このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
14:11
4年前の自分を超えてきた!

いよいよ役者が出そろいました。ロンドン五輪女子サッカー。なでしこJAPANは6日に行なわれた準決勝で、難敵フランスを撃破。女子サッカー初、日本サッカーの歴史においても史上最高となる銀メダル以上を確定させました。長く険しい道のりを乗り越え、物語はいよいよラストステージへと突入します。あとは決勝で宿敵アメリカと決着をつけるのみ。そして金メダルを持ち帰るのみです。

僕はなでしこの強さに敬服しています。彼女たちがワールドカップ後に語った臆することのない金メダル宣言。それも「女子サッカーではワールドカップより五輪が上」と言い切っての金メダル宣言。それはハイリスクな宣言です。せっかく世界一となったのに、せっかく日本人が女子サッカーを認めたのに、誰もワールドカップと五輪の格なんて気にしていないのに、そんな中でのあえての宣言。負ければワールドカップで得た「世界一」の称号が紛い物に見えかねないものです。

その宣言を聞いたとき、僕は内心で「目標はメダル獲得くらいでいいんじゃないのか」「色は時の運だから」「ワールドカップ1位、五輪3位なら十分世界最強の一角だろう」と思ったもの。今となっては恥ずかしいばかりの弱気です。ワールドカップ優勝という成果を守ってどうするのか。そうじゃないでしょう。

ワールドカップ云々じゃなく、このメダルがほしくてやってきたチームじゃないですか。

五輪の悔しさを晴らすことは、ワールドカップ制覇より先に誓ったことじゃないですか。

4年前の北京五輪。メダルに迫りながら大会を去ったとき、あの場にいたメンバーの心には、今の光景が浮かんでいたように思います。福元、近賀、岩清水、宮間、澤、阪口、大野、大儀見、海堀、安藤、丸山。18人の現代表のうち、11人があの日の夢のつづきを追って、再びここに帰ってきた選手です。

メダルなき帰還に世間は決して温かくないことを。女子サッカーが縮小していく現実を。スポンサー探し、所属チーム探しにも苦労する日々を。傷つき衰えていく肉体を。先の見えない不安を。いくつかのチームを解散に追い込んだ震災を。それを乗り越えてなお、ピッチに踏みとどまりつづけられたのは希望があったからでしょう。北京で見た、もう少しで届きそうな希望が。

4年前からすでにたぎっていた、メダルへの渇望。

準決勝は大苦戦でしたが、フランスとなでしこではメダルを掴み取るチカラに差がありました。同点となるPKを決められれば、フランスにもチャンスはあったでしょうが、入れられなかったのが何よりの証拠。あれを決めるのがメダルを獲るチームで、決められないのがメダルを獲れないチームです。

「惜しかったね」で終わっては何も生まれないことを知るなでしこたちが、わずか3本のシュートで2点を奪い、雨霰と降り注ぐシュートを耐え抜いたのは必然だと思うのです。内容とか戦術とか攻撃的とか守備的とかボール保持率とかシュート数なんてのは、勝利という不確かなものを推し量る目安にすぎません。勝ったものだけがメダリスト。今度は自分たちがメダリストになると誓ったなでしこが、4年の努力を積み上げてそうなった。それが、すべてです。

なでしこJAPANは強い!!

ということで、女子サッカー史上最強チームまであと1勝に迫ったなでしこJAPANについて、6日の「ロンドン五輪女子サッカー 日本VSフランス戦」からチェックしていきましょう。



◆フランスも強かったけれど、なでしこがもっと強かった!


イギリスサッカーの聖地・ウェンブリー。入場を待つ選手たちの顔には笑顔が浮かび、雄叫びの声も高らかに上がります。緊張はない、かと言って弛緩もない。王者の経験がこの大舞台でもいつものなでしこでいさせてくれます。

7月の親善試合で対戦したフランスは大きく、強く、組織的でした。この日も立ち並ぶだけで、そのサイズには驚異を感じずにはいられません。「コイツでかいな…」「えっ、それはエスコートキッズ?」「宮間よりデカイけど…?」「あぁ…アチラの長身の方がフランス代表で」「お父さんかと思った…」と、僕の緊張感も高まります。

日本のフォーメーションはいつもとまったく同じ形。変えるものはない。逆にいじることもできない。女子サッカー史上最強チームがコレだから。フランスには先月、記録上負けを喫しています。あのときは調整途上だったことを、この大本番でキッチリ見せつけてやらなくては。

そして始まった試合。親善試合の際はなでしこの動きが悪く、縦へのスピード突破などを許しましたが、この日は悪くない動き。球際への寄せが早く、簡単に突破させることはありません。一方攻撃面では、左サイドから相手のSBの裏を執拗に狙いますが、長身の2番・ルナールを中心とする中央の守備は堅固。崩してシュートという場面をまったく作れません。

完全な膠着状態。なでしこはボール保持率こそ高いものの、それは持たされているだけで、決して有利とは言えない状況。むしろこういう時間がつづけば、じょじょに前掛かりになり、横パスのミスなどからポンと失点を喫してしまいそうな雰囲気も。

↓しかし、なでしこはFKからファーストシュートで先制点奪取の勝負強さを見せる!


エース大儀見2戦連発弾!

相手GKのトンデモないミスを逃さなかった!


失点をきっかけに明らかに前掛かりになるフランス。日本も自陣に押し込まれる時間が長くなります。しかし、今大会終始安定した守備を見せている岩清水・熊谷が、粘り強い守備で壁となります。跳ね返したボールは、中盤で穴を塞ぎつづける澤がフランスから奪い取ります。守備を中心とした日本のサッカーの真骨頂です。

どちらが次の1点を取るかが勝負をわける…そんな雰囲気。お互いにチャンスが少ない中での勝負強さが問われる試合。後半2分には宮間が惜しいチャンスを迎えるも、シュートをふかしてしまう場面も。ひとつのチャンス、ひとつのシュートが勝負をわけるだけに、監督にも苦渋の表情が浮かびます。

↓にしても苦渋すぎる佐々木監督!


顔に本音が出すぎだろwwwwwwwwww

FIFA最優秀顔芸wwwwwwwwwww


↓そんな監督の変顔が選手をリラックスさせたか、変顔直後に何故か追加点!


FKから2発!

世界一のプレースキッカーがいる日本に、簡単にセットプレーを与えてはいけない!

【中古】afb 神奈月の顔芸103!! 笑撃の爆笑顔マネ、一挙103連発!! 神奈月 【メール便可 送料100円】

価格:380円
(2012/8/7 13:56時点)
感想(0件)




日本はシュート2本で2得点という効率のよさ。フランスとしてもこれは腹立たしいことでしょう。しかし、そこを決められるのがなでしこが世界一になった理由でもあるでしょう。ここ一番で外さなかったから、ワールドカップでも頂点に立てたのです。そして、相手は何故かバンバン外してくれるので、ワールドカップでも頂点に立てたのです。

後がなくなり攻めに掛かるフランス。その圧力に対してなでしこは自陣に大きく引くことで対応。ただ、そのせいで一方的に押し込まれる時間がつづき、防戦一方となっていきます。もちろん2点差のまま引いて守れれば何の問題もないわけですが、理想より少し早い時間…後半31分に中盤でのボールロストから失点。勿体ないミスで、相手に1点と、逆転を目指す気力を与えてしまいます。

そしてつづけざまにPKを与える大ピンチ。2点目を奪った阪口が、失点につながる奪われ方をし、しかもPKを与えてしまう。珍しい阪口劇場で日本はにわかに大ピンチとなります。日本は大野に代えて、試合を終わらせるためのクローザー・安藤も投入してしまったあと。得点力は若干落ちています。追いつかれたらしんどいところでしたが…

↓フランスはこのPKを外してしまう!


これが差だな!

これ入れなかったら勝てるものも勝てないですよ!


↓フランスの監督もこれぐらいやったらよかったのに!


この場面は日本では忘れられ、フランスでは長く記憶されるのでしょう。

駒野のPKが長くネチクチやられるように…!

いい顔してる人 [ 荒木経惟 ]

価格:1,260円
(2012/8/7 14:00時点)
感想(5件)




このあともフランスは必死の攻撃を見せますが、一度取り逃がしたチャンスはそうそう巡ってはきません。撃っても撃っても入らない。負ける日はえてしてそんなもの。2-0で終わるべきところを2-1にされて、無駄にバタバタすることにはなりましたが、結局そのまま試合は終了。フランスは放り込みと無理目のシュートを繰り返すばかりで、最後まで日本を崩すことはできませんでした。

次戦に向けては、こうした相手の攻勢の時間をどういなしていくかが重要となりそうです。体格的には決して勝っていない日本です。自陣深くでブロックを作る形では、最後まで放り込みでヒヤヒヤすることは避けられません。運動量をベースに、走り合い、体力の削り合いを挑むような守備のほうが安心して見ていられるというもの。決勝の相手アメリカも相当な攻撃を仕掛けてくるでしょうが、いい休養、いい準備をして、金メダルをつかんでほしいものですね。

↓銀以上で泣いている場合じゃないぞ、最後に笑うのはやっぱり金だ!


ベンチから飛び出す阪口、大野!

それを持ち上げて輸送するパワフル人妻!

熊谷の頭を引っ叩く矢野!

誰よりも早く泣き始める宮間!

その宮間を頭ポンポンしてあげる安藤!

ユニフォームで鼻水を拭う宮間!

泣き止んだら相手選手を気遣って人生相談を始める宮間!

泣き止んだら歓喜の輪の中心でダンスを始める宮間!

泣き止んだら急にキリッとして「とは言え、金メダルを目指してきたので!」と喜びを隠す宮間!

「お疲れ様」も「おめでとう」も金メダル獲得までおあずけだ!


↓現地一般人の下馬評を跳ね返せ、なでしこ!
現地一般人:「フランスの14番がいつもよりキレてなかったので(日本は)助かりましたね」

現地一般人:「フランスのほうがいいサッカーしていたと思います」

現地一般人:「日本はシュート2本か3本で2点入ってますよね。あれはラッキー」

現地一般人:「(日本の勝因は)キーパーの大活躍」

現地一般人:「日本人はこういうゲームが好きでしょうね」

現地一般人:「(決勝戦は)最後の五輪となるワンバックを見ていただきたい」

現地一般人:「サッカーファンじゃない方はモーガンをご覧になってください。ものすごい可愛らしいんで」

現地一般人:「そしてキーパーのソロという選手に、『(アナタもっと)面白いことを言いなさい』と説教をしてもらいたい。そういう鉄仮面のような顔の選手です。ものすごい怖いですけど美人でカッコイイです」

現地一般人:「(カナダとの準決勝は)3-0でアメリカでしょう」

逆に現地のサッカーファンの方には、最後の五輪となるSAWAを見て、ものすごい可愛らしいKAWASUMIを見て、MIYAMAという選手に「何か面白いことやれ」って説教されてるMARUAYAMAを見てほしい!

見せてやれなでしこ!


↓なでしこJAPANの面白いこと担当は、試合に出なくても頑張っているぞ!

もうチームのためにひと肌脱いでたwwwwwwwww

チームの汚れ役を誰に頼まれなくても引き受ける姿勢wwww

ていうか、最初からソレ要員で呼ばれてる疑惑wwwww

逆転力 [ 丸山桂里奈 ]

価格:1,365円
(2012/8/7 14:01時点)
感想(0件)




さぁ、女子サッカー史上最強チームの証・金メダルを獲りに行くぞ!


↓【告知】フモフモが生意気にも本を出しました。しばらくの間、露骨に宣伝しようと思います!


自由すぎるオリンピック観戦術

内容紹介記事は→コチラ  と コチラ と コチラ