このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
12:00
澤の穴より先に、埋めるべきちっちゃい穴がある!

いやー、非常に厳しい立ち上がりとなりました。リオ五輪出場を目指すなでしこJAPANのアジア最終予選は、初戦オーストラリア戦でまさかの3失点完敗。確かに主審にボールが当たって失点につながるというアンラッキーはありましたが、3失点ではそれも言い訳として弱いというもの。「負けた」と認めざるを得ない試合でした。

6ヶ国総当たり1回戦、計5試合の戦い。1敗を喫した上で、まだ北朝鮮ら強豪との試合を残している。ここにきて「なでしこが五輪切符を逃す」という予感が、急に現実感を伴って立ち上がってきました。リオ五輪全体を見渡しても、ナンバーワンに近い注目度を集めているだろうなでしこが出られないということになったなら。これは本格的にラグビーブームが到来せざるを得ない。

「よし、男子の切符をまわそう」

これはファイナルアルティメット提案ですが、最悪の場合は男子の切符をヤフオクで転売することも検討せねばならないかもしれません。男子は別にそこに出んでもリカバーのチャンスがあるだろうけれど、なでしこはココを逃すと冷え込むんだ。澤ロスを軟着陸で乗り切っていくためにも、どうしてもリオの切符は獲りたい。

澤さんがいるときはメダル・メダル・メダルで引退したら急に「出場できませんでした、てへぺろ」では決まりが悪いというもの。出場しまして、そこそこに結果出しまして、ある程度年齢もいきまして、少しずつ抜ける選手が出まして、静かに「いつもの」なでしこが新しいなでしこへと変わっていく。季節が巡るような穏やかな変化を過ごしていきたい。ここからの4試合、「いつもの」チカラで踏ん張ってもらいたいものですね。

ということで、澤さんが氷系ダジャレ呪文の使い手であったことなどを発見しつつ、29日のNHK中継による「リオ五輪アジア最終予選 日本VSオーストラリア戦」をチェックしていきましょう。


◆澤さんがいなくなって負けたのか、ちっちゃい穴のせいなのか!

寒風吹くキンチョウスタジアム。やたら美人になったかと思いきやそれは字幕の間違いで、いつも通りカチコチの表情で現れたレジェンド・澤穂希さん。「キンチョウしています」というオープニングドストライクダジャレを披露すると、「これが世界のダジャレか…」「早野はもういらない」「ダンナ経由で手倉森にも引導」とダジャレマイスターたちも澤さんの勇敢なダジャレに感動を覚えます。

スタンドを埋め尽くすイスに見守られたなでしこの緒戦。相手はオーストラリア代表。ジャージの上からでもわかるピンコ立ちの乳首と小刻みに震える身体は「2月やね」という実感を与えます。なでしこより格上のチームはないとは言え、相手もワールドカップ8位の実績を誇る実力者。ワールドカップの直接対決では、岩渕真奈さんがその後半年ぐらい調子に乗ることになる偶発的セットプレーからのゴールで辛くも勝利した相手。油断はできません。

それでも笑顔も見られるなでしこの面々。アジア6ヶ国が1回戦総当たりで戦い、上位2チームがワールドカップに進む。単純に言えば1敗がボーダーラインの厳しい戦い。「全勝」「1敗」の2チームが勝ち進むという、全部が負けられない一戦。ましてや、なでしこは澤さんを引退で失ったばかり。負ければすぐにあーだこーだ言われるのは明らかですが、さすが世界一のなでしこたち、落ち着いたもの。しっかりと変わらない強さを見せていきたいところです。

なでしこはGKに山根、CBに岩清水・熊谷のコンビ、左SBに鮫島、右に有吉、中盤には宮間、阪口と並べ、サイドには中島・川澄、そして前線に大野と澤さんの10番を受け継いだ大儀見が入りました。「いつものなでしこ」。ワールドカップで準優勝したチームとほぼほぼ同じ顔ぶれということで、信頼感に関しては十分なチームです。

そして始まった試合。「今夜はケロンドナイト」から「ヘイ!マン!」と呼び込む前線への「デバナをくじく」球出しで「ゴリー押し」してくるなど、ワールドカップでも日本を苦しめたダジャレ攻撃陣は縦に鋭い攻撃を繰り出してきます。一方、日本はいつもどおり中盤で組み立て、サイドを中心に崩していこうという構え。両サイドが積極的に上がり、宮間らから長いパスも出ていきます。

前半12分にはサイドから入れたボールがエリア内でフリーの中島にこぼれますが、惜しくもオフサイド。さらに16分には川澄も鋭いシュートを放ち、じょじょにペースをつかんでいきます。さらに前半21分には、阪口が鋭いシュートを放つも、これはGKのファインセーブに合って得点はならず。

しかし、好事魔多しとはサッカーのあるある。日本が試合を支配していた気がする時間帯にピンチは訪れます。「宮間は前半25分までに先制点を取りたいと言っていました」という実況が聞こえた直後の前半25分、オーストラリアはゴリーの連続シュートから、最後はデバナがヘッドでズドン。むむむ、失点です。

↓何回かブロックしたけど、オーストラリアらしい攻めでゴールを割られた!


ゴリー押しからのデバナくじく!

いつもやられる感じのヤツや!

ダジャレ練習帳 ハルキ文庫 / 多治家礼 【文庫】

価格:626円
(2016/3/1 10:04時点)
感想(0件)




失点を受けてか、日本は早めの動き。特にケガした様子もない大野を前半40分に下げて横山を投入します。よっしゃ横山のドリブルで岩渕みたいな効果を狙うぞと思った刹那、試合を決定づけるようなプレーが。中盤で阪口が横にはたいたボールが何と主審に当たって、オーストラリア的にはいい縦パスとなってこぼれます。ビックリした日本はドタバタの末、最後はGKも飛び出した無人のゴールに流し込まれて痛恨の2失点め!

↓山根の飛び出しがスローモーションのように脳内でリピートされる痛恨の失点!


スローモーションって言うか、遅せぇなwww

余裕もってかわされたw


普通ならコレで試合は終わる感じのプレーでしたが、さすがはなでしこ。タダでは終わりません。残り時間が少ないところで反撃に出ると、アディショナルタイムに突入した前半終了間際に大きなサイドチェンジから折り返して阪口に入れ、そこから大儀見につないで反撃の1点。阪口はGK、主審、大儀見とつぎつぎにクリーンヒットさせる大当たりで猛打賞の大活躍です!

↓この1点は大きい!有吉のナイス飛び出しが光る!


ただ、「大儀見が1点返す」っていう展開の試合はいつも負けてる気がするんだよな!

何とかこのチャンスの波に乗ってくれ!

チャンスの波に乗りなさい [ 澤満壽子 ]

価格:1,296円
(2016/3/1 10:05時点)
感想(0件)




NHKではレジェンド澤さんの前半のつぶやきをハーフタイムに紹介。澤さんは「遠い」というリアルつぶやきみたいなのを堂々と字幕で表示させると、距離感の遠さなどについて指摘します。後半はそれを埋めていけるのか。ちっちゃい穴も埋まるのか。オーストラリアは絶対に季節感を間違ってきているので、寒さで身体が震える瞬間を見逃さずについていきたいところです。

早速の後半5分、セットプレーから最後は阪口がシュートを放つ惜しいシーン。しかし、ここはGKの正面を突いてしまい、阪口は本日4安打目。非常に当たっています。どうやらなでしこは、ワールドカップで見せた「なでしこトレイン」と呼ばれたセットプレーをさらに進化させ、密集状態から散開するやり方を取り入れた模様。新セットプレー「なでしこ団子」はなかなか有効のようです。勝て勝て勝て勝てホームやぞ(場所違い)。

後半17分には宮間のミドルが正確にゴール隅を突くも、相手GKが横っ跳びでかき出してゴールならず。後半22分から23分にかけては、波状攻撃を繰り出しエリア内で何度もボールを持つような場面も。総じて言えば日本が攻めている時間が長いのですが、それが得点につながっていかない試合。時間だけが過ぎていき、気が付けば後半も30分をまわっています。日本は岩渕を準備し、ラストの追い込みの構え。佐々木監督の中での「岩渕=ちっちゃい穴を塞ぐ説」は的中するのか。

↓しかし、選手入れるんだか入れないんだかグダグダしている間に、ゴリーにゴリー押しされた!


解散!解散!

負け負け負け負け終わりやぞ!


その後、日本は遅まきながら鮫島に代えて岩渕、川澄に代えて川村をダブル投入。しかし、アップさせる⇒コート脱がせる⇒待たせる⇒冷える⇒震えるのコンボで川村がガタガタしながらの投入。業務用スーパーの早朝行列で待機する買い物客みたいな震え具合では、期待感も薄め。追い上げるにしても1点差のウチだったなという遅きを失した感で、せっかくの攻撃的布陣も不発。寒さがこたえる試合となりました。

それでもまだ予選は4試合残っています。もともと5連勝するつもりだったわけですから、ここから予定通り4連勝すれば問題はありません。負ければ「澤ロス」「埋まらない穴」「マンネリ」などともっともらしい批判も出るでしょうが、勝てばそれも吹き飛ぶというもの。オーストラリアだってずっと同じことやっているわけで、なでしこもなでしこらしく、わかっていても止められない試合をすればいい。ちっちゃい穴は何年もあきっぱなしですが、誰も「丸山ロス」などと言われたことはありませんからね。

↓澤さんの引退により本格的に解説仕事を失った丸山さんも、自宅で応援しているぞ!

スタッフA:「スタジオのゲスト解説誰にします?」
スタッフB:「なでしこを知ってて」
スタッフC:「知名度がある人」
スタッフD:「しかも美人と言えば…」
スタッフA:「澤だな」
スタッフB:「澤っすね」
スタッフC:「澤でしょうね」
スタッフD:「丸山!」
スタッフA:「澤に電話します」
スタッフB:「5試合ぶんおさえて」
スタッフC:「思い切って現地にとんでもらいましょう」
スタッフD:「丸山!」
スタッフA:「リオの期間もおさえましょう」
スタッフB:「そうだな、なでしこを信じよう」
スタッフC:「リオでメダル獲るぞ」
スタッフD:「丸山!」

澤ロスどころじゃない仕事ロス、収入ロスと丸山さんも戦っている!

ジガ熱が流行している地域だけでもいいんで、ビッチ解説のオファーとかをお願いします!


↓とりあえず、大儀見さんオススメの書籍を写経でもして、次戦までの中一日を有意義に過ごしてください!

全員でコレ読んだら大丈夫や!

読んでる人は結果を出した!

読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る読めば結果は出る(※意識を高める魔法の呪文)

逆転力 [ 丸山桂里奈 ]

価格:1,404円
(2016/3/1 10:01時点)
感想(0件)




前回の予選は丸山さんが壊れることでチームを救ったのを思いだそう!!