高卒サラリーマンが株でブルーカラー脱出を目指す

オタク系高卒サラリーマンが株取引で早期リタイアを目指すブログ。 現物取引で割安成長株に長期集中投資しつつ、信用取引で中期投資を行い、労働者階級からの脱出を目指します。

ウォーレン・バフェット

【2014年5月】月次投資成績+週次成績


<スポンサード リンク>
週次成績と月次成績を公開する日が被ったので、両方一気に発表しておきます。

【週次成績】

2014年5月31日時点での保有株の含み損益は以下の通りです。
20140531_2

株式    3,708,000円
現金    1,567,417円
建玉損益 +628,762
合計    5,904,179円

パフォーマンスは

先週比+6.33%(+351,530円)
先月比+18.46%(+920,163円)
前年比+78.86%(+2,603,226円)
元本比+88.50%(+2,772,058円)


委託保証金率【(有価証券+現金)/建玉合計】は180.91%

となっています。

なお、今週半ばに100,000円を投資用資金として追加しましたので、現金が増え、委託保証金率が若干上昇しました。

今週はアサンテもエレコムも堅調に推移した為、ポートフォリオは大幅続伸となりました。
日本市場も全体的に見て堅調に推移しており、日経平均は最近の13800~14500円という、狭いレンジを上に突破してきています。

・・・結局、今年はSell in Mayは起こらなかったですね。

さて、こうなると、今までの「割安株を安い時に買う」というジョン・ネフのスタイルから、「素晴らしい株をそこそこの値段で買う」というウォーレン・バフェットのスタイルに転換する必要があるのかもしれません。

現金も買い建て余力もだいぶ多くなってきたことですし、そろそろ本腰を入れて分析を行っていかないとですね。

元々、キャッシュポジション(現金)を多く確保するのはあんまり好きじゃない(フルインベストメントこそが至高だと思っている)ので、現物の方は買う銘柄を休みのうちに選定して、来週には購入したいと思います。
(なお、現金約150万円のうち50万円ほどはIPO応募用として持っていくつもりです。理由はエントリーしてIPOポイントを貯めたい為←)

信用に関しては、今までの「割安株を安い時に買う」というスタイルを踏襲しつつ「素晴らしい株をそこそこの値段で買う」という事も意識して取引を行っていきたいですね。
こちらはリスクが大きいので、現物よりは慎重に行きたいところです。

ただ、今までよりはタイミングに関する制約を緩くして、企業の質を重視する方向でいきます。
(場面に応じて、投資スタンスを)切り替えていく

さて、来週はどうなるやら・・・

現時点で日経平均先物が14710円を付けているので、来週は上昇してスタートかもしれませんね。
タイミングに関する制約を緩くするとは言ったものの、こうも上げていると、どこで入ればいいか悩ましい所です(
せめて、騰落レシオがもう少し落ち着いてくれればなぁ・・・。
・・・相場の盛り上がりに対して、相対的に出遅れている銘柄を狙っていくしかないかな。

さて、続いては月次投資成績について。

【月次投資成績】

2014年5月の投資成績は上記の通り先月比+18.46%(+920,163円)。
2014年全体の投資成績は+78.86%(+2,603,226円)となりました。
2014_05

上記は2014年5月の資産残高の推移です。

今月は保有株が急騰する場面が多かったですね。
12日~15日がアサンテの急騰による上昇。
21日~23日がエレコムの急騰による上昇。
27日~28日はアサンテ・エレコムの両方が堅調であった為に上昇。

この3つの場面があった故に、今月は大幅上昇となりました。

しかし、今月は良いことばっかりであったとは言えません。

今月はルールを守らなかった故に、本来出さずに済んだ損失を発生させたことがあったからです。

GW前に買った日経レバETF、日経VI先物ETNがその最たる例ですね(というか、この2つ以外は特にミスしていない←)
この2銘柄のせいで約15万円の損失を出しています。

愚かな売買履歴に関しては下にリンクを貼っておきますので、良かったら見て嘲笑ってやってくださいw

(4月30日)色々やってみた【日経レバETF・日経VI先物ETNを仕込み】
(5月1日)裏目ですなぁ・・・【早速、マイナス発生】
(5月2日)愚か極まりない【日経レバETF損切り・謎の日経VI先物ETNの買い増し】
(5月7日)かみ合わないなぁ・・・【損失が拡大】
(5月8日)ルールを守らんからこうなる。【日経VI先物ETNのブン投げ】

上記の愚かな取引を含めると今月の売買は3回。

・日経レバETF(4/30空売り→5/2買戻し)【負け / -40,000円の損失確定】
・日経VI先物ETN(4/30・5/2購入→5/8売却)【負け / -110,000円の損失確定】
・アルバイトタイムス(3/20購入→5/23売却)【勝ち / +372,000円の利益確定】

3戦中1勝2敗ですが、利益が大きく、損失が比較的小さかった為、今月の確定ベースの損益はプラスとなりました。

以上、今週の評価損益と2014年5月の投資成績でした。

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m


<スポンサード リンク>


↓ランキング参加中。応援よろしくお願いします!

株式銘柄急騰株リアルタイムズ

自分の投資における指針は誰なのだろうか?


<スポンサード リンク>
今日は会社も日本市場もお休みだった為、投資の勉強に時間を充てていました。
(本当は購入検討銘柄の分析をするはずだったのに、どうしてこうなった←)

で、今日は主に有名投資家の投資方法について解説、実践している方のブログを読んだりしていたわけですが、それをやっているうちに、ふと「・・・自分の投資における指針って、いったい誰なんだろうな?」って思ったんですね。

自分が勉強させて頂いているブログでいえば

エナフンさんの梨の木】の奥山さんはピーター・リンチをお手本に長期投資をされていますし、
ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資】の東条さんはウォーレン・バフェットをお手本に投資されています。
あと、断言はできないですが【かぶ1000投資日記】のかぶ1000さんはベンジャミン・グレアムをお手本にして資産バリュー投資をしてみえるようですし、
かねなし父さんの挑戦~米国株とバリュー投資~】のかねなし父さんはベンジャミン・グレアムや、ウォーレン・バフェットをお手本にしてバリュー投資をされているようです。(ブログ内では成長株投資のフィッシャーの事も、ウォーレン・バフェットの師匠の一人として取り上げていますね)

こうやってみると、断固たる指針のある人はぶれなくて強いし、パフォーマンスも素晴らしいなぁ・・・と、そう思った次第です。

で、ここからが本題ですが、自分は誰が指針なのよ?って事です。

え~・・・自分は投資に関する本を買う事はありませんので、奥山さんや東条さん、かぶ1000さん、かねなし父さんのように、本から特定の投資家の投資スタンスを吸収するという事とは無縁です。
大体は上記のような役立つブログを辿りまくって、不特定多数の投資家の知識を吸収して・・・と雑食なんですね。

なので、投資の指針・・・って言われると、誰を言っていいのやら良く分からんくなるのです。

ピーター・リンチをお手本にするならば

【投資方針】 外食や小売り、等の身近な企業(小型株)に対する収益バリュー投資。
【保有期間】 基本的には長期間保有?(10年超らしいです。)
【購入タイミング】 企業価値より割安なときに購入。
【集中or分散】 個人投資家なら5銘柄程度に分散することを推奨。

っていう感じになりますし

ウォーレン・バフェットをお手本にするならば

【投資方針】 消費者独占型企業に対する収益バリュー投資。
【保有期間】 理想は永久。
【購入タイミング】 暴落時や企業価値(収益重視)より株価が割安なときに購入。
【集中or分散】 集中投資

ベンジャミン・グレアムなら

【投資方針】 資産に対して株価が割安な銘柄に対する資産バリュー投資。
【保有期間】 フェアバリューになったら売却。
【購入タイミング】 資産に対して株価が割安なときに購入。
【集中or分散】 20銘柄程度に分散を推奨。

という感じになります。

で、それに対して自分は

【投資方針】 基本は徹底的な定量分析を行った小型株に対する割安成長株投資。
【保有期間】 フェアバリューになるか、適度に上がったら売却。
【購入タイミング】 企業価値(収益重視)より割安な株を、安い時(悲観時)に購入。
【集中or分散】 集中投資。(保有銘柄は1~4銘柄程度)

と、どっから何を取ってきたの?って感じの投資スタンスになっています←

パッと考えると

投資方針はピーター・リンチ。
保有期間はベンジャミン・グレアム。
購入タイミングは・・・バフェット?
集中か分散かでいえばバフェットっぽく集中させている。

という感じで大体、リンチ1:グレアム1:バフェット1ぐらいに見えます。

ただ、購入タイミングやらなんやらでちょっと違和感があるんですよね。
それに、保有期間に関しても自分はあんまりグレアムの投資方法を実践しようと思ったことがないので、違和感があります←失礼

で・・・自分のルーツはどこにあるんだろうなぁ・・・と、昔、勉強に使っていたサイトの記事を久しぶりに読み返していたんですが、そうしたら、自分の投資方法に近い投資家が一人いたんですね。

ちなみに、その投資家の名前はジョン・ネフ、と言います。

・・・はい、長らく更新していない【有名投資家から学ぶ】シリーズの第1弾を飾った御仁ですw

詳しい説明はジョン・ネフの投資方法について解説している

http://diamond.jp/articles/-/29019
http://diamond.jp/articles/-/29952
http://diamond.jp/articles/-/29997

上記の3記事に任せますが、この人の投資スタンスが自分の投資スタンスに結構近いんです。

ジョン・ネフの投資スタンスは

【投資方針】 PER・成長性・配当利回りにバランス良く目を向けた割安株投資。
【保有期間】 フェアバリューになったら売却。
【購入タイミング】 割安株が低落した時に購入。
【集中or分散】 ?

と、保有期間やタイミングが自分と案外ダブるんです。
それに、自分の徹底的な定量分析はネフに影響を受けてる可能性がある。

こう考えると、自分の投資指針はジョン・ネフなのかなぁ・・・とそう思う訳です。

全然意識していなかったのですが、この人物の事を一番最初に勉強したからでしょうかねw
(マイナーすぎて上記の記事以外ではほとんど勉強になる記事が無いので、これ以上勉強のしようが無いのが残念なところ。)

という事で、多分、自分のスタンスはジョン・ネフが主で、それにピーター・リンチやバフェットの考えを加えた感じなんだろうなぁ・・・と思います。

以上、自分のルーツ?についてでした。

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m


<スポンサード リンク>


↓ランキング参加中。応援よろしくお願いします!

株式銘柄急騰株リアルタイムズ
メイン証券会社
スポンサード リンク
サイト内検索

最新コメント