このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
12:18
お・も・て・な・しを探せ!

ビックリしちゃったんですけど、何と今日、Jリーグが2016年のシーズンを開始するそうです。例年3月頭からだったんじゃなかったっけと改めてカレンダーを見直せば、2015年は3月7日から、2014年が3月1日から、2013年が3月2日から、2012年が3月10日から、2011年が3月5日から、2010年が3月6日から……ということ。ジワッと前倒しをして、史上最速の開幕となったそうです。

何だかこうなってくると、ちょっと冬休みが長いだけで欧州の動きとさほど変わらんなという気もしますし、この調子で1週ずつ前倒ししていけば、あと4年くらいでカレンダーも一致してしまうんじゃないでしょうか。忍者が若木を飛び越しているうちに、いつの間にか大木を飛び越すほどのジャンプ力が身につくという訓練法みたいな感じで。この勢いで秋春制だかの導入へも弾みをつけていってもらいたいものですね。

2月開催ということになれば、プロ野球のオープン戦が本格化する前でもあり、とにかく何でもいいから「開幕」と言いたい春先のメディアがドーンと大きく採り上げますことは確実。たまたま、ラグビーのスーパーラグビーの開幕とカチ合ったことで、若干どっちがどっちなんだかという紛らわしさもなくはありませんが、好結果も期待できるというもの。昨年は終盤戦をチャンピオンシップ導入で盛り上げ、今年は開幕ずらしで序盤も盛り上げていく。いい流れです。

しかし、2月から何かやるみたいなことは若干の意識外でもあったため、コチラの準備は完全に出遅れています。一体どこに行ったらいいものか。とりたてて応援するチームもないが、ロマンティック開幕浮かれモードには積極的にノッていきたい。そんな需要を心に秘めて、今からどこに行こうか考えていきたいと思います。最終的には近所に行くんでしょうが、近所の中での優先順位があるかもしれませんからね。

ということで、急に今日行こうと思い立った僕がどの試合に行くべきか、お得情報を捜索していきましょう。


◆当日になって急に行きたいと思っても500円高くなるのは嫌な層!

僕はなかなか予定を詰め切れない男でして、なんじゃかんじゃでウダウダして当日を迎えることが多いタイプ。艱難辛苦を越えて絶対に行かねばならないと思う諸事情でもない限りはギリギリまで決断を引き延ばして生きています。38歳くらいで「やばっ、結婚しなきゃ」と思う人のような感じで、いろいろと理由を見つけては先送りしてしまうのです。雨とか、仕事とか、体調とか。

そんな中、当日になって「やばっ、開幕戦行かなきゃ」と思ったとき、若干の心の壁が新たに登場します。それがチケットの値上がり。基本線としては、「当日は値上がりするので、前売りで買ってね」インセンティブなわけですが、そこまでの思い入れもない身としては逆ザヤとなって差額が襲いかかってきます。今日になってテレビとか見て急に行きたくなったが500円高いのは損する気がする、やっぱり来週でいいや、と。

もし、その気持ちを壊すような大きなインセンティブが開幕週だけ特別にあったなら。僕が応援する埼玉西武ライオンズなどは、開幕シリーズの来場者には「このクソドーム寒いでしょ」というおもてなしの精神でフリースをプレゼントするという企画をやっています。これにはファンからも「ダウンくれ」「フリースで耐えられるかバカ」「外壁とストーブをつけろ」と賛辞の声が上がり、チケット販売も好調です。

「来週はフリースもらえへんのか」

フリースが欲しいわけではないけれど、フリースをもらうなら今しかない。500円値上がりによる心理的マイナスよりも、フリースを失うという心理的マイナスが大きくなれば、「当日急に」勢も決断をせざるを得ないというもの。何だか、熱き物乞いの主張みたいになってきましたが、とにかく何かがほしい。だって、応援したいワケじゃなく、祭りたいんだもの。有り体に言えば、クレクレなのです!

<家からすごい遠いんでたぶん絶対に行かないサガン鳥栖VSアビスパ福岡戦>
Screenshot_2016-02-27-11-55-46

サイゲームスプレゼンツ「バトルオブ九州」と銘打ったダービーマッチ。スマホゲー界隈の情勢からすると「9万人入場したら好きなガチャが当たる試合」「入り口で『グラぶってる?』と聞かれ『グラぶってる』と答えるとタダガチャ1回」「来場記念に石をくれる」みたいな予感がしますが、実際にくれるのは風船とのこと。開幕袋入りのサイゲームス風船をハーフタイムに飛ばして、みんなで祭り感を出していくのだとか。

なお、人気マンガ『GIANT KILLING』とコラボした手ぬぐい&ポストカードの引き換えもあるそうですが、コチラは去年の試合で配ったモノと当日の入場券が必要だとのこと。去年行ってた人用ということだと、何かちょっと急に行ったら悔しくなりそうので、一旦検討からは外したいと思います。まぁ、今から出ても絶対間に合いませんし。

当日急に度:★☆☆☆☆(要・去年から仕込み)


<地元でも遠い遠いと評判らしいので新スタジアムができてからにしたいサンフレッチェ広島VS川崎フロンターレ戦>
Screenshot_2016-02-27-11-56-30

「さぁ、続きをはじめようか」という煽りに「しまった続編か」と映画の『2』から見始めちゃったような感覚を覚えつつ公式サイトを探っていくと、ミニライブとか法螺貝とかクレジットカード入会キャンペーンとかの情報に埋もれてクレクレ情報が。何と、先着10000名様に応援フラッグをくれるとのこと。シーズンパスをお持ちの方が優先入場する仕組みらしいので、10000本はすぐ終わっちゃうような気もしますが、ギリで行けるかもしれません。あと10分くらいしかないので地元の人も配布開始に間に合わないかもしれませんが、ぜひフラッグを目指していかれるとよいのではないでしょうか。

当日急に度:★★★☆☆(間に合うなら)


<新幹線ならまだ間に合うか?金満イメージでクレクレの期待が高まるヴィッセル神戸VSヴァンフォーレ甲府戦>
Screenshot_2016-02-27-11-56-59

いきなり目を引くビッグなお知らせ。さすが金満、さすが楽天カードマーン。何とビジターシートをのぞく来場者全員に2016年の開幕記念ユニフォームをくれるというではありませんか。さらに、TUBEの春畑道哉さんがヴィッセルのテーマソングを演奏するミニライブをあるとのこと。きっとJリーグのテーマもやるんでしょうね。

さらに開幕祭り感を盛り上げるために、じゅんいちダビッドソンさんがトークショーや始球式イベントもやるそうで、最新のミラン情報などへの期待も高まります。イメージ通りの金満プレゼント具合には楽天嫌いの僕も腰が浮きかけるほど。もちろん法螺貝とTUBEでも若干TUBEのほうが優勢です。タダ酒の振る舞いもあるそうなので、サッカー見なくても行った方がいいかもしれませんね。試合始まったら帰る感じで。

当日急に度:★★★★☆(遠いのでマイナス1)

楽天流 [ 三木谷浩史 ]

価格:1,620円
(2016/2/27 11:52時点)
感想(3件)




<2年ぶりの磐田J1復帰で静岡ダービー復活への期待が高まるジュビロ磐田VS名古屋グランパス戦>
Screenshot_2016-02-27-11-57-31

ホームゲームイベント情報を見ると、いきなり「完売」のお知らせで当日急に勢は解散を余儀なくされる展開。ま、前売りで売り切れということなら、それは当日急に思い立ったコッチが悪い。昇格の歓喜をぜひ熱心なみなさんで分かち合っていただきたいものです。一応、もし行っていたら何があったのかを見ましたところ、クリアファイル1500枚と缶バッジ2500個を用意されているとのこと。おぅふ…クリアファイルと缶バッジ。西武がくれそうなプレゼントに軽くシンパシー感じます。数量少なめなので、チケットをお持ちの方はお急ぎください。

ちなみに、女性サポーター「ジュ美女」にはメイクとフェイスシールのサービスがあるとのこと。我こそはジュ美女と思われる方は、ぜひフェイスシールで「どうも、ジュ美女です」のアピールを展開いただければと思います。静岡ダービーの「ジュ美女(磐田)」VS「ドS女子(清水)」の激突にも期待が高まりますね。

当日急に度:☆☆☆☆☆(チケットないって)


<だんだん射程圏内に入ってきて検討にも熱がこもる湘南ベルマーレVSアルビレックス新潟戦>
Screenshot_2016-02-27-12-07-52

さっそくイベント情報を見にいくと、1行目が「2016ベルマーレクイーン発表」だったもので、クレクレ的には期待薄めの立ち上がり。その後は、ホームタウン首長によるキックオフ、選手と写真が撮れるイベントなど、いつでもやってそうなものがつづき、最後までいつでもやってそうな情報で終わりました。「サッカーをお楽しみください」という無骨な姿勢は一周まわって好印象でしたが、いつでも大丈夫っぽい感じなので、遠いんでついでに海に行ける時期のほうがいいですかね。

当日急に度:★☆☆☆☆(夏でいい感)


<絶対チケット売り切れないだろうから安心感はある横浜F・マリノスVSベガルタ仙台戦>
Screenshot_2016-02-27-11-57-54

イベント情報に掲載された注目のトピック「マグロ解体ショー」。マグロの解体という極めて強いヒキには、さすが横浜という企画力を感じます。先着1000名様にマグロが振る舞われるそうですので、今から並んでおきたいところです。

そして、入場時にはビッグなプレゼントが。この試合では選手入場においてスタジアムを暗転する演出をするそうなのですが、そのときに携帯電話のライトで光を出していただきまして、キラキラしたスタンドを作ろうじゃないかという企画があるとのこと。でも、スマホの光じゃ味気ないですよね。やっぱりトリコロールしたいですよね。白ばっかりじゃ寂しいですよね。ということで、クラブからドーンと青と赤のセロファンをプレゼントしちゃいます!アイドルのライブだと各色のペンライトをめいめい持参するのが通例ですが、セロファンをくれるというのは嬉しいサービスですね。

当日急に度:★★☆☆☆(焦ることはない、マグロに間に合えば)

完全攻略!!マグロ釣り

価格:1,730円
(2016/2/27 11:53時点)
感想(1件)




<浦和の客で埋まってそうで入れない予感が漂う柏レイソルVS浦和レッズ戦>
Screenshot_2016-02-27-11-58-21

お知らせの2行目に「完売」と書いてあり、検討自体はそそくさと終了。これが本来あるべき姿なのでしょう。開幕なんだから、今日埋まらなかったらいつ埋まるのだという話ですから。一応イベント情報なども見たのですが、基本的に何もない模様。まぁ言われてみれば、イベントをやることが主ではなく、サッカーのチケットを売ることが目的なのですから、売れるのであればサッカーをお楽しみいただければOKなのです。「開幕は浦和戦か」「よっしゃ、営業終わり」「2戦目で頑張ろう」という好判断と言える動きですね。

当日急に度:☆☆☆☆☆(浦和サポーターが余り券持ってるかも)


<やはり近所一択、僕の家からドアトゥドアで30分圏内で行なわれるFC東京VS大宮アルディージャ戦>
Screenshot_2016-02-27-11-58-52

イベント情報を探っていくと、注目のトピックとして「スペシャルLIVEゲスト」「来場者プレゼント」の文字が。「知らない人だろうな…」とクリックしてみれば、なんと有名アーティスト「RIP SLIME」さんがFC東京のドキュメンタリー映画のテーマソングを歌いにやってくるというではありませんか。TUBEを超える人選に、立ち上がりは非常にイイ感じ。「頑張ってRAG FAIRだろう」と思っていた僕にも嬉しいサプライズです。

さらに来場者プレゼントとして、先着20000名という十分に余裕を持った数量で特製ストレッチボンフィンをくれるというではありませんか。ストレッチボンフィンですよ!ストレッチボンフィン!ストレッチボンフィンをもらえるなんて思ってもいませんでした!

当日急に度:★★★★☆(ストレッチボンフィン勢なら星5)


↓見よ、これがストレッチボンフィンだ!


どうでもいいけど、神戸とかいう金満はどうなってるんだ!

ソフトバンクと同じことをやっているのに、中の下くらいの順位だなんて!

セブンカラーズ ボンフィン

価格:1,000円
(2016/2/27 11:54時点)
感想(3件)




ストレッチボンフィンで腰が浮きかけた当日急に勢に畳み掛けるような追撃として、「当日急に」の最大の障壁であるところの値上がり問題について、FC東京から遠回しな値引き提案もありました。場外に設置したテントでクラブのサポートメンバーに2口以上加入(1口1000円/合計2000円以上)すると、特典としてホーム自由席券(当日2700円)を利用でき、先着でタオルマフラーをくれるとのこと。おぅふ…700円値引き…前売り価格よりさらに300円値引き…。タオルマフラー…。ストレッチボンフィン…。

「5000円でファンクラブに入ると5000円のチケット」とか「3300円でファンクラブに入ると3000円のチケットが2枚」とか実質タダみたいなヤツはまぁまぁありますが、その日かぎりで解決できるというのはライトな感覚で悪くありません。2枚もらったら、また行く感じになりますけど、次はいつなんだかわからないですからね。

ということで、やはり近所でもありますし本日は当日急に思い立ってFC東京の試合を観に行こうと思います。ストレッチボンフィンはもらえるのか、僕はそれをどうするのか。捨てるのか、捨てないのか。自分の心に問い掛けながら開幕のお祭り感を楽しもうと思う次第です。それではみなさま、スタンドでお会いしましょう。行ってきます。


せっかくなのでストレッチボンフィンは全員に配ってもいいと思います!