地蔵岳の次に歩いてきた、長七郎山と小沼氷上をご紹介。

 お手軽ルートは、赤城山 長七郎山 小沼氷上 スノーシュー 参照。
 赤城公園ビジターセンターからは、赤城山 長七郎山 スノーシュー の 逆ルート がおすすめです。
 なお、先日小沼駐車場に行こうとしましたが、FF&スタッドレスタイヤでは、鳥居峠からの上り坂が空転しまして登れませんでしたので、それなりの仕様の車をお勧めいたします。

 小沼駐車場から徒歩3分の小沼見晴ポイントでは、黒檜山・駒ケ岳・大沼が一望

 P2161985

 お天気の良い日は、結氷した小沼のかなたに富士山を望むこともできます。
 登山道を歩き、ちょっと開けたところでは、

 P2162003

 袈裟丸山やスカイ山、男体山もお天気なら望めます。
 尾根東を歩くときの注意は、東にセリ出ている雪庇。

 P2162013

 雪庇の上は歩かないでください。
 雪庇の上を歩いた踏み後が沢山ありますので、踏み後をトレースしないで森の中を歩いてください。
 責任はとれません。

 P2162021

 長七郎山を登り上げたところで振り返ってみましょう。
 黒檜山・駒ケ岳の向こうに、栃木の山並みが美しいです。

P2162026 P2162027

 積雪でいつもより標高がちょこっと高いので眺めがいいです。

P2162035

 クリアな冬晴れの日なら関東平野も一望です。

P2162036

少し南に降りて行くと荒山~地蔵岳の間には、榛名山系と

P2162038

 荒山の奥に、煙を上げた浅間山が見えるでしょう。

P2162050

 雪が固まっていれば、この地点でヒップそりができます。

P2162061

 小沼水門から氷上に上がり、小沼を横断。
 今なら、大沼氷厚50センチほどだそうですので、小沼も大丈夫です。

P2162069

  めったに味わえない氷上を堪能して小沼Pに戻る周遊コース。
 UP,DOWNもそれほどないので、雪庇に上がらなければ、お手軽コースだと思います。

 参考:ヤマレコ