確保しているピボテ。ですが彼はきっと近い未来にポジションを確保するものと思われます。

ようこそハビエル、ようこそバルサへ!