このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
12:06
「情熱大陸」の温かい視線に感動しました!

葉加瀬太郎氏の奏でるバイオリンの響き。窪田等氏の温かく穏やかなナレーション。静かに透き通るような映像。TBS系列で放送されている「情熱大陸」。アスリートの登場回数も多く、これまでも数多くの印象的な「情熱」ぶりを伝えてくれたこちらの番組。僕も個人的に大変楽しみにしているテレビ番組です。

とりわけ「情熱大陸」が魅力的なのは、何でもカッコよくなるところ。

サッカー界から遠藤保仁さんが登場した際、遠藤さんは「情熱大陸変えていきましょうよ」と言いながら自宅でのケツ出し入浴を披露し、ハーフタイムには必ず風呂に入ることを紹介しながらロッカールームでの全裸露出闊歩を披露しました。番組を見ている間はカッコいいアスリートの日常に見えていたものですが、よく考えるとやっていることはたけし軍団とかダチョウ倶楽部とほとんど一緒。取り立てて競技に関係あるわけでもなく、ただただケツを出してプリンプリンしていただけでした。

そんなケツですらカッコよくする「情熱大陸」の魔術。僕らももっと情熱的アプローチを勉強すべきではないでしょうか。何かあれば口汚く他人を罵倒し、正論の名のもとに心の傷をえぐる。そんな風に、剥き出しの感情をぶつけ合うことが人間のあり方ではないはず。「察しと思いやり」。お互いの気持ちがわかる人間だからこそ、僕らはもっと人に優しくありたいもの。たとえケツでも、「情熱大陸」のような気持ちで優しく見つめれば素敵なものになるのですから。

あなたのパートナー、友人、家族をどうぞ「情熱大陸」のような気持ちで見つめてください。だらしないところも「自由奔放」と思ってあげてください。細かくて神経質なところも「妥協を許さない」と思ってあげてください。早起きな人は「一流の朝は早い」と思い、昼過ぎまで寝ている人は「これが●●流だ」と思ってあげてください。お互いを尊重し認め合えば、きっと今よりも素晴らしい関係になるはずです…。

ということで、絶対に「アホな子」とか直球を投げない情熱大陸的アプローチについて、30日にTBSで放映された「情熱大陸 プロサッカー選手・香川真司」の回から学んでいきましょう。



◆昔の友人の方も、情熱大陸的アプローチを習得されていました!

アジアカップの歓喜の場にいなかった香川真司さん。準決勝の韓国戦で右足を骨折し代表から離脱。今季絶望的という報せには、日本だけでなくドイツでも悲しみの声が広がりました。本来なら喜びの主役として番組に登場するはずだった香川さんの落胆を優しく包み込むように、「情熱大陸」は温かい視線を向けていました。

まず番組は香川さんの宿泊する日本国内のホテルからスタート。松葉杖をつき自室に戻った香川さんは「ひとりの時間になると考え込んでしまう」「自分を保つのは大変」「でもこの現実を受け止めないかぎり前には進めない…」と心境を吐露。ワールドカップにつづきアジアカップでも歓喜の中心にいられなかった寂しさをにじませます。

そんな香川さんが悔しさを晴らし、自分を認めさせてきたのがドイツ・ブンデスリーガでの大活躍。ドルトムントで公式戦12ゴール。現地の新聞・サイトでもKAGAWAの記事があふれ、前半戦MVPにも選出。しかし、そこでも並々ならぬ苦労があったとのこと。「情熱大陸」はそんな香川さんの苦労について、温かい視線で密着。

まず香川さんが課題としてあげたのはコミュニケーション。ドイツ語の通訳はいるものの、練習中の監督の指示はワンテンポ遅れて伝わってきます。このままではチームの輪に入れないと考えた香川さんは、クラブハウスの片隅でドイツ語の習得に挑戦。「すぐに使えるドイツ語会話」という焦りを感じさせる参考書を見ながら、「おはよう!」「また明日!」「またあとで!」「バイバイ!」「どうも!」「おうよ!」などの会話を勉強していました。そんな香川さんの努力を「勉強は大の苦手だという」という窪田等氏のナレーションが温かく包み込む…「情熱大陸」ならではの一場面。

↓ドイツ語だけでなく日本語も不自由な香川さんを「情熱大陸」は温かく見守りつづける!
番組:「取材の記念にと、ユニフォームにサインを書いてくれた」

香川:「“情熱大陸さんへ”でいいですか?じゃ上に(入れます)」

香川:「…あの、情熱のネツって…ちょ待ってホント漢字が…。ちょっと、ネツ書けないって、ダメですよそんなの放送しちゃ」

香川:「淳平(通訳)さん、“ネツ”お願いします!」

香川:「Danke Schoen!(ダンケシェーン!)」(ありがとうの意)

香川:「やっぱ(思ってたのと)合ってる合ってる。一度習字で習ってたんで」

「ダンケシェーン!」テラかっこよすwwwwww

これは日常で積極的に使っていきたい香川語wwwww


単にネツが書けないだけなら、これはアホな子になってしまいます。しかし、香川さんがドイツ語あいさつの習得に取り組んでいるという予備情報があれば印象も変化。ドイツ語を身につけたぶん日本語が抜けていったという、海外生活者特有の現象ととらえることができるはず。香川さんの自信に満ちた「ダンケシェーン!」は、海外での挑戦の証なのです。

↓ちなみに、番組の温かい視線は「リク」への挑戦についてはカット!


「ネツ」がダメなんだから「リク」も止まるわなwwwwww

この1秒間の機能停止、バイタルエリアなら命取りwwwwww



温かい視線で不都合な部分をカットしてくれるその姿勢。言っていないことまで捏造する既存メディアとは大違いな優しさ。「情熱大陸」はそんな優しさで香川さんに追い討ちのフォローを敢行。愛車のベンツに乗り込み家に帰る香川さんが狭い駐車場から発車する際、「狭いからね…」「ん、おっかなーい」「ガリガリいった?おおおーーーーっ!」とベンツの底を縁石にこすってしまった場面を放映。この愛すべきキャラで、先ほどの一連のアレな印象を操作してみせたのです。

↓「情熱大陸」的アプローチでは、香川さんはこう表現されます!
番組:「次第に見えてきた、どこか無防備な天然キャラ」

番組:「何かを起こす、起こしてしまうタイプ」

何かカッコよくなってるwwwwwwwwwwwww

「何かを起こしてしまう、どこか無防備な天然キャラ」って、ちょっと迷惑そうwww


↓ちなみに少年サッカー時代の友人の方も、温かい視線で香川さんについて証言!
友人:「アイツにとっての天職が、やっぱサッカーだったっていう」

友人:「すごいよかったな、って思ってます」

友人:「何か、ホッとしたんですよ正直」

友人:「サッカーがダメになったらどうするんだって、みんなもそれは思ってたんで」

どこか無防備な天然キャラがサッカー選手で成功しなかった場合どうなるのか…?

と、友人全員に心配させるレベルの香川さん恐るべし!


そんな香川さんはいつしかチームの輪に溶け込んでいきました。ダービーマッチでは2得点をあげサポーターのハートもキャッチ。街にも溶け込み、なじみの日本料理店「FUKUOKA」には週に3度も通い、天ぷらうどんと寿司のセットをよく食べるとか。ここでも「情熱大陸」は「食べたいものを食べたいときに食べる。それが栄養哲学」と温かい眼差し。「何も考えていない」ではなく「それが栄養哲学」と考えることで、グッと香川さんの印象も上向きです。

さらに香川さんの「どこか無防備な天然キャラ」を見つめ続ける「情熱大陸」は、「試合の日はいつも同じピンクのパンツを履く」という香川さんの趣味をカッコよく紹介。とある試合をスタンドから観戦していた槙野智章さんと合流すると、ふたりの「どこか無防備な天然キャラ」は日本料理店FUKUOKAへ移動。何故かそこでパンツの見せ合いを開始したのです。

↓どこか無防備な天然キャラたちの情熱的会話!
槙野:「日本スゴイぞ今。(話題は)石川遼クンの賞金王か、香川真司か、海老蔵だもん」

香川:「ウヒャヒャヒャヒャ」(大ウケ)

槙野:「コミュニケーション取れとる?選手と。ノリ?」

香川:「ノリと単語と」

香川:「一緒に勝負パンツ見せようよ」

槙野:「あ?俺のパンツ見る?」
(何故か2枚重ねばきしたタイツを脱ぎ、黒のボクサーブリーフを見せる無防備天然キャラと、股間の前で手をチラチラさせて遊ぶ無防備天然キャラ)

香川:「!」
(負けじと立ち上がりピンクの勝負パンツを見せつける無防備天然キャラ)

槙野:「おっ!お前いいケツしてんなマジで」
(香川さんのケツを優しくなで回す無防備天然キャラ)

香川:「このケツじゃ!」

槙野:「海を渡ったこのケツは!」

バ…どこか無防備な天然キャラどもめwwwwwwwww

こんなア…無防備な天然キャラを輸出しちゃダメだろwwww



このようにどんな場面をもカッコよく伝えてくれる「情熱大陸」の姿勢。たとえパンツの見せ合いですら、エトピリカの響きの中では海外で戦う男たちの友情物語となるのです。ならば、僕ら自身の日常にも「情熱」的な瞬間はあるはずです。

番組のラストで、怪我に落ち込む香川さんのもとに届いたメール。キングカズから届いたそのメールに香川さんは「おっ、カズさんからや!」と目を輝かせます。内容は紹介されていないので不明です。「明日メシ行こうぜ」というただのメールかもしれません。しかし、そこにカズならではの励ましが綴られていたと考えるほうが素敵ですよね。希望を持って温かく見つめれば、どんな現象もカッコよく見えるのです。

こうして今こんな駄文を読んでいるアナタも、「暇つぶしのネットサーフィンをしている」ではなく「疲れた心を休ませるには、頭を空っぽにすることが大切なのだという」などと、情熱的アプローチで自分を許してあげてはいかがでしょうか…。

↓ちなみに、キングカズからではなく巨人の坂本勇人さんからメッセージが届いた場合は、香川さんは微妙に拍子抜けします!


アカン…「情熱大陸」じゃないからガッカリを上手く隠せてない…!

早くエトピリカをかぶせてくれ…!



香川さん!これからもその「どこか無防備な天然キャラ」で頑張ってくださいね!