このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
02:58
落合福嗣さん、お見それしました!

僕は先日CSで懐かしの歌番組「歌のトップテン!」を見ていました。80年代アイドルが次々登場する中、「追憶」という曲でランクインした五木ひろしさんが登場。コンサートで東京を離れていた五木さんのために、中継カメラで名古屋城と結んでの放送がスタート。するとそこに、よく見知ったある人物が応援ゲストとしてやって来たのです。

その人物とは落合信子さん。言わずと知れた三冠王・落合博満夫人です。白地に紫の水玉が入ったこじゃれたジャケットで登場した信子さんは、五木さんと博満さんが懇意にしていることを紹介。五木さんも「彼が三冠王を取るのが先か、僕が紅白・レコ大・有線の三冠を制するのが先か勝負していたんです」なんて、ヘンな競い合い逸話を紹介。今よりはずっと若く、ずっとキレイな信子さんを見て、僕も「時は★★だなぁ」などとハッキリ書けない感想を噛み締めていたのです。

そこで飛び出した衝撃の報せ。何と信子さんはこのとき妊娠中だと言うではありませんか。そう、信子さんの胎内には福嗣クンが宿っていたのです。その刹那、僕の頭にフラッシュバックした無関係な映像の数々。映画「エイリアン4」で主人公リプリーの胎内からエイリアンが摘出される場面、映画「ザ・フライ」のラストで電送装置から何者かが出てくる場面、映画「紅の豚」全編などなど。何故かわからないまま、過去の信子さんに未来の出来事を報告したくなってしまったのです。

しかし、その必要はまったくありませんでした。

18日、落合福嗣クンが初めて出版した「フクシ伝説」なるエッセイ集を買いました。話のタネにでもしようと思ってアマゾンで注文した本書。購入した瞬間から頭の中に鳴り響く「どんな判断だ。金をドブに捨てる気か」という声。正直、買わなきゃよかったと後悔すらしていました。しかし、一読してその想いは霧散。本書には福嗣さん・博満さん・信子さんの美しくも温かい親子愛がギッシリと詰まっていたのです。現在・過去、そして未来も変わらない「愛情」が確かに存在していました。

僕は自分の余計なお世話を深く恥じ、大いに反省。そして、この良書を世間に広めなくてはと、ヘンな使命感が燃え上がったのです。育児ネグレクトで死亡する子どもや、親を殺害する少年など、乾いた事件の多い現代。動物園経営者が「本当に動物を愛するとはどういうことか?」を旭山動物園から学ぶように、僕ら人間は落合家から本当の「親子愛」を学ぶべき。

ということで、落合福嗣さんの著書「フクシ伝説」について、少しだけ内容を紹介していきましょう。



◆福嗣さんが初めてオ●ニーしたのは13歳、初体験は17歳です!


このたび発売された落合福嗣さんの著書「フクシ伝説」。基本は週刊プレイボーイで連載していた「落合福嗣の腹式呼吸」というコラムをまとめたものなのですが、本書のために新たに制作された「フクシ史」「勇気を出して初めての落合記念館」など充実の内容。ネット上に氾濫する福嗣伝説を確認するという意味でも、貴重な資料といえるでしょう。

↓えー、僕が無駄遣いした1000円を取り戻すために、20冊ほどお買い求めいただけると助かります!
フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!
カッターを使うときの下敷き、カップラーメンのフタ、本棚の隙間埋めなどにオススメです!


巻頭4Pに福嗣カラーグラビアを掲載するなど、いらない情報だけを集めた感が満載の本書。地球の貴重な資源を使って本書を制作した集英社は、蛮勇の謗りを免れることはできないでしょう。僕も「電子書籍だけでやれ」という言葉を飲み込むので精一杯。しかし、そんないらない情報の中に玉石混交、珠玉の親子愛エピソードが埋もれているのです。


<フクシ伝説1>
ファーストキスは5歳、初オ●ニーは13歳、童貞喪失は17歳

幼稚園の校舎の裏で強引に唇を奪われ、何らかのドロッとした液体が射出したことを「なかったことにしよう」と思い、年上美女「肉まんさん」に初めてを捧げた福嗣さん。初めてのドロッに戸惑う福嗣さんを、信子さんは「大丈夫だよ、男の子はそういうもんだから」と優しく包み込んだエピソードなども無駄に収録。

<フクシ伝説2>
本当は「落合聖徳」になるはずだった

父・博満さんは「今後1万円札より高額の紙幣は出ないだろう。だから、聖徳太子から名前をもらおう」と宣言。これも、できるだけイイ名前をという親心なのです。

<フクシ伝説3>
子どもの頃は、デパートで札束をバラ撒いて遊んでいた

しかし、信子さんから「お前はお金を何だと思ってるんだ!!これは命より大事な紙なんだぞ!!」と怒られてやめたとか。落合家では「世の中は結局、金」という現実をしっかり教育。深い愛ですね。

<フクシ伝説4>
マイミクは93人、ニコニコ動画で30曲以上の「歌ってみた」をアップ。2ちゃんねるの自分のアンチスレッドにも降臨するネット通

落合監督アンチスレッドに書き込まれた情報を博満さんに伝えるなど、家族のために日々ネットサーフィンする福嗣さんです。

<フクシ伝説5>
理想の女性像は、外見が堀北真希・性格が落合信子

外見が落合信子・性格が堀北真希はお断りです!

<フクシ伝説6>
女性と関係を持つ前は、お互い必ず性病検査をするようにしている

ここには博満さんの「お前、もうヤッたのか?まだならすぐに病院に行って検査しろ!」「マスコミは隠しているけどエイズは日本に蔓延している」「お前は性に対する考えが甘すぎる!」という厳しい性教育があったとのこと。

<フクシ伝説7>
落合家では本気を出すときの合図は「よーし、トランザムだっ!」

福嗣さんの影響で「ガンダム」にハマった博満さん。「ガンダム00」放映後は、温泉地の射的場など本気の戦いの際にトランザムシステムを発動するようになったとか。息子と向かい合う父親、熱いですね。

<フクシ伝説8>
テレビ東京の「いい旅・夢気分」に出演した落合家。その際福嗣さんは「父ちゃんは口ベタだから誤解されるんだ。謂れのないバッシングが多すぎて、俺許せないよぉぉ!!」と号泣

父親を想う息子の涙は、たとえそれがどんな液体でも美しいものです。

<フクシ伝説9>
高校時代野球部に所属するも、先輩から「落合の息子」ということでいじめられ、両ヒザを金属バットで割られ野球断念。一時は登校拒否にもなったが、信子さんから「父ちゃんが心配するだろ。学校に行かなくていいからといあえず外に出ろ」と言われ、毎日近くの公園で時間を潰していた

ちなみに、博満さんも高校時代「野球が上手すぎて」いじめられ、墓地で時間を潰していたそうです。

<フクシ伝説10>
あまりのいじめに耐えかね死のうと思った福嗣さんに、信子さんは「じゃあ一緒に死ぬよ。どうやって死のうか?」と死に方を10案提示

後始末が大変そうだったりしたため、「死ぬのは大変だな」と福嗣さんは自殺を断念。

<フクシ伝説11>
自殺を思いとどまった夜、信子さんの枕元に置いた「ホントは死にたいんじゃなくて“解決”したい。でも、どうしたらいいかわからないから“死にたい”って表現しかできないの」という手紙は落合家の家宝

ここまで息子の本心を引き出せるなら、どんな問題でも解決できそうですね。手段は主に「金」かもしれませんが。

<フクシ伝説12>
反抗期に突入した福嗣さんは父・博満さんともよく揉めたが、「うちの親は普通より年寄りだから絶対に殴っちゃいけない」と決め、代わりに壁を殴っていた

壁の穴は「これも我が家の歴史だ」として、信子さんが大切に現状を保存しているそうです!

<フクシ伝説13>
落合家では成人は25歳。25歳を超えても面倒を見れる間は見てやる方針。博満さんは「お前が所帯を持つまで…所帯を持ってもオレが面倒見る。ある日突然、子どもできちゃったって彼女を連れてきたら、その女性と一緒になったらいい。俺がひっくるめて面倒見る」と宣言

育児ネグレクトなんて事態、落合家の深い愛からは想像もできません。

<フクシ伝説14>
落合記念館を建てた理由は、「1、税金対策」「2、フクシを雄大な海の見える場所で加山雄三のように育てるため」「3、落合に対する世間の評価の低さに疑問」「4、置き場のなかった記念品の倉庫」

一見するとロクでもない理由ですが、よく考えればぜーんぶ家族のため。まさに愛の巣なのです。

<フクシ伝説15>
博満さんのAKB48評は「知ってることは知ってるが、名前はわからんぞ」。信子さんのAKB48評は「あの子たち、みんな当たり前の顔してるからね」

その辺も含めて、当たり前じゃない顔に産み、忘れられない人物に育てたのはご両親の愛かもしれません。

<フクシ伝説16>
地球が滅亡するときには、親子3人で川の字になって死ぬ

ちなみに、博満さんは「1999年のノストラダムスの予言は、核爆弾のコンピューターが2000年問題で誤作動を起こす危険性があった」とリアルに地球滅亡を警戒。信子さんは、地球滅亡の日は行き着けのしゃぶしゃぶ屋で「食べるだけ食べてお金払わずに死にたい」とのこと。

<フクシ伝説17>
博満さんの彼女選びの考え方は「女を選ぶときに、これは美人、これはブスって品評会じゃないんだ。人がどう言おうが関係ない、結局は自分が選ぶんだ。ただ、自分が耐え切れないほどのブスならやめとけ」

信子さんは、「顔じゃないんだよ、男も女も!!」と持論を展開。夫婦の絆は深いのです。

<フクシ伝説18>
博満さんは、信子さんがいないと生きていけない

家のことは何にもできない博満さんは、信子さんに頼りきり。一方信子さんは、外でお金を稼ぐ力がない。お互いが役割を分担するのが夫婦円満の秘訣だとか。

<フクシ伝説19>
大晦日には信子さんの背中を父子で流すのが落合家の恒例行事

背中の上側と下側、どちらを洗うかで親子の揉め事も起きるとか。もちろん、「どっちが嫌」ではなく「どっちがイイ」で揉めます。

<フクシ伝説20>
福嗣さんは、自身の携帯に信子さんのお宝動画を撮り貯めている

みなさんは、自分の携帯にご両親の写真を入れていますか?

<フクシ伝説21>
福嗣さんが本書を出版したのは「バカだけどすごく幸せな落合家を見て、家族の絆を見直してもらいたいから」

口ベタで誤解されやすい両親を想い、落合家のバカだけど幸せな日常を知ってもらいたかったと語る福嗣さん。「最近は、親が子を殺したり、子が親を殺したりって悲しいニュースが多いよね。あれは家族の絆が失われているせいだと思うんだ。お互いがお互いを想っていれば、そんなことは絶対ないはずなのに…」と語る福嗣さんの言葉は重いです。

<フクシ伝説22>
福嗣さんの好きな言葉は「いつまでもあると思うな親と金」

まぁ、金は相当なくならないでしょうが!


↓親子愛で結ばれた美しい家族、それが落合家!


金では買えないモノを、この家族は持っている!



僕も生まれ変わったら落合家…以外のいい家族のもとに生まれたい!