vision1636

お急ぎですか?

遠方、近方問わず、旅先のことを書いています 節目の年齢(誕生日)を過ぎてから、車やバイク・電車で出た旅のことです

2016年06月

27 6月

第39回 旅の栞 「加太~龍神の旅②」(2日目)

2日目

夜はタオルケット1枚じゃ死ぬほど寒い状態だった(笑)
さすが山の中だ、この分だと夏も余裕で車中泊ができそうだ
窓半分開けてたし、閉め切ったら丁度良かったのかもね

朝6時に起きたら周囲は霧に包まれ、薄明りとなっていた↓
DSC_7747
山のにおいがする、いい感じだ
起きたら一目散にやらなければいけないことが
それは・・・・・自動販売機に行かないと!

朝はやっぱりコーヒーがいるよね↓
DSC_7748
缶コーヒーでバッチリキメてやるぜ
飲まないと落ち着かないんだよ

ちょっと周囲を散策だ、道路の壁面がオシャレ↓
DSC_7749
やっぱこんな名前だし龍神伝説でもあるのかな?
そんなことしてたら鈍間の大豆さんも起きてきた
準備して朝風呂と行きましょうかね

午前8時10分、道の駅「龍神」出発
用意して片付けてウダウダしてたら凄い時間が経っていた(笑)
まあやることないし別にいいんだけどね
とりあえず朝風呂は外せない

午前8時15分、天然温泉「龍神温泉湯本館」到着
昨日も来たので説明は割愛だ、まさかの2日連続で入浴↓
DSC_7750
同じところに2連発は過去初めてのことではないだろうか?
ここしかないんじゃなくて気にいったんだよ

昨日は暗くて気づかなかったが、こんなのもあったりした↓
DSC_7751
確かにお肌スベスベになるが・・・・・
美人ってお肌で決まるんかいな(笑)え?顔!?

館内から見えるこの橋を渡りたいのだが、従業員用みたいだ↓
DSC_7752
むぅ、残念だ・・・・・向こうに何があるのか気になる

この時間は早すぎたのか貸し切りだぜ!↓
DSC_7754
この豪華なヌルヌルスベスベの温泉全部ワシのもんじゃ!
豪快に使わせてもらうぜ!
ポツンと座ってよう(笑)

だ~れも来ない、でも実は2番風呂だったりする↓
DSC_7755
先におじさんいたけど入れ違いで代わったからね
この温泉のぬるさがたまらん

露天もワシのじゃ!・・・・・数珠が湯船に落ちてた↓
DSC_7756
たまたま手に当たったけど、こんなん掃除しないと見つからんもんで
落とし物だし係りの人に預けておこう

締めは内湯、個人的の奥のヒノキの所の温度が好き↓
DSC_7758
朝から最高の贅沢をさせて頂きました
入浴後、さっき入れ違いで出たおじさんが「兄ちゃん数珠なかった?」と
あ~やっぱおっちゃんのやったんやね、係りの人に渡しといたよ
おじさん曰く、とても大事なものらしい・・・・・良かったね見つかってて

昨日は暗かったから行けなかったけど、温泉前にお寺があります↓
DSC_7759
時間もたっぷりあるし、ちょっと覗いていきましょうかね

この階段を登っていきます、まあまあ急だよ↓
DSC_7761
あ・・・・・おもっきり指が入っとるがな・・・・・
ともあれ朝の運動です、どんなお寺かな?

まあ、わかってたけど小さなお寺だ↓
DSC_7762
上の漢字はみなさん読めるかな?
薬師如来だよ~茶法如来って見えない?(笑)

石碑もあったよ、日本三大美人の湯ってね↓
DSC_7763
さすがに群馬は遠いけど、島根のは行けるかな
年に1~2回は島根に行ってるけどここは行ってなかったね
今度島根に行くことがあれば行っておかないと

ちなみに温泉寺はこういう経緯が↓
DSC_7764
見にくいね(笑)まあ古い謂れがあるのよ
さあ、いい時間になってきたし朝ごはんとしましょうか

午前9時00分、天然温泉「龍神温泉湯本館」出発
再び先ほどの道の駅に戻ります
昨日からこの往復してるだけのような気がしてきた・・・・・
道の駅で朝ごはんを食べようと思ってね

午前9時05分、道の駅「龍神」到着
日が差してきたね、今日もいい天気で良かった↓
DSC_7765
よし、ちゃんと営業中だね

食事の前に物販を見ておこう、デカい木が置いてある↓
DSC_7766
だいたいこういう穴にはリスがいるって相場は決まってるんだが
あくまで自然の話で館内のこれには何も入ってない・・・・・

「つが」って読むんだ?普通逆に「とが」が一般やないの?
DSC_7767
10年くらい前に巨人のピッチャーで栂野(とがの)っていたね
いつの間にかおらんようになってたけど・・・・・
結構好きやったんやけどね、関係ないけどね

食券を買って出来上がりを待ちます、テラスからの景色↓
DSC_7768
あ、あれ渡らないとアカン奴や!
ご飯食べたら行こっと
ってめっちゃ良い景色ですやん、しかし虫が多い(笑)

テラスはこんな感じね、落ち着く雰囲気で自然を味わえる↓
DSC_7769
まあ外だから虫が多いのも納得できるってもんで
それが嫌なら中で食べなさいな

きたきたワイ将なめこ丼、猪丼と迷ったのよねぇ↓
DSC_7770
お、軽い感じがして朝ごはんにはいいですね!
ガッツリなら猪丼だったんだろうけど、猪良く食べるしこっちで正解
流し込むように食べるべし!

大豆さん茶がゆ定食、同じく軽い食事となりました↓
DSC_7771
お昼と朝とでどっちも対応できる物があるっていいですね
ユーザーの期待に応えられるメニューじゃないでしょうか?
珍しく2人とも野菜系の食事となりました
疲れた体には至高の一品だと思いますよ、疲れてないけど

で、食後の運動はさっき見た橋、道の駅の隣です↓
DSC_7772
ぐへ、吊り橋だぁ揺れろ!揺れてくれ!

あ、揺れるけどあんまりだ・・・・・景色は良い↓
DSC_7774
こっちが上流ね

さっきの道の駅方面、これは下流↓
DSC_7775
左の建物が道の駅、さっきご飯食べてたテラスが見える
揺れないほうが安全だが、スリルは味わえない
やはり大野出会い橋が今の所最強だな・・・・・

バス停もあって、時刻表↓
DSC_7776
1本逃したら死ねるレベル・・・・・
こんなもん車かバイクがなけりゃ生活できんわ
なんてこと言ってるうちにやることやったので出発しましょうか

午前9時50分、道の駅「龍神」出発
さて、今日は目的もないんですよね
来た道で帰るのは、あの山越えを考えたら苦行でしかない
なので別のルートで帰ることにします
この辺は道がやたら細いところもあるので間違えないようにしないと詰む

一応ネットで国道(酷道)のリサーチはしてみたが
425号に入らなければ何とかなりそうな感じなので行けるとは思うが
実は去年その酷道を通っていたという(笑)でも過信しない

思ったより快走路が続きます
この分だと最後まで余裕そうだ、見るところもないけど・・・・・
帰るには早すぎるし寄り路もたくさんしないとね

午前10時15分、道の駅「龍游」到着
検索で探し出すのが面倒な漢字だなぁ・・・・・↓
DSC_7777
写真右上に見えてるのは木のフクロウ

これね、梟の説明、基本なんでも持っとるがな↓
DSC_7778
神スペックすぎる(笑)全知全能ですがな!
気になるのは人気・・・・・大豆さんは飼いたがってるけど

さて、物販も見ておかないとね↓
DSC_7779
あ、もう1個建物あって物販はそっちでした

しいたけバーガーだと!?気になるなぁ・・・・・↓
DSC_7780
でもさっきご飯食べたばっかりだし・・・・・
今回は見送ることにしました、残念
椎茸が名産なのかな?また次の機会だね

午前10時25分、道の駅「龍游」出発
この道でいいはず、細くならない限り進んでいきましょう
途中何個か曲がりたくなる誘惑がありましたけど・・・・・
あ、川沿いの国道でタヌキさんが轢かれてましたね・・・・・かわいそうに

午前10時45分、道の駅「しらまの里」到着
きれいなアジサイがここも咲いてますよ~っと↓
DSC_7781
川も澄んでますね、道路挟んだ道の駅との対面です

となりが汲み取りポンプ車来て作業してたので、凄く臭いです↓
DSC_7782
むむむタイミングが悪すぎだ・・・・・
かくいう自分もここで用を足しましたが(笑)
車の窓開けっぱなしだし早く出発しようかな

午前11時05分、道の駅「しらまの里」出発
ここから道を変えて480号線で東に進みます
やることなかったし、ちょっと行ってみたい観光?スポットあったのでね
走りやすい道をスイスイと進んでいきます

道中、道の駅ありましたが帰りも通るだろうとパス
こんな面白い岩もありました、これも帰りにしっかり見よう↓
DSC_7783
しめ縄されてるあたり由緒正しき岩なんでしょう

その少し先にちょっと広い場所がありまして・・・・・誘惑が↓
DSC_7784
有田川って二級河川なの!?基準の判断がようわからん
地元の小さいゴミみたいな川だって一級河川なのに
サイズの問題やなくて生活・産業云々の理由は知ってますが・・・・・
ちなみに一級河川は「暮らしを守り産業を発展させる」
一方の二級河川は「一級以外の流域面積が小さく都道府県が管理する」
です、これ社会の勉強ね、以上河川蘊蓄でした
地元の川に産業発展の可能性なぞ微塵も感じませんが・・・・・ゴミしかないし

橋を見たら渡りたくなる、それが旅人だ(何言ってんだ)↓
DSC_7785
特に急いでるわけでもないし渡っちゃいましょう
向こうに何があるかな?

まあまあ長くて大きな橋だ↓
DSC_7786
でもしっかり鉄柱もあるし、これは揺れないだろう

予想通り揺れない、良い景色だけどね↓
DSC_7787
揺れないから残念ということはない、こちらは上流側の景色ね
安全でよろしい(笑)期待をくじかれた感は否めないが・・・・・

こっちが進んできた下流の方角↓
DSC_7789
水の色がちょっと変わってて面白い
少し深い水色と言うかなんというか、説明しにくい・・・・・・

この足場の隙間・・・・・スマホ・携帯落としたら終わりだ↓
DSC_7790
こういうときこそストラップが役立つな、やってないけど・・・・・

はい、渡っても何もなかったよ、知ってたけどね↓
DSC_7791
奥に歩いていける道があるけど、この先も何もないんでしょ
知ってるよ、今まで渡って何かあったことなんて1度もないもん

逆向けば獣道、猪なんかに会った日にゃ目も当てられない↓
DSC_7792
たぶん突撃されて谷底にドーン!で死亡事故コースだな
君子危うきに近寄らず、だ
おとなしく戻って先を目指そう

でもまあ、大きな橋ではあったよ↓
DSC_7793
作られた目的はわからないけど、渡るのに1~2分はかかります
それだけでも楽しめるんだけどね~
車に戻って進んでいきます

2個の道の駅をパスして目的地もちょっと通りこしました
少し先にもう1個道の駅があるのでそこに行きます
せっかく来たし足を伸ばしておきたいしね

午後0時00分、道の駅「しみず」到着
道の駅というより地域交流センターだ↓
DSC_7794
スポーツ施設・体育館とかあったし・・・・・
こうじゃない、こうじゃないんだ!これはパスだな
かなり残念だ、ちょっと損した気分だぞ

午後0時05分、道の駅「しみず」出発
目的地を通りこしたので戻ります
お腹もすいたしお昼ご飯かなぁ
来る途中で気になる登り旗あったし、寄ってみようかな?

午後0時10分、お食事処「赤玉」到着
登り旗で来客と言う、視覚効果が確認された瞬間(笑)↓
DSC_7795
お店とかやってたら可能性が0じゃない限りなんでもやってみるもん
てのはおいといて、名物のわさび寿司という登り旗に惹かれた

ちょっと高級そうな雰囲気できれいな外観↓
DSC_7797
バイクも何台か止まってたしライダーご用達なのかもね
こういうところは当たりに違いない

これこれ、これが食べてみたかったのだ↓
DSC_7798
う~ん、ここはセットの麺類はラーメンを選択しておこう
お店の人に聞いたら和歌山ラーメンのようだし

お、ここはキリンのノンアルコールだ、ありがたい↓
DSC_7799
好みって別れるよね、アサヒ派?サントリー派?
ワイ将はキリン派なんですよ、あくまでノンアルね
ちなみに生ビールはサントリーが好き

来たよわさび寿司定食、旨そうだ!↓
DSC_7800
見てもわからないけど3つのお寿司のうち1番左がわさび寿司ね
どれも美味しかったけど、わさび寿司がいいかな
あとは鯖と鮎だったね、この辺はベタなので普通かな

大豆さんアマゴフライ定食、アマゴをフライとか贅沢すぎる↓
DSC_7801
川魚をフライって普通もったいなくてあんまりやらないよね
てか食べたことないや、基本焼いちゃうもんね
それくらいここではたくさん獲れるのかな?
旨すぎよ~こんなん反則ですわ!色々な食べ方ありますね、

美味しかったよ、色々な日本酒もあるし、おすすめだよ↓
DSC_7803
あ、あらぎ島に行く前に写真がプリントされてた(笑)
ちなみに日本酒は獺祭とかもおいてたよ、まあ最近は結構あるみたいだけどね

午後0時35分、お食事処「赤玉」出発
さっきの御飯屋さんは思いがけない収穫でした
さていよいよ目的地です、1本道を外れれば到着します
民家道みたいなところを通るのでちょっと怪しい限りだが

午後0時40分、景勝地「あらぎ島」到着
ようやく来れたよ、島と言うか田んぼなんだけどね↓
DSC_7804
どうしても見ておきたかったのだ
これは国が潰してはいけないってしてるらしいね
そこまで言うかな維持費も国が払えって思いますが・・・・・
こういうのって補助金出るの?かやぶき屋根は出ないんだよ
おかしいと思う・・・・・ここが日本のおかしいところ

これね、国選定重要文化的景観ね、蘭島であらぎじまと↓
DSC_7805
でもまあ素晴らしい景色だ、残しておいてくれてありがたい
展望台まで作ってくれててね、そこは感謝です

もう1枚貼っておこう、見納めだ↓
DSC_7808
あ、そうそう、ここの展望台になぞなぞあるよ
写真は載せないでおくし、是非なぞなぞも解いてほしいね
なかなか頭を使いますよ(たぶん)

午後0時50分、景勝地「あらぎ島」出発
さあ、ここからは帰路になるかな
何個か通りこした道の駅も見ていきたいし
まずさっき鶏肉がなんたらって書いてた道の駅だ

午後0時55分、道の駅「あらぎの里」到着
ここね、さっきパスした道の駅↓
DSC_7809
コーヒー買って物販を見なきゃ

地元の幼稚園?保育園?の子が作ったプチあらぎ島↓
DSC_7810
小さな棚田状になっている
こういうのは嫌いじゃない、町おこしの一環として頑張って欲しい

おいし鴨という近大が開発した鴨↓
DSC_7812
お土産に買って帰ろう(笑)弟近大だしね~
あ~もしかして「おいし」って生石高原から名前とってるのかな?
ここからだとそれなりに近いしね、きっとそうだ!
てか、近大ってなんでもやりますねぇ、マグロ以外にも手広すぎる

かわいいツバメの巣があった、旅立ちまではもう少しかな↓
DSC_7813
地面は糞の爆撃で大変なことになってたけど・・・・・

午後1時05分、道の駅「あらぎの里」出発
さあ、あとは戻っていくだけだ
何個か見逃したり素通りしたスポットを寄りながら帰りましょう
毎回思うのが、来た道を戻るのは少し残念なのだ(笑)

まずはさっきの岩だな、名前を栗生の巌というらしい↓
DSC_7814
なんか今にも滑り落ちそうな巨大な岩ですね
ずるっといっちゃいそうな・・・・・

これ、しめ縄するにも登らないといけないやん?↓
DSC_7815
ロッククライマーでも雇ったんでしょうかねぇ?(笑)
綺麗な景色が見れました、さらに戻っていきましょう

午後1時35分、道の駅「明恵ふるさと館」到着
ここもスルーした道の駅、何かあるかな?↓
DSC_7816
結論から言うと何もなかった
ここで作戦会議だ、このまま戻ったしまうとめっちゃ早い時間に帰宅となる
が、何も思いつかず黙って高速目がけ進むこととなった

午後1時45分、道の駅「明恵ふるさと館」出発
結局有田から高速に乗って難なく大阪方面に向かってしまい
大豆さんは気持ちよさそうに寝てしまったので、まあこれもありかな(笑)
あと2~3時間は色々遊べたなぁ、どっかないですかね?

午後2時30分、SA「岸和田SA」到着
もうこんなところまで戻ってきてしまった・・・・・↓
DSC_7817
いつ見ても無意味な壁だ・・・・・なんで壁だけ独立させてんだ?

大豆さんアイスクリーム買ってた↓
DSC_7818
目覚めのオヤツには丁度いいかな
暑いしひんやりできて最高やん、1日1個やけどね

午後2時55分、SA「岸和田SA」出発
あ~!思ったより早すぎた!大阪なんて地元やし何もないわ!
このままやととんでもなく早い時間に帰宅してまう!
しかし何も決まらず着々と進んでいくのであった・・・・・
あ、無理やり時間潰したろ高速降りるんや!

午後3時50分、商業施設「ビバホーム寝屋川店」到着
たま~に来るんだよね、お買い物とか暇つぶしで↓
DSC_7819
ここでちょっとお買い物、仕事のとかプライベートなのとか
まあいい感じで見つかったと思うよ

午後4時40分、「ビバホーム寝屋川店」出発
あとは大豆さんを送るだけだ、すごそこが駅だけど
ちょっと時間余ってもったいなかったかな(笑)
帰って仕事でも行こうかな

午後4時50分、JR「星田駅」到着
ここで大豆さんとお別れし帰路につきました

和歌山でもう少しのんびりしておけば良かったね
あとは湯浅ぐらいしか行くところなかったけど
例えば帰り路を白浜まで出て帰ってくるとか、もっと工夫すべきだったね
まあ余った時間はのんびりするなりしたらいいけど
次にこのルートになった時は、さらにゆっくり楽しんで帰ってこよう(笑)



走行距離:518.9キロ
26 6月

第39回 旅の栞 「加太~龍神の旅①」(1日目)

目的:加太で要塞を見た後、日本三大美人の湯である龍神温泉に入る

久々に休みが取れたので、これはチャンスと出かけることに
結局80連勤ほどして無理やり休んだ状態に(笑)
でも夕方から仕事があるので2日目は早めに帰ることになりそうだ
ということで、近場でまだ行ってない所に行くことに

2016年6月26日(日曜日)
午前5時15分、ワイ将が自宅を出発
大豆さんは始発で電車に乗ったそうだ・・・・・
今回は初日は良いとしても2日目の時間は限られているからね
早めに行って色々と楽しまないと
が、前日の夜が大雨、これは大丈夫かな?

午前6時10分、阪神梅田駅前「第一生命ビル」で大豆さんと合流し出発
懐かしい、この辺で働いてたからねぇ↓
DSC_7582
あ、これは道路挟んだ向かい側のJR大阪駅ね
さて、合流もできたし早速出発としましょう

忘れ物は?→「ない」
トイレは?→「ない」
もはやこれは合言葉である、一応確認しすぐに梅田ICから高速に乗ります
大阪環状線ね、でそのまま5号湾岸線に入ります
そういえば湾岸線を自分で使うのは初めてだな

こんな景色となりました↓
DSC_7583
鉄橋だぜ、赤だから目立つ目立つ
日曜の早朝と言うこともあり気持ち良く進んでいきます
いつも和歌山方面に行くのは近畿道からだし、ちょっと新鮮

午前6時35分、PA「泉佐野PA」到着
珍しくビルがPAになってる仕様↓
DSC_7586
光がまぶしいぜ
ありがたいことに快晴、これは珍しい(笑)

と、ここではワイ将がトイレに行きたいと寄っただけ
まだ時間も早いから施設は開いてないしね
さあ、足を進めますか

午前6時45分、PA「泉佐野PA」出発
しばらく進むと阪和道と合流します
早くも大阪の南の先まで来てしまいました
あとは高速を降りて下道で移動ですね

降りた後は26号線でさらに南下
大阪最南端の岬町を移動します
大阪では珍しい市ではなく町なんですね、岬公園とかが有名かな

午前7時30分、道の駅「とっとパーク小島」到着
全国でも珍しい釣り用桟橋が併設されている道の駅↓
DSC_7597
道の駅といえば休憩所のように聞こえるが
本来のここの用途は完全に釣り客ように限定されているだろう
こんな朝早いのに、もう満車だった・・・・・奥の仮設?まで移動を強制された

中はこんな感じだ、繁期はここに餌が並ぶのだろう↓
DSC_7587
この日のこの時間は空っぽだったけどね

さらに奥に進むと海に向かう橋となります↓
DSC_7588
奥までもちろん行きますよ~

この右の階段からが優良ね、すでに釣りは始まっている↓
DSC_7589
結構な人の量だ、そりゃ駐車場も満車になるわね

おぉ!?お母さんさっそくゲットしてますね↓
BlogPaint
手前の兄ちゃんのガン見が凄い(笑)
素晴らしい、おめでとう!子供も大喜びだ

こっちのニット帽の兄ちゃんもゲット↓
DSC_7592
暑いのにニット帽は蒸れませんかね?
(事情があるならごめんなさい)

よく見るとクラゲが大量に浮いています↓
DSC_7593
見づらいですが、白い丸いのがクラゲね
みなさん釣りを楽しんでましたね、いい風景でした

さて車に戻りますが、屋内には釣った魚のサイズが残されます↓
DSC_7596
写真とか拓でね、それなりの魚じゃないとやってくないんでしょうが・・・・・
しかしあんな大きな鯛がつれたりするものなんですね
釣りと海の風景を後に最初の目的地に向かいます

午前7時50分、道の駅「とっとパーク小島」出発
ここを出たらすぐに和歌山県に入ります
早いですね~、まだ8時にもなってないのに

で、ここから一旦26号線を離れ脇道へ
国民休暇村の方へ山を登っていきます
その先に最初の目的地があります

午前8時00分、「由良要塞」到着
要塞って聞いたら頑丈な城とか防衛施設を思いますよね?
とりあえず少し歩かないと行けません、こういう道を↓
DSC_7599
森林浴を楽しみながら5分ほど歩きます

すると現れたのは・・・・・防空壕?↓
DSC_7603
この辺でテンション爆上げです、これは感動もんですよ

下に降りる階段まである、秘密基地みたいだ↓
DSC_7604
某RPGの洞窟と言うかお城と言うか・・・・・
そんな言葉がぴったりの景色となっています

そう、この場所、何を隠そう戦時の砲台地なんですよね↓
DSC_7605
紀伊水道から大阪湾に侵入する軍艦を迎撃するためのもの
と安易に想像できる立地ですな、所謂戦略拠点だ

ちょっと広いテラスの感じ、まさにラピュ〇の世界感だ↓
DSC_7606
原作ならここでムスカ大佐が無双してそう

さっきもあったけど、広い範囲でこういう形で繋がっている↓
DSC_7607
降りてみるのは楽しいんだが・・・・・
虫がまあ多い、今回は見かけなかったが確実にカマドウマがいそう

ここね、由良要塞の歴史、ちょっと見にくいか↓
DSC_7608
ちゃんと知りたい方はググってくださいな

ここで下に降りて要塞内部を見るか
上に上がって展望エリアに行くかの選択肢があったわけだが
まあ真っ直ぐ行って展望かな思った矢先
動物がいました、なんと野ウサギです
野生のウサギを見たのは初めてだなんかうれしいね
写真は撮れなかったけど最初はキツネかと思ったよ・・・・・

展望エリアに上ると眼前は絶景の島々が見えます↓
DSC_7611
これはパノラマで撮影、わかりにくいか?

そのまんまの通りだが説明書きが↓
DSC_7612
最近有名な友ヶ島もこれを作る大事な役目
いつか友ヶ島も行けたらいいね

こうやって見たら綺麗さがわかるはず↓
DSC_7613
晴れてるし海も真っ青に見える
1番奥に細長くそびえるのが淡路島だ

こっち側は神戸~大阪方面ね、ほとんど木しか見えない↓
DSC_7614
ここに歩いてくるのに(動物に)踏み荒らされた草を見たよ
イノシシでもいるんじゃないかな?
観光の際は十分気を付けてくださいね

もう1回別の場所から全体像を↓
DSC_7615
まあこんな感じで見えるんですよ
海に囲まれた絶景スポットです

展望エリアから戻って今度は要塞の中を徘徊↓
DSC_7618
いや~どう見ても防空壕でしょ・・・・・
なかなか負のオーラを感じますよ

今度は中に入って外向けて撮影、心霊写真やん↓
DSC_7623
こういうところって見える人は見えるんですかね
オカルト的なのは一切信用してませんが・・・・・

あ、これ魔界につながってるやつだ(笑)ぼんやり霧みたい↓
DSC_7625
流石にかび臭いというか湿気てるなぁ・・・・・
陰気になりそうだ

中に入ると真っ暗よ、これはフラッシュで撮影↓
DSC_7628
強制収容所か何かですか?
集団でいたら何もないんだろうけど1人だとチビリそうだ
真ん中の丸いのは冥界への穴なのでお気を付けを
単にあんな風に映っただけで穴は開いてないですよ(笑)

車に戻る途中見つけた毒キノコ(たぶん)↓
DSC_7630
適度に死にたい人は食べてみてくださいね
アカンよ、食べたら!

午前8時30分、「由良要塞」出発
この場所から麓に進むと加太の港になっています
朝ごはんも食べたいしどこか駐車場に止めて散策したいですね
加太と言えばしらすが有名かな

午前8時45分、「加太港」到着
最初はペンションふじやさんで朝ごはんだ↓
DSC_7631
メニュー撮ったくせに外観撮ってないや・・・・・
鯛のユッケ丼も捨てがたいなぁ

いやいや、シラス食べに来たんだろ!迷うな!↓
DSC_7632
あ、シラス安いわ(笑)

てことでしらす丼到着、うほ!旨そうだ↓
DSC_7633
これしきの量、朝飯前だぜ!(リアル朝飯前)

いただきま~!このシラスの量、まだ足りんわ!↓
DSC_7634
まあ3分で完食するわけで
いや~美味美味、釜揚げなのね
生シラスでも良かったと思うよ、色々試したいいね

大豆さん刺身定食、朝から贅沢だ↓
DSC_7635
加太で獲れた魚で刺身かな
これもいいですね、サザエの刺身な当たりいい感じ
つぼ焼きで出ることが多いし、たまには生で食べるのもありだ

さて場所を移して今度は加太港にある淡嶋神社に↓
DSC_7636
加太の港の真ん前、共同の駐車場の徒歩5秒のところにある(笑)

中は実は・・・・・人形だらけなのだ~!↓
DSC_7637
開いてるか知らんけど、こんなん夜に来たらヒェ~ってなるわ
こいつらだけじゃないんだぜ~後のお楽しみってことで

まずはカエルの口からマァ~でお清めを↓
DSC_7638
つば吐いてるみたい(笑)下品なことで

綺麗で整った神社ですよ↓
DSC_7640
朱塗りと黒の柱の造りは見事の一言

これね、人形軍①↓
DSC_7641
これだけでもゾワゾワ度60くらい行きそうだ
ゾワゾワ度?雰囲気で感じ取ってくれたまえ

神社内部はひな人形の人形軍②↓
DSC_7642
ほらゾワゾワ度70くらいまで来ただろ?

再び外に、さっきとは逆側の人形軍➂↓
DSC_7643
もうゾワゾワ度80だ(もういい)

順番がごっちゃになるが、もう1回中に↓
DSC_7644
これは立派なひな人形だが・・・・・
なんと江戸とか明治とかの、その時代のひな人形
これは価値ある遺物じゃないですかね

時代時代でちょっぴり作りが違うのが面白い↓
DSC_7645
こんなん見る機会滅多にないので逆にテンション上がります
だって200年前のものですぜ?じいちゃんのじいちゃんのじいちゃんくらい
あ、ばあちゃんのが正解か?

人形だけじゃなく置物も(下段)↓
DSC_7646
もうおわかりだろうが、ここは人形供養の神社となっております
人形に興味はないけど、無料の面白スポットだよ
加太に来たら寄ってみるといいよ

人形だけじゃないぜ、ヌコだっていっぱい!↓
DSC_7648
これは何か癒される(笑)
まあ、あまり数が多すぎるのもアレだが・・・・・

これが本物ならニャアニャアうるせぇ!!!ってなるね↓
DSC_7649
いや~流石にこれは置きすぎでしょ(笑)
てか、よくもまあここまで招き猫持ってきたもんだ
みなさん意外とここのこと知ってるとか?

捨てられた招き猫で招き猫みくじに挑戦だ↓
DSC_7650
むむむ、どれもかわいいじゃないか!
二人で600円入れて~っと、幸せ招いてね

きた~!さっきの写真で言う左上と右上のやつだ↓
DSC_7651
両方とも目が合いたネコ目の奴だね

大豆さん左の小吉、ワイ将右の末吉・・・・・↓
DSC_7652
う~ん、ぼちぼちでんなぁ
まあ凶じゃないだけいいんだけどね
この猫は今度両面テープ用意して車に飾っておこう

神社の入り口は5つくらい店が並んでるんだが↓
DSC_7653
まんこう商店と読みます
ん?深い意味はないよ?(笑)色々売ってますね

午前9時45分、「加太港」出発
加太で温泉入るなら夕日を見ながらなんだよな~
ってまだ朝日が昇ったばかりの時間だ・・・・・
これからどうしましょうか?とりあえず内陸に向けて移動しようかな

道中見えた和歌山城、徳川御三家の1つだ↓
DSC_7655
おい、そこの歩行者!歩きスマホやめときなさいって!
この前も東京で電車にはねられた女子高生いたでしょ・・・・・
危ないよホントに

バイか―の集団に挟まれながら和歌山を少し内陸側に進みます
次の目的地はいつも阪和道から見えて気になっていたところ
どうしても行ってみたかったのだ

午前10時25分、天然温泉「花山温泉」到着
自称関西最高の温泉らしい(笑)金泉で名を馳せる↓
DSC_7656
そこまで言える自信って凄いよね
早くも1つめの温泉だが、暑いし汗かかいたし丁度いい
1人1000円と少し高めだが、この時間で満車に近い状態だった

中は満車に近いように人が多かったので写真はないが
素晴らしい金泉だったよ、ちゃんと露天風呂もあった
身体が金物臭いぜ(笑)全身ポカポカするね
これは夏より冬の方が向いてると思う

入浴後は和歌山と言えばミカンジュース
DSC_7657
味が濃くて美味しかったぜ
さて温泉も入ったし次はどこに行こうかな~

午前11時40分、天然温泉「花山温泉」出発
今から龍神方面に向かってもいいんだけど確実に時間が余る
そこでふと思いついたのが・・・・・アレだ
しかしアレの付近には駐車場がない、どうしたものか

アレはあとでわかるとして、とりあえず駐車場の確保が必要だ
電車に乗り換えていけばいいが、あまり遠くても時間の都合がね
てことである程度車で進み駅近くで駐車場発見
そこで車止めて、少し買い物もして歩いて駅に移動だ

午後0時20分、和歌山電鉄「甘露寺前駅」到着
これ出発する瞬間の写真、乗れなかった(笑)↓
DSC_7658
次の電車は30分後・・・・・買い物してたせいだ
ちょっともったいなかったな、どうしよう

やることないし散策だ、駅ね↓
DSC_7659
右側の「きし駅」に行きたいのだ

どう見ても本数があるとは思えない単線路線だ↓
DSC_7661
長閑な景色が続くことは間違いない
30分待つか強引に向かうか迷ったけど
まあ時間もあるしのんびりと待つことに

ベンチでゴロゴロしたり無駄話してるとあっという間に電車が来た
なんともかわいい猫の電車だ↓
DSC_7662
おぉ!これは猫好きの人にはたまらないのではないのでしょうか?
子供もきっと喜ぶ工夫に、感動できますね

く!こんな愛くるしい外装にするのは卑怯だ↓
DSC_7663
萌えとはこのことだったのか・・・・・(笑)

どうもこれはたまでんしゃと言うらしい↓
DSC_7665
てことは他のは種類かあるんですかね?
最初の電車はイチゴ電車だったし・・・・・2種類かな?

中は背もたれまで徹底された造りに↓
DSC_7666
なるほど、こういうハード面でもお客さんを飽きさせない工夫がされてるんだ
これは色々と勉強にもなるぞ
壁紙もかわいいのがポイント

1駅なのですぐに到着、たまでんしゃとは暫しおさらば↓
BlogPaint
どこの子か知らないが、子供もうれしそうだ

まあ小さな駅ではあるんだが人だかりがありまして
もうおわかりだろうがねこ駅長ことニタマさんがいらっしゃいました↓
DSC_7669
アレとはこやつのことで、この子を見に来たのだ
我関せずと寝てますね、まあヌコは1日16時間寝るとも言いますし

きれいな三毛猫でございます↓
DSC_7672
ちょっとモフらせて欲しいよね(笑)
どう見てもフカフカじゃないですか

角度的にここが限界、駅長の御尊顔↓
DSC_7673
時間的に寝てる時間ですね、まあそんなもんだ
ちょっと駅の中と外も散策しましょう

写真が飾ってて、これは先代のタマ駅長ですね↓
DSC_7674
赤字路線を1匹の猫が黒字に変えたという伝説の・・・・・
こんな目で見てきたら卑怯だ

お土産屋さんにて、ちょっと欲しいかも(笑)↓
DSC_7675
家でパジャマ代わりに・・・・・

駅の外観が猫になってました、徹底してますね↓
DSC_7676
あ、やっぱり駅周辺に駐車場はなかったですね
そりゃ電車乗って来てくれないと営業もね(笑)
なかなか上手いやり方だと思いますよ
みなさんも来るときは電車で来ましょう

口に入っていくように見える辺り、食べられてる気がしないでもない↓
DSC_7677
しかしまあ、人の多いこと多いこと
猫ちゃん1匹のためにここまで集まるなんて
まあ自分たちも同じなんですけどね(笑)

ここが写真スポットのようで、隣はベンチね↓
DSC_7680
ベンチに座ってカップルや夫婦で撮ってる人が多かったね
駅員さんがちゃんと撮ってくれるので助かりますね

はい~?おもちゃ電車とか何ですのん?↓
DSC_7681
本数少なすぎ~!
こんなんたま電車に乗れたのは奇跡に近い
逆に乗り過ごしといて良かったと思う
あと1番下のうめ星電車ってなんですの?

これ、撮影するときに自由に使っていい車掌コスプレ↓
DSC_7682
おそらく電車好きであろうおじさんや兄やんが喜んで着てたよ

ちょっと
駅周辺を散策・・・・・なんもない(笑)↓
DSC_7683
緑の屋根はちと珍しい
なんもないし駅に戻ろうかな・・・・・

戻ったら(知らない)兄ちゃんがさっきの車掌服来てバリバリにキメてた↓
BlogPaint
何やら楽しそうだいいね知らない人でも喜んでる姿は
なかなか似あってるぜ兄ちゃん

おそらく先代と思われるニャンコの写真の時刻表↓
DSC_7685
どれもいい顔でかわいい
個人的には一番左上から1つ右か1つ下のが好き
手を伸ばしてる写真ね

あとなぜか神社?があった↓
DSC_7686
お墓になってるのかな
さて少し待って帰りましょうかね

次に来たのがうめ星電車と言う深紅の電車↓
DSC_7688
これで3種類全部見たことになるかな

中はモダンな感じに色々な特産品が展示されてました↓
DSC_7690
急ブレーキかけたら崩れるんでない?

内装はもちろん梅(笑)つり革の1つに注目↓
DSC_7692
梅模様なのか星模様なのか、はたまた掛けてるのか
珍しいつり革だが持ちにくそうだ

そんな感じで1駅なので甘露寺前に到着↓
DSC_7693
さようなら和歌山電鉄
駐車場に戻って移動開始としましょうかね

午後1時40分、和歌山電鉄「甘露寺前駅」出発
もうちょっと内陸に進みます
24号線まで戻って東に向かいます
お腹もすいてきたしお昼も食べないとね

午後2時25分、道の駅「紀の川万葉の里」到着
1度来てみたかったところ、なんとなくだけど↓
DSC_7694
道の駅ってだいたい田舎でそんなに栄えてない場所にあるイメージだけど
ここは都会とまでは言わないが、交通量も多くそんなに田舎っぽくない場所

おぉ!これ探しててん、巨大にんにく(通称メガにんにく)↓
DSC_7695
味云々じゃなくて見た目で勝負できる1品だぜ
これ買うときレジ並んでたおばちゃんが
「そんな大きいの味悪いで」って忠告してくれたんやけど
それ解かってて買うんやで、使い道はなんぼでもあるねん

買い物は終わり、お昼ご飯食べましょう、ここの2階で
ワイ将柿の葉寿司セット
DSC_7696
どっちが主役かわからんで(笑)
まあ予想してた味、可もなく不可もなく・・・・・

大豆さんカレーうどん(ごはん付)↓
DSC_7697
あ、こっちの方が美味しい!
汁ばっか飲んで怒られるねん
カレーが余ったらご飯投入してもいいね!

これね、柿の葉寿司の中身↓
DSC_7698
程よい量でいいんじゃないかな?
満腹でもないし足りないわけでもない、まさに八分目

食後は土手に上がって散歩でも↓
DSC_7699
今からあの山々の中に突撃していくんやで~

ピクニックしてる親子もちらほら、世のお父さんは大変だ↓
DSC_7700
こういう風景は好き、幸せ家族にのほほんとできる

全体で見たら少し大きな道の駅だね↓
DSC_7701
交通量もそこそこの道だし施設も大きいから車中泊には不向きかな?
さて、そろそろ龍神目がけていきましょうか
運転の本番はここからだ

午後3時00分、道の駅「紀の川万葉の里」出発
で、山道に入っていくわけだが、これが面倒なことこの上ない
道はクネクネするわアップダウン激しいわで
信号も一切なくずっとアクセルとブレーキを踏まないといけなく
高速で走ってる方がよっぽど楽な道でした

関西では有名なバイク道?ツーリングの聖地みたいなん
龍神スカイラインって言えばわかるかな
ホンマ車よりバイクの方が多いのよ

目の前走ってたバイクの男性が面白いことやってて
バイクとすれ違うたびにピースサイン出してた(たまにやってる人いるね)
たぶん3%も返答率なかったと思う
(一応暗黙のルールでピースを返すのがあるのよ、任意やで)
そういうのをずっと後ろから見てて、そういう意味では楽しめたけど
やっぱバイク用の道ですわ、車じゃしんどい

午後4時25分、道の駅「護摩山スカイタワー」到着
ちょっと疲れたよ、ここで休憩しないとしんどい↓
DSC_7703
めっちゃいい景色やん!
なんたって標高1300mくらいあるからね(笑)
この新緑の山々、これ越えてきたと思うと・・・・・

せっかくだしスカイタワーに上るで、1人300円の展望台↓
DSC_7704
噂では天気が良くて空気が澄んでたら四国まで見えるみたい
あ、この写真の真ん中の男性がピースしてた人だ
思ったより若かった・・・・・20代やで絶対(関係ない)

スカイタワーから四国方面を↓
DSC_7705
所詮噂は噂やで・・・・・四国なんて見えへん(笑)
でも良い景色で良かったよ

眼前には駐車場が、素晴らしい景色だ↓
DSC_7706
いや~良い景色だ、思わず待ち受け画面にしてしまいそうだ
毎度同じだが、高いところから見下ろすたびに思ってしまう
人がゴミのようだ!
このセリフお気に入りなんですよね~

望遠鏡で遠くを見る大豆さん
BlogPaint
2分で目的のものは探し出せるかな?

写真左の高い山が護摩山ね、一応ここのことを指す↓
DSC_7708
展望台より少し高い、なので1300+αだね

ちなみに展望台で1306mらしいよ↓
DSC_7709
どうやって測るの?(笑)

展望台から下りて目についた大きな木↓
DSC_7710
立派な杉の木だ
だいたいこの手の大きいのはご神木扱いになるのだが

ご神木ではないがちゃんと名前は付けられてたね↓
DSC_7711
長く大事にしてほしいですね
必ず一定多数のバカが余計なことをしたりするので・・・・・

あと、こんなの貼ってた・・・・・事故多いね↓
DSC_7712
龍神スカイラインが×で埋まっとるがな・・・・・
みなさんも節度ある運転を心がけよう
飛ばしすぎ注意、怪我したら何もいいことないぞ

それはさておき、ここはタワシの産地なんですか?↓
DSC_7713
包〇卒業用アイテムとして使うといいんでない?(笑)
刺激が強すぎないために

これは・・・・・需要あるのかな・・・・・?↓
DSC_7714
ちなみにお値段5200円だった気がする(笑)
たけぇぇぇぇぇ!!!!!
これでトイレとか洗面洗ってるの想像したらどこの成金や!ってなるわ

あと、龍神村なだけに龍の飾りが↓
DSC_7715
どこ出身?
え?俺?龍神やで
とか言ってみたい(笑)中二病マッハな名前に興奮できる
なお、強烈な山奥のため生活するのはしんどいやろうけど

午後4時50分、道の駅「護摩山スカイタワー」出発
もう少し山の中を進みましょうかね
出てすぐ見つけた滝、恋小袖の瀧というらしい↓
DSC_7717
なんとなくええもん見れた気がする
こういう通った場所にいきなり現れたらうれしくなる

そんなに大きな滝じゃないけど、停まって見る価値はあるね↓
DSC_7720
雨の後でこの量なので、降らないときはほとんど水量なさそう
真冬とか凍ってるんじゃないのかな?

だいたい龍神まで20キロって出てますね
もう少しだ30分前後で到着予定だ
さすがにこれだけ山道が続くと、ちょっと疲れてきたぞ・・・・・
で、疲労を感じだしたくらいでようやくたどり着きました

午後5時20分、道の駅「龍神」到着
あ~残念、5時までだから閉まるところだ↓
DSC_7721
まあ、場所さえわかれば今日の寝床はここと決定
あとは近隣の散策と温泉だね
あ、温泉日帰り入浴開いてるか調べてないや・・・・・

隣にピザとかがメインのお店があって
そこが観光案内所も兼ねてやってるみたいなので聞いてみると
開いてる様子、食事もこの店が7時ラストオーダーでやってるみたい
見つからなければここで夜ご飯かな
だいたいの算段が決まったところでまずは温泉街に向けて移動だ

午後5時30分、道の駅「龍神」出発
で、出て200~300mくらい進んだら飯屋ありまして
やってるのかやってないのかわからないけど止まってみました

午後5時30分、大衆食堂「松坂食堂」到着
いい雰囲気の所ではあるが・・・・・↓
DSC_7722
誰もおらんがな・・・・・
何回か呼んだけど出てきませんね

すると隣の家(併設)にいることがわかりました
何か電話してたぞ(笑)で、まあ食べることに
これが夜ご飯だけど大豆さんはお腹減ってないみたい
とりあえずここのおばちゃんが結構やる気なさげ

ワイ将焼き鮎定食を頼みました↓
DSC_7723
注文して25分くらいかかるとのこと
まあこれは鮎をちゃんと焼くのにかかる時間なので納得

気になったのがご飯1人前しかないこと(笑)
あとずっと電話してたこと、雑すぎる
別にええねんけどね、色々と残念かなと

鮎は美味しかったですよ、ちょっと小ぶりかな↓
DSC_7724
とりあえず山の幸は満喫
店出たら速攻でシャッター閉められた
もう仕事辞めたら?(笑)一見さんお断りだったんかな?

この看板は詐欺(ちょっと寄って~のところ)だと思う↓
DSC_7725
ちょっと寄ったらこんなんでした、粗くておもろかったけど
ちなみに大豆さんアイスコーヒーだけ注文しました
ホントかどうかは知らないけど看板には龍神最後の食堂って書いてるね
まあ良しとしておこう

午後6時15分、大衆食堂「松坂」出発
気を取り直して残すは温泉だね
5分もかからず到着できるところに龍神温泉があるみたいです

午後6時20分、天然温泉「龍神温泉湯本館」到着
ここが今日のもう1つの目的地↓
DSC_7730
ついに来ちゃいましたねぇ

建物の横はこんな川が流れています↓
DSC_7726
大自然、まさに大自然です

ご丁寧に日本三大美人の湯と木柱まで立てております↓
DSC_7728
ふ、それほど自信があるなら試して進ぜよう
これでスベスベじゃなかったら誇大広告だ

あ、これ1番撮りたかった写真、何となくやで↓
DSC_7729
ちょっとエロイでしょ、江戸時代の春画的な(笑)
現代人はそんなんじゃ興奮しないだろうが・・・・・

チェーンソーアートだと!?聞いたことないわ(笑)↓
DSC_7731
まず龍神温泉と関係無いやろ!
しかも世界チャンピオン・・・・・大会とかあるんや
どんなことでも極めることは凄いことですけどね
それよりちゃっかり後ろに指名手配犯の写真が・・・・・

さ~て、では行ってきますか、1時間ガッツリ入るよ↓
DSC_7732
なんてこった・・・・・これほどとは・・・・・
結果から言うと、スゲ~スベスベしてる!これはヤバい!
個人的に今まで行った温泉でベスト3には入ると思う
誇大広告なんて調子のったこと言ってすみませんでした
ジャンピング土下座します・・・・・

しかも程よい温かさで長く入れるという
最高ですがなこの温泉
明日の朝も来ないと(使命感)
さて、車に戻るけど、その前にちょっと涼みを兼ねて散策しますか

静かな温泉旅館街、こういう雰囲気は落ち着く↓
DSC_7733
日曜の夕方だし人が少ないのかな?
まあ来にくいところではあるのだが・・・・・

さっき通り過ぎた橋があったところまで歩いてきました↓
DSC_7734
ちょっと渡らせてもらいましょうかね

おう、絶対に揺れること間違いないわ↓
DSC_7735
とりあえず真ん中でしょ(笑)
人数制限もありますね、ルールは守りましょう

何が怖いって写真を撮るときにスマホを落としてしまうこと↓
DSC_7736
DSC_7737
床が隙間だらけなので間違いなく下の川にドボン

ほらね、一切の網もない突き抜ける状態↓
DSC_7738
紐で結んでおくとか予防策しといた方がいいかもね

自分たちしかいないので橋の上で景色を眺めてます↓
DSC_7739
前日までの雨天もあってか流れが早い
今日が快晴で本当に良かった

で、車に引き返そうとしたら突如動物が・・・・・
最初は猫?イタチ?って思ったが何かが違う
なんとウサギでした野ウサギとか初めて見たよ
車に轢かれないようにね

そうそう、この辺来て思ったけど、やけにアジサイが多い↓
DSC_7740
色々な色で綺麗に咲いてる
知らんかったんやけど、大豆さん曰く
アジサイの色は土の成分とかで変わるから
植えた場所が違うだけで色々な色で咲く
、とのこと
ほえ~前世はアジサイやったんかな?ワイ将はカナブンやで(笑)

流石温泉街!コンビニなくて困ってたんやけど
お酒の自販機見っけた~!大豆さん買って買って!↓
DSC_7741
色んなメーカーのビールがあるね!
いつもアサヒかサントリーやし、今日は違うの飲もうかな

もう暗くなってきましたね、道の駅に戻りますか↓
DSC_7742
明日も来るぜ龍神温泉!(朝7時から開いてる)

午後7時40分、天然温泉「龍神温泉湯本館」出発
違う道(ちょっとだけ)で帰ろうとしたら・・・・・
さっきの野ウサギが目の前を走っていて
抜くに抜けねぇ!轢いてまうわ!てことで
ウサタンがいなくなるまで徐行して無事に草むらに入っていきました
たぶん200mくらい一緒に進んでた気がする

午後7時45分、道の駅「龍神」到着
今日は珍しくエビスビールだぜ↓
DSC_7745
風呂上がりの1杯はたまりませんなぁ
これでもう運転はできないぜ!

あとは寝るだけなんだけど、ちょっと早いね
少しグダグダして、さあ寝るぞという時にトイレのために外に出たら
満天の星空でした(流石にこれは撮れない)
最高の景色を見て1日目を締めることができました
明日も楽しもう、おやすみ~

1日目終了
ギャラリー
  • 第51回 旅の栞 「真・淡路島1周の旅」
  • 第51回 旅の栞 「真・淡路島1周の旅」
  • 第51回 旅の栞 「真・淡路島1周の旅」
  • 第51回 旅の栞 「真・淡路島1周の旅」
  • 第51回 旅の栞 「真・淡路島1周の旅」
  • 第51回 旅の栞 「真・淡路島1周の旅」
  • 第51回 旅の栞 「真・淡路島1周の旅」
  • 第51回 旅の栞 「真・淡路島1周の旅」
  • 第51回 旅の栞 「真・淡路島1周の旅」