2009年09月20日

コントラバスの夕べ

だいたい支度が整った蔵の中。


夕方6時過ぎ、
コントラバスを演奏してくださるタケシさん到着。



彼は大学時代からコントラバスを始め、演奏歴10年余り。


現在、オリジナル焙煎コーヒーの販売をしながら、各地で演奏活動をしている方。



彼と打合せをしていると

間もなく最初のお客様がお見えになり、久々にお会いする方々次々とご到着。



お会いしたそれだけでまず嬉しい(^ー^)



まるで同級会ののり(笑)。



共有した思い出の時間があるというのは、こういうことなんだなぁ・・と、沁々感じました。



開始予定の時刻6時30分。



たなか、ご挨拶。



懐かしい顔ばかり。
にこにこ並んで・・・・・



最初は和やかにお食事タイム。



相席になったお客様同士をご紹介申し上げて・・・
テーブルごとそれぞれ楽しく会話がはずんでいらっしゃいました。


私は切り立てのフランスパンを大きな手提げかごに入れ、テーブル回ってパンのサーブ。


「美味しいパンはいかがですか?」
まるでマッチ売りのオバサン(笑)?



「シャンパン、ワイン、ビールお好きなものどーぞ!」



「たなかさん、一緒に呑まないんですかぁ?」



「本当は・・もちろん呑みたいんですが、働かなくなっちゃうんで・・・」



「じゃあ、今度うちに泊まりがけで・・・」


「はい!是非!!」



そうこうして、そろそろデザートタイム。



バラの形のチーズケーキとタケシさんがいれてくれたコーヒー。



彼が焙煎したコーヒー豆をその場でミルでひき、プレスしてくれました。



蔵の中がコーヒーの薫りでいっぱいになり・・・



いよいよ演奏の時間。


照明暗めに押さえ・・・



静かな空間にコントラバスの音色が響きわたる・・・



音は床を、壁を、天井を伝わり・・・やがて満ちる柔らかな空間。


彼の全身を伝わり放たれる音色は、


優しく、時にエネルギッシュに、心すっかり充たしてくれました。


感動のあまり、目頭押さえる人も・・・



素敵ですね、音楽は・・・
そして、みんなで一緒に過ごすって・・・



「今まであまり音楽には興味がなく、こんなふうに生で演奏を聴いたの初めてだったんですけど、すんごく感動しました・・・」


そんなふうにおっしゃる方もいらっしゃいました。



「また、何かあったら声かけてください!」


皆さんにそうおっしゃっていただいて・・・



虫の声しんしんと、秋の夜長。心じんわり温かく・・・



夜8時半過ぎ、おひらきとなりました。



みんなに会いたくて・・・・・


また、企画しますね。


どうか末長く宜しくお願いしますm(__)m。



たなか6ac8f1e7.jpg
517e9718.jpg
7f5d7725.jpg



vision365 at 13:53│TrackBack(0)

トラックバックURL