このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
12:05
プロ野球選手の夢を守れ!

朝日VS読売の泥沼の戦いが始まりました。15日づけの紙面で朝日新聞が記事にした、関係者から入手したとされる巨人の内部文書の数々。そこには衝撃的な事実が書かれていました。1997年から2004年にかけて巨人が契約した有力選手たちに、いわゆる上限とみなされていた「契約金1億円+出来高5000万円」を超える巨額の金銭が授与されていたというのです。

記事によると、上原浩治さんには契約金5億円・年俸3300万円・退団時功労金1億2000万円を設定。そのほかにも二岡智宏さんに契約金5億円+退団時に7000万円プラス出来高、内海哲也さんに契約金2億5000万円、高橋由伸さんには契約金6億5000万円、阿部慎之助さんには契約金10億円、そして野間口貴彦さんには契約金7億円を支払うと約束していたというのです。小賢しいことに、この金額をまともに支払うと納税額などから「申し合わせた上限額の目安」を超えたことが発覚するため、複数年の分割払いを提案する周到さ。「他人が損したことには優しいが、他人が得するのは絶対に許せない」ことでおなじみの僕は、烈火のごとく怒っています。

しかし、巨人軍を糾弾するのは諦めました。これは何ら違反ではありません。

まず時期が、裏金問題にひとつの区切りをつけた一場事件の以前であること。この時期は多かれ少なかれどの球団もやっているでしょう。「一場を機にマネーゲームは辞めよう」として倫理行動宣言を出した以後のことならともかく、以前のことまで問い出せば全球団似たようなもの。しかも本質的には「金銭授受を禁じた学生野球憲章に抵触する」学生時代の金銭授与がマズかったのであり、社会人選手へのお小遣いや、契約金の多寡はプロ野球団同士の競争の一部にすぎなかったところ。

2007年に西武ライオンズが制裁金および高校生ドラフト1・2巡の指名権剥奪を課されたのも、倫理行動宣言後の時期に、早大選手を含むアマ選手への栄養費授与を行なっていたから。その証拠に、西武の栄養費問題と同時期に発覚した、横浜の那須野巧契約金5億円糞高杉払杉那須野自体駄目杉問題は、倫理行動宣言以前のものでもあり、厳重注意処分に留まっています。今回の巨人に対しても「バレたらいかんぞぉ」「洩らしたらいかんぞぉ」「アイツの口を封じなあかんぞぉ」というコミッショナーからの厳重注意がされるのがせいぜいでしょう。

そもそも、最高標準額とされる「1億円+出来高5000万円」も、当時は罰則規定ナシの「目安」だったもの。守らなかったからと言って問題はありません。逆に、当時の考え方では「これを律儀に守りすぎると独禁法に違反するんじゃね?」という部分もあり、球界全体で「テキトーな目安」とみなしていたところのもの。巨人さんのほうが圧倒的に正しく、ルールに沿った適切な球団運営をしていることは明白です。

今回の事件の問題点を強いて挙げるなら、

●契約内容を洩らした関係者K(仮のイニシャル)はイカンぞ!
●野間口高杉、お金を大事に!
●広島さんとかに入団した選手は「俺は契約金1億+5000万円か」「巨人のアイツと肩を並べた球界最高額だな」「巨人には入れなかったけど、広島で頑張るそ!」と思っていたのに、その夢を壊すな!

この3点くらい。巨人さんを糾弾する謂れなどありません。まして、次回のドラフト参加資格を剥奪することなどできるはずもないのです。

ですので、菅野智之さんも安心してドラフトをお待ちくださいね!(ただし、少年野球〜大学時代に巨人軍の関係者…主に監督からもらっていたお年玉・お小遣い・入学祝・進学祝などの存在は、絶対に口外しないように!)

ということで、もはや巨人軍裏金問題ではなく野間口高杉問題と呼ぶべき一件について、早速チェックしていきましょう。



◆押切もえさんは、7億円の存在を知っていたのかどうか気になります!

朝日新聞は高校野球を取り仕切るアマ側のメディア。読売新聞は言わずと知れた巨人のオーナー企業。両者が紙面で罵り合う展開には、産経・毎日・日経あたりも「ヤレー!ヤレー!と大喜びに違いありません。契約内容を洩らした関係者H(仮のイニシャル)も、ようやく満足な打撃が加えられたことにほくそ笑んでいるかもしれませんね。

↓朝日:「巨人が勝てばいい、盟主意識、選手争奪で増幅」
「『巨人が勝てば、それでいいんだ』と、球団幹部が話すのをよく聞いた」

巨人軍の6選手が入団時に計36億円の高額契約を結んでいたことが報じられたのを受けて、巨人軍関係者の一人はこう振り返った。「球界の盟主として勝たないといけないという意識が強すぎた。それが、有力な新人選手を申し合わせを超えてでも獲得することに向かわせた」

http://www.asahi.com/sports/intro/TKY201203150765.html

フロント:「上原5億円」
フロント:「阿部ちゃん10億円」
フロント:「野間口貴彦プライスレス」

お金で買えない勝ちがある、買える選手はマスターカードで!

【送料無料】 プライスレス 必ず得する行動経済学の法則 / ウィリアム・パウンドストーン 【単行本】

価格:2,520円
(2012/3/16 11:53時点)
感想(0件)




まぁ前述のように、これらの高額契約金はまったく問題ありません。問題は何故野間口さんが7億円もの大金を受け取ったのかということ。本来なら球団側が「ねーだろ」と取り止めるべきところ。よしんば、うっかりオファーが来ても野間口さん側で「僕はそんな選手じゃありません」と辞退すべきところ。「野間口7億」を基準にしたら、球団経営が火の車になるのも当たり前です。

↓さらに巨人球団社長は、社会人時代の野間口さんに200万円あまりのお小遣いを渡していたことを吐露!
巨人・桃井社長は契約金超過として報道された野間口に、入団前に金銭授与していたことを明らかにした。04年ドラフトの自由獲得枠で入団する前、社会人シダックスに在籍していた野間口に総額200万円を支払ったという。「04年ころに回数で言えば数回、200万円あまり。小遣いのような形で支払われていた」と説明した。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/03/16/kiji/K20120316002838640.html

【審議中】
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

審議員:「契約金200万円でよかったんじゃね?」
審議員:「阿部ちゃんの10億は許せるけど、野間口7億は絶対許せない」
審議員:「じゃあ、金じゃなく女を提供したらどうだろう?」
審議員:「いやいやいや、澤村のほうが問題だろ」
審議員:「事実上のオーナー企業から女子アナを提供…確かに許せんな」
審議員:「ちなみに、二岡はもう許した」


↓アマチュア時代、「2.5億」VS「7億+200万円」対決をしていた二人!


内海、もう許したれ!

野間口さんも十分わかってくれたはずだ!

株価暴落

価格:580円
(2012/3/16 11:54時点)
感想(3件)




野間口さんは7億円を持っていた、そしてつい最近までその支払いを受けていた。5年分割払いなら2009年まで、7年払いなら2011年まで、1億円近くの支払いを受けていた…僕が野間口さんならもう練習などバカバカしくてやっていられません。その金でささやかなマンションを購入し、一日あたり1万円と小遣い制限を設け、野球でも見ながらゴロゴロするところです。そして、そこそこの美人と遊んだりして。その意味では、今も野球選手として頂点を目指している野間口さんは立派な男。

↓ちなみに、かつて野間口さんと交際していたとされる、モデル・押切もえさんもブログで「買い物」についてコメントしていた!
2012年3月16日の記事「New Bag☆」より

最近買った、新しいBagです。

YSLの「MUSE TWO」☆

夏らしいキャンバス×レザー×内側がスウェード…の生地が、大人っぽいなぁ〜…と気に入り、代官山の「aquagirl」で購入。

(aquagirlさん、いつもお世話になっておりま〜す。)

横から見たところ。

マチもたっぷり、くた〜っとしたフォルムがたまらなくスキ♪

「ちょっとでも気にいらないものは買わない!」…と、好みハッキリ&普段は堅実を心がける私ですが…、

その日はスパークしましたね…(笑)

春夏物のセレクトが可愛すぎたんだもの…。   ―他に買ったものはまた☆

「その分、お仕事がんばります!」

…と、なぜか店員さんに力強く宣言してお店を後にしました。     

押切さん:「ちょっとでも気に入らないものは買わない!と堅実を心掛ける私」
押切さん:「その日はスパークしましたね」
押切さん:「そのぶん、お仕事頑張ります!」

ちょっとでも気に入らないものは買っちゃダメだよなwww

もし買っちゃったら、そのぶんお仕事頑張らないとなwww

押切もえの恋する・ソウル完全ガイド

価格:1,200円
(2012/3/16 11:55時点)
感想(4件)




2009年秋頃に破局したとされるおふたり。現状の活躍を見るかぎり、押切さんの見立ては正確だったと言わざるを得ません。契約金が5年分割払いだったなら、見切りタイミングは最高だったとさえ言えるでしょう。しかし、押切さんも言っているように、買っちゃったらお仕事を頑張ればいいだけの話。阿部ちゃんの10億や上原さんの5億は、世間でもまったく気にされていません。それなりに妥当な金額と認めてもらえたからです。野間口さんの7億円もあと50勝くらいすれば気にされなくなるでしょう。野間口さんのこれからの活躍に期待したいものですね。


人生で「勝ち」組となったぶん、巨人にも勝ちを返してあげてくださいね!