12:48
挑戦しに来たんじゃない!戦いに来たんだ!

各大陸の「王者」が集ったコンフェデレーションズカップ。日本は開幕戦で開催国ブラジルと対戦。真のアウェー、真の真剣勝負と言える舞台での対戦に、大きな喜びと興奮を覚えました。しかし、結果は0-3の完敗。改めて世界の強豪の底力と、ワールドカップ優勝への長い道のりを感じました。

そうした距離を感じるとき、僕らはついつい「挑戦者」になってしまいがちです。自分たちの弱さを認め、限定的に何かを試したくなる心持ち。ある部分を捨てて、ある部分に集中するような戦いをしがちです。曰く「守備的になってどうするのか」「自分たちの形がどれだけ通用するか試すべきだ」「0-3で負けるより1-5で負けるほうがマシ」的な論調です。そういった考え方は決して悪いことではありません。悪くはありませんが、「挑戦者」は未来永劫「挑戦者」のままだと思います。

挑戦者らしい試合とは何でしょう。ブラジルに当たって砕けることか。そんなはずはありません。挑戦者も王者も目指すものはただひとつ。勝利です。今大会の規定で言えば、3試合を通じて勝点を積み上げ、グループ2位以内に入ることがファーストステップ。準決勝・決勝を勝って優勝することがセカンドステップ。それ以外のものを目指しても意味がありません。そういう原点に立ち返れば、「0-3の負け」のほうが「1-5の負け」よりも得失点差+1ぶんマシな結果。挑戦者魂云々ではなく、リアルな戦いとはそういう現実の積み重ねです。気分いい大惨敗よりも、気分の悪い小惨敗を大切にするような戦いだけが、今必要なこと。

日本代表とブラジル代表の間に大きな違いがあったとは思いません。やっていること自体は大差ありません。ただ、地力は違う。普通に走ったときの基本的なスピード。普通に繰り出すパスの基本的な精度・スピード。ボールを普通に止めるときの基本的な技術。身体の質量・サイズ。お互いにグーで殴り合っているけれど、相手のグーのほうが大きくて重くて手数が多いので、ガードの上からでもじわじわダメージが蓄積し、やがて倒されるような話。これは小細工や気合いでどうこうする類のものではありません。時間をかけて、歴史を積み上げ、地力を上げていくことだけが解決策です。トップチームだけ頑張っても、どうこうなる話ではないのです。

現時点の日本ができるのは、普通のことを粘り強く繰り返すことだけ。この日の日本で言えば内田とネイマールのマッチアップなどがそうです。ネイマールにパスが出る。アプローチする。でもネイマールが巧みにボールを保持する。前を向かせないように詰める。でもネイマールが巧みに反転する。守備の構えを取って遅らせる。でもネイマールが巧みに抜きにかかる。重心をよく見て逆を取らせず我慢する。でもネイマールがスピードを上げて縦に抜ける。追いすがって身体で止めようとする。でもネイマール止められない。それでもついていくついていく。切り返して抜こうとする。重心をよく見て中にはいかせない。縦に行く。ついていく。縦に行く。ついていく。エンドラインまできてクロスを狙う。最後までよく見て身体を投げ出す。やっとこ奪い返したら陣地回復のため前に上がる。すぐ奪われる。……そして最初に戻る。この地味な繰り返し。

途中でラクにボールを奪えればいいですが、それができないような相手なら、丁寧な仕事で我慢しつづけるしかないでしょう。技術の差で一発ポン、スピードの差で一発ズバッ、体格の差で一発ゴリッ、そういうラクができないなら我慢するしかありません。「簡単にはやらせない」その一念。もっと低い次元でなら「何となく」で済んでいた仕事を、できる限り丁寧にやりつづける。意識を高く保ち、集中を切らさず、自分たちは決してラクをしない。ラクな考えに逃げない。

MAX丁寧な仕事でも及ばないスーパープレーが出たら、それはもうサッパリと忘れて、次の我慢に臨みましょう。

我慢の中にチャンスがある。

いつくるかわからない、回数の少ないチャンスを、じっと待てるか。

見逃さずにつかみにいけるか。

「玉砕」「特攻」「捨て身」は我慢を捨ててラクをするときの考え。

それは勝ちにいく人間の戦い方ではありません。

負けを認めた人間の戦い方です。

3試合270分間、丁寧な仕事をつづけること。

我慢しつづけること。何も捨てないこと。

まだ最初の90分が終わっただけ。

半分もきちゃいません。

戦いはこれからです。

安易に「挑戦者」に逃げず、我慢の戦いをつづけましょう。

仮にもアジア王者なんですから。


ということで、「全弾ガードしたつもりだけどガードを叩いたパンチが身体の芯にズシンと響いて気絶した」感じの惨敗を、16日のフジテレビ中継による「コンフェデレーションズカップ 日本代表VSブラジル代表戦」からチェックしていきましょう。


◆Aカップ、Bカップ、Cカップ…Wカップ!モノは同じだが地力が違う!

首都ブラジリア、エスタジオ・ナシオナル。今大会に備えて新設されたスタジアムは期待感で満ちています。王国復活への華麗なる第一歩。スタンドにはラモスを遥かに上回るサッカー野郎たちと、篠崎愛ちゃんを遥かに上回るワールドカップ美女たち。

あぁこれが王国のチカラか。着ているものは日本の女学生のほうがオシャレ。メイクの技術は日本のOLのほうが上。しかし、持っているモノが違う。地力が違う。Tシャツの上からでもわかるチカラの差。恐るべき圧力とスケール感。日本では見られない世界のレベル。サッカーもきっと同じはず。僕らはそのチカラにどれだけ我慢ができるのか。安易に手を出さず、じっくりと責め、相手の攻撃に耐えることができるのか。難しい戦いとなりそうです。

日本は岡崎を1トップ気味にすえ、2列目に香川・本田△・清武を並べる新しい形。試合後のザッケローニ監督曰く、空中戦にはチャンスがないと思ったのでとのこと。前田もハーフナーも空中戦に強いかというと、別にそんな気もしないので、じゃあ前田でもいいんじゃないかと思いますが、ここは岡崎に頑張ってもらいましょう。永井謙佑ばりのスピードで走る岡崎に期待です!←嘘です!

しかし、試合は攻撃にかかる前に動きます。前半3分、左サイドでボールを持ったマルセロが速いクロスを入れると、鋭いボールをフレッジが胸で落としてネイマールへ。何とこれをネイマールがボレーで叩き込んでブラジルいきなりの先制点!

↓集中を欠いていたし、まさかこんな形で奪われるとは想像できていなかった感じの棒立ち具合!


ていうか、こんなんこっちはできないじゃん!

できないことって、想像できないじゃん!

想像できなかったら、対応しないじゃん!

相・手・が・凄・す・ぎ・る!!

3人掛けソファー レッド ブラック ベージュ ファブリック 布 ネイマール

価格:38,100円
(2013/6/16 12:30時点)
感想(0件)




マルセロがボールを持ったとき、近くにいた本田△は寄せるでもなく棒立ちでした。フレッジへのボールを目で追いながら、吉田は目の前をトコトコと通過するネイマールに意識を払っていませんでした。遠藤は戻るでもなくテクテクと近づいてきていました。全員が「ハッ」となったのはフレッジが胸で落としたあとのこと。

確かに、こんなプレーはこっちの引き出しにはありませんし、あのボレーは偶然でしか決まらないレベル。「まさか二手先にこんな展開が待っているなんて!」という話ではあります。ただ、相手がボールを蹴る構えを見せたら詰めることはできますし、相手が危険なエリアに居たら気を配って接近しておくことはできるわけです。

相手のプレーの先が読めなくても、今できることを全部やっておく丁寧さがあれば、もうワンチャンスあったのでは。視界を誰かが横切るなり、足を出すなりできれば、いくらネイマールでもボレーであんなコースを容易く決められはしないでしょう。簡単にはやらせない。90分間集中を切らさず、できることを丁寧にやりつづける。もしそれでミスやスーパープレーが出てしまったら、そこはスッパリと諦める。今日はそういう戦いです。

これで1点は必要になった日本ですが、前半は静かな反撃体制。岡崎1トップという布陣は、自陣に押し込まれ、攻めるチャンスが少ないことを見越してのものでしょう。しかし、言うほど裏を突く場面は作れず。チャンスは前半9分、右サイドからのクロスに本田△が飛び込んだ場面くらい。あとは前半22分に、香川を振り切ったフッキのクロスに吉田麻也が飛び込んでゴールを脅かした場面くらいでしょうか。ここはGK川島が「お前の入れるゴールはコッチじゃねぇよ!」と怒りのセービングで、思わず吉田もてへぺろです。

↓奮闘目立つ内田はゴールではなくボールにボールを叩き込み、一矢報いる!

内田:「ブラジル代表といえども鍛えられない場所はあるはずだ」
内田:「そこを狙えばダメージを与えられる!」
内田:「いっけぇぇぇぇ!俺のウッシーシュート!!」


↓結局前半は0-0で終了!本田△とフッキは早くもユニフォーム交換の様相!

交換すんの早ぇぇぇよwwwwwww

隙を見逃さずユニフォームハントしてんじゃないwwww

ゴール、ゴール、ユニフォームよりゴールを先にwwww


↓ハーフタイムには日本サポーターが何故かキスする場面が大映しに!

本田(女性)と長友(男性)じゃねぇか…!!

何だろうこの納得いかない感!!

ブラジルに行ってヨロシクやっている人と、真夜中のアパートで見守る自分の住む世界の差!!

いっそこれなら本田△と長友が「一緒に世界獲ろうな」「ドンドコドンドン(同意の太鼓)」「俺たちならできるさ」「ドンドコドンドン(興奮の太鼓)」「どうした佑都、嬉しいのか」「ドンドコドンドン(喜びの太鼓)」「日本男児の名折れだな」「ドンドコドンドン(羞恥の太鼓)」「すべて奪ってやるよ」「「ドンドコドンドン(法悦の太鼓)」ってキスしてる場面を放映してくれ!!

日本男児 [ 長友佑都 ]

価格:1,400円
(2013/6/16 12:32時点)
感想(156件)




迎えた後半。日本の布陣には変更がありません。「3試合のグループリーグの初戦」という意味では、この日の目標は「勝点を取ること」だけ。相手がブラジルだからといって攻撃的チャレンジとか、思い出作りをしている場合ではありません。このままいって1-1にする。本当なら0-0から1-0にするのが理想的でしたが、引き分けの勝点1でも十分。計画に変更はありません。

↓しかし、日本の出鼻を再びくじくブラジル!ダニエウ・アウベスの落ち着いたクロスからパウリーニョの追加点!


うーーーーーーーん。上手い!

これはここに入ってきたパウリーニョと、トラップしたパウリーニョと、入れたパウリーニョを褒めるしかない!!


後半立ち上がりという時間。日本が逆の立場だったら、あそこで長谷部がエリア内に入り込み、トラップからの反転ボレーを決めるイメージがあるでしょうか。たぶんないです。日本にはないけど、ブラジルにはあるプレー。エリア深くまで押し下げられてから、手前に飛んできたクロス。下がってしまった以上、前に出ないといけないのですが、あのクロスに反応してボールを受けにいった選手の数はブラジルが少なくとも3人で、日本は遠藤ひとり。遠藤がボールをカットできなかった時点で、パウリーニョが反転シュートするのは防げない展開でした。

もうひとり詰めていれば…と思いますが、人とボールが両方そっちに行っているのに日本は寄せられませんでした。シュートしてから止めるか、シュートされる前に止めるか。前を向かせてから止めるか、前を向かせないように止めるか。難しいプレーですが、意識ひとつでより難しいプレーにさせることができただけに、勿体ないところ。

ブラジルは抜け目がないというか、普通のことを普通にやってきます。日本より早く、強く、正確に。後半15分のコーナーキックでは、後ろからすっと選手が上がってショートコーナーにしたりする嫌らしさ。同じ場面があれば、「おっ、後ろから味方が上がってきたな」「相手は無警戒だな」「ショートコーナーにしよう」と日本の選手も考える場面。それを「おっ、相手は、ショートコーナー」くらいのテンポでやってくる。これに対抗するには、頭と神経を常にフル回転させておかないといけないでしょう。すなわち、インテンシティが。

その後、日本はもう攻めないといけないということで、前田を投入。前田を1トップに据えたワールドカップ・アジア予選の布陣に戻します。前田には強いインテンシティが漲っていました。「え、いつもこんな人じゃないじゃん…」「旅先でテンション上がってる…」「林間学校の飯炊きで妙に使命感を覚えて張り切るタイプ…」と驚く僕。前田さんは後半11分にファーストタッチでシュートを放つと、後半26分には惜しいシュートを放つなど見せ場を作ります。

↓本田△のFK問答から始まり、ワヤクチャのはてに前田のシュート!



どうでもいいけど、本田△は何語で何を言っているんだwww

顔で何となくわかるけど、これは「犬の気持ちがわかる」ってレベルの「わかる」なんだけどwwww


↓後半33分10秒過ぎには、守備のため画面外から吹っ飛んできて体当たりする前田の姿が観測された!


跳ね返されただけに見えるけど、きっと気持ちは伝わったよwww

最終的にパウリーニョのトラップミスを誘ったのは前田だなwwww

前田のインテンシティのおかげということにしたいwwww

前田遼一 ROAD〜まだ何も成し遂げてい [ 前田遼一 ]

価格:3,312円
(2013/6/16 12:34時点)
感想(0件)




「前田が目立つ試合に勝ち試合ナシ」とは僕が今作った言葉ですが、季節外れの熱気はチームの勝利にはつながりません。まぁ2点リードされたら、相手がどんなチームでもひっくり返すのは至難の業です。しかし、これはまだグループリーグの1戦目。この試合単体で勝点を取るのは難しいかもしれませんが、少しでも得失点差を詰め、次の試合に少しでもいい条件で進みたいところ。それが「勝利」への一本しかない正解ルートです。正解ルートだったのですが…

↓後半アデョショナルタイム3分、日本はダメ押しの3失点目!



駆け引き上手いな!

体重を前にかけさせて、そのタイミングで裏に行った!

よく見てるわ!


日本の右サイドのカウンター。逆サイドで攻めにかかっていたあとで、右サイドには広大なスペースが。内田が詰めにいくもその時点ではすでにゴール前で3対3という状況。吉田が相手を見ながら後ろ向きに走る中で、前がかりになった瞬間をスッと突いてくる。こういう気の利いたプレーをされたら、お手上げです。吉田が途中で諦めてスローダウンしたときは僕の家でおせんべいが激しく壁に激突しましたが、まぁ取られたものは今さらどうしようもありません。今日のところは完敗を認めて、そして忘れて、残り180分で劣勢を挽回していきましょう。

↓試合後に日本代表は残り180分での挽回を誓った!


ザック:「日本はまだ50%しかチカラを出していない」
本田△:「まだあと2試合ある」
内田:「僕らは招待されて来ているわけじゃない」

そうだ!まだ始まったばかりだ!

イタリアに勝つ!そしてメキシコに勝つ!それでOK!


できないことに憧れるより、できることをMAXやればそれでいい!