08:00
光り輝く、日はまた昇る!

またひとつ時代が終わったなと思います。10月19日、埼玉西武ライオンズの背番号18番、松坂大輔さんが引退しました。甲子園春夏連覇、新人王&最多勝、日本一、沢村賞、ワールドシリーズ制覇、WBC連覇&MVP、代表的なタイトルに絞り込んでもこれだけズラリと並ぶ球歴は、栄光に満ち満ちたものでした。「平成の怪物」の名にふさわしい大投手でした。

その松坂大輔がついに野球を辞める。寂しいような、悲しいような、でも安堵するような、不思議な気持ちでした。最後の登板は、デビュー戦と同じ日本ハムが相手。右打者が相手だと危険な位置までボールが抜けてしまうかもしれない、そんな切ない理由で対戦相手に指名されたのは横浜高校の後輩でもある左の近藤健介さんでした。

松坂さんからは「1球で仕留めて欲しい」というコメントが出ていましたが、近藤さんはバットを振らずに松坂さんが投げ込むボールを見ています。初球、高めに外れてボール。2球目、今の精一杯のまっすぐが真ん中を撃ち抜いてストライク。その後、3球外れてのフォアボールで松坂大輔最後の登板は終わります。

バットを振らないと近藤さんが決めていたかは定かではありませんが、1球でも多く松坂さんのボールを見せてくれたことと、最後の内角に大きく外れたボールをしっかり避けて死球にしなかったこと、近藤さんの見事な「お勤め」に感謝したいと思います。もう投げない、もう投げられない、謹んで納得しました。

↓ありがとう松坂大輔!お疲れ様でした!




引退登板を前に会見に臨んだ松坂さんの言葉は、率直なものでした。すべてを紹介はしませんが、長年苦しんできた右肩の怪我がもう限界なのだということが痛切に伝わってきました。知ってはいましたが、思い知らされるような会見でした。そこには絶望が広がっていました。野球をやりたいという気持ち、野球が好きだという気持ち、まだできるんだという気持ちはいまだ燃えつづけながら、それを押し流すほどの故障があり、もはや屈服するしかないんだという無念がありました。

それは悲しい会見であると同時に、救われる会見でもありました。松坂は、まだ燃えている。野球を嫌いになったわけでも、スッキリと諦めてしまったわけでもない。魔法のように身体さえ治れば、今すぐにでも剛腕を振るう気力が燃えているのだと感じました。だからこそ、動かない身体に絶望し、苦しみ、あのような言葉が並んだのでしょう。野球ができない無念、野球への未練、野球への愛、そのすべてに救われました。

松坂大輔は絶望的な故障を抱えて、もはや投球などままならない状態の41歳となっても、出会った頃とまったく変わらない野球小僧でいてくれたのです。獲れるタイトルはおおむね獲りました。お金も十分に稼いだでしょう。将来の不安も特になく、安定した家庭も築いています。痛い身体に鞭打つ必要はまったくないのです。まったくないのに、松坂大輔は野球をまだやりたがっているのです。今、この瞬間も。できないから辞めるだけで、できるならやりたいのです。そんな選手と出会えたことを、どうして喜ばずにいられるでしょう。

だから、この引退登板は、告別式だったのだと思います。第二の人生に華やかに送り出すなんてことではなく、まだ死にきれずにいる野球小僧に別れを告げるための儀式だったのだと。観衆のためではなく、松坂大輔自身のための。「もうできない」「もうやってはいけない」ということを自分とファンとすべての人が現実として受け止めるための工程だったのだと。そういう気持ちを多くの人が持ったのか、松坂さんの最後の投球を人々は「厳かに」見守っていたように思います。あぁ本当に辞めてしまうんだと噛み締めながら。松坂大輔が引退することをどうにかして納得しようと悶えながら。

↓野球をやってくれてありがとう!野球を好きでいてくれてありがとう!


そんな日だから、少しだけ反論したいことがあります。松坂さん本人も会見で「叩かれたり非難されたりすることを力に代えて跳ね返してやろうとやっていましたが、やっぱり最後はそれに耐えられなかった」と語ったように、大きな栄光に匹敵するほどの大きな批判が松坂さんに向けられてきたことについてです。

もちろん、言われてごもっともな部分はあります。道路交通法は守るべきですし、ゴルフはオフシーズンの趣味とすべきですし、いらない肉はゴルフ以外の運動で落としたほうがいい。松坂大輔は求道者ではなかったと思います。しかし、この年まで野球をやりたいと望み、絶望的な故障を抱えながらも最後に渾身のストライクを投じるような選手が、サボッて遊んで堕落しただなんてことは断じてない。

「深いところで舐めてやってるだろ」

2006年のWBCの合宿中に向けられた、イチローさんからのそんな言葉を錦の御旗のようにして、松坂堕落論は語られてきました。イチローさんの真意はわかりませんが、イチローさんが「深いところ」だと言うのなら、深いところなのでしょう。我々一般人が見て取れるような表層の話ではなく、「松坂堕落論」とは別の次元の話なのだろうと思います。

僕が思うに、それは松坂大輔という「天才」ゆえのものだろうと思います。松坂大輔が天才であることに異論はないでしょう。持って生まれた素晴らしい肉体。魔法のように相手打者が空振りする伸び上がる剛球。ゴールデングラブの身のこなし。世が世なら二刀流で名を馳せたであろうバッティング。学校の部活動で野球をやっただけの18歳が、日本の野球名人が集うプロ野球でいきなりナンバーワンの選手になったのです。紛うことなき大天才です。

一方でイチローさんは天才ではありません。こう言うと語弊がありそうですが、世界中の全員が「あなた天才ですよ」と言ってもイチローさんはそれを否定するでしょう。イチローさんは自分がどうやってヒットを打つか、考えて、組み上げて、理屈で野球をやってきたはずだからです。天からの才でやったものではない、そう言うでしょう。

そんなイチローさんから見れば、松坂大輔という大天才は「舐めている」ようにも見えるのかもしれません。松坂大輔には根拠なく、無自覚にして宿る、圧倒的な「確信」があったでしょうから。俺は強い、俺はすごい、俺は負けない、最後には俺が勝つだろうという、理屈ではない確信が。恐竜がほかの生き物との戦いに臨むとき、「自分が勝つと思うんですよね…」と無根拠に確信してしまうような、そんな不遜さが。

↓実際、勝ったし!


それがイチローさんにしてみれば「もっとやれることがある」ともどかしかったのかもしれませんし、ファンからすれば輝きだったのだと思います。僕らは天から賜った巨大な才が好きなのです。理屈を超えた魔法が好きなのです。松坂大輔は間違いなくそういう選手でした。もしかしたらイチローさんも松坂大輔が好きだったのではないかと思います。松坂さんの引退にあたりイチローさんが語った「僕にとってともに競い、高め合えたと思える唯一の投手だった」という言葉は、決して松坂堕落論の蒸し返しなどではなく、松坂大輔に対する敬意と感謝に満ちていたでしょう。

すでに日本では確固たる地位を築いたあとの大打者イチローが、高卒1年目の小僧に翻弄された、あの1999年。あらゆる投手が自分を恐れ、勝負を避けるなかで、真正面から勝負を挑まれ、翻弄されたあの3三振。それはイチローという名の孤独を癒す時間だったように思います。「高め合えた」という言葉には、イチローさん自身が高まったというだけでなく、松坂大輔もまた高まったのだというニュアンスがあります。巨大な才能がほかならぬ自分を標的として突進してきて、見事にやられた。しかも、いつもそいつは自分を吹っ飛ばそうと狙ってくる。俺が標的か、よし返り討ちにしてやる。孤高の大打者が得た束の間の競い合い。アメリカでひとりヒットを重ねるのとは違う、野球の楽しさを感じた時間だったのではないでしょうか。

↓イチローに好敵手と言える相手がいたとすれば、それは松坂大輔です!



松坂大輔は心が燃え尽きるより先に、身体の故障でプロ野球を去ります。描いた夢の大きさからすれば日米通算170勝は決して多くはないものの(※300勝すると思っていた)、そのぶん気力はみなぎっています。野球を好きだという気持ちが燃えています。2009年頃からすでに故障に苦しんでいたと言いますので、怪我との戦いは13年間にも及ぶわけですが、もう怪我と戦う必要はありません。いまだに燃える野球への想いを、今度はほかの形でぶつけてほしいと思います。

新しいステージでは、苦しんだ13年間がきっと支えとなるはずです。大天才投手のままであれば知らなかったことや気づかなかったこと、思い至らなかったことをたくさん手にしたはずです。あらゆる栄光と、あらゆる挫折を両方手にして、まだ41歳。学ぶ時間も、学んだことを発揮する時間もたっぷりあります。

松坂大輔は天に愛されています。

天そのもの、太陽のような存在です。

世界は太陽を中心にまわり、最後は必ず太陽が勝ちます。そういう運命を持っています。松坂が投げれば奇跡のような逆転劇が始まり、日本の頂点にも世界の頂点にも届いてしまう。そのチカラをぜひ貸してほしい。もう一度、西武を日本一へと導く、そういう天運を発揮してほしいと思いますし、そうなってしまうだろうという確信があります。だって、松坂大輔ですから。どんなヘボ采配でも一度くらいは勝つでしょう。長嶋茂雄さんだってそうだったように。

1998年のドラフト会議、西武は松坂大輔という大天才を賜りました。意中の球団でも何でもなくクジで当たったという賜りものでした。すでに西武グループの凋落は水面下で静かに始まっていましたが、松坂大輔がいて、西口文也がいて、松井稼頭央がいたあの頃、あなたの存在が「我々は常勝集団で絶対王者なのだ」という幸せなカンチガイをさせてくれていました。日本シリーズに臨むときに「西口と松坂が完封で2勝ずつするから日本一だな」という勘定をしている時点で何かに気づくべきだったかもしれませんが、気分はずっと王者のままでいられました。

最後の見送りをやらせていただけたこと、誇らしく思います。

今度はクジではありませんが、第二の人生、ともに過ごすことを選んでもらえたらと思います。

しばしの家族団らんと、学びを経たら、また西武ドームで会いましょう。

太陽は、月のように昼も夜も空にあるわけではありませんが、一度沈んだあと、また昇るものです。

2030年頃、日本一の監督という新たな栄光を、そうなってしまう当然のこととして、松坂大輔に捧げられるよう希望します!

↓ベストゲームを挙げるのは困難ですが、今は2006年のプレーオフを見たい気分です!


この選手を我が選手とできたこと、光栄です!


松坂監督胴上げの2030年頃までライオンズがあるかは、わかりませんが!