このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
07:00
どこよりも遅い振り返り!

一時は嫌がらせのように「絶対にどこよりも早い採点」などと言っておりましたが、最近は慣れない環境での仕事でめっきりと自由時間が減っております。何やかんやで平日は毎日会社に13時間くらいいたりして、非常に我が身が心配です。

北欧では、かねがね僕も提唱している1日6時間労働限界説が広く社会に受け入れられているそうです。要するに8時間寝て、8時間遊んで、メシ食って風呂入ったら残りは6時間しかないという意味です。13時間会社にいるというのは、その貴重な遊びの8時間から7時間分を持っていかれるということです。憤懣やるかたない。

しかも、13時間会社にいることもさることながら、周囲の同僚が基本的に仕事をしているのが辛い。みんな、どうして仕事ばかりしているんだろう。インターネット巡回とか、スマホいじりとか、Youtubeヘビロテとかしないのかしら。あまつさえワンセグでテレビ見ている輩がまったくいないなんて。キミらは何しに会社に来てるんだ、と。

そんなことで今日は、今頃になって水曜日の試合を振り返ろうという体たらく。もちろん遅いからと言って一段深い考察があったりはしません。いつも通り、見たまんまなぞるだけのヤツです。「北朝鮮の応援団の話とかするんだろうな…」という予想通りのヤツです。なので、本人的にも若干の居住まいの悪さはあるのですが、まぁ本人用記録としてお考えください。

ということで、あと5試合見る前提の備忘録1ページ目として、13日のテレビ朝日中継による「AFC U-23選手権 日本VS北朝鮮戦」をチェックしていきましょう。


◆セットプレーと個人能力にすべてを賭けろ!1点取って無失点なら勝つ!


いろんなものをすっ飛ばして試合からスコーンと始まったテレビ朝日の中継。行き掛かり上やることはやるが、なるべくコンパクトに済ませたい…そんな思惑でもあったでしょうか。集ったU-23日本代表は、Jリーグでも当然活躍し、それなりに実績もある集団ですが、もうひとつパッと花咲く感じはありません。

やはり、若年代での実績の問題なのか。僕の中には「10代で出会った相手しか深く愛せない」という格言があります。大人として個が確立したあとは、よくも悪くも距離感を持って尊重することになりますが、10代までの出会いは言うてみれば「子ども」との出会い。保護者として、受け入れ、慈しむような心の動きになる。そういうときにこそ、ダメでも何でも支えようという無償の愛が生まれる気がするのです。

そういう意味では、高校サッカーとかU-20とかのあたりでドーンと世間にお披露目されなくては、愛の機会的には難しいかもしれません。そこから先となると、有無を言わせぬ実績というか「結果」で語るしかなくなるので。とにかくこの代表は結果あるのみ。五輪に出なければ、未来を担う期待感も薄っすらと霞んでいきかねない。ただでさえ五輪のサッカー=なでしこと化してきている状況で、「なでしこの間にやってるほう」の座まで7人制ラグビーに奪われるわけにはいかないのです。

そんな中で迎えた試合開始。相手は格上の北朝鮮ということで、日本は警戒しながらの立ち上がりです。パリパリポリポリJAPANを倒したときの北朝鮮のやたらデカイ選手はケガでいないようですが、それでも何か向こうのほうがデカイ気がする。白いユニフォームの膨張色効果なのか。あるいは生まれた年を正確に記録しないずさんな管理によるものか。「この大きさはコッチの勝ちやろ」と思っていた監督の顔のデカさまで、北朝鮮の監督はまさかのサイズ感で威圧してきます。うーん、強そう。

↓北朝鮮側の猛烈な圧力を感じる大応援団!

コアサポ:「我々は水爆を持ってるぞ」
コアサポ:「ここは応援の爆心地」
コアサポ:「テポ、ドーン」


そんなガマン覚悟の展開をひょんなことから打ち破ったのは前半5分。コーナーキックからポーンと蹴りましたところ、ファーサイドに走り込んだCB植田がドフリーに。お互いに「え!?」となるような流れでシュートを放つと、キレイにゴールに吸い込まれます。うわ、入った。ガマンの中で掠め取ろうと思っていた先制点が、うっかり転がり込んできました。

↓若干の外貨を渡したかどうか選手のサイフを検査したくなるようなドフリー具合で日本先制!


これは粛清ですわwww

五輪が遠のく痛い失点www

(LD:レーザーディスク)宇宙水爆戦

価格:7,430円
(2016/1/16 05:36時点)
感想(0件)




植田に対して「強さと、激しさと…」と賛辞を贈る解説の松木さん。思わずコッチも「心強さと…」と重ねたくなるような先制点。よーし、1点取った。守ろう。ガッチリ守ろう。「ガッチリ守って1点取る」というプランが、「1点取ったのでガッチリ守る」に変わっただけだ。守ってるだけでいいというのは、サッカーにとって願ってもない理想的状況です。守ろう守ろう。

北朝鮮は失点で目を覚ましたか鋭いシュートを放ってきます。前半14分にはGKの正面をつくも威力のあるシュート。前半15分には伸びるボールがゴール隅を脅かす強烈なシュート。さらに前半17分には左サイドからGKを襲う強烈な無回転シュート。怒涛の攻撃がつづきます。あ、失礼、前半17分は見た目がそれっぽいだけで日本のシュートでした。

まだ焦るほどの時間でもないだろうに、ガツンガツンくる北朝鮮。ラグビー式タックルで引きずり倒してみたり、スパイクの裏を見せて蹴ってきたり、水爆を実験してみたりと何かと荒々しい。思わず解説の松木さんも「今のはイエローだろ!」「(※主審がイエローを出す)」「レッドでもよかったですよねぇ。レッドだろ」と呼応するようにエスカレーション。通りそうな文句は全部言う、とにかく明るいクレーマーです。

↓どうでもいいけど、よく見ると中央通路の画面右側上段に現地の人が紛れてるwww


現地の人:「何だこれ」
現地の人:「その帽子、どこでもらえるの」
現地の人:「ここめっちゃ居心地悪いね…」

気付けよwwwww

座った瞬間に気付けよwwww

集団になじめない子に入る規範意識の育成 [ 甲本卓司 ]

価格:2,116円
(2016/1/16 05:37時点)
感想(0件)




結局前半は睨み合いのまま終了。ときおりゴール前での攻防や惜しいシュートはあるものの、ものすごく点になりそうな場面というほどでもなく、取り立てて何も起きない前半となりました。非常に肩透かしの前半ですが、即ちそれは日本の狙い通りの前半ということ。悪くない。どうせこんな調子なら北朝鮮のスタンド応援団にマスゲームでも始めてほしいところですが、マスゲームはありませんでした。ものすごくマスゲームしそうなのにしないなんて、北朝鮮には少しガッカリです。

↓エンタメ感が乏しい展開を補うかのように、幕間には松井大輔さんの名演技が光る新作CMが登場!



よく見ると、オシムの記事っぽいページは「サイドバックにはアミノ酸が大切」という全然無関係の記事なのな!

すごく記事広告っぽいです!


さて、迎えた後半。トイレに行っていた北朝鮮応援団がゾロゾロと帰ってくると、急に大声で応援歌を歌い始めたりして、マスゲームへの意欲を感じさせます。一方、日本もヤングボーイ久保がポストを叩くシュートで反撃。すると北朝鮮も後半15分過ぎからたてつづけのシュートで日本ゴールに迫る。ガッチリ守り倒すというよりは、可能なら殴り合いたいけど思うようにいかないので守っている感じの展開です。時間の経過とともに北朝鮮がロングボールを中心の放り込みになってくると、ゴール前に押し込められてしまうようなことも。

それでも、危ういところでは身体を張ってしのぐ日本。CBは長身だけあって当たりも強く、しっかりとロングボールを跳ね返してくれます。試合を見る前にネットで読んだ論評では、「塩試合」だの「守ってるだけ」だの言われていたので、もっとヒドイのかと思っていましたが、こうやって身体を張っているぶんには悪くありません。みんなでヌルヌル組織的攻撃&組織的守備をしようという感じはないけれど、両方のゴール前で担当がガツンガツンやって攻守の責任をそれぞれ果たすというのも、ひとつの考え方ですからね。

全体的にチンピラみたいな風貌の選手も多いことですし、みんなでヌルヌルより担当がガツンガツンのほうが、チームのスピリットに合っているかもしれません。CBが身体を張って守る。ドーンと蹴る。FWがひとりで突破orキープして倒される。セットプレーで仕留める。オシャレではないけれど手堅い戦いぶりは、こういう短期決戦大勝負では大いにアリ。何なら、ロングスロー戦術とかで相手チームからハンドボール野郎と言われるくらいでもいいのです。

↓後半34分にはまたもセットプレーから叩き込むも、ここはオフサイドの判定!


こんなんばっかりやwww

何かこのチーム、セットプレーに命懸けてる気配がするwww

仕込みもの/辰巳芳子【後払いOK】【1000円以上送料無料】

価格:3,024円
(2016/1/16 05:38時点)
感想(0件)




結局試合はこのまま1-0で終了。前半5分で点を取ってそのままという、理想的な逃げ切りとなりました。負けたらいけない初戦でしっかり勝点を取ったのですから、それで十分。勝ったという結果がチームに自信を持たせ、チカラを上げていくというのは世界中どこにでもある話。いい軌道に乗る初戦だったのではないでしょうか。「リオ死守」を合言葉に、しっかり勝っていってほしいもの。短期決戦ということも含めて、今回は本当に危ない感じがしますからね。

↓今夜は勝てばベスト8進出が決まるタイ戦!遠くカタンレの地へエンレを!


今夜は時間帯もいいので酒飲みながら見るぞ!

酒が進む試合をしっかり頼むぞ!


予選は勝てばよし!ヒドイも何もない!勝った試合か負けた試合か、だけ!