12:00
因縁の相手との決戦が迫ってきました。

20日に行われるラグビーワールドカップ準々決勝、日本VS南アフリカ戦。数奇だな、と思います。世界にはたくさんの因縁や縁があるので、こじつけようと思えば何でもこじつけることはできますが、それにしても、と思います。日本ラグビーがその命運をかけて臨んだ今大会への長い道のり。その果てで、この10月20日という日に、南アフリカと激突するというのは、15年…いや20年…25年にも及ぶ長い道のりの総決算のように思えてくるのです。





ワールドカップ招致の道のり。南アフリカとの招致合戦、そして直接対決

今をさかのぼること15年あまり前、ラグビーワールドカップ招致に懸ける情熱はまだ小さな炎でした。奥克彦さん――名前だけではピンとこないと思いますが、2003年に起きたイラク日本人外交官射殺事件で凶弾に倒れた外交官と言えばご理解いただけるでしょうか。学生時代はラガーマンとして活躍し、外交官となってからは日本ラグビーフットボール協会で国際委員もつとめた方だそうです。

奥氏はいつか日本でラグビーワールドカップをという情熱を胸に宿し、同じラガーマンとして親交のあった森喜朗氏の助力を受けつつ、外交官としての仕事の傍ら、世界にその「種」をまいていたといいます(※ラグビー発祥の地であるイギリスに赴任する機会も得たとのこと)。しかし、その情熱は形になることなく、2003年赴任先であったイラクにて奥氏は凶弾に倒れます。

日本がラグビーワールドカップ招致に正式に乗り出した2004年、招致委員会の会長をつとめる森氏は奥氏の名前を挙げて、「イラクで凄惨な事件に巻き込まれて亡くなられた奥克彦君のことがあります。早稲田でラグビーをプレーし、外務省に入省、その後にオックスフォードでもラグビーをプレーしました。彼はかねてから、日本でワールドカップを開催したいと強く願っていました。そうした奥君の意思を引き継ぎたいという思いもあります」と挨拶しています。情熱のボールが渡った、そんな表現ができるでしょうか。「自分がイラク行きを後押ししてしまった」という悔いもあったかもしれません。

しかし、招致活動は前途多難でした。「ティア1」などの区分けが示すように、ラグビーは伝統国とそれ以外の国との間で大きな格差があります。伝統、実力、権威あらゆる面で。当時は総会における投票で「伝統国は2票、それ以外は1票」という格差がつけられていました。それは現在も大きくは変わらずティア1の伝統国は3票を持ち、物事の決定において大きなチカラを持っています。森会長自ら「国連では小国も大国も1票だ」「ラグビーのフェアな精神にそぐわない」と是正を求めたこともあるといいますが、今も引きつづき格差は残っています。

日本は2011年大会招致において善戦するもニュージーランドとの決戦投票に敗れます。それは「保守」あるいは「弱気」の決定でした。伝統国以外に開催させて本当に大丈夫なのかという。現在のワールドラグビーの前身である国際ラグビー評議会(IRB)にとって、ラグビーワールドカップは唯一最大の収益源でもあったため、ラグビーが普及していない国での開催には及び腰だったのです。そして、投票する各国においてもニュージーランドを支持すればオールブラックスが遠征にきてくれる、といった打算があったとも。

その投票の際、日本・ニュージーランド以外に立候補しており、決選投票以前に脱落した国がありました。

それが南アフリカです。

1995年大会以来の自国開催を狙っていた南アフリカは、下馬評においては優位とされていました。しかし、日本が掲げる「ラグビーを世界に広める」という理念が一定の支持を受けたこともあり、最初の投票で最下位となり落選したのです。最終的には日本もまた決選投票に敗れるものの、南アフリカにとっては「ラグビー未開の国」に敗れるというよもやの結果でした。

両国はその後も大会招致をめぐって競い合うことになります。

つづく2015年大会の招致を目指し、イングランド、日本、南アフリカなどが立候補を表明するなか、IRBはひとつの決定をくだします。それは2015年大会と2019年大会の開催地を同時に決定するというものでした。これは日本にとって追い風でした。2011年大会の招致に敗れた遠因である「伝統国でなくて大丈夫か?」という点について、2大会をトータルで考えることができるという意味で、懸念が和らぐ形となるからです。

最終的に大会招致に立候補したのは、2015年大会がイングランド・イタリア・日本・南アフリカの4ヶ国。そして、2019年大会がイタリア・日本・南アフリカの3ヶ国でした。ここでさらに日本には追い風が吹きます。大会運営側より「2015年を(収益が確実に見込める)イングランドで行ない、2019年大会を(世界への普及という意味合いで)日本で行なう」という保守と革新をセットにした推薦案が提示され、その推薦案に賛成するか反対するかという形での投票を行なうことになったのです。

イングランドを支持する国と、日本を支持する国の両方が協調して賛成に回るような形となり、この案は承認を受けます。ただし、イタリア・南アフリカにしてみれば戦う前から落とされるような形となり、正直不服の残る決定であったことでしょう。そして、投票には勝ったものの「日本で大丈夫か?」という懸念は常に、どこどこまでもつきまとうものでありました。

やれ「政府による資金保証がない」といった難癖をつけられては、時の政府もこの大会を支持していること、政府の協力など確約できるわけもないが日本の経済規模と企業による支援によって何ら問題なく大会を開催できることを説明させられる日本側。やがて、その「疑念」は大きな盛り上がりを見せることになります。

2015年7月17日、日本は設計見直しなどのために、新国立競技場建設計画を一旦白紙とすることを表明したのです。建設自体を中止とする内容ではなかったものの、デザインからのやり直しとなったことでスケジュールは大きく後退を余儀なくされ、ラグビーワールドカップの開幕戦と決勝を行なう予定であった新国立競技場の建設は本大会に間に合わなくなりました。

収益の減少を懸念するワールドラグビーは「失望」を表明し、開催権のはく奪をも示唆してきたとされます。東京スタジアムや横浜国際競技場も何ら遜色のない、サッカーワールドカップでビッグマッチの舞台となったレガシーであるのに、です。そして、その際に代替候補地として水面下で名乗りを上げていたとされるのが南アフリカ。そんな水面下での駆け引きがつづくなかで迎えたのが、あの伝説の2015年9月19日、「2015ラグビーワールドカップ日本VS南アフリカ戦」でした。

試合当日もまだワールドラグビーとの折衝がつづいていたというなかでの「直接対決」。それは単なるボールゲームの勝ち負けだけではなく、日本がラグビーに対する敬意と情熱、そして何よりもチカラを持っているかどうかを問われる戦いでもあったのです。「ほらご覧なさい」「この国にラグビーは無理なんですよ」「情熱もチカラもないんだから」と言ってやろうとする勢力が手ぐすね引いて待っている。そんな試合だった――。

運命の一戦、結果はご存知のとおり、日本はのちに「ブライトンの奇跡」と呼ばれる劇的な勝利をあげます。世界の誰もが想像できぬような勇猛果敢な戦いと、勝利へのたゆまぬ執念によって。当時、大会を中継する日本テレビはこの試合を地上波で生中継することはありませんでした。まだ日本におけるラグビーワールドカップはそのぐらいの存在でした。しかし、あの勝利を契機に日本ラグビーは空前の盛り上がりを見せ、開催権はく奪という論調も沈静化し、晴れて2019年を迎えることになったのです。

招致合戦と直接対決で織りなした、南アフリカとの因縁。

それは2023年大会の開催地選考においてもつづいています。大会運営より推薦を受けた南アフリカと対立候補フランスとの決選投票において、日本は過去の投票での借りを返すためにフランスに投票したのではないかと報じられているのです。どちらかと言えば南半球に近く、サンウルブズが参加したスーパーラグビーも南半球グループによる大会だというのに、です。表には出ない対決あるいは遺恨。日本と南アフリカには純粋無垢な「ノーサイド」ではない因縁があるのです。

<「フランスは10年前(2007年)にやったばっかりだろ!」というお怒りの声多数>





10月20日、故・平尾誠二さんを軸につながる人々の縁

2011年ワールドカップの招致活動に敗れた日。吉報を携えて臨むはずであった深夜の会見で、招致委員会のメンバーは苦渋に満ちていました。そのなかには故・平尾誠二さんの姿がありました。「南アフリカが落ちたと聞いた時、いけるのではないかと思いましたが、何かが欠けているのだと思います」と足りなかった「何か」に向き合う平尾さんの苦悶の表情。今から14年前ほどの出来事ですが、あの時の表情は今も忘れることができません。

日本が南アフリカと戦う10月20日は、その平尾さんの命日です。一年365日、どんな日にも誰かが死んでいますから、偶然それが重なることもあるでしょう。「365分の1」程度で偶然は起きます。けれど、偶然でこじつけられるエピソードが数あるなかで「平尾誠二の命日」がこの日に重なるのは、やはり運命的だと僕は思います。



平尾誠二。ミスター・ラグビー。誰もが知るラグビー界の顔。

「スクール★ウォーズ」にも「神戸製鋼」にも足跡を残す日本ラグビー最大のアイコンが亡くなった日。この日を夢見て働き、苦渋の会見に臨んだ男が亡くなった日。選手・監督・関係者すべての立場で世界に挑んだミスター・ラグビーが亡くなった日。平尾誠二がいい報せを待っている。「明日は俺の命日だぞ、わかってるな」と無形のチカラをこの日に遺してくれている。どうしてこんなにつながってくるのかというほどの連鎖で、この試合には平尾さんが重なってきます。それだけ大きな存在でした。

1999年、青年監督としてワールドカップに臨んだ平尾さんのジャパンは必ずしも結果を残したとは言えないチームでした。事前のテストマッチは順調、しかし本大会は全敗となり世界の壁に阻まれました。ただ、革新的なチームではありました。テクニカルスタッフを加え、ラグビーを「考える」取り組みを始めました。タックルの角度やスクラムの押しかたなど、ビデオで強豪国の動きを分析し、新たな手法を模索しました。

また、東芝府中で活躍したアンドリュー・マコーミックを主将に据え、国籍を厳密に問わないラグビー界の仕組みのなかで、最大限に強いチームを目指しました。強豪国出身の選手を積極的に招聘し、本大会では6人の外国出身選手(うち5人がニュージーランド)を日本代表に加えました。そのひとりが、現在のヘッドコーチであるジェイミー・ジョセフです。オールブラックスで活躍し、1995年大会では準優勝メンバーとなった「本物」でした(※優勝は南アフリカ/その意味ではここにも因縁がある)。そして平尾・ジェイミー両者は、直接対峙こそしなかったものの1995年大会で「17-145」というワールドカップ史に残る大敗(大勝)に、選手として立ち会った者同士でした。



強い者を認め、率直に取り入れる。

目を覆う大敗すらも縁として。

平尾ジャパンは、ラグビーワールドカップのたびに繰り返される「何故外人が」の問いなどそもそも寄せ付けることなく、日本ラグビーの勝利のために既成概念を取り払ったチームでした。そこには平尾さん自身の自由な生き方や考え方があったのかもしれません。ポジションや役割に縛られることなく、どのポジションでもどんな動きでもできるべきだという柔軟な発想。「個人が主体的に判断する」という自主独立の精神。日本が「何故外人が」の問いにぶち当たるはるか以前から、平尾誠二はその先を走っていました。

それから時を経て2016年1月18日、平尾さんは新監督選考のワーキンググループの一員として、ジェイミー・ジョセフを再び招聘します。今度は日本代表ヘッドコーチとして。選考において第一に掲げた条件は「日本を知る人物」という点。世界レベルの指導者であれば誰でもいいというわけではなく、国籍を越えて魂が通じ合う相手として、ともにジャパンで戦った仲間に日本代表を託しました。すでに平尾さんは病に侵され、密かに手術なども行なっていた時期でした。明らかに痩せ、こけた頬は「胃潰瘍」では説明がつかない相貌でした。その年の10月20日に亡くなった平尾さんの、まさに最後の仕事と言えるのがジェイミー・ジョセフを再び呼ぶことだったのです。

縁、縁としか言えないつながりでできたチーム。

現在のスクラムコーチ…今大会の躍進の礎でもあるスクラム番長・長谷川慎さんも平尾ジャパンの一員として1999年ワールドカップに参加していた選手です。平尾さんが選び、平尾さんが起用し、平尾さんが託した。平尾誠二がいなければ、こうなっていなかった人たちがこのチームの中枢にいる。偶然ではなく、確かな意志で「集められ」て。

<現在の選手にもなお影響を遺す巨星>


歴史から消したいあの大敗があって、日本以外にも広く扉を開いたジャパンがあって、そこで培った縁が生んだ今の体制があって、その道のりにまたがる巨星が亡くなった日に因縁の相手との試合がある。そうやって「縁」を感じていくと、これはとてもただの1試合ではなく、偶然の対戦相手ではなく、偶然の命日ではないようにしか思えなくなるのです。いろいろな人が、未来が見えないなかで燃やした情熱が、少しずつ重なって、つながって、明日に至るのだと。ベスト8はうれしい結果であるけれど、この長い道のりはまだ区切りを迎えていないのだと。いよいよ、総決算なのだと。

まだ、負けられない。

ゴールはここじゃない、まだ終わりじゃない。

そう思うのです。

この話は有名なことばかりで、ラグビー界隈では広く知られたものですが、ふわっと明日を迎えていたかもしれない人が、少しでも熱量を高めて明日を迎えられるようになっていただければうれしいです。聞きかじった話のまとめ直しで、どこにでも出ていることの繰り返しで恐縮ですが、これで少しでも「高まる」人がいるならば無駄ではなかろうと思います。せっかくの試合です。積みあがった「縁」です。スコットランド戦は素晴らしかったけれど、あれを更新するだけの由縁がこの試合にはあります。少しでも「縁」を楽しんでもらえたら、この試合がまたきっと次の「縁」となるはずです。

勝敗はわかりません。

けれど、きっと、いい試合になる。

いい試合にならないはずがない、積み重なった「縁」があるのだから!




今日はオールブラックス、明日は日本を現地観戦してきます!楽しみますよ!