vitamin

CryEngine

CE5 C++コンパイル

開発者向けの記事にはなりますがCRYENGINE Vの日本語情報がまだ少なすぎるのでざっくり公開します

新規プロジェクトでのC++コンパイルはVS2015でこれまでどおりの方法で通るかと思います

ただGamesdkプロジェクトでのコンパイルはわりとややこしくいくつかのインストールが必要になります

・Windows SDK

・Oculus Audio SDK
oculusspatializer.hとoculusSpatilizer.dllをAKのPluginに入れる
https://developer.oculus.com/downloads/

・OSVR SDK for Windows
osvr/ClientKit/ContextC.h が必要
code/sdksにOSVRフォルダを作成
OSVRフォルダにdllフォルダを作成
C:\Program files\OSVR\SDK\binの.dllファイルを全て、Code/SDKs/OSVR/dllにコピー
C:\Program files\OSVR\SDKのincludeフォルダ とlibフォルダをCode/SDKs/OSVRにコピー

またWwiseのインストールも必要になります(FMODでの代用は未検証)

以上いろいろ必要になりますが、正常に設定することでこれまでのコンパイル方法で通ります

VS2015での実際の方法は割愛しますがうまくいかない場合はご連絡ください



再調整中の城内WIP
13184759_10206678781473774_536845117_o
















骨騎士Newbie
149





 

 

CRYENGINE V エラー対処方法

CRYENGINE_web_1280x72010


エンジンの新バージョンがリリースされましたが、独自のランチャーからインストールするシステムに変更されて一部の条件ではエラーが発生してインストールできない現象がありましたが、解決方法がわかったのでメモ

まずはCRYのサイトにアカウント作成
https://www.cryengine.com/  

登録して5分後くらいにメールが届くので待ちましょう
メールからアクティベートし、その後ログインできます
そしてランチャーをダウンロードしてインストール

ランチャーを起動してアカウント入力すると無事に開始できます

が、ランチャーに入力フォームが表示されずに青い円がひたすら回る現象が世界中の様々な環境で発生していました

解決方法
旧ランチャーをアンインストール
※OS再起動してランチャーexeからアンインストール推奨

サイトからランチャーを再ダウンロード
(最近修正があった模様)

普通にインストール

ここからは非公式の対処法
Users/yourusername/AppData/Local CryEngine Launcher folderを削除

その後にランチャーを起動すると入力フォームを表示することができます
ここからは普通に入力してログインできるかと思います

今回はエラー対処記事となります
かなり足止めを喰らいましたがやっと再開できそうです

また新ロゴ、新サイトなど近日発表予定です
今後とも応援のほどよろしくお願いいたします!


 

先行動作テスト

お世話になります ResonanceGamezです

先日のテストにおいていくつもの貴重なご意見をいただけました

ありがとうございます

そして、C++ランタイムなどの必須ソフトウェアを含む説明不足をお詫びいたします

早急に改善出来る点や要望をまとめてチームで会議を行い、第2弾に向けて進行いたします

起動自体の確認という今回最も気になった部分は皆様のご協力で確認できましたので
簡易テクスチャ、簡易ライティングではない負荷テストや複数MAPの移動、または小規模ネットワークテストを今後の予定とさせていただきます

「操作性(視点含む)」「操作感」「雰囲気」などなんとも要望・説明が難しい部分の微調整は何度かテストを繰り返してより良いものにしていければと思います

短いご報告とはなりますが確実に次回につなげていきます

引き続きよろしくお願い申し上げます

1390814_10205716393334672_1887929239_o



 

マウスコンピューター様との提携のお知らせ

お世話になります ResonanceGamezです
この度、「マウスコンピューター」様 と正式提携する運びとなりました

主に開発機の提供や秋葉原店へのデモバージョンの常設(VRデモ)などプロモーション面でも協力していただけることとなりました
これもひとえに、みなさまの暖かいご支援があってこその進歩であり、プロジェクトの大きな区切りでもあり心より感謝しております

師走ということもありますがより一層スピードアップを図れればと存じます
またSNSなどとは別の媒体での担当者様と連携した進捗報告などは追ってお知らせいたします


header_logo


header_logo

バタバタしている時期でもあるのでマシン移行中ではありますがG-TUNEにてゴリゴリ開発をさせていただいております
今回はVRについてですが、CRYENGINEの植生が増えてもFPSが落ちにくい特性を活かし広大な山MAPでも75FPSをキープすることができました
アルバムリンク

実際のオンラインプレイにはさらなる工夫が必要になりますがVR勢力も巻き込んだ完全スキル制として誇れるものを残せるようにチーム一同進行させていただきます

そして先行動作テスト版では「城下町」を配布予定です 第1弾は機能面より「正常起動」の確認と「雰囲気」をお伝えできればと思います
ここ最近は各ウィンドウの自由変形や位置の自動保存の実装が完了しデバッグ用のスキルシミュレーターの作成開始も視野に入れております

また、再びの告知とはなってしまいますが限定版衣類も若干数ございますのであわせましてよろしくお願いいたします
フォーム (追記事項あり)


ScreenShot0022


ScreenShot0036








1kJwr64














Y0fAVau















323

















GameSDK 2015-10-26 14-04-12-535




















GameSDK 2015-10-26 14-04-41-456















GameSDK 2015-10-26 14-12-25-182















GameSDK 2015-10-26 14-02-48-467 

















追記
武器モデラーが錆具合の調整をしておりますが錆の段階があると鍛冶屋の腕の見せどころだったり忙しくなったりで良いアイディアかもですね
342











343
















追記2
ご紹介遅れました! 「G-Tuneちゃん」です!
今後のお知らせに期待!
07_640x960


 

砂漠の進捗やキャラクター、衣類販売について

お世話になります

今回は砂漠の進捗を紹介させていただきます
まずはトランスゲートを使用してワープの拠点となる場所が出来上がってきました

砂漠は広いのでいくつかの拠点を作るか、ここを中規模の王宮のようにするかを検討中で紋章などの演出なども進行しています
ScreenShot0002












ScreenShot0004












ScreenShot0018













そして、キャラクターについてですが、動作テストは1種類、動作テスト第2弾ではいくつかの中から選択出来るようにしていきます
製品版は出来る限りの微調整などで感情移入が出来るような世界をご用意いたします

今回は男性キャラの髪型プロトタイプのレタッチです
2



























11887869_415944615269384_5846027084493994591_n



























unnamed































小さい種族(名称募集中)の髪型レタッチも進行中です
※今回のイメージは以前のものになります。ショートカットヘアー進行中
1





























13



























まずは4種族を計画しておりますが、亜人系はモチーフ自体を公募するのもよいかなとも検討しております
SNSでもブログからでもイメージ添付などでお気軽に送信いただければ、チームでも作成にあたって良い刺激にさせていただけると幸いですのでよろしくお願いいたします


そして今回は在庫衣類についてです
クラウドファンディングの際に試作や予備などで若干の在庫を抱えております
Tシャツ・ロングTシャツ・パーカーの3種類がございます

「限定」という言葉でブランドを維持させていただいておりますが、少しでも開発の支援をしていただけると幸いです
購入は以下の簡易フォームから先着順にて受付させて頂きます

https://docs.google.com/forms/d/1uIYoDL8T5sEcStUFCpJCwYyhitKX_EbyudzPQlwYuUI/viewform

あくまでも初回限定版ですので、復刻版の作成は一切行いません

また簡易フォームなので説明不足などもございますので、質問欄にて詳細な質問などもお気軽にご連絡いただけると幸いです

もちろんですが支援金は全てを開発費として慎重な予算編成を行い、小規模ながらも世界に誇れるMMORPGを日本から発信出来るように生涯続行させていただきますのでよろしくお願いいたします


MOBの挙動について

小規模ながらもあいかわらずバタバタした状況ですが、MOBの挙動についてわりと自分用ノート

MMORPGでありがちなMOBが挟まったりするのを回避する方法の一つとして
今回は「Smart Object」を使用します

シーンは洞窟で、そのまま追跡してくるMOBにて記述
ボーンファミリーの新人 武器も与えられず ひたすら力任せに殴ってくる「Bone Rookie」で進めます2














アクティブリンクですので寄ると元気に追ってきます
7















今回の挟まりポイント  プレイヤーはジャンプなどでこえることが出来ます
が、人間型MOB(Human.lua)でのデフォルトの追跡では詰まってしまいます
3














このままではハメ狩りやいろいろよくない行為ができてしまうので
一つの回避策として 「Smart Object」を使用します
AIボタンから配置して今回はClassを「Vault_v125」に設定します
4















複数が追ってきた時に詰まらないように少しだけずらして2個配置
メニューのAI>Generation ALL AIで関連付けます
5














さっそくデバッグ 飛び越えてそのまま追跡してきます
8













が、今回の設定では一定の確立で着地に失敗してずっこけます(攻撃可)
いろいろホラーな動きがいいかんじに気持ち悪いです
9
 












反対側からも飛び越えてくれば設定は正常です
11














C++やLua、もしくはFGで行動パターンのすべてを設定する方法もありますが
ゼロから勉強を始めたこともあり、正直コード関連の腕はまだまだですのでこういった機能も使って挟まり防止とユニークな動きを組み合わせて実装していきます

チーム状況としては現在は各種実装の前にオンライン用の根っ子の部分を複数プログラマーであたっています
シングル動作を優先していますが大幅な作り直しを避けるために、この時期で一旦ネットワークタスクとしてMMORPGの基礎を固め直しています

そして、動作テスト版に含めるかはまだ検討中ですが砂漠MAPも開始しました
Sahara%20-%20Dunes%20of%20Wan%20Caza














ScreenShot0004











ScreenShot0006













いろいろお待たせしてしまい申し訳ありませんが発足当初よりコンセプトは変わっておりません
世界に誇れるものを作っていきます 引き続き応援のほどよろしくお願いいたします


 

3Dサウンド

バタバタした状況での最優先事項ではないもののメンバーの進捗具合、かつCRYENGINEで挫折しやすいサウンド関連について大雑把にめも

まずはWwiseのインストールができたら追加したいサウンドを選定
今回は3Dサウンドなので環境音として滝の音を使用

Wwiseで扱える形式はWavになります
24Bitは試していませんが16Bit/44.1kHzを用意しておきます

213
 














レイアウトは見やすいSchematicに切り替えてAudioタブのDefaultWorkUnitからAudioImport
用意したWav音源をドロップします

インポートできたらトランスポート部分のプレイボタンからまずは音が鳴るか確認

次にインポートしたSFX(Wav)をダブルクリックして編集していきます
214
 














環境音ですのでLoopはONにしましょう
リバーブ処理は割愛
タブを切り替えて 3Dの項目で画像のような設定にします
215















さらに詳細な設定をする場合は3Dエディットから可聴距離や減衰を調整できます

216
















以上でAudio自体の3D化は完成です

実際にはコレを元にイベント作成、サウンドバンク作成、スクリプト編集、エディタで配置
という流れになりますが、この辺はチュートリアルビデオなどの方がわかりやすいものが出まわってます

3Dサウンドというと5.1chなどのイメージもありますが、ヘッドホンで効果が顕著です
特別な景色でキャンプを堪能する時、ココ1番での迫力の戦闘をする時、偵察兵として耳を澄まして忍びこむ時など、臨場感が別物になる大事な処理です
またVRとの組合せでは次世代コンテンツの基本処理になりそうです

今回の処理では動作テスト候補の島MAPの滝の音に実装しております

217




 








 

プレイヤーズサイトでのテスト報告

先日プレイヤーズサイトにてクラウドファンディング支援者様限定での登録、ログインテストを実施させていただきました

結果としては一部条件下にて自動返信の認証URLが正常に動作しないなどの貴重なご報告をいただき、改善に努めさせていただいております

段階的にテスト規模を拡大しフォーラムの設置など、ウェブタスクとして進行させていただきます

そして、 いくつかご質問をいただいている動作スペックについてですが、現在はローカル環境での高負荷テスト(通常・VR)を行っております
従来の「必要」「推奨」に加えて「VR」の3種類でのご案内が出来るよう進行させていただきます

また、実際のデモプレイ公開に関してですが、手を加えれば加えるほど内容が多くなるのでスケジュールが曖昧になりがちです。各環境(OSなど)においての動作テストとして正常に起動できるか? といった基本的な部分にフォーカスして第一弾のデモパッケージとさせて頂きたく存じます

引き続き応援のほどよろしくお願いいたします

 
最新コメント
メール
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ