このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
02:40
完璧な後輩と、温かい先輩!

2014年のプロ野球、お疲れ様でした。僕はウン十年来の西武ファンであり、セ・リーグでは横浜DeNAベイスターズを応援している者です。その応援している2チーム合計で今年いくつ負けてるかご存じですか?28敗です。こりゃもう個人記録争い始めたほうがいい感じですね。みなさんお疲れ様でした!

そんな中、僕の心に「ドラフトで獲った評判の選手がちゃんと活躍してるのか…」という眩い光を突き刺してきたのが阪神タイガースの藤浪晋太郎さん。大阪桐蔭高校出身の高卒2年目。しかし、その風格はもはや大エース。ある意味で、西武が余計な茶々入れしてクジを引き当てたりしなかったこと自体が、プロ野球界への大きな貢献だったのだなぁとしみじみ感じます。

そんな藤浪さんは、2年目にして早くも「情熱大陸」の密着取材を受けるほどの存在へと飛躍。藤浪さんに密着する情熱のカメラが見つめたのは、藤浪さんの完璧なプロフェッショナリズム…だけではなく、大阪桐蔭高校出身の先輩・西岡剛さんとの心温まる交流の模様でした。いやむしろ、こちらこそが密着取材ならではの名場面だったかもしれません。

こんなに素敵な先輩・後輩の関係があるなんて、某成瀬・某涌井両名の噂話を聞いてきた僕には、にわかには信じがたいほどの温かさ。「西武にも大阪桐蔭はいっぱいおるぞ!」「今からでもいいからウチのおかわり他とそれやってくれんか!」「頼むで…頼むで…獅子を虎に変えてもええから…」と、僕も羨ましさで地平を駈けそうになりました。この関係、ずっとつづけていってほしいものですね。

ということで、しっかり者の後輩とお調子者の先輩によるハートウォーミングな日常を、20日のTBS「情熱大陸」からチェックしていきましょう。


◆「頭で野球する」系の蔵書に混じって、異彩を放つ西岡剛さん公式本!

情熱大陸の冒頭は、いつも本人の写真と本人直筆の署名で幕を開けます。藤浪さんがつづる自身の名前。力強く太い線と、しっかりとした字形。この時点で「知性」という言葉が頭に広がります。字ですべてがわかるわけではありませんが、字にすら滲み出てしまうモノはある。そんな一筆。藤浪さんについてコメントを求められた野村克也氏も「知ってるんだよ、ボールカウントと打者心理。頭のいい子だな」と賛辞を惜しみません。

それは本人の日々の生活にも表れていました。自身の課題として、もっと身体を大きくする必要があると感じれば、食事をより多く摂取できるようなサプリメントを服用する。スタミナ不足が課題だと感じれば、投球フォームを変えて、疲労が溜まりにくい投げ方を模索する。投球の幅を広げるために変化球が必要だと感じれば、習得に励む。考える⇒試す⇒また考える…そんな毎日。僕が社会人2年目の頃なんて、課題は与えられるものであって、自分で考えるものではありませんでした。何か、今さらながら恥ずかしくなってきます。

しかし、そんな藤浪さんにも、まだどうしたらいいのか思案している課題がある模様。それが「スマイル」。スターとして取材等の活動も多くあるわけですが、そこで上手くハジけることができないらしいのです。その点では、特に関西の球団所属ということもあり、物足りなさを感じる向きもある模様。

↓CM撮影でも先輩ふたり(特に能見)の超イイ感じの笑顔に比べ、全然楽しくない感じの硬い表情になってしまう!

能見wwwwwwwwwww

楽しそうすぎるだろwwwwwwwwwwww

Joshin(※家電量販店)行くのにこんな顔しねぇよwwwww

新宿歌舞伎町の路上でこの顔してヤマダ電機に向かったら、警察が薬物検査器持って飛んでくるぞwwwwww

何度踏みつけられても「最後に笑う人」になる88の絶対法則 [ マック赤坂 ]

価格:1,404円
(2014/4/21 02:30時点)
感想(0件)




そこで颯爽と登場するのが、もうひとりの主役・西岡剛さん。西岡さんは大阪桐蔭高校出身の大先輩。藤浪さんとは正直野球観や野球との向き合い方がまるで違うような気もしなくはありません。藤浪さんが知性派なら、西岡さんは感覚派のように見えますからね。ていうか、そうとしか見えないじゃないですか。

しかし、意外にもウマの合うデコボココンビ。藤浪さんは西岡さんを慕い、西岡さんは藤浪さんを可愛がる。西岡さんが生む愛のあるからかいとリラックスしたムードは、藤浪さんの強張った表情をも解きほぐしていくかのようです。

↓西岡さんも、藤浪さんのその辺りの課題を意識してか「殻を破らせる」と宣言!
(CM撮影の休憩時間)

能見:「完全に晋太郎が足引っ張ってるわ」

能見:「目、笑ってないもん」

西岡:「こいつは今、万人受けするキャラを作ろうとしてるから」

西岡:「その殻を破らせますから、今年」

能見:「悪い人間ではない、と思いますよ」

藤浪:「断言はできないですか!?」

西岡:「だいぶ隠してるわお前は、隠しすぎや!」

西岡さんは1年目の活躍のお祝いで、100万円のスーツをプレゼントしたりしているらしいぞ!

ありがたい先輩ですね!

「よくも悪くも面倒臭い先輩」とか言ってはいけない!


↓さらに西岡さんは藤浪さんにさらなる注文をつける!
(LINEゲームの人気アプリ、ウィンドランナーを熱心にやりながら藤浪さんには目もくれずに)

西岡:「今年(藤浪のノルマは)15勝らしいで」

藤浪:「15勝って…(苦笑)」

藤浪:「剛さん、打ってくださいね」

(引きつづきウィンドランナーに夢中になりながら藤浪さんには目もくれずに)

西岡:「生意気なこと言いよんな、ホンマ」

藤浪:「打線との兼ね合いもあるんで。運の問題なんで。ピッチャーの勝ち負けなんか」

藤浪:「15勝したら何買ってくれるんですか?」

(引きつづきウィンドランナーに夢中になりながら藤浪さんには目もくれずに)

西岡:「何買ったろうかな」

藤浪:「クルマ、クルマです」

西岡:「もう10万キロくらい走っとる軽トラ買ったるわ」

西岡:「お前オートマ限定とかちゃうやろな?」

藤浪:「オートマ限定です」

西岡:「おっ、前!(笑)」



藤浪:「剛さん、打ってくださいね」
藤浪:「剛さん、打ってくださいね」
藤浪:「剛さん、打ってくださいね」
藤浪:「剛さん、打ってくださいね」
藤浪:「剛さん、打ってくださいね」

※なお、西岡さんはその後ほどなくして、打つとか打たないとかの次元ではなく、そもそも試合に出られなくなりました。
※深刻な怪我によるもので、別に軽トラ買うのがイヤってことではありません。


まさかの事態。頼れるかどうかはともかくとして、先輩が試合中のアクシデントでいなくなってしまった。「スマイル」の課題はどうやって克服すればいいんだ。あんな「笑えない」感じの事故を見せられて、一体どうしろと。藤浪さんのご両親も「インタビューとかはちょっと作ってるな」「せっかく応援してくださってるんだから、もうちょっと愛想よくしたら」と息子の硬さを心配しているではありませんか。西岡さん、早く帰ってきてくれーーー!!

↓だが藤浪さんはそんなこともあろうかと、西岡魂をしっかりと本から吸収していた!

<蔵書リスト>
・「PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?」(元巨人・橋本清氏の著作)
・「一生懸命」(元広島・巨人の木村拓也氏の奥さんの記したキムタク本)
・「逆境を生き抜く力」(沖縄興南高校の野球部監督の指導論)
・「エースの品格」(野村克也氏の著作)
・「心を整える。」(サッカー日本代表・長谷部誠さんの生き方術)
・「采配」(落合博満氏の著作)
・「頭で投げる。」(ヤクルト石川雅規の投球論)
・「戦力外通告」(プロ野球をクビになった男たちの実話集)
・「心の野球」(元巨人・桑田真澄氏の投球論)
・「7 SEVEN」(西岡剛さんのフォトブック)
・「魔球の正体」(物理学的観点から変化球の仕組みを分析)
・「日本人の知らない日本語2」(語学本)
・「絶対合格 英検準2級」(語学本)
・「プリオン説はほんとうか?」(狂牛病の仕組み解説本)

一冊だけ異彩放ってるんですけどwwww

知性・知性・知性・知性・知性・知性・知性・知性・知性・感覚・知性・知性・知性・知性wwwwww


↓なお、藤浪さんは「ダイヤのA」も熱心に読んでいる模様!

世代だもんな!

野球漫画で世代がわかるよな!


↓ただし、藤浪さんは「ROOKIES」は読んでいないとのことです!
(「ROOKIES」の作者・森田まさのり氏から直筆のイラストを贈られた際の会話)

記者:「森田先生の漫画は何かお読みになられてますか?」

藤浪:「そうですね…漫画はあまりそんなに読まないんで、はい」

藤浪:「申し訳ないです」

記者:「あ、いえいえいえいえ」

森田:「あはっ」



記者:「ROOKIESはちょっと世代的に違いますか?」
記者:「ろくでなしBLUESはそりゃ読んでないと思いますよ」
記者:「でも、べしゃり暮らしは連載中じゃないですか」
記者:「ていうかダイヤのAは読んでるわけじゃないですか」
記者:「どうなんですか藤浪さん!」

「あまりそんなに読まない」んだからいいんだよ!

ダイヤのAだけ特に読んでるんだよ!

7〈SEVEN〉西岡剛OFFICIAL BOOK

価格:1,620円
(2014/4/21 02:31時点)
感想(0件)




たとえそこに西岡さんがいなくても、その魂は本に載っている。そして西岡さんとは24時間LINEでつながっている。西岡さんが大怪我を負ってから2日後の試合、マウンドに上がる藤浪さんには西岡さんからのメッセージが届いていました。何と心温まるいい話。本当なら自分の心配をされるべき怪我人が、むしろ後輩への気遣いを見せている。これこそ先輩・後輩、兄・弟の関係じゃないですか…!

↓西岡さんは藤浪さんをLINEで励ますぞ!

ええ話やん…。

頼れるわけではないけど、いい兄貴やん…。


西岡先輩に見守られる藤浪さんは、2戦つづけて負けがつくも3戦目で今季初勝利。何と、プロ初ホームランまで飛び出す「オマケつき」の勝利で、ようやくホッとすることができました。もちろん、その場面をしっかりと西岡さんは見てくれています。試合後、すかさず飛んでくるLINE。いつも見ているぞ。すぐLINEを飛ばすぞ。しっかりやれよ。すぐLINEを飛ばすぞ。スマイルを忘れるな。すぐLINEを飛ばすぞ。そばにいなくてもLINEで伝わってくる温かい気持ち。こういう先輩がいるからこそ、あの重圧の中でも頑張れるのかもしれない…そんなことを僕はふたりの関係に思うのでした。

↓西岡さんは初勝利した藤浪さんにLINEでカッコイイメッセージを贈る!

西岡さん…!

テレビでは「俺もリハビリ頑張るから」うんたらかんたらのくだりは華麗にスルーされましたけど…!

すごくカッコイイ先輩です…!

LINE完全活用ガイド [ アプリオ編集部 ]

価格:1,080円
(2014/4/21 02:33時点)
感想(17件)




西岡さんはカッコよくて面白くて、一日中LINEやりすぎな最高の先輩です!